鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

01

Category: 昆布のこと。

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

リーダーの素質がないのにリーダーになろうとすること。


当ブログでも、何度も書いてる事 & おそらくそれが鍋夫婦の
犬世界へどっぷりハマるきっかけになったとは思うのですが、
我が家のシーズー犬、こんちゃん(昆布)はアグレッション持ちです。
条件さえ揃えば、ポン酢を殺そうとします。(大げさではありません)

それでも、普段は問題ないですし、長年一緒に暮らし、流血を何度も経験した結果、
「条件を揃わせない」という人間側のルールを守り生活している今日この頃です。

だからこそ、よそに預けるのには不安があるわけで、必要あらば、こんちゃんだけ
違うところに預けるということは、ずっと念頭にあります。

こんちゃんは、臆病でビビリな性格なのに、「POLICE(警察)」とあだ名をつけられるほど
その場を仕切りたがります。
犬をよく知っている人は、「リーダーになるべきではないのにリーダーになろうとする犬
すなわち、自然界では淘汰される命であることを指摘します。

11301601.jpg

新しい犬が来ると、一瞬犬たちのバランスが崩れたりするのですが、
もじょが我が家に来た時も同様で、一瞬ふと人間の気が緩んだ隙に、
もじょとこんちゃんが喧嘩になりました。
もじょはやり返すつもりはなかったのですが、ポン酢とあの温厚なカツまで加担。
ポン酢とカツは躊躇することなく、こんちゃんに飛びかかりました。

平和を乱す者が敵になる。
平和を乱す者を淘汰せねばならない。
動物の本能です。

私たち人間は、理解はしていたけど、こんちゃんが2匹に(※もじょは逃げた)攻撃される姿、
ほんの一瞬ではありましたが、かなりショックでした。
(2ヶ月前の話。)

カツは基本的に喧嘩には加わらないし、喧嘩はしない。
でも、もし必要になった場合どうするんだろう?
という疑問を常々抱きつつ、その「答え」が垣間見れた瞬間でもあった。
11301604.jpg

今は犬たちも落ち着いて、問題なく暮らしていますが、
犬師匠マッタン家でも、実は一悶着あったようです。

犬師匠が不在の時(※犬師匠がいれば、99.99%起こり得ない)
犬師匠の奥さん(彼女もプロ)が、一瞬気が緩んだ瞬間に、彼女の犬とこんちゃんが喧嘩になり、
なんと、ポン酢が彼女の犬に飛びかかったそうで、、、
ちなみに彼女の犬、大型の猟犬。。。
「耳にかすり傷があるけど、大丈夫!」
とのことでしたが、帰宅後見たら、背中、頬っぺた、口、耳って穴開いてました。苦笑)

ポン酢はこんちゃんを守ったようで。

11301602.jpg

「プロとして情けない」と師匠の奥さんからは謝られたのですが、
逆に私たちとしては、こういうことがあり得るから、他の人には頼めないわけで…。
十分私たちの許容範囲でまったく怒っても、落胆もしていません。

しかし!!師匠の奥さん、この件を師匠には黙っていたらしく、
鍋ヲ君と師匠はちょくちょく会うのですが、それとない感じで鍋ヲ君がこの件に触れたところ、
寝耳に水だったようで、怒っていたそうです。

11301605.jpg

今回犬師匠に2週間弱預かってもらったのですが、やはり昆布の問題
「リーダーになる素質がないのに、リーダーになろうとする」
この危険さを指摘されました。

11301607.jpg

まぁでも飼い主は既に理解している事ですし、今更どうしようもない、
こんちゃんは我が家で幸せにやっていると感じるので、
それもこんちゃんの個性として、今後も気をつけて暮らしていく次第です。

11301603.jpg

ちなみに、犬師匠の友人トレーナーで、私たちも知っているトレーナーは、
20年ほど前に飼っていた犬たちを自由にさせていたところ、
飼い主のいない場所で喧嘩になってそれを発見したのが当時まだ小さかった彼女の娘。
「ママ~、犬が犬を食べてるー」
と。
彼女が急いでその場にかけつけると、なんとお腹が開いて内臓が出ていたそうです。。。

かわいいかわいいペット。家族。相棒。
でも決して彼らは人間ではない。
幸せの価値観も人間とは違うし、人間のような複雑な要求・欲求もない。
特に多頭飼いをする場合、犬は動物ということをきちんと理解せねばならないと思います。

※ちなみにこの犬の命は助かりました。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
23

Category: 未分類

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

もじょの最近。


月曜日に初雪がありました。
今年の鍋家地方の初雪は11月21日。
大した雪ではないかと思われましたが、この時期まだノーマルタイヤの人もいるわけで…。
道路は大変でした。。。
月曜日と火曜日は、高速道路で何件も事故を目撃。
というか私も、高速道路の橋に差し掛かった時に、ちょうど前方で事故が起こっており、
ブレーキを踏まなければいけなかったのですが、なんとアイスバーンでつるっつる(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
寿命が縮まった瞬間でした。。。

鍋家地方の今年の冬は、『雪が多く・寒い』との予報(;д;)
寒くてもいいけど、雪が多いのは本当に困る。。。

+ + + + + + + + + + + + + + + 

日本からこちらに戻って、ヨーグルトを食べる私を虎視眈々と狙う4匹。
(一匹、大胆ですが。笑)
もじょは、口にヨーグルトついてますね。

我が家に来た当初は、もじょは、あまり食に興味がない感じでした。
元・飼い主さんも、子犬時代に胃腸が弱かったのもあって、ドッグフード以外は
ほとんど与えたことがないという話。

ドッグフードを与えても、なかなか食べないし。
それまで、一人っ子ならぬ、一人っ犬生活で(猫はいたけど)、
のんびりと気が向くままに食べていたのだと思います。

でも、我が家ではそれは許されません。
食餌の時間、犬が自分の食器から興味を失った時点で、タイムアウト。
たとえ一粒も食べていなくても、食器を片付けます。

大体犬は、3日くらいすると「やばいぞ」と気付くみたいで、
もじょも例外ではなく、食餌にがっつき始めました。
我が家は人間の食べ物も害がない程度に与えるし、フードにトッピングもします。
それが、もじょにとって、最初は不思議だったみたいで、トッピングとフードを
分けて吟味して食べていましたが、「おいしい!」ということに気付いたようです。

最初は、ヨーグルトも怪訝な顏していましたが、今ではヨーグルトの蓋の音を聞きつけると
1番か2番にダッシュしてやって来ます。笑)

11161603.jpg

そして、この子はソファの背もたれとか、安定感あるの??!という不思議な場所が好き。

私たちが日本にいる間、アジリティ友達が預かってくれていましたが、
送られてくる写真は、やはりこんな感じで、ソファの背もたれで寛ぐもじょ。

11161602.jpg

この絶妙な安定感よ。。。

11161601.jpg

こんちゃんは、カツの時もそうだったのですが、結構早い時期から
もじょを「一員」と認めた感があり、もじょと時々遊ぶし、こうやって一緒に寝てたりします。

そして、決して、他の犬に慣れていたわけではないもじょですが、
こんちゃんにはしつこく行かないし、一目置いている感じで、
意外と空気は読めるヤツ…。

11161604.jpg

”弱いヤツ”にちょっかいを出したいのは、人間社会も犬社会も一緒みたいで、
”弱いヤツ”=カツに、いちいち”ちょっかい”を出すもじょ。
カツは怒る。
怖い顏&怖い声で怒るんだけど、全然伝わらない。
もじょは、さらに調子に乗ってしまって、うへへ~~~ってカツを苛めるので、
基本犬に任せるけど、「うるさい!!」と時々人間(私)の喝が入っていたのですが、
カツはとにかく優しいヤツだから、もじょが嫌がらせでさえしなければ、平和なのだ。

11171603.jpg

なぜか、カツはもじょのケージが…
もじょはカツのケージが好きみたいで、しょっちゅう入れ替わっている
…んですが、カツに「ケージ!」のコマンドを出したら、もじょが占拠していたものの
カツのケージへ一目散。

11171601.jpg

そして、もじょは「やばいぞ…」と、耳をぺたーーーっと後ろへ倒して
カツのことを尊重しているのでした。

最近は落ち着いてきて、もじょのカツへの嫌がらせは激減しました。

11171602.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
18

Category: 犬の病気怪我。

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

マダニ。


本日外出して帰宅したならば…玄関を開けた瞬間、なんだか焦げ臭い。
なんと、乾燥機の中がえらいことになっておりました…。
乾燥機の中で焦げ付いたシーツ…。
ソファカバーは溶けてました。泣)

乾燥機買わねばならぬか…。
寝具類、ソファカバーもダメになってしまったし、ガッカリです。

が、大事に至らず本当に良かったと胸を撫で下ろす。。。
乾燥機からの出火事故、結構あるらしいので他人事ではない。
乾燥機は当地では必需品でもあるけれども、今後は乾燥機をかけたまま
外出するのは止めます。
(というかその前に新しく買い直さないといけないけれど…)

11181601.jpg

さて、日常が戻ってきた鍋家なのですが、戻って直ぐに、
Terrebonneを犬友達たちと散歩したのですが、
なんと我が家の4匹中、3匹にマダニがついてしまいましたキャ━━━d(○`□´○)b━━━!!


11150603_2016111907412324a.jpg
マダニは、様々な病気を媒介することで有名ですが、
こちらで怖いのは、ライム病です。
ライム病は人間にも移り、罹患すると大変な事になってしまいます。

ちなみに私たちのアジリティ友達のゴールデンレトリバーは、
去年マダニに噛まれライム病になってしまい、亡くなってしまいました。。。

予防としては、ノミ避け薬で、ダニも避ける成分が入っているものが有効、
もしくは、ライム病の予防接種もありますが、ポンコンカツの獣医曰く、
ライム病は人間が先にかかる可能性(人間が先にダニに噛まれる)もあるので、
副作用の可能性・値段の高い予防接種をするよりも、季節によって
ダニ避け薬を与える方が現実的ではないかとおっしゃっていました。

ちなみに我が家は、NEXGARDを使っているのですが、これらの薬に副作用がない
わけではありません。
もちろん、なるべく自然のもので、化学物質を与えたくないとは思っていますが、
私たちと犬たちの生活環境を考えると、どうしても避けられません。

ライム病を媒介しているマダニが、動物に吸血し、ウイルスを注入するのに
大体24時間掛かるのだそうです。
ですので、逆に言うと、吸血から24時間以内に駆除すると、ライム病にかかる
可能性が低いということ。

11151602_20161119074125e5b.jpg

結構、山や森に入る鍋家ですが、実は今回始めてマダニと遭遇しました…。

周りではちょくちょく話には聞いていたのですが。

ただ、マダニが犬に噛みつく前、犬の被毛上を歩いているところを
手で払った為、大事には至らず今に至ります。

ちなみにこの日の散歩は下記のメンバー。

11181602.jpg 

基本的にコマンドはしっかり入ってるのだけど、集合写真となるとてんやわんや~ヽ(´∀`)ノ

11181603.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
17

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

飼い主・飼い犬それぞれの休暇。


決して忙しいわけではないのですが、あれよあれよと気づいたら
ブログを放置し過ぎて、広告が表示されるまでになってしまっていました。

実は、2年ぶりに日本へ帰っていました。
そして、その後は年々悪化する時差ぼけに苦しみ…。(時差14時間)
こちらに戻って丁度1週間越えたところですっぱり時差ぼけが直って今に至ります。
今回は、日本到着時は、ほとんど時差ぼけがなくいたのに、
やはりカナダに戻る際の時差ぼけは厳しい…。

カナダで乗り継ぎ1回、日本でも乗り継ぎ1回、乗り継ぎのおかげで
片道軽く24時間は掛かってしまいます。
それでも、羽田空港にエアカナダが発着するようになり、大分便利になりました。
少し値段が上がっても、地方空港への国内線乗り継ぎがある際は、
断然羽田空港が便利だと痛感しています。
私の場合、国内線はJALで、ACとは提携がないので、2年前は、荷物を持って
羽田空港ターミナル間の移動をせねばならず、少し不便でしたが、
今回は、行きも帰りも荷物を預ける事ができた為、かなり便利になっていました。

11151610.jpg 

今回の里帰りは鍋コ。妹が結婚式を挙げるというので、今年の1月から計画していました。
こちらに引っ越してきて丸8年。
犬達の事があるので、私が日本へ帰る際は、鍋ヲ君は犬たちとお留守番だったのですが、
さすがに実妹の結婚式で欠席はマズイということで、数ヶ月にかけて様々な
準備に翻弄されていた鍋家だったのでした。
(※主に資金集め。犬のホテル代)

犬達のホテル代を工面するのも3匹となると大変なのですが、
それよりも、さて、どこ(誰)に預けるのか?

必要があれば、犬たちを別々に預ける事も考慮してはいましたが、
信用できる、万が一の場合があった時に、きちんと信頼できる(許せる)人…。
動物を扱うビジネスに携わっているからこそ、「万が一」や「事故」の可能性を
考えてしまいます。ましてや、我が家の犬達は完璧でもありません。

犬師匠は、犬業から引退してしまったのですが、実は密かにほんの一部、数人の常連のみ
預かりをしていることは知っていました。
私たちは一度も預かってもらった事がないし、1週間以上になるし、
何よりも、犬業から引退した師匠にお願いするのは躊躇する部分もあったのですが
悩んでいる間に、わざわざ犬師匠が私たちがお願いしやすいような機会を作ってくださり、
快諾してもらうことができ、今回の日本行きが叶ったのでした。

そして、忘れてはならぬ。
我が家には、日本に行く寸前に1匹犬が増えました。
もじょ。
犬師匠の家には既に犬が4匹いるし、プロとは言え、負担を増やしたくない…
と悩んでいたところ、鍋ヲ君のアジリティ友達が、もじょの預かりを快諾してくれたのでした。

本当はうちのオーナーが預かると約束をしてくれていたのですが、
色々と揉める事態に発展してしまい、本当に助かった…。

助かったというか、もじょにとっては最高のバケーションだったのではないかと思う程。
本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。
(もじょの件に関しては、寧ろオーナーと揉めて良かった…)

8才にして始めてよそに預けられたこんちゃん、ぽん・こん・かつの中で
一番慣れるのに時間を要してしまったみたいですが、ドッグトレーニングマニアの
師匠の奥さんと、かなり楽しんだようです。(ビデオと写真を見る限り。)
彼女がクリッカーを持ち出すと、俄然張り切りだすのだと。笑)

11151606.jpg 

犬は、「今この瞬間」を生きる動物。
だから、「今この瞬間」落ち着ける場所があって、楽しい経験が積めれば、
飼い主の事をいちいち思い出したり、センチメンタルな気持ちには
ならないのだろうと実際犬達を見ていても思います。

素晴らしい人達に快く預かってもらえて、飼い主が休暇を満喫する間、
ポン酢も昆布もカツももじょも、それぞれの休暇を満喫したようで
本当に感謝しきれぬ気持ちでいっぱいです。









にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
16

Category: もじょ。

Tags: ---

Response: Comment 8  Trackback 0

もじょ、里親見つかる?


京本もじょです。

※京本政樹氏に似ているから京本もじょ、きなもっちさん。命名

20161016082832b42.jpg 

シェルターに送る代わりに、我が家でフォスターをして里親探しをしよう!と
預かっていたもじょ。

この度正式に、我が家で引き取る事になりました。

向かって左の犬は、我が家の犬(ポン酢)ではありません。
友人の犬、これまた京本もじょと同じ、シュナウザーXボストン。
ちなみにこう見えて(?)アジリティ及びフライボールのカナダチャンピオン犬!
10151601.jpg

なるべく感情的にならぬように、感情に流されぬように、
もじょに一番良い方法を探してあげようと2週間、鍋ヲ君と議論を交わし、
感情的になるなとは言っても時には喧嘩に発展し、
さらには私の勤務先の上司も交えてあーだこーだ揉めまくり。。。

その間、里親希望の方々から連絡も入りました。

が、安心して送り出せる家は見つからぬどころか、
とんでもない人が結構多く…。

そして、私たちはあまり心配していないのですが、もじょには2つ、
腫瘍のような、ガングリオンのようなものがあります。
良さそうな里親候補は、この話をすると、「なかったことに」となります。
そりゃまだ出会ってもいない犬にリスクを負いたくないと思う。

で、ちょっとなー…と思う人は、全くこの話を聞いていないのか、
「そんなことより、もじょはトイレシートでトイレできるのか?」
とかよくわからん質問をしてきます。。。
(さてはおっさん、犬を外に出さないで飼おうとしているだろう!という…)

10151602.jpg

私たちは、あと2年後を目処に、猟犬・フレンチスパニエルの子犬を飼う予定でした。
猟犬のトレーニングをする為です。
もじょの里親になれないと思ったのは、これが理由です。
あとはカツは年齢不明ですが大体ポン酢昆布と年齢変わらないだろうと考えると、
もじょも含めて皆8才…。
皆一緒に老いていく…。

もじょに始めて出会った5年前(お客わんことして)
私はその頃からもじょの話をしていて、鍋ヲ君だけではなく友人も覚えている程。
我が家に連れて帰った途端に、本人は決して「うちで飼おう!」とは言わなかったけれども
もじょを気に入ったのが丸分かりだった鍋ヲ君。
どうみても相思相愛なのに、鍋ヲ君は、絶対「うちで飼おう」って言わないのが
じれったくて、また喧嘩になったり。

結局、「フレンチスパニエルは、予定を延期すれば良いんだ。」という結論に。

「お金ない・お金ない」とヒーヒーゆってるのに、犬迎えてどうすんのよ!!!
ちょっとバカなんじゃないの??
という胸にずっしり重い意見もあったのですが、我が家は休暇で海外旅行などもしないし、
外食も興味なく、犬が趣味みたいなところがあるので、よくよく考えて決めたつもりです。

10151603.jpg

もじょはまだカツとこんちゃんと打ち解けていないところがあるのですが、
これはまた日本から戻ってからじっくり時間を掛けてやっていきたいと思います。

「もじょ」って名前もかわいいし、前の飼い主がどれだけ愛して育ててきたか知っているので
敢えて名前を変えようとは思わないのだけど、ポン酢・昆布・カツオって来て「もじょ」ってのもなー。
セカンドネーム的に、命名しました。

京本もんじゃ。

これからも鍋家よろしくお願いいたします。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
12, 2016 < >
Archive   RSS