鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

21

Category: 未分類

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

妊娠糖尿病の検査と、妊娠中の検査のシステムについて。


26週後半。

我が家の4匹は、オスということもあるのか、特段私の妊娠による変化は感じません。

機会さえあらば、私のお腹の上で寝るカツ。
確実に父親である鍋ヲ君よりも、胎動を感じているはず。
胎動の不思議と言えば、鍋ヲ君が胎動を感じようとすると、動かなくなる。笑)
私の場合、胎盤がお腹側についているようで、外から感じにくいというのもあるようですが
カツは昼寝しながら、もにょうにょ感じているのかな?

09211701.jpg 

09211702.jpg

09211703.jpg

さて、妊娠糖尿病の検査に行ってきました。
日本では、定期検診時の血液検査や尿検査で糖が確認される場合にのみ行われるようですが、
こちらでは多分すべての妊婦が受ける事になっている検査です。

結論から言うと、引っかかりました。。。

ちなみに私が通っているクリニックに関しては、血液検査は妊娠初期に一度きり。
尿検査も、初期に血液検査と共に一度検査をしてからずっとしておらず、
20週を越えてから、毎月簡易検査をしましょう、と言われたのみ(尿蛋白及び尿糖)

この尿検査、驚いたのが、プラスティックの容器を渡され、検診の際に尿を持ってきて、
検査の後はシンクに流して水で濯いで再利用するから捨てないでね♪ということ!
(あと余談ですが、この容器、かなり尿採取しにくい…)

Nyou.jpg 

血液検査を初め各検査は、指定される病院やラボで行います。
血液検査は、私の場合、出産予定の総合病院が指定。
検査は予約不要(不可)で、指定される時間に検査センターに赴かねばならず、
かなり待ち時間が長い。無料でやってもらえるのはありがたいが、検査内容的に可能な場合は
私は、有料でファーマシー(薬局)に看護師が来てくれるサービスを利用していました。
これだと予約可能で待ち時間ゼロ。
妊娠初期の頃はつわりもきつかったし、仕事もあったので、ファーマシーでの採血に2度お世話になりました。(料金は40ドル・現金払いのみ)

一度、病院で検査を受けた時、この病院は受付が月曜~木曜の朝6時~11時。
朝6時キッカリに病院に到着したのですが、その時点で45人待ち…。
結局採血終了するまで2時間近くかかりました。

さて、妊娠糖尿病の検査ですが、これは病院でないと検査が出来ないので病院へ。
待たされるの嫌だな~と思っていたのですが、妊娠糖尿病の検査に関しては、
月曜~木曜の午後12:30と日時が決まっていて待ち時間無く助かりました。

この検査は、50グラムのグルコースの入ったあま~い液体を飲んで
その1時間後の血糖値を調べるために採血するというものです。

これはスクリーニングテストであり、このテストの基準値で引っかかれば、再検査になります。
再検査は75グラムのグルコース。
空腹時での血糖値と、グルコースを摂取した後1・2時間後の血糖値を検査するというもの。
検査結果については、翌日には連絡があり、かなり早かった。
ついでに、今回の検査で、『貧血』であることも発覚し、薬を処方されてしまいました。

再検査は、前夜から絶食状態で行かないといけないので、
未だつわりのある妊婦には辛いところです。
妊娠糖尿病でなければ良いのですが、、、

食べ物も気をつけて、運動も毎日1時間以上散歩して、エクササイズもしているのに
増える体重に、案の定、糖尿病疑い…。
どうして良いのやら…・゚・(つД`)・゚・



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
17

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

怒られるのは承知、それが楽しみ?マゾ気質なもじょ。


09121717.jpg

広大なフィールド散歩の続き。

09121711.jpg

森の中も散歩したのですが、往復すると丁度1時間くらいの森の中。
多少のアップダウンがあるものの、妊娠前はケロッと朝飯前。
しかし、しんどいしんどい…。

妊娠のマイナートラブルなのでしょうが、とにもかくにも下半身がダルくて痛くて
また、低血圧のせいか疲れやすいし、ただでさえ呼吸がキツいのに過呼吸になりそう。
ゆーっくりゆーっくり上り坂は歩くのですが、森の散歩は今の私には結構大変でした。
なので平坦なひろ~い草原での散歩が楽しかった。


09121712.jpg

但し、楽しくない事が一つ…。こやつのこの本能が目覚めてしまった…。
何やら良い香りを堪能しているようですが…
カツがすりすりする時は…かなりの刺激臭。○| ̄|_
09121714.jpg

ちなみに、森の中でこんちゃんが戻ってこなくなって、見に行ったらガムシャラにキノコを食べていたΣ(ω |||)
私たちはキノコは全く詳しくないし、見かけが凄く変なキノコで、臭いもキツかったので、
ちょっとヤバいキノコなんじゃないかと心配したのですが、ネットで調べたら毒キノコではないということで…。
ちなみにこんちゃんがガムシャラに食べていたキノコは、スッポンタケというキノコらしく、
英語ではstinkhornと言うらしい。(ネット検索してみてください)
さすが野生児こんちゃん…ネズミも捕まえちゃうし…食用キノコまで…

09121713.jpg

そんなたくましい我が家のシーズー野生児・こんちゃん。
もじょとはなかなか良いコンビだったりします。

遊んでて、転ぶもじょ。

09121715.jpg

こんなにタックルされてるのに、神経質で怒りっぽいこんちゃん、もじょには怒らない。

09121716.jpg

こんちゃんがもじょに怒らないのは、もじょもこんちゃんに一目置いていて
「こいつは危ないヤツだぜ」と分かっているからだと思います。手加減してるし。

がしかし、相変わらず、もじょはカツに対しては諦めない。
カツはかなり怖い低いバリトン声で怒ってるんですけどね~。

もじょは遊びたくて、カツにちょっかいを出しまくり、カツの「うざい!!」の声に
更に挑発しちゃう。


09121718.jpg

最初は遊びのうちなんですが…

09121719.jpg

もじょの挑発に段々カツが本気になってきて

09121720.jpg 

こんちゃんポリスが出動してきます。

09121721.jpg

挑発を止めないもじょ。
カツがどんどん本気になってくるので、もじょもヒートアップ。

09121722.jpg

09121723.jpg

音声が無いのが残念ですが…
普通なら…ここでもじょが引くべきなのですが、全然引かない。

09121724.jpg

よって更に取っ組み合いへ発展し

09121725.jpg

ポン酢&昆布が加担。
犬は群れになると、問題を起こしている弱いものを排除しようとするのもあり、
ポン酢・昆布・カツ vs もじょの3対1

最終的には飼い主の「こらっ!(いい加減にしなさい!)」の一喝で、犬たちも我に還り。

もじょは、なんというかマゾ気質なのか…
と思う今日この頃です。

子供の時とか、怒られても怒られてもいたづらが止められない子供って必ずいたけど、
本当そんな感じ…。で、賢いから、怒られる事は承知の上で、本能が止められない…みたいな感じです。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
15

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

思いっきり農地を駆け回る。


09121703.jpg

実家帰省中は、ノーリード散歩を堪能。

我が家では、このブログでもお馴染み、リードをしないで散歩をすることがあり、「さすがカナダね!」
と言われるのですが、ケベック州に関しては、リードをせず散歩できるところはとても少ないです。
野生動物の保護の観点からも、州営及び国立公園でリードを外す事は固く禁止されています。
ついでに市によっては、市の小さな公園はリードをしていても犬は立ち入り禁止ということも多い。

田舎であっても同様です。

さて、ではどこで散歩させているのか…?
ズバリ、私有地です。

鍋ヲ君の実家へ帰省中は、義父の親友の農場と、鍋ヲ叔父の森で散歩させてもらいました。

だだっ広い草原のど真ん中でうんちょす。

09121701.jpg

広範囲に渡って、遮るものが無い農地での散歩は、森や山での散歩とはまた違うみたいで、
犬たちは大ハッスル。(特にカツ)

09121702.jpg



09121704.jpg

もじょにとっては、恐らくこんなに広い野原は初めてではないかと思われます。

09121706.jpg

我が家の省エネ犬・ポン酢も走ってみる。
でもポン酢が走るのはほんの気まぐれで、すぐゆっくりペースに戻ります。
スタミナが無いだけに、ペース配分を考えているようです。
(帰りは速い)

09121707.jpg

ちなみに余談なのですが、今年に入ってポン酢の下前歯がまた1本抜けまして、
下前歯合計3本欠けているので、口を開けるとマヌケ顔に拍車がかかるようになりました。

09121708.jpg

09121705.jpg

カツとヨーイドン!!

09121709.jpg

…って私は走るフリしただけなんですけど…
拡大しないと分かりにくいのですが、走りだし、2本足でスプリントすると、
ちょっと人間みたいになります。

09121710.jpg

つづく。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
12

Category: 妊娠・出産

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

あっという間に25週、そして家具のリメイク。


気付けばあと2週間で、3rdトリメスター=妊娠後期。

日本とカナダでは、妊娠月数の数え方が異なっていて、中期以降は私自身、妊娠月数が不明。
よって聞かれた時は、週数で答えるようにしています。
病院などでは、週数&日数で聞かれますからね。
現在25週半ば。
本当にあっという間!

20週終了したところで、医師の指導で仕事を辞める事になって、
さぞかし暇になって退屈してしまうのではないかと危惧していましたが、
実際暇で気が狂いそうになったのは1週目のみ。
加えて1週目はつわりの薬を止める試みをしたところで、つわりにがっつりやられて廃人のように…。
それから数回薬を止めてみる度につわりにやられて、結局つわりの薬は止められず今に至る。
そして、毎日なんやかんやで忙しい(主に掃除と片付け)

25週で、体重は既に10キロ増加してしまった…。
仕事を辞めてから、毎日品目を取るように栄養バランスを考えて手作り。
おやつも手作り。
毎日最低1時間は散歩。
なのに体重増加が止まらない。゚(゚´Д`゚)゚。

ある日、鍋ヲ君に「鍋コ。に、似ています」と写真が送られてきたのですが
よく日本の店先に置いてある、たぬきの置物だった。
私自身でもよく似ていると思う。

今まで経験したことのない便秘になったり、股関節や尾てい骨の痛みがあったり、
基本的にスニーカーばかり履いているのですが、スニーカーが入らなくなったり、
挙句の果てにはレインブーツまでキツいという始末だったり…
理想的な血圧だったのに、中期に入って血圧が下がり、低血圧になってしまったり…
マイナートラブルこそ後を尽きないけれども、まぁまぁ順調にやっている。…と思う。
自分の変化に翻弄される日々。

さて、私は8月の中旬から言ってみれば(期限未定の)長期休暇に入ったわけですが、
鍋ヲ君も1週間の短い夏休みを取る事になりました。

従来我が家の休暇と言うと、山の中へ車を走らせてChaletへ行くのが習わしなのですが、
携帯の電波も届かぬ、電話も繋がっておらず、1番近い病院までは舗装されていない山道60KM
を走ってから更に30分…。
自分が運転していなくとも、長距離ドライブはシンドイのもあり、今年は諦めました。
(鍋ヲ君に諦めてもらいました)

休暇の前半は、物置と貸している部屋の片付けと掃除…。
そして後半は、鍋ヲ実家へ帰り、田舎のんびりライフを満喫。

実家にこんな古いぼろぼろの棚がありまして。

tana0.jpg 

鍋ヲ君が、リメイクすると張り切りまして…。
塗装剥がして、磨いて、新しくペンキ塗って…。

因みに義父(鍋ヲ君の父)は、自分で家も建てちゃうし、家にある家具はほぼ義父の手作りだし、
なんでも作ってしまうとても器用な人です。

tana1.jpg

正直、塗装を剥がす液体とか、ペンキとか、新しい取手とか…何万円って出費になったので
IK●Aあたりで新しく買った方がいいんじゃないかとか思ってしまった妻…。

tana2.jpg

しかしやはり、木の家具とは何十年経っていても素晴らしくて、しっかり蘇ってくれました。

生まれてくる子への、初めての手作りのプレゼントです。
(とりあえず使うのは大人ですが)

tana4.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
30

Category: 未分類

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

妊婦は犬の散歩をするべきではない??!


08291702.jpg

『妊婦は犬の散歩は避けるべきだ』
と言う人がいるらしい。

言い分としては、犬は動物なので何があるか分からない。
引っ張られて転倒のリスクがあるのと、転倒せずとも、引っ張られるとお腹にぐっと
力が入るので、それが妊婦には良くないということ。

うーん。。。

でも、そんな普段の散歩をできないような犬、普段の散歩で妊婦にリスクを与える犬なら、
今すぐにでもドッグトレーナーに相談した方が良い、私はそう思います。

そんな犬を子供が生まれてから、安全に管理しきれるのか…?

妊娠中に普段の散歩ができないとしたら…出産後はますます散歩ができなくなる。
ということは、犬は運動不足でますますストレスが溜まり、問題行動が増えるわけで、
小さな子供と一緒にすることができるのか??
犬も飼い主も皆相当ストレスが溜まるのではないか?

08291701.jpg 

我が家は体重10KG以下の小型犬ですが、4匹います。
4匹なので合計40キロ弱になります。
また、ポン酢ともじょに関しては、リードをつけての散歩時、他の犬に興奮することがあります。
なので、興奮して引っ張られると、踏ん張るのでお腹に負担がかかるのはもちろん、
確かに転倒の恐れもなきにしもあらず。
だから、引っ張らせないこと・興奮させない事が重要になります。

右手にぽん・こん・かつ。

081717011.jpg

左手にもじょ。

というのが普段の散歩スタイル。

08171702.jpg

体重増加が半端なく(日本では間違いなく指導が入るレベル…)
仕事も辞めたので、私にとって犬の散歩は重要なエクササイズとなっています。
車移動が基本、買い物に行くのもあまり好きではないので、
犬がいなければなかなか「歩く」という行為をしないような気がします…。

ただ、本当は仕事を辞めて時間がある今だからこそ、毎日でもノーリード散歩ができる場所へ
連れて行ってあげたいのですが、この頃の頻尿具合は半端無く…トイレが無いので
一人の時は遠出してあげられなくなってしまいました。

また、体重増加のせいなのか、足の裏の形が変わっているような気がして
とにかく足裏が痛い…よってこの頃は一日に2回、30分の散歩をするのが日課。
(もじょ&かつは、そこに鍋ヲ君とのジョギングが加算される。)

08171704.jpg

そんなわけで、絶対安静の妊婦、もしくは道路が凍結している冬場では話は全く別になりますが、
妊婦にとって犬の散歩とは、避けるべき行為どころか、妊婦にとって健康な事であると思います。

少なくとも私にとっては、犬のお陰でエクササイズをすることができているので
犬たちには感謝しています。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
16
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09, 2017 < >
Archive   RSS