鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

17

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

カツと散歩。


カツと凍った川の上で二人っきりでデート。

01101701.jpg

足と足の間に入る(そして前足を私の足に乗せて歩く)コマンドを教えてから、
コマンドを出すと、「はいはいですのだ~♪」と、そそくさとやってくれるカツ。

01101702.jpg

日本は数年に一度の寒波に見舞われたそうですが、
鍋家地方は、今年は「普通の冬」(つまり厳しい冬)と言われていたものの
ここのところ恐ろしい程に落ち着いたというか、暖かい…。

でもね、マイナス20度も普通な鍋家地方。
この時期の『雨』は本当に曲者。

先日も、大雨が降りました。
大雨が降って、翌日には気温が下がって、つまり全面、道路も歩道もスケートリンク状態。
つるっつるです。

だから、散歩も大変。
半端無くつるっつる、転べば骨折するかもしれないレベル。
怪我なんてして、仕事・運転できないとか笑えないので、この頃は散歩も分担…。
カツだけ連れ出したりします。
(私の友人は転んで骨折して仕事できなくなりました…)

01101703.jpg

川の上もつるっつる。
今年は長い距離のスケートリンクが作られているのだけど(市が管理している)
連日気温が高いため(最高気温が0度前後)、氷が溶けているんじゃないかとヒヤヒヤ…。
というのも、川の上を歩いていたら、ごっ…って変な音が下からしたのです。

01091712.jpg 

すぐ近くでスケートしてる人はいたけど、げーーっ!と思って
そそくさと岸に上がったのでした。

01091713.jpg

仕事に行くことを考えると、交通渋滞が半端なくなるので、正直雪は困るんですが、
こうやって冬なのに気温が上がるのも嫌だな。
冬の雨は本当に勘弁して欲しいと思ってしまうのです。

01091714.jpg

今年は厳しい冬と聞いていたのに、先週も今週も気温が高い。
(といってもマイナスには変わりないですが)

キリッとした寒さがないと、なんか物足りないと思ってしまうのは、
北国育ちで冬の厳しさが嫌で南下したのにも関わらず、
出身地よりも北へ移住してしまった私の運命なのか?

01091715.jpg

今年の冬は、鍋家近所の川も凍ってくれて、スケートリンクにもなったけど、
0度越えがこう何日も続くと、、、氷の厚さが非常に心配…。
しばらくまた暖かい(0度)ようですし、川の氷が心配です。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
17

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

飼い主・飼い犬それぞれの休暇。


決して忙しいわけではないのですが、あれよあれよと気づいたら
ブログを放置し過ぎて、広告が表示されるまでになってしまっていました。

実は、2年ぶりに日本へ帰っていました。
そして、その後は年々悪化する時差ぼけに苦しみ…。(時差14時間)
こちらに戻って丁度1週間越えたところですっぱり時差ぼけが直って今に至ります。
今回は、日本到着時は、ほとんど時差ぼけがなくいたのに、
やはりカナダに戻る際の時差ぼけは厳しい…。

カナダで乗り継ぎ1回、日本でも乗り継ぎ1回、乗り継ぎのおかげで
片道軽く24時間は掛かってしまいます。
それでも、羽田空港にエアカナダが発着するようになり、大分便利になりました。
少し値段が上がっても、地方空港への国内線乗り継ぎがある際は、
断然羽田空港が便利だと痛感しています。
私の場合、国内線はJALで、ACとは提携がないので、2年前は、荷物を持って
羽田空港ターミナル間の移動をせねばならず、少し不便でしたが、
今回は、行きも帰りも荷物を預ける事ができた為、かなり便利になっていました。

11151610.jpg 

今回の里帰りは鍋コ。妹が結婚式を挙げるというので、今年の1月から計画していました。
こちらに引っ越してきて丸8年。
犬達の事があるので、私が日本へ帰る際は、鍋ヲ君は犬たちとお留守番だったのですが、
さすがに実妹の結婚式で欠席はマズイということで、数ヶ月にかけて様々な
準備に翻弄されていた鍋家だったのでした。
(※主に資金集め。犬のホテル代)

犬達のホテル代を工面するのも3匹となると大変なのですが、
それよりも、さて、どこ(誰)に預けるのか?

必要があれば、犬たちを別々に預ける事も考慮してはいましたが、
信用できる、万が一の場合があった時に、きちんと信頼できる(許せる)人…。
動物を扱うビジネスに携わっているからこそ、「万が一」や「事故」の可能性を
考えてしまいます。ましてや、我が家の犬達は完璧でもありません。

犬師匠は、犬業から引退してしまったのですが、実は密かにほんの一部、数人の常連のみ
預かりをしていることは知っていました。
私たちは一度も預かってもらった事がないし、1週間以上になるし、
何よりも、犬業から引退した師匠にお願いするのは躊躇する部分もあったのですが
悩んでいる間に、わざわざ犬師匠が私たちがお願いしやすいような機会を作ってくださり、
快諾してもらうことができ、今回の日本行きが叶ったのでした。

そして、忘れてはならぬ。
我が家には、日本に行く寸前に1匹犬が増えました。
もじょ。
犬師匠の家には既に犬が4匹いるし、プロとは言え、負担を増やしたくない…
と悩んでいたところ、鍋ヲ君のアジリティ友達が、もじょの預かりを快諾してくれたのでした。

本当はうちのオーナーが預かると約束をしてくれていたのですが、
色々と揉める事態に発展してしまい、本当に助かった…。

助かったというか、もじょにとっては最高のバケーションだったのではないかと思う程。
本当に、感謝の気持ちでいっぱいです。
(もじょの件に関しては、寧ろオーナーと揉めて良かった…)

8才にして始めてよそに預けられたこんちゃん、ぽん・こん・かつの中で
一番慣れるのに時間を要してしまったみたいですが、ドッグトレーニングマニアの
師匠の奥さんと、かなり楽しんだようです。(ビデオと写真を見る限り。)
彼女がクリッカーを持ち出すと、俄然張り切りだすのだと。笑)

11151606.jpg 

犬は、「今この瞬間」を生きる動物。
だから、「今この瞬間」落ち着ける場所があって、楽しい経験が積めれば、
飼い主の事をいちいち思い出したり、センチメンタルな気持ちには
ならないのだろうと実際犬達を見ていても思います。

素晴らしい人達に快く預かってもらえて、飼い主が休暇を満喫する間、
ポン酢も昆布もカツももじょも、それぞれの休暇を満喫したようで
本当に感謝しきれぬ気持ちでいっぱいです。









にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
03

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

緑。


新緑の美しい季節が到来しました。

green1.jpg

今年も、春はまだかまだかと待ち遠しく待っていたものの
春は到来しきれぬまま夏がやってきた、そんな感じです。

花の香りは終わり、蒸した草の匂いで充満。

ここ数年で、『緑』が好きな色に仲間入り。

green8.jpg

犬によって出会えた好きになった景色っていっぱいあるなー。


green2.jpg

green3.jpg

green5.jpg

green6.jpg

green7.jpg


…そして仕事がものすごい忙しいというオチ…

でもやっぱり仕事も好き。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
29

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

大人には説明できない関係。


写真だけは沢山溜まっているのに、まったく更新が追いつきません。

外に出る機会が増えることによって、写真も増えるものの
仕事が大変に忙しくなる…そこに春を痛感します。

更新が終了していない前回の続きはさておいて…

イースターと呼ばれる祝日で、世間様は4連休の方も少なくない鍋家地方、
私は日曜&月曜とお休みだったのですが、鍋ヲ君の兄夫婦宅へお邪魔虫。

実際は、鍋ヲ君が土曜日に私の仕事中に犬を連れてお邪魔した後に、
日曜日にも再びドライブがてらお邪魔したのでした。

そこで4Wheelerと呼ばれる乗り物ではしゃぐ鍋ヲ君&お供させられる昆布。

ちなみに義兄宅は、過去にも書いていますが、オタワの夜景が見渡せる距離にありながら
裏庭として森も所有しているという超豪邸…。我が家は一生かけても無理。

ところで、普段夫や他の人間が乗っていても音が怖いのもあって、後追いすることは皆無なカツオ。
がしかし、私が乗ったところ、ものすごい勢いで後を追って来てしまいました><
(私も飛び降りました。)
分離不安を煽ってしまったのと、普通に危険なので大反省です…。
でも、音が怖くて近づきたくない4 wheelerでさえも、私が乗って入れば追いかけてくるのか…健気すぎる…。涙)
車で捨てられる犬って、きっと今日の4wheelerを追うカツの気持ちなんだろうな。。。

03281601.jpg

義兄夫婦には今年2才になる(確か)甥がいるのですが、
子供が苦手なカツもこの通り。
唸ることもあります。基本逃げます。
身内といえども、無責任な行動は取りたくないので、
常に犬のシグナル&ストレスレベルを監視して近づけさせますが
犬と子供って時々大人の人間である私たちが驚くような関係を築いてくれる。

ヒゲを撫で回したり、甥のプライバシーの観点から写真は掲載しませんが
お耳のマッサージをしたり(カツの耳はビロードのよう)カツも本当にリラックスして
甥と一緒にいるのに、驚きました。

(鍋ヲ君曰く、私がいなかった土曜日は、逃げ回っていたらしく、
このようにリラックスしていたのは、おそらく私の存在があったからだと…)

03281613.jpg

そしてここ最近は、こんちゃんの子供への態度が素晴らしい。
なぜなのか…不明…。

常にやさしく傍に付き添っているような振る舞いで、
子供が暴れようが叫ぼうがお構いなし。
傍に寄り添う。

03281610.jpg

逆に以前は子供が大好きでたまらなかったポン酢は
子供と距離を置くようになったり、不思議です。

03281611.jpg

いづれにせよ、この子は甥っ子3号になるのですが(現在甥3・姪3)
会う頻度は少ないものの、なぜなのかどうしてなのか、この甥3号と
我が家の犬たちの間には不思議と厚い友情が存在しているのです。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
23

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

地の果てとは…


地の果てみたいな…と形容した昨日の写真の場所ですが、ここです。
義父の親友の牧場でした。
(厳密に言うと元・牧場。現在は大豆やとうもろこしを育てている農地。)

03221601.jpg

やっほー☆

03221602.jpg

楽しいんだ、これがまた。

03221603.jpg

また写真の技術がなさすぎて、広さが伝わらない…。

03221604.jpg

木々の間をかいくぐったり、坂を駆け上がったり・下がったりする
山や森の中も大好きな我が家のトリオですが、
広大な遮るもののない平野もテンションが上がりまくります。

03221605.jpg

太陽が眩しいのだけではなくて、真っ白な雪に反射するものだから更に眩しい。
思わず偏頭痛になってしまうのだけど(サングラス必須)こりゃ~もう楽しいわけで。

03221607.jpg

本当に毎日こんな散歩ができれば犬も人間も幸せだと思います。

03221608.jpg

ねっ。

03221609.jpg

この牧場を越えると丘になっており、その丘には義父の友人のメイプル小屋があります。
La cabane à sucreと呼ばれるこの小屋はその名の通り
メープルの木から樹液を採取して、日本でも大人気のメープルシロップを作る小屋です。

過去にも確かメープルシロップ作りに関してブログに書いたことがあると思うのですが、
また後日写真&過去ログを紹介したいと思います。

03221610.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02, 2017 < >
Archive   RSS