鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

06

Category: クリッカー。

Tags: ---

Community: テーマ-わんことの生活  ジャンル-ペット

Response: Comment 4  Trackback 0

ヘタレ犬とヘタレ飼い主の挑戦。【クリッカー講習①限目】


今日のブログは私の備忘録で、文章のみです。

誤解を招く表現になってしまうかもわかりませんが、
元々、『犬に芸をさせること』には一切興味がありませんでした。

そんな私たちが、アジリティ?ドッグダンス??クリッカー???

犬に芸をさせること、じゃなくて、犬と一緒に何かをしたい、分かち合いたい。

そして、犬って私が思っていたよりもよっぽど働き者で
単純で、学ぶことに快感を覚える生き物なのだと思うのです。

例えば「吠える」ことを「無駄吠え」と言う人がいますが、
あれは犬は立派に仕事をしているからなのですよ。
犬の世界に「無駄吠え」なんてものは存在しないのです。


実際、ポン酢と昆布は尻尾フリフリでアジリティやクリッカートレーニングをします。
昆布に至っては、1対1のクリッカートレーニング(と言ってもお遊び)をした直後は
物凄いテンションUPでハッピーになります。(動画を撮ってお見せしたい><!)



カツは病的に怖がりなところがあるので、
なかなかアジリティのコース受講デビューに至らず、
たまたま、鍋ヲ君の尊敬するドッグトレーナー(マッタン)が
今回、クリッカーのコースを設けるということで参加することに。


クリッカーとは、舌打ちのような音が鳴る小さな道具です。
犬が何か良いことをしたら「クリック」
・・・というのは知ってたんだけど、どのタイミングで?何のために?
で、具体的にクリッカー使ったら何か良いことあるの???
・・・と、クリッカーに関して実は何も知らないのよね。
それならちょっと勉強してみましょうか?というのが今回コース受講のきっかけ。


実は、カツはこの舌打ちのようなクリッカーの音に怯えてしまい
殻に篭ってしまうので、心配していました。
コース受講の申し込みの際にその旨を伝えると
「大丈夫、問題なし。色々方法があるから。」
の一言であっさり参加了承され。
何もわかってなくて、社交辞令でこういう発言するプロもいるんですが、
彼らは本物。
本当に心強いというか、プロなんです。

実際の講習が始まり、やはりカツはクリッカーの音に怯えてしまい、
ブルブル体を震わせ、地蔵のように固まり、椅子の下に潜りこんでしまいましたヾ(´Д`;●)

やはりこの状態でクリッカーを鳴らすトレーニングは良くないとのこと。

しかし先生前向きです。

「困難な程良いじゃない。挑戦する価値がある。」

「君達ラッキーだよ、他に犬2匹もいるんだから。
 カツが殻に閉じこもったら、ケージに入れて無視。
 他の犬とトレーニングしたら良いんだよ。」


コースは7週間(7時間)ですが、カツとの目標は、
クリッカーの音を聞いたら尻尾ふりふり楽しい気持ちにさせること。




さて、そんな椅子の下に潜りこんで気配を消していたカツとの
クリッカー講習1時間目。


私が学んだこと。


クリッカーは、人間が褒める声、例えば「Bon chien!Good dog!」の代わり。
クリッカーの良いところは、簡単、タイミングを合わせるのがより簡単。

クリッカーを鳴らしたら必ずご褒美を与える。
タイミング間違って鳴らしてしまっても必ずご褒美を与える。

犬に、犬が何をすればクリッカーを鳴らしてもらえるのかを考えさせる。


犬に自主的に考えさせるために、人間が上手に誘導せねばならない。
これが素人には難しい(´・ω・`;A)

この誘導の仕方、そしてクリッカーのタイミング、人間同士で練習しました。
2人でペアを組んで、人間役がクリッカーを持って相手にして欲しいことを考える。
例えば、部屋の電気のスイッチにタッチすることがゴールだとすると、
電気のスイッチの方向を見たら、クリック。
スイッチにまた1歩近づいたらクリック。
決して目線や言葉で誘導せず、犬役にクリッカーの音を使って誘導。
意外と難しい。

人間って複雑に物事考えちゃうから、目線とか仕草でつい答えを求めてしまったりする。

しかし、犬は物凄い単純なんだよ、目線とか仕草とか使わないし。



アイコンタクト、我が家では『フォーカス』という言葉を用いていますが、
これもクリッカーで練習できます。
が、我が家の場合、例えばポン酢と昆布は『フォーカス』の言葉が分かるんだけど、
クリッカーで教える際は、最初は『言葉』は用いないこと。だそうです。
言葉はその仕草ができるようになってから決めれば良いのだそうです。

例)
先生の奥さん(ポン酢似フリップの飼い主!)が2、3日かけて飼い犬に
「死んだフリ」の技をしこんだそうです。
技が完璧に仕上がったので、さて、コマンドは何にしようかな~と楽しみにしていたのに、
先生、なんと勝手に『ラザニア』というコマンドにしてしまったらしい。
今では『ラザニア』と言うと、ワンコ、死んだフリをするそうです。




カツの場合、とっておきのトリート(例えばホットドッグソーセージとかチーズとか肉とか…)を
使っても、やはりクリッカーの音を怖がって殻に閉じこもってしまう・・・。
どうしたものか・・・。
カツが殻に入ってしまったらカツの時間はおしまい。
ポン酢と昆布のトレーニング。
ポン酢も昆布も、ノリノリです。
特にポン酢は飲み込みが早い。


カツはどうしたものか・・・。
で、考えたのですよ。
散歩に行くよ~!という時がカツの一日の中でもっともテンション上がる時。
散歩に行く準備をして、玄関でクリッカートレーニング。
及び腰になったらおしまい。
結構いい感じでした。

そして鍋ヲ君が実験したところ、散歩中のクリッカーもOK!
外では大丈夫なようです。
不思議…。


私、実はコツコツ努力することが苦手なヘタレ…。
逆に鍋ヲ君は、粘り強い…(ケベック人なのに…!)
時々、へこたれそうになるんですが、私が諦めると犬もそこまで。

カツとの楽しいこと探し。

粘り弱いヘタレな私と、怖がりなヘタレなカツオ、
お互いのできる範囲でがんばります。


550131_10151500395263942_470549412_n.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
カッツンの道は長い。かもしれないけど
きっと、これを乗り越えた後のカッツンはすごく成長するだろうし
鍋コ。さんも鍋ヲ。さんも同じように成長するんだろーな~
地味な訓練かもしれないけど、みんなでがんばれ!!
 
以前オビディエンスのクラスにクリッカーを使っていたクラスメートがいて(たぶん独自に?クラスではやらなかったから)、わんちゃんがすごーーーーく楽しそうにしてたんですよ。もともと常にハッピーなわんちゃんだったけど、クリッカーを飼い主さんが使うとものすごい笑顔になるというか。カツくんも、そうなる日がいつかはやってきますね!!!
我が家もクラスの時は、なんだあれは?くらいにしか思ってませんでしたが、アジリティの学校でクリッカートレーニングのクラスもやってるんですよね〜。ちょっと気になっていたので、今後のレポートも楽しみです。
Re: タイトルなし 
> woceanさん。
本当にそれです、地味な訓練。
これが辛い><!
でもカツオとの幸せのために・・・。

カツはやっぱりクリッカーの音にびびってしまって・・・。
クリッカーの音にびびるとか本当に予想外。

鍋ヲ君の尊敬するドッグトレーナー、本当に凄い人なのです。
何もかも(犬のことも人間のことも)見透かされているというか・・・それが怖くも感じるんですが(!)
この人にならお願いできると本当に安心できるのも事実で、良い人に出会えました。
Re: タイトルなし 
> Shortyさん。
私もクリッカーに関してはちょっとは知ってるつもりだったのですよ。
それが唖然。
鍋ヲ君の尊敬するドッグトレーナーなんですが、この人やっぱり凄い・・・!
どんな職種もピンキリだと思うんだけど、久しぶりに犬関係の人で、この人すげ~~!と唸る人に出会えました。
なんか、人間の事も犬の事も全部お見通し、みたいな。笑)
で、コース自体も一方的じゃなくて、沢山質問される(それが私には辛かったりする。苦笑)
物凄い人間に物事を考えさせるおっさんなんですよ~。

芸をさせることとか本当に興味なくて、でも、芸を覚えさせるのも人間と犬の共同作業、
犬にとっては楽しい時間なんだよな~ということを最近思いました。

クリッカーコースは実践と講義が半々くらいなので、家で沢山復習練習せねばなりません。
どのみちコース受講はカツ=恐怖炸裂であまり実践できない(爆)ので、家でポン酢と昆布で練習しています。
ポン酢と昆布は、私たちがクリッカーを持つ音で(!)すっとんできます。笑)
尻尾ふりふり~。

そうそう、SNAC(というイベントご存知ですか?)Guide Caninがかなり貢献していて、オーナーのJulieさん、表彰されていました。オーナーでありながら、2日連続でアジリティのジャッジもされていて、本当に勤勉な方々(ご夫婦)ですよねー。本当にあの方々素晴らしいです。
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
23
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS