鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

17

Category: ケベック州のこと。

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

大雪。


季節外れの?…大雪となりました。
今季一番の積雪となった3月14ー15日。

大雪で車が身動きできなくなってしまい、更に体調不良で救急車を呼んだものの、
雪に車が埋もれてしまって、救急隊も車両では入れなくなってしまい足で向かったものの
探し出す事ができず、残念ながらようやく見つかった時には亡くなってしまっていたという
悲しい事故もあったそうです。


そして、モントリオールでは、私もよく使う高速道路なのですが、
なんと12時間以上救助が出動せずに沢山のドライバーが高速道路上に
身動きできず立ち往生したというケースも…。
実に300台以上の車が立ち往生。
助けを求めるも、モントリオール市が動き出したのは何と12時間以上経過してからのこと…。
食料も水もなく、ガソリンも途中で切れてしまった人も多数いた中、
12時間も車に閉じ込められて助けてもらえないとかあり得ない…。



他にもモントリオール市内で、吹雪の中運転できず、
恐らく一酸化炭素中毒で亡くなってしまった方も何人かあったそうです。



さすがのこんちゃんも困ってるよ。

03161701.jpg 

走らないと(跳ばない)と進めない雪の中。

03161702.jpg


03161704.jpg

朝は一夜で変わった裏庭の光景に慄いて、トイレを拒否したポン酢ですが、
雪玉を見せると目の色が変わります。

03161703.jpg

こんな風に!笑)

03171605.jpg

埋もれてるとか気づいておらず

03171706.jpg

もっと投げてくれーーー!!

03171707.jpg

尻尾もぶるんぶるん。

03171708.jpg

こんちゃんとカツは、雪掘りに勤しみ。

03171710.jpg

掘って掘って…家庭菜園で育ててたケールの根っこを食べる。笑)

03171712.jpg

春はまだかな?

03171713.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
18

Category: ケベック州のこと。

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

ピットブルって?モントリオールBSL施行。


先日「モントリオール、ペットに関する法律の改訂に向けて。。。」というブログをUPしたのですが、
その後、東モントリオール地区で、自宅の裏庭で、55歳の女性がピットブルに殺されてしまうという
大変な悲劇が起こってしまったのです。

詳しい状況は分からないのですが、その後の検死解剖結果、
死因は犬に噛まれた事ということでした。

http://www.ctvnews.ca/canada/pitbull-that-killed-montreal-woman-had-attacked-before-lawyer-1.2941147

その後、ピットブル禁止(BSL)の方向へどんどん動いていきます。

ケベックシティに関しては、
「ピットブルは1月より全面禁止。
今現在ピットブルを飼っている飼い主は、1月まで半年間の猶予があります。
それまでに、ピットブルを処分すること。(安楽死させること)


市長が 「処分する事」と明言していたのには、心底驚いた。

Les pitbulls seront bannis à Québec

そして、とうとうモントリオール市も、ピットブル禁止という条例を打ち出しました。
ピットブル以外にも、危険犬種の飼育を制限するという、いわゆる
BSL (breed specific legislation)が今年の9月より施行されます。

CTVニュース、モントリオール市のBSLの記事。
(ちなみにこの映像の中で友人がインタビューされています。)
↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
Montreal to ban pitbulls, other dangerous breeds


さて、そもそも、「ピットブル」とは?
勘違いしている方が日本もケベックも多くいるのですが、
ピットブルはあくまでも特定の犬種ではなくて、犬のタイプです。
外見だけで判断すると、まったくブル系が入っていないのにも関わらず、
例えばラブラドールとシェパードのミックスでもピットブルのような外見で生まれる犬も。
ここで禁止すると言っているピットブルとは、主に
アメリカン/スタッフォードシャーブルテリア、及びそれらのミックスです。

モントリオール、ケベック州には、沢山のピットブルが存在しています。

保護犬を育てる人たちも多く、犬に対する意識が大変高く、
上手にトレーニングしている人たちが大勢います。

がしかし、反面、イメージだけで犬の知識など到底なく、
「強い犬」を求めて飼っているバカな飼い主も多いのは否めません。

飼い主をコントロールするべきではあるとは思いますが、
さて、どのようにコントロールすることができるでしょうか…?

結局、最良の方法が見つからないから、犬種自体を禁止してしまおうと出てしまうのは
致し方なくも思えてしまいますが…。

モントリオール市の条例では、現在既にピットブルを飼っている人は
1)公共の場では、必ずリードとマズルを装着すること。
2)去勢・避妊をさせて、マイクロチップを入れること。
等、制限されるそうです。

正しい飼い方をする飼い主は、これらの決まりも忠実に守ると思うのです。
問題は正しい飼い主ではないのです…。
しつけ教室の義務化などを謳う自治体もありましたが、
これだって正しい飼い主は愛犬の為に従うでしょう。


先進国で生きる私たち人間は、「メディア」というものに左右されて生きています。

この頃のピットブルに関するレポートは目に余るところもあり、
特に犬に無知な人間や、犬が嫌いな人間が、ますます嫌悪感を示してしまうように
報道が向いているようにさえ思えます。

よって、ケベック州のあらゆるところで、ピットブル及び、その飼い主への嫌がらせが横行しています。
ピットを飼っている家の庭に、毒入りの餌が巻かれたり。
私のお客さまは通りすがりに、歩道で見知らぬ男性に犬を蹴られたと。
(全然ピットブルでもないし、ピットブルに似てもいない…。)

どうしたらこのような悲劇がなくなるのか。
どうしたらバカ飼い主を排除できるのか。
でも飼い方を間違っている飼い主って…結構いるんじゃないか。

人間とは本当に愚かで、悲しい生き物だ。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
17

Category: ケベック州のこと。

Tags: ---

Response: Comment 12  Trackback 0

ケベック州におけるペット事情。


05171601.jpg


先日、MBAの研究課題として、日本とカナダのペット事情に関して
調べている方々とお話をする機会がありました。

ただ、カナダとひとくくりにするにはカナダは広すぎて、
州によって法律が異なるのは勿論、ケベック州は何に関しても他の州とは異なる
・・・というのが前提で。
また、私も答えられない事、知らない事、なんとも言えない事、
ざっくりとしか知らないこと、多々あると痛感しました。

05171606.jpg


『Protégez-Vous』というケベックの雑誌の情報によると、

ケベック州では

39%の家庭で1匹以上の猫
29%の家庭で1匹以上の犬
10%の家庭で犬猫以外の小動物
ペットを一切飼っていない家庭は39%
(重複含む)

が飼われている計算になるそうです。
つまり、猫の方が多い。
東側の州(オンタリオ含む)は猫の方が人気という結果。
逆に西側は犬の方が人気。

05171602.jpg


5年前の記事になってしまいますが、ケベックの獣医師の記事で
このようなものがあります。
5年前とは言え、決して昔話ではなくて今もそんなに変わらないという事実。

Les Québécois, de mauvais «parents» pour les animaux?

1)ケベックの約半分の世帯(45%)でペットが飼われている状況であるが、
平均すると2年しか飼われていないという統計がある。

(つまり、犬の平均寿命12年、猫の平均寿命15年と考えると、手離す人間が多いということ。)

5年前の記事ではあるけれども、今も変わらない…。
ポンコンカツの獣医さんも同様の事をおっしゃっていました。


2)ケベックは、カナダの他の州やアメリカと比較しても、捨てられるペットが抜きん出て多い。

3)ケベックは、毎年500、000匹(half-million)のペットが捨てられる。

4)3)の捨てられるペットは大概シェルター行きになるが、その80%は安楽死されてしまう。

5)ケベックには、1800に近いPUPPY MILLが存在しており、
4、000、000匹の犬がケベック内外(カナダ他の州、アメリカ)で売買されている。

(※ケベック州の法律上PUPPYMILLを経営するのが容易なため、
  実はこれらPUPPY MILLのオーナーは、ケベックの人間ではなく、
カナダの他の州やアメリカからやって来た人だったりする)

6)ケベック州の人口は800万人。そして毎年500、000匹のペットが捨てられる。
フランスは、ケベックの人口の約8倍(63.4ミリオン)の人口に対して、
毎年捨てられるペットは5分の1(100、000匹)

7)ケベック州で捨てられるペットの半数は、毎年7月1日のMOVING DAYに捨てられる。

※ ケベックでは7月1日がMOVING DAY=引越しの日です。
7月1日がCANADA DAYで祝日なのと、賃貸の場合の契約終了が6月末日であることが多いのです。
多くの人が7月1日に新居に引っ越すわけですが、その際に、新居にペットを連れていけないということで
シェルターが毎年機能しない程にパンクします。

05171603.jpg


ちなみに某雑誌で、犬・猫の一生に掛かる平均金額が出ていました。
犬12年、猫15年と換算して、猫は30、429ドル、犬は30、602ドルだそうです。
(※300万円前後)

犬だって、小型犬は15年は生きるし、病気したり怪我したり、
実際はもっと掛かると思います。

05171604.jpg


子犬から飼うなら去勢・避妊手術費用
毎月の食事、おやつ代
毎年の健康診断・予防接種・フィラリア、蚤、ダニ予防薬
トリミング料金

旅行するなら留守にする間のホテル代

これらは必須。

更に個人的には、
犬のトレーニング代
予期せぬ病気・怪我の際の治療代


お金の事は勿論ですが、それ以外にも時間や行動に制限が出てしまう事。

05171605.jpg

ケベック州でのペットに関する事実。

皆さんどう思われますでしょうか。




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
10

Category: ケベック州のこと。

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

春に雪はつきもの。


今年の冬は暖冬で楽勝な冬ではあったのですが、やはり冬は長い…。

4月7日、朝から雪の予報が出ていたものの、
この日は早めに仕事をあがり、天気も良かったのですが、
夕方鍋ヲ君を駅に迎えに行った時にこんな感じまで。。。

04071601.jpg

降り始めて1時間ほどでこのように、、、寂しそうな佇まうBBQ。。。
(ほんの数日前はBBQ日和でしたからね。)

04071602.jpg

4月7日って、入学式…桜の季節じゃなかったっけ…?
つくづく寒い国に来てしまったものだ、と冬よりこの時期に痛感します。

+++++++++

『地の果て』などと形容した、鍋ヲ君父の幼なじみの裏庭および裏山
(と言っても夏場は農地…さすがカナダ、広い)

たたずむポン酢。

04101601.jpg

木の枝を食むポン酢。
(普通に地面から生えてます)

04101602.jpg

歯磨きしてんねん。

04101603.jpg

白っっっ!!

04101605.jpg

短足って不利で、雪がどすんと沈んで穴にはまってしまったり。

04101607.jpg

一生懸命遊びました。

04101609.jpg

一生懸命跳びました。

04101610.jpg

一生懸命転んだ…んじゃなくて、どうにもこうにも
雪とか氷とか砂利を見ると、背中からスライディング、
す~りすりす~りすりっとやらないと気が済まない性分のこんちゃん…。
散歩中に突然猛然とすりすりしだすことがあるので、
結構な確率で笑われます(特に冬場雪がある時!)

04101611.jpg

飼い主にしか分からないかもしれないけど、
こんちゃんは年々かわいらしく成長している。

…と思っていたら、この頃親しい友人がやはり同じ事を言ってくれた。
ヘアスタイルのせいか?!笑)

04101612.jpg

ブラザーズ。

04101613.jpg

ちなみにこの裏山はカナダ名産メープルシロップを生産しています。
(あくまで個人で)
このようにメープルの木の樹液を採取するためにパイプが張り巡らされており

04101615.jpg

樹液はバケツに溜まる仕組みになっています。

この溜まった樹液をろ過してから煮る事によって
日本人も大好きなメープルシロップになります。

春先の昼間と夜間の寒暖の差が激しい一定の時期にしか樹液が採取できず
年によって出来の良し悪しが分れます(天候に左右される)

ちなみにバケツ横のコップに入っているのは
メープルの樹液(透明です)を煮てる途中のもの。
まだメープルシロップのようにどろどろにはなっておらず、
さらさらのまるでお茶のようなあま~い液体です。

私と鍋ヲ君はこのさらさらの甘いメープル水が好きです。
ちょうどこの時は凍っていたのでシャーベット状で更においしかったです。

04101614.jpg

おしまい。


追記:
5年前にもう少しメープルシロップ作りの話をしていました。

メープルシロップ=ケベックの春。

というか5年前は仕事もなくて、運転免許証も持っていなくて
モントリオール運転怖いとかほざいていた自分にも驚いた。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
15

Category: ケベック州のこと。

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

前言撤回:Walk-inクリニック事情、そんなに悪くない。


今年のCOSTCOにはこんなものが売っています。

costco noel1

クリスマスまでの日めくりカレンダー、
毎日日付が書かれた部分を開けると、おもちゃだったりおやつが出てくるカレンダーは
こちらでは人気だったりするのですが、それのビールバージョン!

costco noel2

ケベック産のビールが毎日1本出てきます☆

costco noel3

がしかし、今禁酒を強いられている私・・・。

なぜなら・・・帯状疱疹発症中_l ̄l●lll

月曜日、なにやら左の腕が痛い。どこかにぶつけたかしら?
月曜日の夜、偏頭痛で眠れない(よくある)
火曜日、すっごい疲れる、胃腸の調子が悪い(まぁよくある)+腕が痛いけど外傷は無い
水曜日、腕の痛みが指先まで。(左側だけ)
木曜日、腕の痛みが背中から首部分まで。(左側だけ)
金曜日、背中になんかぽつ・・・相変わらず痛い・・・(左側だけ)
土曜日、相変わらず痛いが、痛みが首まで上がってくる。

この痛み、ヒリヒリする痛みで、皮膚そのものではなく皮膚の奥底から。
最初はどこかにぶつけたか?風邪ひきそう・・・?という痛みだったのですが、
何かおかしい。
例えるとすると、筋肉注射で神経の近くに針が触った時の痛み。
火傷や擦り傷を負った時の痛みにも似ているような、それにしても奥の方が痛い。
触れるとどうにも気持ち悪いヒリヒリ感、洋服がずれるのも気持ち悪いし、
車で揺れるのも、ひえ~っと気持ち悪くなる。

・・・んですが、偏頭痛と胃腸の調子が若干悪かったけれども、元気は元気。
痛みもイブプロフェン飲めば全然我慢の範疇、
逆に何もしないと痛みに集中してしまうので遠出したりもしていました。

金曜日の時点で、これはもしや・・・と思っていたのですが、
私の場合、発疹が微妙な感じで、見た目虫刺され(ノミに刺された痕と似てる)
免疫力に期待して自然治癒させようと思っていたのですが、やっぱり痛い。
更に今日(日曜日)痛みが首より上に上がって、頬っぺたがヒリヒリしてきました。

そして滅多に行かないクリニックへ。

先日のブログ記事でも書いたのですが、当地ではファミリードクターを持たない人は
sans rendez-vous / WALK IN クリニックへ通うことになります。

今も同じシステムのクリニックも多数あるようですが、以前はほぼ100%
クリニックで診てもらいたい場合は早い者勝ちで、クリニックが開く最低1時間は前に
クリニックの外に並んで整理番号を貰わねばなりませんでした。
それこそ7時にはクリニックの前は人だかり。
整理番号を貰ってから、自分の番が来るまでこれまた時間との闘い。

が、この頃のクリニックによっては前もって予約を取れるのだと知りました。
(が、取れない場合も多々ある。)
というよりも、予約システムを導入しているクリニックは、
事前に予約を取っていないと診てもらえません。

私の家の近くのクリニック4-5件ありますが、全て事前予約が必要でした。
クリニックによって、予約受付開始時間が異なるのですが、
①その日中の診察は朝5時予約受付開始
②その日中の診察は朝7時予約受付開始
③翌日の診察は前夜21時半予約受付開始

という感じでしたが、5:01に電話して「予約満員の為、予約受付は不可能です」ということも・・・。

ちなみに今日行ったクリニックは、③番で21:30に電話したところ
自動音声受付で翌日12:20の予約が取れました。

問題の待ち時間も、多少はあったものの、許容範囲内、
13時にはクリニックを後にできました。
画期的なシステムが導入されたのではないかと思います。
(※全てのクリニックではありません。)

あとは、これも全てのクリニックではありませんが、週末も開いていると言うのは
とても素晴らしい、というか助かります。

というわけで、私が無知だっただけで、Walk-Inの制度も
この数年で大分改善されているということを、今回帯状疱疹を患ってみて学びました。

あと問題は、既に発症から72時間以上経過してしまっている為
処方された抗ウイルス剤が威力を発揮してくれるかというところです。

ただお医者さん曰く、以前は帯状疱疹に関してこのような抗ウイルス薬も存在せず
自己の免疫力に頼るしかなかったので、効果ない場合は仕方が無いという感じ。

帯状疱疹、水疱瘡をしたことがある大人の3人に1人はかかるらしいのです。
体の片側だけ神経から来るような痛みが出た場合は要注意です。





Walk-Inクリニック受診に関して、このような便利なアプリケーションもあります。
15ドル支払わねばなりませんが、当日遅くとも翌日に受診可能なクリニックを
検索してくれるサービスです。
今回私は家の近所のクリニックで予約を取れた為利用することはありませんでしたが、
どうしても!という時に有用になることもあるかもわかりません。

https://bonjour-sante.ca/index.aspx




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
23
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS