鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

20

Category: カナダ生活。

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

保険証の再発行手続き、勝手に却下されていた話。


先日の盗難事件の続き。

即刻諸手続きを行ってたのですが『保険証』が届かない…。

これがないと、病院に掛かれないシステム。

運転免許証と保険証は、免許がある人は同時に手続きを行うシステムになっており、
免許証は1月初旬に早々と手元に届いたのにも関わらず保険証が届かない。

保険証は時間が掛かると人づてに聞いたのですが、サイトを見ると
「10日」と書いてあるではないか(`o´)


12211601.jpg 

なので、健康保険を扱っている機関に電話したのですが、

あなたの健康保険証は今年の4月に更新が必要になっているので、
代わりのカードの申請はありましたが、手元に届かないのはそのせいです。

と言うのですよ。(そのまま訳)

え、どんな理由??
おかしくない??

カードの再発行申請をしましたよ。25ドル払いましたよ。
4月まで4ヶ月あるし。
更新の事は知ってたけど、それはまた別の話じゃないの??
というか、窓口で手続きしているのに、何の説明もなかったけど…。

12261605.jpg

じゃー、25ドルの返金手続きしますね~。
小切手、いつ届くか分からないけど、送りますからね~。
多分数週間は掛かります。

いやいやいやいやいや、、、

更新手続きの書類、来週送りますので、手続きしてくださいね。

まだ送ってないんかいっっっ!!

手元に健康保険証が無いわけ。
滅多に医者に掛からないけど、この保険証がないと、病院の予約もできないわけ。

恐る恐る私は聞いてみた。

「それでその後、いつ健康保険証届きます?」

相手は言った。

「申請書類がこちらに届いてから45日 ですね。」

45日!!!!!!!??

12261606.jpg

3ヶ月分でもいい。
25ドル返金しなくていいから、カード送って…

と思っちゃったよね。

全くもって意味が不明なこのシステム。
窓口できちんと手続きをして、支払いもしているのに、何の説明もなく、
後日何かしらの連絡があるわけでもなく、なければ困るものなのに
有効期限が4か月しかないからという理由で申請者に一切の連絡なく、申請は却下。

何、このシステム??

じゃーさ、じゃーさ、もし緊急で病院に掛かりたい場合は、どうすれば良いんですか???

その際は、またRegie(政府機関)に電話してください。
FAXで必要な書類を送ります。

は???
うち、FAX無いですけど???

FAXじゃないとダメです。

さらに意味不明。。。

(病院に直接FAXすることもできるそうですが、事前に病院に承諾を得ねばなりません)


12201604.jpg 

あと2か月くらいは保険証無しで生きないといけないみたいで。。。
滅多に病院に掛からないけど、無ければ心配になるわけで、

がしかし、このシステム、まったくもって腑に落ちません。

12211602.jpg

うちのオーナーも財布を紛失したことがあるのですが、なんと半年後に郵便で財布が
届いたそうです。すべてのカードは中に…。
現金だけが勿論跡形もなくなくなっていたそうですが…。

カード類すべて再発行しているので半年後に手元に戻っても
あまり意味の無い話ではあるのですが、差出人は不明。
こちらでは財布など、拾ったらポストに入れておけば郵便が届けるとか、
都市伝説だと思っていたのですが、身近で実際に経験した人がいました。

私の財布もいつか郵便で戻ってくるのだろうか。。。

考えてみると、小学校高学年くらいから財布を持つ生活をしてきましたが、
例の件から、財布自体を持ち歩くのを止めました…。
そんな生活にも慣れてきたかな、今日この頃です。

12211603.jpg

↑集合写真の裏ネタ的、「待て」ができなかった犬。
  こんちゃんの「えっ?今待てしてるんじゃないの??」的この顔。笑)

ケベックの、日本とは違うシステムに振り回され、苛立ちを感じながらも、
犬たちとの生活だけは捨てられない。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
17

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

カツと散歩。


カツと凍った川の上で二人っきりでデート。

01101701.jpg

足と足の間に入る(そして前足を私の足に乗せて歩く)コマンドを教えてから、
コマンドを出すと、「はいはいですのだ~♪」と、そそくさとやってくれるカツ。

01101702.jpg

日本は数年に一度の寒波に見舞われたそうですが、
鍋家地方は、今年は「普通の冬」(つまり厳しい冬)と言われていたものの
ここのところ恐ろしい程に落ち着いたというか、暖かい…。

でもね、マイナス20度も普通な鍋家地方。
この時期の『雨』は本当に曲者。

先日も、大雨が降りました。
大雨が降って、翌日には気温が下がって、つまり全面、道路も歩道もスケートリンク状態。
つるっつるです。

だから、散歩も大変。
半端無くつるっつる、転べば骨折するかもしれないレベル。
怪我なんてして、仕事・運転できないとか笑えないので、この頃は散歩も分担…。
カツだけ連れ出したりします。
(私の友人は転んで骨折して仕事できなくなりました…)

01101703.jpg

川の上もつるっつる。
今年は長い距離のスケートリンクが作られているのだけど(市が管理している)
連日気温が高いため(最高気温が0度前後)、氷が溶けているんじゃないかとヒヤヒヤ…。
というのも、川の上を歩いていたら、ごっ…って変な音が下からしたのです。

01091712.jpg 

すぐ近くでスケートしてる人はいたけど、げーーっ!と思って
そそくさと岸に上がったのでした。

01091713.jpg

仕事に行くことを考えると、交通渋滞が半端なくなるので、正直雪は困るんですが、
こうやって冬なのに気温が上がるのも嫌だな。
冬の雨は本当に勘弁して欲しいと思ってしまうのです。

01091714.jpg

今年は厳しい冬と聞いていたのに、先週も今週も気温が高い。
(といってもマイナスには変わりないですが)

キリッとした寒さがないと、なんか物足りないと思ってしまうのは、
北国育ちで冬の厳しさが嫌で南下したのにも関わらず、
出身地よりも北へ移住してしまった私の運命なのか?

01091715.jpg

今年の冬は、鍋家近所の川も凍ってくれて、スケートリンクにもなったけど、
0度越えがこう何日も続くと、、、氷の厚さが非常に心配…。
しばらくまた暖かい(0度)ようですし、川の氷が心配です。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
12

Category: もじょ。

Tags: ---

Response: Comment 8  Trackback 0

もじょとトレーニングベスト。


mojo06.jpg

もじょ。

またの名を京本もじょ。

そして私には「ももんが」と呼ばれるこのへんちくりんな犬は、
去年の10月末に正式に我が家の犬となったのでした。
と言いつつも、ドタバタと日本に里帰りの予定があり、改めて一緒に暮らし始めたのは
11月に入ってから。

結構予定外の事があったなー。。。

もじょは元々私の大好きなお客わんこで、付き合いも長かった。
今のサロン勤め6年目ですので、5年前には出会っていたと思う。
頻度としては高くはなかったけれど、なんていうか落ち着いた、悟った感じの犬で(笑)
何をしても何をされても文句の一つも言わない。
ケージに入れれば、横になってぐーすか寝る、肝の座った奴。

…と私は思っていた。

が、、、案外…かなり落ち着きの無い犬だった。苦笑)

ポン酢・昆布・カツとドッグスポーツや、トレーニングをやってきたけれども、
他のアスリート犬と比較すると、うちの犬達は大人しい。大人しすぎる。
落ち着いた犬、良い犬とも言えるのだけれども、スポーツをする上では物足りない。
プレイドライブが無いし、(良い意味で)興奮もない。。。

我が家は、猟犬のトレーニングをしてみたかったのと、単に見かけに美を感じるというので、
次は絶対に猟犬(ジャーマンワイヤードヘアードポインターが欲しいけど、運動量に
責任を持てそうにないので、フレンチスパニエル希望)を強く希望していて、
ドッグスポーツも楽しむんだ!などと言っていたのに、もじょを迎える事となった。

もじょは、最低限の躾と、散歩はしていたけれども、こういうトレーニングは未経験。
そしてもう8才。シニア。
だけど、賢い犬&この落ち着きの無さはトレーニングに活かせるかも…と。。。

やたらとソファの背もたれが好きなもじょ。
日本に里帰り中預かってもらった犬友の家でも同様だったらしい。

mojo01.jpg

もじょを迎えて、もじょが私を怒らせた事の一つは、もじょのカツに対する嫌がらせ:マウンティング。
暇さえあれば私のかわいいカツを苛めるもじょ。
カツもこわ~いこわ~いバリトンな声で「うがぅっ!!」っと何度も喝を入れてるのに、
ぜーんぜん懲りないこの犬。。。

だけど、今はだいぶ落ち着いて、カツに対する嫌がらせもかなり少なくなりました。

が、例えば散歩中や、慣れない場所など、落ち着かなくなると、カツにマウンティングするもじょ。
カーミングシグナルとして、自分を落ち着ける為の行為なんだろうな。
…と思いつつ、とばっちりを喰らうカツは大迷惑。

mojo05.jpg

カツも負けてはいない…?

カツはなぜかもじょのケージが気に入ってしまい、しょっちゅう占拠している。

もじょは、意外にも空気の読める犬で、絶対にカツがケージに入っている時は
ケージに入らないし、もじょとカツのケージは隣あっているものの、
絶対にカツのケージには入らない。

そして、自分のケージの前で「きゅんきゅん」鳴く。

よってカツは「出なさい」と咎められ、ようやくもじょは自分のケー
ジに入るのだけれども
自分のケージに戻ったと思われたカツが、もじょがいるもじょのケージに舞い戻ることも。
そしてもじょ緊張。苦笑)

ベッドが良いのか?など色々交換したりしてみたけど、
カツにとっては、もじょのケージのサイズが良いみたい(カツのケージよりも小さい)

この頃はもう人間&もじょともども諦めて、もじょとカツはケージを交換という形で
折り合いをつけている模様。

mojo02.jpg

密着度も上がっている。

そして、もじょ、吠える。鳴く。
人間だったらよーく喋る男で間違いない…。

集合住宅だったら間違いなく苦情が来るレベルで…。
四六時中吠えているわけではなく、誰か来たり、私たちが帰宅した時の事ですが
すごーーーーーーい鳴く。。。痛めつけられてるんじゃないかというつんざくような鳴き声。

ただ、吠えるのは犬の仕事で、実際、防犯に役立つ事もあると私は思っているので、
四六時中吠えず、飼い主が止めさせる事ができるなら寧ろ便利だと思っている。
…んですが、カツもバリトンな怖~い声で吠えるので、窓を開ける事が多い夏場は
本当に要注意だなー…。

mojo03.jpg

もう一つは、もじょはとーってもリアクティブ。
よその犬に「ぉらぉら~~~っ」と喧嘩を売り、最近は人にも。
様子を見ていると、口先だけの人間と同様、声だけでガウガウギャギャー、
実際のところ攻撃性は無いようではあるけれども、要トレーニング。。。

カラー&リード「NEED SPACE」
(他の犬や人間が苦手なので)あまり近づかないでくださいという意味のあるものを用いるも
ポン酢にも使っていたんだけど、英語だからなのか??ケベックという土地柄なのか??
全然尊重してもらえず、こんなベストも購入しました。

「トレーニング中です。近づかないでくださいね」

と書いてあります。

mojo04.jpg

ここまでしなくても良いとは思うんですが、実はそれ以外にももう一つ理由が…。
先日仕事中に泥棒に入られたのもあって、視覚効果で、見た人間が少し怯むかな…
という人間側の都合的、邪道な理由です。。。

先日、鍋ヲ君が、アジリティ競技会の会場に、このベストを着せてもじょと出かけたらしいです。
トレーニングのために。
もじょは、初めての経験(まわりに沢山知らない犬&人。犬達は大興奮している。)に
落ち着かず、ガウガウ喧嘩を売ろうとしたりしていたようなのですが、
興奮状態になったもじょ、このベストを装着しているのにも関わらず、
見知らぬばばぁご婦人がご自分の犬をトレーニングしているのか、
ガウガウしているもじょとそれを落ち着けるトレーニングをしている鍋ヲ君のすぐ横へ。
そして、ご自分の犬に「おすわり!」「まぁ、なんていい子なの!!」とやってきたらしいです。
鍋ヲ君には、一切の挨拶も言葉掛けもなく。

分かる。
このトレーニング分かります。

でもね、これは大きなルール違反。

自分の犬を立派にトレーニングしているのに他人の犬&他人のことを考えられないなんて
最低です。

他人の犬をトレーニングに使うなら最低限の人間同士のコミュニケーション、及び挨拶が
絶対に必要です。

ちなみに私は近所を散歩中に、大型犬のトレーニングをしながら散歩している女性に
「今トレーニングの最中なのだけど、あなたの犬とすれ違うトレーニングしても良い?」
と聞かれました。(その段階でポン酢大興奮。)
そして、断りました。
なぜなら、既にポン酢が大興奮して今にも飛びかかろうとしていたからです。
ポン酢が飛びかかる時は、もじょとは違って、噛みつきますので…。
丁重にお断り致しました…。

アジリティの競技会にも出てるような人、トレーニングそのものはとても良い事だし
意識が高いはずの人間が、このマナー違反、本当に残念としか思えないのでした。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
11

Category: 昆布のこと。

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

野生児シーズー犬。


ぶふ。
ぼく、こんちゃん。
よくえらそうなかおしてるねっていわれるけど、えらそうなんかじゃないよ、ぼく。
ぼく、えらいんだよ。

01091711.jpg

たくましい我が家のこ~んちゃん(巻き舌で発音)。

※余談ですが、「こんちゃん」最近私に「こーん(CORN)ちゃん」と呼ばれている。
   それは去年の夏に、こんちゃんが上手にトウモロコシを食べる事を知ったから…。

先日は、散歩仲間と森へ散歩。
猟犬達が雪の森の中で、何やら発見。
雪の道には、血の痕が。
猟犬達が、必死に獲物を探している中に、しっかりこんちゃんも混ざっており、
気がついたらこんちゃん、雪の中から獲物をひきづりだして口の中へ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
キツネか何かに食べられた後のうさぎさんだったのですが、
まさか猟犬差し置いて真っ先に雪の中から獲物を見つけたのがシーズー犬だとは…。

01091717.jpg

わいるどーーー。

01091718.jpg

凍った川の上、川ですので、広いです。
スノーモービルで遊んでいる人も、度々遠くに見えるのですが、結構なスピード。
遮るものがないからね。

でも、危険なこのお方。

どうも遥か向こうを行くスノーモービルを、うさぎか何かの獲物と勘違いしている?
基本的にこんちゃんはそんなに走って遊ぶ犬ではないのですが、ルアーチェイシングという
競技で驚く才能を開花してしまい、目覚めてしまったのかスノーモービルを追いかける様に。
追いかける時は、こちらの呼ぶ声も聞かずに、猛スピードで遠くまで走り去ってしまう。
スノーモービルは対岸にいるので、まさか追いつくことはないかと思われるのですが、
川の真ん中で氷が割れたら大変です…。
スイッチ入る前に呼び戻す&必要あらばリードつけるのを徹底せねば。。。

01091719.jpg

森の中。
広い場所。
楽しくて楽しくて、もうどうにも止まらないこんちゃん。
雪なんか大好きで、深く雪が積もるものなら、頭ごとずっぽり雪にはまって
感触を楽しまねば気が済まないこんちゃん。

01091720.jpg

本気で走れば勿論カツの方が足が断然速いのですが、遊びの時はこうやって
加減して上手においかけっこをする我犬たち。

01091721.jpg

ワイルドなシーズーランキングがあれば、こんちゃん結構いい線行くんじゃないかと
思ってしまう、バカ飼い主でした。

01091722.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
10

Category: カナダ生活。

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

真冬限定のとっておきの場所。


ここはどこでしょう???

01091701.jpg

川の上でーす!

対岸の建物が見えています。

今年は、例年通りの厳しい冬ですので、川も凍ってくれました。
普段散歩は車で30分くらいの森や野原へ連れていきますが、
冬場こうして川が凍結してくれると、車で2分程の場所なので楽しみが増えます。

カツの陰となるもじょ。

01091703.jpg

また雪が降って、気温が上がってアイスレイン(氷雨)が降ったと思ったら、
ガッツリ気温がマイナス20度まで低下…。
すると、否応にも道路がつるっつるに凍ってしまうのです。

道幅は除雪のため狭くなっているところ、車も滑るし、人も滑る!

なので、この川の上は貴重なありがたい散歩場所です。



01091702.jpg

凍った川には、市がスケートリンクを作って管理したり、
近所の人がアイスホッケーの練習に使ったり、
またアイスフィッシングや、スノーモービル等のアクティビティをする人が沢山います。
寒い寒いと文句ばかり言わず、自然を満喫するこの地域の人間のたくましさを
毎年痛感し、見習いたいと思うのです。

でも川の上は更に寒いよ。足がかじかむ。
遮るものがないのと、風が強いのと、湿度があるのと…寒さひとしお。

私は冬場は主にSORELのブーツを愛用しているのですが、
川の上だとさすがに足先が冷たくなります…。(ー32度まで対応と謳っているもの)
カリブーシリーズが、マイナス40度までOKらしいので、セールで買おうと思っていたら
盗難に遭い、クレジットカードも銀行のカードもブロック…。
いざ!新しいクレジットカードが届いて自分へのご褒美にカリブー!
と思ったら、セール終わってた(;д;)

でもこのSORELブーツ、日本でも流行してるとの話なのですが、
カリブーなんか日本で履いて、重くない??暑くないの…???

アウトドアできて&暖かくて&軽くて&車の運転しやすい冬ブーツ、
未だお目にかかれておりません…。

01091705.jpg

飼い主がブーツ欲しいと騒いでいるところ、飼い犬達は素足。
融雪剤がない場所で、雪のコンディションがさらさらしていて毛につかないような状態であれば
マイナス12度くらいまでは我が家の犬達はもじょを除いてブーツなくても平気です。

01091706.jpg

もじょは、雨も苦手、寒いの大の苦手。
じょじょに慣れてきています。

01091708.jpg

こんちゃんとカツは本当にいつも元気で、とても逞しい。
足の裏に雪玉がついてしまって、取ってあげようとしても、自分で口を使って
雪玉をひっぺはがそうとし、人間の力は借りようとしない…(貸しますが…)
半面、もじょとポン酢は「あぁぁぁぁ歩けないなりぃぃぃ(がくがくぶるぶる)」
と人間が助けてくれるのを待っている。

01091709.jpg


01091710.jpg

寒くなると、そして疲れると、帰り道を急ぐポン酢。
行きはトボトボ…帰り道だけは足が早いと、散歩仲間の中でも有名になってしまいました。
これも、帰り道を一人急ぎ、呼び止められている図です。
呼び止めないと、車までもの凄い速足でまっしぐら。
でも、車通りの多いところへ車を止めているので呼び止めねばならないのです。

01091716.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
8
9
13
14
15
16
18
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
01, 2017 < >
Archive   RSS