FC2ブログ

鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

25

Category: 妊娠・出産

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

モントリオール近辺の出産予定の方に絶対お勧めしたいワークショップ及びヨガクラス。


36週!! いよいよ臨月突入!!

早い!!


先週のことになりますが、
Couples Workshop : Preparing Childbirth with Movement & Breath
というワークショップに参加してきました。


たまたまネット検索で見つけたものだったのですが、見つけた当初は全く興味などなく。

しかし、Prenatalコース=所謂『両親学級』に参加してから
全くもって知識の無い事に危機感を抱き、
また、痛みには相当弱い人間だと思うので、無痛分娩を端から希望していたのですが、
ちょっと大丈夫なのか??と思うところがあって、
今回のワークショップにギリギリ申し込んだのでした。

結果的に言うと、とっても良かったヽ(´∀`)ノ!!

人生で今まで参加したワークショップや数々のクラス、講習会の中でも群を抜いて良かったと思う。

Clearlight Gerald先生(本名だそうです)美人で若々しくて、何というかオーラが素晴らしい。
とっても魅力的な先生でした。
彼女は、ヨガ講師なのですが、特に妊婦、及び出産後の女性のヨガの専門で、
更にDoula(ドューラ:妊娠~出産に関して妊婦を身体的・精神的にケアする専門職)の
資格も持っていらっしゃるそうです。

元々神経質な性格なので、普段は不眠気味だったり、偏頭痛で鎮痛剤をサプリのように飲んだり
しかし、妊娠してから、仕事を早期に辞めたのもあるのかも分かりませんが、
偏頭痛は1度のみ!
なんというか物事を細かく考えなくなったというか、
考えられなくなったというか(忘れっぽくなった)
お気楽な性格になったような気がします。
多分、ホルモンのせいなんだと思う。

だから、出産に関しても、ケベックは無痛分娩が主流だし、何とかなるだろう。
と、特段不安にも思っていなかったのだけど、出産に近づくにつれ一抹の不安が過ったり、
無痛分娩だって痛みがゼロになるわけではないし、そもそも端から麻酔希望をして
良いのだろうか??など疑問に思ったり。

また、こちらは赤ちゃんの父親=夫であったりパートナーであったりの立会い出産が
普通なのですが、立会いするパートナーがマッサージや呼吸法の知識を持って、
いかにサポートできるか、コーチングできるかというのが、重要ポイントらしい…。
その辺の事は、両親学級では時間が限られているので具体的な内容は忘れた…。
義姉が本をくれたけれども、ちらっと見ただけでは本番、絶対無理だろう…。

このようなヨガをベースとしたワークショップに参加するということは、
無痛分娩とか言う考え方は否定的なのかな…と一抹の不安を抱えていましたが、
そんな事もなく、

「陣痛・出産の乗り越え方の方法の一つとして無痛分娩がある。
 けど、無痛分娩しか方法を知らない場合と、他にも色んな方法を知って
 選択肢がある方が気持ちの持ち方も全然違う」

というような事をおっしゃっていました。

私たちが参加したセッションは合計で5組のカップルが参加していたのですが
その内2カップルは、病院ではなく助産院で出産予定。
無痛分娩どころか、点滴すらしたくない、という意識の高いカップル。
私は、とにかくなるように…母子とも無事に出産を乗り越えられれば良いというスタンス
バースプランも提出するつもりはないし、何とかなるだろうというお気楽な考え
そこに漠然とした言葉にできぬ不安を抱えている状態でこの意識の差は…
と一瞬不安になりましたが、引け目を感じる必要もなく不安になる必要もなく、
とても素晴らしい経験となったワークショップでした。

ところで、ヨガの思想ですので、ワークショップの初めと終わりにMeditation=瞑想
の時間があります。
Meditationに関しては、特に鍋ヲ君は以前から興味がありました。
私も興味があるのですが、雑念の多い事よ…。
途中で先生の言葉が頭に届かず、全く違う事=雑念ばかりを考えてしまい、
リラックスしきれずに終わってしまった…。

ちなみに鍋ヲ君は、Meditation中、マジで寝てました。zzz
かなりリラックスできたみたいで、気持ちよかったらしい。

私はずっと自分が病院にいる間、犬どうするか…という事を心配事が頭から離れず。
まぁ、どうもこうもしようがないんだけどさ。

ワークショップの具体的な内容は書きませんが、モントリオール及び近辺の妊婦さんには
強く強くお勧めしたいです。
Prenatalヨガも、先生やクラスとの相性があるようですが、
もしもっと早くClearlight先生を知っていたら…確実に毎週Westmountまで通ってた!

立ち会う側も、どうしたら良いかオロオロしてしまうのではなくて
お産に参加できるように心の準備が出来るのではないかと思います。

出産する方はもちろん大変。
でも、付き添う方もなかなか大変というエピソードを聞きました。
とあるレズビアンのカップル、1人目の子供を、Aが妊娠・出産を経験しました。
その数年後、Bが妊娠・出産。
Aは既に妊娠・出産を経験していますが、出産時に付き添った際に、
苦しむBを目の当たりにして、何もできない&何もできないのが心苦しかったそうで
これなら自分が産む方がマシだわっ!と思ったそうです。
そして3人目は、実際にAが産んだとか。。。

そんなわけで、心の準備は割と整っています。

が、物理的な入院セットの類の準備は未だ済んでいない。。。

スポンサーサイト
プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
30
11, 2017 < >
Archive   RSS