FC2ブログ

鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

Response: ---  ---

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
30

Category: 妊娠・出産

Tags: ---

Response: Comment 1  Trackback 0

出産時の入院の話。


『犬ブログ』を謳っているのに、全く犬の話を書いていないのですが、
今日はまた出産の記録で『入院』のことを少し。
これからケベック州で出産する予定の人に少しでも情報になれば。

通常、ケベックでは(カナダ全体でも同様だと思う)経膣分娩で母子共に経過が良好な場合は
36ー48時間で退院(出産のタイミングによっては24時間のことも)
帝王切開で72時間で退院になるそうです。

がしかし、経膣分娩だったのにも関わらず、私たち母娘は4日間の入院を強いられてしまいました。

12月31日の午前中から病院にいたので、それも加味すると実に5日間の入院。
我が家には4匹犬もいるので、あわよくば24時間で退院!
の気合十分だったので、入院が伸びてガッカリ&号泣でした…。

さて、私は知らなかった(考えてもいなかった)のですが、
出産する病院や助産院は、妊婦が決める権利があるそうです。
検診の主治医が所属する病院でしか出産できないと思っていたのですが、
実際赤ちゃんを取り上げるのは、その日当直の医師なので主治医に取り上げてもらう
可能性は極めて低いです。
設備や、家ではなく職場に近いということで、病院を選ぶ人もいるそうです。
でも、個人的には家から近い病院が一番だと思います。
何故なら陣痛が始まってから病院に行くのは思っているよりもキツい。

鍋ヲ君の同僚は、陣痛が始まって病院に行くのに、まさかのモントリオール市内
帰宅ラッシュの中。本当は駄目だけど、生まれてしまうー!と、高速道路路肩を
走ったそうで…。
また別の人は、市外の助産院で出産予定が、遠すぎて助産院に到着する前
車内で出産してしまったそうな…。

モントリオール市内の病院は、産科に関しては病院がリフォームされてからは基本個室だそう。
つまり、皆個室なので、無料で個室に入れるのだそうです。(Laval市もそうだという噂)

が、私が出産した郊外の病院は、古いタイプの病院だったので
大部屋(6人部屋)無料 (ものすごい狭い)
セミプライベート(2人部屋)76.00$
プライベート(個室)202.00$

※この室料は州で定められているので、ケベック州内すべて同じ値段。
 個室に関しては、部屋の広さと設備で値段が若干異なる。

一泊202ドルの個室。
奥の茶色い椅子が一応ベッドになるけど決して快適ではない。
シャワー、トイレ付き。
お金払うと、テレビも観れる。

hopital1.jpg 

出産前は、「1泊だろうし、絶対個室!!」と個室希望の私に対して、
鍋ヲ君は、逆に1泊なんだからセミプライベートで良くない?と対立意見。
でも出産するのは私!結局私の希望で個室を選択したのだけど…
入院が長引いたからこそ、個室にして良かったと後から夫婦揃って本気で思った次第。
(請求書には引いたが…)

実は4泊目に関しては、部屋の空きがなく、大部屋に回されてしまいました…。
入院が伸びて気が滅入っているところに、大部屋、それも隣の若いカップルの男が
何をするのにも非常ーーーにうるさい。まじでうるさい。
今にしてみればおもしろいネタで笑い話だけど、相当参った…。
歩くのもうるさい、話し声もうるさい、電話は常にスピーカー(内容だだ漏れ)
真夜中にイヤホン無しで携帯でテレビを見るは、放屁はするは、鼾はうるさいは、
共同トイレを使う時も何かもう中から音がダダ漏れでうるさい。
訪問客(多分彼らの祖父母)はタバコ臭いし。

案外、病院食はおいしかった(見た目はあれだけど…)
1月1日は、特別メニューだったようで、特においしかったのだけど、何せ産後すぐ。
産んだ瞬間から母子同室、病院に赤ちゃんの面倒を看てもらうなどあり得ないので
疲労困憊な中、ご飯を食べ損ねてしまったのが本当に惜しい><

病院食の一部。

food01.jpg 

food2_20180126030047d96.jpg

food3_20180126030048598.jpg

food4_20180126030050699.jpg

food5_2018012603005223d.jpg

food6.jpg

food7.jpg

臨月に入るまでに入院時の荷物を揃えておくことが望ましいとされますが、
両親学級でリストをもらったものの、冬の出産だし荷物が嵩み、準備に戸惑いました。
リストを基に準備をし、最高気温マイナス20度を下回る週の出産だったため、
防寒着等で荷物が更に嵩み、最終的にはスーツケースを引っ張って行ったのですが
結局不要だったものが沢山あったり、逆に急遽必要になって病院前のドラッグストアへ
購入しに行ったりしたものもありました。

入院準備品で必要だったもの&不要だったもの

※黒字がリストに載っていたもの。
※※赤字は私の個人的な意見感想。
★絶対必要
△場合による
×不要

★オムツ
絶対必須!
私のように思っていたよりも2ー3日入院が伸びる場合に備えて多いかな?
くらいの量を持っていく事をお勧めします。
不足しても基本病院では支給してくれない。

×赤ちゃんの沐浴用の石けん
沐浴を教えてもらう際に、病院で用意してくれた。

★赤ちゃんの着替え
沢山持っていったが、カンガルーケアを頻繁にするので、赤ちゃんはオムツと帽子のみ。
病院内は暖かいので、病院のブランケットでおくるみだけ。
退院の際のみ着替えが必要だった。

△哺乳瓶(母乳を与えない場合)
母乳を強く推す病院だったからか、哺乳瓶は一切支給してもらえなかった…。
これはまた別の話になるけど、色々あって急遽入院中に
哺乳瓶とフォーミュラを使う事に決めた私たちは
病院近くのドラッグストアへ急遽哺乳瓶を買いに行く必要がありました。
フォーミュラは支給してもらえます。
だけど、友人が働くモントリオール市内の病院では必要になれば使いきりの哺乳瓶を
支給してもらえるとのこと。

★カーシート
絶対に必須!!!
ついでに使い方も予習しておくこと!!!
退院時に、ナースによるチェックに合格せねば、退院できません。

△オムツ替えシート
あれば便利。なくても病院のタオルやブランケットの上で替えられる。

△ブランケット
退院時、マイナス20度を下回っていたため必要だった。
入院時は病院のブランケットでOK。

△授乳クッション
あれば便利。
付添人の枕がないので、付き添い人の枕代わりに持ってきたクッションを
授乳クッションとして使いました。

★Carte d'assurance-maladie、病院のカード

★夜用生理ナプキン
日本のような産褥パッドはこちらには売っていないので夜用のナプキン。
個人的には日本の薄いナプキンが優秀だと思っていましたが、産後に関しては
厚い方が良い!!
会陰裂傷・会陰切開後には厚くて肌触りが良いものがお勧め!!!

△授乳パッド
産後すぐに母乳が沢山出て困る人は少ないので、量は必要ない。

△主治医のサイン入りのバースプラン
我が家は無し。
研修生に処置をしてもらいたくない、ということを口頭で伝えたのみ。
(年末だったので研修生はいなかった)

★着替え
★洗面道具
★ヘアドライヤー
★ティッシュペーパー
△枕
付き添い人用。
授乳クッションを枕替わりに使うという手も。

△母乳を与えたい人はPurelanもしくはLansinoh等のラノリンクリーム

△寝袋(付き添い人のため)
鍋ヲ君は、病院のシーツを巻いて寝てました。

★小銭
何かと必要になるので。

あとは、リストには載っていなかったけど、小腹が空いた時ようのスナック。
そして付き添い人には入院食が出ないので、軽食。
病院の回りのレストランをチェックしておく。
病院内のカフェテリアは時間が決まっているのでそれもチェックしておく。
私が入院していた病院のカフェテリアは、なかなか安くておいしかった。

そして、水分補給ようの水分。
日本のスポーツ飲料の粉およびペットボトル。
こちらのスポーツ飲料は甘すぎる。
粉は濃度を調節できるし、薄めに作って常温でひたすら入院中は飲んでいました。
何せエネルギー必要だし。
出産は長丁場になることもあり、エネルギー補給が重要になりますが、
無痛分娩だと、麻酔後は固形物を一切摂取できなくなります。
なので水分補給は本当に重要です。
が、陣痛が強くなると、吐きそうになる(初産婦は大多数が吐く、と看護師の友人談)
なので私は氷水をもらって、洗面器を用意してもらい、氷水を洗面器に吐き出していました。

余談ですが、私が出産した時期は、インフルエンザなど流感患者が多い時期。
私も酷い風邪をひいていたけど、医療関係者も怪しい咳をしている人多数。
そして入院している妊婦も、インフルエンザ発症していたり、ガストロ(胃腸風邪)だったり…。
それでも隔離されるわけではないので、手洗い、マスク、本当に自己責任にて…。
病院の石けんが強いのもあって、5日間の入院で手が荒れて痒くて仕方なかったです。
なので、ハンドクリームがあれば良いかも。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
31
03, 2018 < >
Archive   RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。