鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

24

Category: もじょ。

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

ひげコンビの下位争い。


もじょは、我が家に来る前までは、猫と小さな子供2人と暮らしていました。
なので、猫と子供には慣れています。

では、犬は?

元飼い主曰く、
パッシブな犬と追いかけっこして遊ぶのは大好きだけど、
ドミナントな犬は嫌いで、ドッグランに行くのを止めました。
また、散歩中に犬とすれ違うのは結構大変なので、なるべく避けてました。
(元飼い主の言葉そのまま和訳)

だって、もじょ、かなり喧嘩売る系&無礼だもの。

遊びたいからと、顔面突進していくし、前足や顔を他の犬の上に乗せて挑発する。
マウンティングする。

我が家に来て直ぐに、向かって行ったのはポン酢。
ポン酢はもじょの無礼さに、最初は軽めに注意していたものの、
あまりに度を過ぎて、がぶりっ!!!!!
と言っても怪我がない程度ですが、もじょの毛が舞い散りました。苦笑)
もじょはその場でお腹を見せて降参。
それからは、ポン酢を『兄貴』として慕いまくり。

こんちゃんにも、ちょっかいを出してみたものの、
「あ・・・これはヤバい奴…」
と直ぐに危険を察知してこんちゃんにはちょっかい出しません。苦笑)
(こんちゃんは、いわゆる「切れやすい子供」と同様だと思う。)

そしてカツ。
カツが、がうがう怒っても、もじょはヘコたれない。
そして私に怒られてしょぼんとする。

カツともじょの下位争いなのではないかと。

03131702.jpg

以前は、カツにちょっかいを出す回数が半端なかったのですが、
最近はだいぶ減りました。

もじょに何らかのストレスがある時、カーミングシグナルとして
カツが近くにいれば、カツに「八つ当たり」行為をする。。。
(自らを落ち着かせる行為)
そして私に怒られるもじょ。

03221701.jpg 

もじょはケージには慣れているはずです。

我が家はトレーニング時に必ずケージを使用します。
トレーニングしている犬以外はケージで待機。
が、もじょは静かに待機できません。
鳴く…吠えるんじゃなくて鳴くんだよ…シュナウザー特有の叫びに似た鳴き声。苦笑)
だいぶうるさい…。

どうしたものか…
ということで、KONGや生骨を与える事に。
するとそちらに集中して、静かに待機できるようになった

…かのように思えたのですが…

なぜか、カツがトレーニング中には、KONGや骨も効果なし!!

やっぱりもじょにとっては、カツがライバルなのだろう。

カツは優しい犬であると共に、自信に欠ける弱い犬。
どんなに怖い声を出しても(カツの声は低音で結構怖い)効果がないのかもね。

03221702.jpg 

遊んでいる風ではあるが、この数秒後にカツに叱られる。
純粋な、犬の遊びは、どちらが強いと力比べになることはなく、
お互いに役割を上手に変えたりします。
上になったり下になったり。

でも、もじょはカツに対しては常に上に乗ろうとする、挑発する。

03221704.jpg 

そうやって、カツの上になろうと無駄な努力をしてしまっているもじょだけど、
もじょのケージにカツが居座っている事が時々あって、
そんな時、もじょはカツを恐れて自分のケージに入れずにケージ前で立ち往生。
ケージ周囲を行ったり来たりうろちょろうろちょろ、くんくんくんくん鳴いて
飼い主に訴えに来る。苦笑)

また、もじょが入っているケージに、ずかずかと無遠慮で入っていくことがあるカツ。
その場合も、もじょはとても肩身の狭い思いをしているようで、
なるべく動かないように邪魔しないようにおとなしくしている。

うまくやっているのだ。
(我が家の犬たちは選択肢がないので、うまくやらないといけないのだけど。)

03221705.jpg 

そんな永遠のライバル、ヒゲコンビの悲劇。

03141703_2017032201242612d.jpg 

もっさりどっさりとくっつき虫がヒゲに…。
もじょは、ひんひん鳴いてました。苦笑)

03141702_20170322012424575.jpg

とりあえず取れる分を取って捨てたら…

03141704_2017032201242754c.jpg

捨てたひっつき虫を食べ物と勘違いしたもう一匹のヒゲ犬もこんなことに…

(森では走り回りたいのに抱っこで自由を奪われ、不貞腐れているカツ)

03141705_20170322012429ee7.jpg

色々トレーニングせねばならない問題もいっぱいあるけど、
仲良く元気にやってます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
やっぱりオスばっかり4匹いると面白いですね。

うちは意図的に、同性にならないように2匹目はオスにしたけど、すんなりおりあいつけちゃってあまり面白みがありませんでした。

ジェイクも興奮してフラストレーションがたまると口がパクパクして、ココの足とか甘噛みするんですが、自分でおもちゃ探して、おもちゃを口に入れられるようになってきました。でも、それでは足らないのか、ココがそばにいると使っちゃうみたいです。もう少し落ち着いて欲しいですね。
Re: タイトルなし 
> cocoさん。
夫婦で面倒見るには4匹がMAX、理想は3匹かな、と思っています。。。
2匹から3匹は変わりなかったですが、3匹から4匹は、結構大きいと痛感しています。
それはそれでおもしろいのだけど、今後4匹飼う事は無いかな、、、など。。。

次はメスと言いつつカツがきて、もじょが来て…
次こそはメス…??!

Coco姉さん、包容力ありますね~
Jakeの八つ当たりのはけ口になるなんて、、、健気で泣けます。
カツもですが。苦笑)
ちなみにポン酢&昆布は、もじょに八つ当たりの対象にされたら、マジギレします^^;
犬も分かってるんですよねー。
 
多頭飼いだからこそ出来る教育的指導、どんどんもじょくんの再社会化が進んでいて、私まで嬉しくなっちゃいます。
この下位争い縮図、なんとなく想像出来ます。ドッグランに来ている犬たちの中にもこういう争い?に熱中している子がいるのですよ。でも、だいたい穏やかに終わることも多い気がします。それより、こんちゃんタイプ同士が衝突、みたいなケースが後を引く感じかなぁ。

くっつき虫、痛いのでしょうか。。でも、、、かわいい、、、。
Re: タイトルなし 
> akaさん。
コメントどうもありがとうございます!

マイさんの「私が一番キレイ~」自意識過剰時期のブログ、笑いながらもかなり勉強になりました。笑)→やっぱり笑う。

もじょは、ふつう~にペットとして、特段トレーニングされず、生きてきたので特に多頭飼いで、さらにはドッグスポーツを楽しみたい我が家では、様々な問題を見せてくれます。
それがまたおもしろいところでもあるのですが、うるさいーーー!うざいーーー!こらーーー!!と私に怒られるもじょ。苦笑)
かと思いきや、例えば散歩時、他の犬にさえ会わなければ、執拗にマーキングすることもせず、てくてくてくてく…と上手に横を歩くんですよね。
(犬の声が聞こえた時点で、ストレスモードに入りますが)

この下位争いは、暫く続きましたよー。
今はそうでもないですが、やはり何かストレスがあると、すぐにカツにマウンティングするもじょ。
カツのがうっ!に動じないんです。

こんちゃんは、最初から本気なので、大体の犬はこんちゃんを避けます。苦笑)
いわゆる「切れやすい」危ないタイプなこんちゃんです^^;
人間には優しいんですけどね~。
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
23
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS