鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

30

Category: Chalet

Tags: ---

Community: テーマ-ワンコ日記  ジャンル-ペット

Response: Comment 2  Trackback 0

2013.7月Chalet記録①


先週の金曜から日曜まで3連休を取得してまたまた短い夏休み。

実は、先週・今週と、ケベックではかなりの人が夏休みです。
なので、通勤時も、まるで休日出勤しているような道路の状態(つまり渋滞ゼロ)

お店自体は・・・相も変わらず忙しいんですけどね・・・。



さて、この短い連休、何をしたかと言うと、またまたChaletへ。

つい先日、先月のChalet滞在記を書き終えたばっかりなのですが、
今年は、そんなに頻繁に行くことがないだろうと言いつつ、
なんやかんや今年もお世話になっている山と森の中のChalet。


今回は、去年インプレッサを買ったばっかりなのに今年JEEPを購入したブライアン一家と。

砂埃の中のJEEP、かっこいい。

chalet jeep1

鍋ヲ君は一体何歳なのでしょうか・・・?

ちなみに、山の中、携帯通じませんので、無線が役立つのですが、
ブライアン家のJeepにも、鍋ヲ君のアウトバックにも、無線装備。
なので、おまえら何歳だよっ!?という勢いで、お互いコードネームまでつけて
山の中走行中、無線で連絡を取り合っていた鍋ヲ君とブライアンパパ=ケビンです。


chalet jeep2

久しぶりのブライアン。

ちなみに、久しぶりなのには理由があって、数ヶ月前にブライアンパパとママ、
1週間旅行へ行った際に、ブライアン、ペットホテルに預けられました。

誰が悪いとかここで論議しても無意味なのですが、このホテル滞在中に、
ブライアンは前足の肩を怪我してしまい、数ヶ月「絶対安静」を言い渡されていたのです。

ブライアン、まだ2歳ちょっとの元気なゴールデンレトリバー。
この年頃の大型犬って、人間の子供と一緒、いや、それ以上に限度なく遊びたい年頃です。
そして犬は我慢強い。
限度越えて激しく遊んだ結果、飼い主が気付いた際には、かなり酷い状態になってしまっていました。
なので、散歩もトイレのみ、せっかく始めたアジリティも辞めねばならず、
飼い主にとっても犬にとっても辛い数ヶ月だったのです。

chaletjuly201302.jpg

ブライアンもかなり楽しんでいたようです。

chalet july201305

車あまり好きじゃない、
車ががたごと揺れる山道は大嫌い、車酔いしちゃう、
慣れてない場所は、苦手なカツオ。

去年Chaletデビューしてからと言う物、毎回緊張で縮こまってしまっているカツオ君。

chalet july201301

なんか悩んじゃってる顔?

でも・・・実は今回、去年のChaletデビュー以来、一番カツオにとって楽しい
Chalet滞在になったのではないかと思っています。

それもこれも・・・また後で詳しくブログに書こうと思いますが、
私が焼もちを妬くほどに(笑)カツオはブライアンのママ=ナタリーの事が大好きなのです。

chalet july201303

この子はブライアンの姉犬、フェイ。

以前もブログで紹介しましたが、この子は、酷い虐待を経験している子です。
前の飼い主は、この子を煩わしく思ったのでしょう、声が出ないように声帯除去手術をしてます。
(でも、吠える素振りほとんど見せません。飼い主が戻って嬉しい時に吠えようとしてるだけ)
更に、何が気に食わなかったんだか、走行中の車の窓から投げ捨てられた子なのです。
保護時には顎の骨と歯が折れていたフェイ。

でもねー、本当にいい子なんだよね~。
デンデンもそうだし、カツオもそうだけど、なんなんだろうねー。
虐待を受けてきた子も、私たち人間を許してくれるというか、大人しい子が多い。

chalet july201304

朝起きて、目覚めのコーヒーを一口飲んだ後に、ビールを開けるブライアン父ですので、
今回は備え付けの冷蔵庫のこんなことにΣ(ノ´*ω*`)ノ
2泊3日の滞在でビール何本持ってきただろうねー?

chaletfood01.jpg

そんな感じで幕開けした7月のChalet滞在です。





よろしければ1クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
僕が見てきた、虐待を受けた子達、やはりおとなしい子が多かったですね。。。目が悲しげだったり。。。

今のワンコの次は絶対(今のワンコがいなくなることは考えたくないですが)、シェルターからと考えてます。一匹でも多く、悲しい思いをしてるワンコ達が愛情いっぱいもらえるようなれるといいですよね。
Re: タイトルなし 
> 見習いグルーマーさん。
そう、そうなんですよ、とても大人しい子が多い・・・。

カツオが始めてのレスキューワンコなのですが、確かに最初は大変な事もありましたが、仔犬を育てる大変さとはまた違ったし、また、仔犬の成長を見るのも楽しいけど、レスキューされた子の成長を見るのもとっても素晴らしい経験で、我が家も今後犬を迎える際はまたレスキューワンコだろうな~とずっと言ってます。
アジリティもしていきたいし、そうなるとピュアブリードのアジリティ向きの子が欲しいとか、また好きな犬種があるのでその子達をブリーダーから迎えたいという気持ちもなくもないのですが、シェルターの現状を知ってる&レスキューワンコを育てる魅力を知ってしまった今、我が家はブリーダーから犬を迎えるという選択はないかなー・・・という感じです。

本当にびっくりする呆れる理由で、沢山のペットがシェルターやレスキューにいますよね><
一匹でも多くの子が、人間の愛情を感じることができれば良いですよね。
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11, 2017 < >
Archive   RSS