FC2ブログ

鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
23

Category: 未分類

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

出産予定日に振り返る、犬たちとの生活において妊娠と共に変えざるを得なかった点。


今日が予定日なのですが、まだ生まれなさそうなので、もう一件更新。
「この分だと、年明け出産になるかもね」と主治医との最後の検診で言われてしまいました…。

ところで、腱鞘炎もそうなのですが、臨月に入って鼻詰まりがキツいのです。
これも妊婦によく見られるそうで…。
中期頃に突然鼻血がブー!っと出てきて驚いた事もあるのですが、
血管が「美しい!」と医療関係者に言われる程浮き出ている今日この頃
非妊娠時と比べてものすごい量の血液が体中を流れているのを痛感します。

我が家では4匹の犬たちと暮らしていますが、妊娠と共に変わってしまったこと…。

11151703_20171211223719ce4.jpg

1)ノーリードの散歩の頻度が激減してしまった。

8月中旬から特別産休に入ったので、時間は沢山あったのですが、
ノーリード散歩にはほとんど行けなくなってしまいました。

カナダと言えど、ケベック州は特に厳しく合法的にノーリードにできる場所が
ほとんどありません。
我が家からは、車で片道2~30分前後かかってしまうので、トイレに猛烈に近いのと、
後期に入ってからは一度森で散歩中に腹痛に合って大変だったことがあったので
あまり連れていけなくなってしまいました。

秋にはマダニ騒動もあったしね。

雪が降った後、ようやく行けたノーリード散歩の写真。

12161701.jpg

例えばポン酢なら、ノーリード散歩せずとも、極端な話時々散歩を怠ったとしても
それなりに満足した生活を送れると思うけれども、
カツとこんちゃんは自然の中に連れて行ってあげないと
犬としての満足度合いは全然違うのではないかと思います、、、

11151701_201712112237160ea.jpg 

2)写真を撮る事が激減。

まず、カメラが腱鞘炎には重い事。
そして毎日同じような近所の散歩しかしないというのもあり、写真を撮らなくなってしまいました。

雪の上でのノーリード散歩は久しぶりだったのに、写真は携帯で撮った上の写真一枚だけ。
マイナス13度で、携帯カメラがあまり機能していなかったというのもありますが…。

11151702_20171211223717447.jpg 

3)食餌内容

妊娠してから変わってしまった犬との生活はもう一つ。
食餌内容の変更。

我が家は、生肉フードを基本与えていたのですが、念のためトキソプラズマ予防で
生肉フードと生骨は禁止に、、、
まぁ、肉を調理する時も生肉触るし…ということで、念のため…ではあるのですが。

質の高いとされるドライフードメインで、時々手作り、トッピング入れたりしての食餌、
これが原因なのか、こんちゃんに皮膚疾患が表れてしまいまして、、、(;д;)
年齢的なものとか、外的要因とか、もしかしたら違う原因の可能性も多々ありますが、
やっぱり食べ物が原因ではないかな~と思っています。

11151704_20171211223720962.jpg 

もじょは去年我が家に来た時は、かなり皮膚疾患が進行しており
(顔の皮膚の赤み、お腹の赤み、痒み、湿疹)
前の飼い主ももじょは獣医のアレルギー対応食のみしか食べられないと言っていたのですが、
それを無視し、定期的なグルーミングとフードを変更することで、今は皮膚疾患全く無し。
抜け毛も激減。

それなのにこんちゃんは、皮膚疾患になってしまったー。

いざ出産が済んだら、犬たちの食餌内容も元通り生肉メインに戻す予定なので
それまで我慢しておくれ。

そしてもう少し寒くなれば、近所の川も凍結してくれるので散歩場所が増える!

犬たちよ、もう少しの辛抱!

11151705_201712112237228c8.jpg

ちなみに、よく犬が4匹もいると、妊娠によって犬に何か変化は無い?
と聞かれるのですが、4匹もいるのに全く何も変化は感じません。
4匹とも去勢済みのオス犬というのもある…?のかも分かりませんが、
友人たちは、飼っている犬がそわそわしだしたり、よく妊婦の股部分の匂いを嗅いだり…
などという飼い犬の変化に気づいたそうですが、我が家の4匹に関しては全く。

一つおもしろかったのが、赤ちゃんの鳴き声が音声で流れた時に、
赤ちゃんと&子供との生活の経験が2度あるもじょが、ストローラーやカーシート、
バウンサーなど、子供の為に用意した物々を覗き込んで、赤ちゃんを一生懸命探しだしたことです。
ポン酢・昆布・カツは全くの無反応だったのですが、
もじょは経験豊富なので覚えているのでしょう。

11151706_20171211223735419.jpg 

4匹の犬と、生まれてくる子供と、どんな関係が築かれるのか楽しみです。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
24
25
26
27
28
29
30
31
12, 2017 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。