鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

06

Category: 妊娠・出産

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

たぬき化する妊婦グルーマーのつわり記録。


06151706.jpg

なかなか終焉を迎えぬつわり。

それでも仕事に一度も穴を開けた事がないし、つわりだからと一日にこなす頭数も変わらない。
朝嘔吐して、車の中に念のため嘔吐しても良いようにエチケット袋用意して、仕事へ。
それなのに「今日はちょっといつもより具合悪い…」と言うと、
オーナーに「え~~~まだつわりなの???おかしくない??普通なら2週間くらいでしょ!」
と言われ、特に考慮してもらえないので、吐き気と闘いながら休憩なしで仕事してるんですが、
心の中で、彼女が妊娠した暁には酷いつわりに苦しみますように…と腹黒く呪ったりする(|||゚Д゚)<呪呪呪
(※彼女は私より年下で、そろそろ子供が欲しい人)
そのくらいつわりは精神を病む。

(でも皆、面倒くさがらずに、重い犬を持ってくれたり助けてくれます。( ^ω^ ))

06151702.jpg

船酔いとか、二日酔いと比較する人が多いけど、ちょっと違うかな。

私の場合は、吐きつわり・よだれつわり・食べつわり

ピーク時8ー11週までは嘔吐。
同時に何もしていないのに、よだれがどんどん口の中に溜まって、常に変な味がする…。
味覚障害もあり。

元々匂いには敏感な方だったけど、匂いつわりという程のものはなかったように思う。
元々臭い!と思っていたものは、もっと臭いと思うようになったけど、
なぜか一部の食器洗い洗剤や、シャンプーや石けんが腐った魚の臭い級にダメになった。
ついでに歯磨き粉も受け付けなくなり、子供用のバブルガム味の歯磨き粉を使ったりした。

06151703.jpg

妊娠前は、「ビール飲めなくなるガ━━(゚д゚;)━━ン!! 」と思っていたけれども、
妊娠発覚間もなく、お酒は一切恋しいとは思わなくなった(というか体が拒否)
その代わり(?)決して甘党ではなかったのに、やたらと糖分を欲するように…。
今まで食べた事がない量の果物を毎日食べるようになり、アイスクリーム、ジュース…
義実家にあった、それまでは決して手をつけないようなチョコレートケーキが、
この世で一番おいしく感じてしまったのだが、実はこれはインスタントのチョコレートケーキだった。
(妊娠前は絶対受け付けない!)

嘔吐するのに、お腹が少しでも空くとまた気持ち悪くなるものだから食べる。
食べられる物・飲める物を探すのがこれまた大変。
食べられる物・飲める物が見つかって、数日くらいがむしゃらにそればかり食べ飲みするものの
数日後には、それらを受け付けなくなる。体の不思議…。

06151705.jpg

北米の妊婦ではファーストフードにはまる妊婦が多いらしい。。。
私はマクドナルド。
毎日のように、マクドナルドの看板を見るとふら~っと行ってしまう。
が、肉は食べられないので、ポテト。専らポテトとスムージー。
そんなにポテトフライが良いのであれば…とスーパーで冷凍のポテトを鍋ヲ君が買って来て
作ってくれたけれども、「これじゃない!」感が凄かった…。
都市伝説(?)では、「マクドのポテトフライにはanti-vomissement=吐き気止めが入っている」
なんて言われているけれども、強ち嘘ではないと実感した。
ポテトチップスでは嘔吐したのに、毎日食べていたマクドフライでは嘔吐していない。

06151704.jpg

カナダでは、つわりがあると薬を処方してもらえます。
抗ヒスタミン剤とビタミンB6が配合された薬らしいのですが、私の場合はピーク時は、
飲めばマシ…くらいの効果でした。

私の場合、ピーク時は朝よりも夕方以降が気持ち悪く(仕事する上では助かった)
薬をマックスにして飲んでいましたが、飲まないと気持ち悪くて眠れない、
飲めば何とか眠れる、そんな感じの効果。
ピーク時(嘔吐絶頂期)を過ぎたら、今度は24時間具合が悪くなって今に至る。

処方薬は、効果が出るのに7時間ほど時間がかかるので、一日に3回摂取するのが良いと。
しかし眠くなるんだな…。運転&仕事するなら、どうかしら…。
市販薬の、車の酔い止め薬Gravolも服用可能とのこと。
Gravolのナチュラル版=しょうがの成分を凝縮させた錠剤やキャンディーもお薦めとのことでしたが、
味を受付なくなりました。ジンジャエールも然り。(こちらは吐き気止めとなるとジンジャエールとクラッカー)

Kusuri.jpg 

胸焼けには、上の写真の薬を薦められる。
TUMSは長期的に服用すると胃酸を増やしてしまうので、こっちの方が良いとの事。
が、写真で見るとお分かりになるように、デカい、そして、くそ不味い。
これを一度に4粒、噛んで服用してくださいね♪
噛むとどうなるかというと、泡が出てくる。口の中、泡ぶくだらけ アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!!
つわりの最中は吐き戻しそうになりながら涙目で服用。

初期~つわりピーク時にかけて、体重が若干減ったものの、徐々に食べつわりになり、
たった4週間で5キロ近く体重が増えてしまいました○| ̄|_
妊婦というか…お腹が笑えるほどたぬきです…。まん丸ぽんぽこりん。(贅肉で)
日本だと厳しい指導が入るらしいですが、こちらは体重管理には厳しくなく
「トータルで見るから大丈夫!12ー16キロまで増えるのが理想!ちょっとくらいならはみ出てもOK!」
と先生明るい。(グラフぎりぎり許容ラインではみ出そうだったけどね)
とにもかくにも、つわりが終わらぬ事には、エクササイズも食事内容を見返す事も、どちらも不可能。
早くつわりから解法されたい、そればかりを祈る毎日!

15週後半になって、それまで決してできなかった料理もできるようになり、
受け付けなかった鶏肉を食べれるようになり、つわりの終焉も近いか?!

つわりよ、早く終わってくれ!


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
24

Category: 妊娠・出産

Tags: ---

Response: Comment 8  Trackback 0

グルーマーは妊娠しても続けられる職業なのか?Retrait préventif プログラムについて。


妊娠が発覚して、一番に思ったのは「仕事どうしよう…」
春先、忙しくなってきたところでの妊娠だったので、書き入れ時、どうしましょう…。

普通であれば、安定期を待ってから職場への報告となるのでしょうが、
私の場合、職種が職種ですので、発覚後すぐに職場への報告となりました。

同僚アシスタントは、2年前に妊娠した時には、危険と判断し、直ぐに仕事を辞めました。
(今は復帰しています。)

超初期の頃は体調も精神状態も、寧ろ妊娠前よりも良く(※間もなくつわりが始まり
つかの間の幻だったと思い知ることに…)お腹が大きくなっても
仕事を続けていく気満々だったのですが、逆に妊娠が進むにつれ、
リスクが上がるということで沢山の制限がつくことを思い知らされました。

Facebookのトリマーのページで、妊娠・出産経験のある他のトリマーさんに
アドバイスや経験談を募ったところ、沢山のお話を聞く事ができましたが、結局は
他の人の経験は参考にするべきではない。個人でケースも体調も違う。

5週で、産婦人科へ行くことになったのですが、職業を聞かれ、
すぐにCSSTへ連絡するための用紙にその場で記入するように言われました。

ケベック週には、妊婦に危険な仕事をさせるのを防ぐ為のシステム・法律があります。
CSSTというのは所謂労働管理局のようなところで、労働者と雇用主の間に入ってくれます。

妊婦にリスクがある職業だと医師が判断した場合、CSSTへ連絡がいき、
CSSTが、労働者・雇用主へ、仕事内容の変更や、それが無理な場合早めの特別な産休に
入るように指導します。




グルーマーという職業の場合、次のような指導が入りました。

今すぐに考慮されるべきこと。

●トキソプラズマ

労働者は、トキソプラズマへの罹患を避ける為に、猫の糞に触れないように考慮されねばならない。

●化学物質

ノミ避け・ノミの消毒に使う製品、特にスプレー式の物は、強い殺虫成分が入っているため、
決して使用すべきではない。

●重量のあるもの

20KG以上の物(動物)を持ち上げてはならない。
10ー15KGは、一日に15回まで、15ー20KGは一日に10回までが持ち上げて良い限度。

●立ち仕事への制限

22週までは一日に4ー6時間までの立ち仕事が限度。
22週以降は一日に合計4時間までの立ち仕事が限度とする。

但し、週に20時間以上勤務している場合のみ。

妊娠24週以降、考慮されるべきこと

●転倒に注意

トリミングサロンは、シャンプー時に水が飛び散る事などによって、床が滑りやすくなっている
場合が多い。滑りやすい床で転倒した場合、大事に至る事があるので、24週以降は、
滑りやすい床の上では一切仕事をしないこと。

妊娠12週以降、考慮されるべきこと

●お腹への衝撃

労働者は、お腹への衝撃を避ける事。
例え中型犬の大きさであっても、トリミング時に協力的でない犬が
このような衝撃を与えてしまう事故が考えられる。

妊娠20週目以降、考慮されるべきこと

●保定作業による体への負荷

トリミング中の保定作業は、保定技術は、妊婦の体へ大きな負荷が掛かるため、
20週以降は保定作業はするべきではない。

+ + + + + 

雇用主は、以上の忠告を考慮して、労働者に適した仕事内容を与えねばならない。
もし、仕事内容の変更により、給料が減る事があっても、労働者の妊娠前の給料を全額
雇用主は支払わねばならない。
但し、雇用主は差額をCSSTに対して請求することができる。

もし、適した仕事内容を与える事ができない場合は、労働者は早期特別産休に入るべきである。
その場合、雇用主は労働者に7日間の100%の給料・その後14日間、90%の給料を雇用主に
支払わねばならない。
14日分の90%の給料は、雇用主はCSSTに対して返金請求できる。
その後は、CSSTから雇用主に対して直接90%の給料が、出産予定1ヶ月前まで支払われる。



安定期に入れば、バリバリ仕事できると思っていたのですが、現実は逆でした。

日本では妊娠初期、安定期に入るまで安静に…と言われていますが、
こちらは逆で、妊娠初期の流産はよくあることで、それは仕方がないこと・自然の摂理
という考え方が強い気がします。
だから、流産の可能性が高い初期にエコグラフィーは撮らないし、
産科医との面会もドップラーで心音が確実に聞けるようになる10週を超えてようやく。
なんでもカナダの女子ホッケー選手は、12週までは今までとおりプレーして良いそうな。

基本的に、終日立って仕事をしていましたが、急遽スツールを購入し、
なるだけ座って仕事をするように心がけてはいますが、なかなか慣れていないので難しい…。
よって一日6時間以上立ち仕事になってしまう場合もあるので、
立ち仕事制限に引っかからないように、週20時間未満で働いています。

基本は大型犬や暴れる犬はやらない、、、んですが、繁盛期、ケースバイケース…。
妊娠前からもう5年以上やってることなので、体が覚えていますし、
神経質になりすぎぬように心がけています。

妊娠前は8時間以上休憩無し、立ちっぱなしの仕事を連日こなしても平気でしたが、
妊娠中の現在は、息切れするし、8時間勤務を1日すると、夕方には腰が痛くて大変。
翌日もなかなか疲れが取れないという、体の変化を感じています。

あとは私の場合、車通勤で、片道1時間~1時間半(長い時で2時間近く)運転するのですが、
これがまたしんどい…。シートベルトで腹部が圧迫されて気持ち悪くなるし、トイレが近い。
注意散漫になるので、帰りは鍋ヲ君に職場に来てもらって運転してもらったり…。

グルーマーの中には、ケベックも日本も、臨月までバリバリ大型犬もこなしている方もいらっしゃいますし、
逆につわり時期につわりが酷くて仕事を辞めなければならない人、
切迫流産・切迫早産で予定外に仕事を辞めなければならない人、
色んなケースの人がいらっしゃいます。

私は、もうすぐトリミングの仕事自体をお休みする予定になっています。
そう考えると、やはり寂しいのですが、飽くなき犬への好奇心がある限り、
勉強は続けていきいつかパワーアップして復帰をしたいです。

取り敢えず、オーナーが物販メインの2店舗目を持つので、産休に入るまでは、
そちらの運営に回って欲しいと言われています。
仕事内容もさながら、車での長距離通勤もなかなか大変、
高齢出産で初産でもあるので、早めに産休に入ろうかと計画しています。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
22

Category: 妊娠・出産 > 1st trimester

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

犬と子供は別物だと思う。


ここ何年も、犬を3ー4匹飼っていると言うと(去年までは3匹だった)年齢的なものもあるのか
かなり多くの人がまず

「子供はいるの??」

と聞いてきます。
私たち夫婦には子供がおりませんので、その旨を言うと、
大半の人が、何故か多少の同情というか哀れみを交えたような表情で

「そうよね~、犬も子供と一緒だものね~」
と言います。

私たち夫婦にとっては、これがものすごーーーく腑に落ちない。

私たちに子供がいないのは、敢えて選んだ選択であって、
また、私たちは子供の代わりに犬を飼っている感覚がないからです。
ペットである犬と人間の子供は異なるものだと思っています。

私たちにとって、犬はとても大切なかけがえのない、『家族』です。
でも、「子供」とは違う。
犬を自分たちの子供だと思っては暮らしていません。

確かに、カツやもじょの件があった頃、もし我が家に幼い子供がいたならば、
彼らを迎えるという選択はしていなかったかも分かりません。
そう考えると、「子供がいないから犬をたくさん飼っている」と思われても
致し方ないのかもわかりませんが、なんか違うんだなー。

鍋ヲ君が、同僚から沢山の素晴らしい犬関係の本を譲り受けてきました。
アート性の高い犬の写真集や、とても深い内容の犬の栄養学の本などなど。
知識系の本の中には沢山書き込みや、アンダーラインが引いてあり
「話が合いそうな犬好きの同僚がいるんだね!」
と言ったところ、
「いや…犬の話はしない…」と。

彼女には二人の子供がいます。
そして子供ができる前に、子犬から飼い始めた、ゴールデンドゥードルもいる。
子供ができる前は、彼女にとっては、犬が、彼女にとってお金と時間を注ぐ全て
と言っても過言ではなかったそう…。 
ご飯は一番良いと言われる手作り食を栄養学を勉強した上で与え、
配偶者には「私は子供ができても犬への愛情だけは変わらない!いつも犬が一番!
もしも子供にばかり手をかけて、犬をおざなりにすることがあったら注意してね!!」
と言っていたそう。

それが
「子供ができたら、事情は変わるのよ。
  あんなに愛していたのに、はっきり言って今は鬱陶しいだけ…。
  早く死んでくれればいいのに…」
となってしまったそう。

犬と子供たちの関係も良好ではなく、犬が子供に唸るから、危なくて犬が煩わしい。
鍋ヲ君は、この犬が子供に唸るのを何とか止めさせる方法がないかと相談されたらしく
アドバイスしたものの、きっと実行はしないだろうな~と。

そして、この犬は、病気で発作を起こすようになり、間もなく安楽死されました。
この発作の件も、彼女は大分時間が経過してからようやくご主人に教えてもらい知り、
知った頃には時既に遅しだったとか。

この女性はとても良い人らしく、おそらくきっととても真面目な人なのだと思います。
だから、犬がいた時に、100%つぎ込んだ愛情を、今度は母性として我が子に注がねばならない。
真面目で不器用で、完璧主義者で、犬を悪者としてしまっているのかもしれないと思いますが
悲しい話だと思いました。

子供ができて、犬がなおざりにされる。
母親は我が子を守る母性と防衛本能が芽生えるので、犬が鬱陶しくなる。
ということはあるかもわかりません。

だけど、子供ができたから、犬を愛せないというのはちょっと違うんじゃないかなーとも思います。
犬と子供どっちが大切か?
と比較する時点でおかしいのではないかと。
我が子は我が子。犬は犬。まるで別物ではないかと。

時間がなくなる、気持ちの余裕がなくなるのはあるかもわかりませんが、
犬はその辺とても素晴らしい動物で、人間のこのような変化や生活の変化にも、順応してくれます。
散歩の時間が少なくなるかも分からないし、今までしていたトレーニングの時間が取れないかもわからない。
食事のグレードも落ちてしまうかもわからない。
だけど、犬は文句を言わない。
子供も文句を言わない。
むしろ子供にとっては、生まれた時からずっと傍にいてくれる、素晴らしい相棒になるだろうし、
ちょっと大きくなったら楽しい遊び相手、時にはご飯をシェアする素晴らしい存在
(犬がおこぼれを狙う。)になるんじゃないかと思うのです。



という私、実は、今現在妊娠中です。
上の記事は、かなり前、まだ妊娠発覚前に書いていたものです。

いざ、妊娠したらば、今度は「犬はどうするの?」と聞かれることがあります。
犬を飼っていない人の感覚としては、当然として沸いてくる疑問なのかもしれない。
「どうするもなにも…どうしようもしないよ、今のまま」
と答えています。

体調不良で、犬の散歩やトレーニングの時間が激減したり、
生食類は与えられないので、犬の楽しみを奪ってしまっているような変化が既にあり。
いざ子供が生まれたら、生活も、自分の心境にも、もっと変化が起こるのだろうと思います。
だけど、犬が疎ましくなる…とは私にはやはり思えません。
なぜなら犬がいるのが、どのような形であれ当たり前の生活であって、
きっとそれは生まれてくる子供にとっても、当たり前の事になるのだと思うからです。

妊娠・順調にいけば出産・育児を通して、犬ブログである当ブログで
様々なことをお話できればと思います。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07, 2017 < >
Archive   RSS