鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

20

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Community: テーマ-わんことの生活  ジャンル-ペット

Response: Comment 10  Trackback 0

ドッグランでのもめごと★ピットブルの喧嘩。


日曜日、我が家でのドッグトレーニングの模様を…

と思い、写真までUPしたものの、明日に延期します"○┓ペコリ

予告☆アレックスドッグトレーナー我が家に来る。

明日公開予定(!?)

(注:内容大したこと書けないと思いますが…)

今日は、先ほどピットブル2頭がレトリバーを襲い喧嘩になり、
更に酷い事に犬は大した喧嘩じゃなかったのに、飼い主が殴り合いの喧嘩になり…
という一部始終を目の当たりにしてきました。

今日のブログの最後の方に、レポートします。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆

その前に…今日は鍋ヲの誕生日なんですよ。
特に何もせず、ビール飲みながらブログなど書いておりますが。(汗)

今日は非常に天気が良くて、午前中の内に1時間ちょっとの散歩をしました。

私一人で2頭を一度に連れ出すのは、実は1年ぶりくらいです。
去年の今頃は、家の前の道路を渡ると川沿いに大きな公園が続く場所に住んでいたので、
何とか自力で2頭連れだしていましたが、
小型犬とは言え引っ張りが強いというので、危険と思い、それ以来していませんでした。

が、鍋ヲと2頭の特訓の成果を今日私は身に染みて感じました。
(鍋ヲは毎日2頭を一度に連れ出します。)

04212.jpg

我が家から一番近くの公園。
徒歩、犬と歩くと20~30分くらいかかります。

04214.jpg

04213.jpg

芝生なので、ハッスルしてちょっと引っ張っていますが、
去年の今頃、こうして片手で2本のリーシュをひいて、
片手でカメラで写真撮影なんて、考えもしませんでしたもの。

04215.jpg

水分補給は大切ですね。
今日は暑かった…と言っても18度程でしたが。
非常に美しい春の気候でした。

04216.jpg

04217.jpg


04218.jpg

ポン酢は暑くて、帰りは土や芝生の場所を探しては、
こうして体温を下げようと必死でしたけど…。


このParc Pere-Marquetteなのですが、なかなか広いドッグランがあり、
我が家も利用したことはあるのですが、客層が悪いので、ほとんど利用しません。
大型犬が悪いとは決して思いませんが、あまり裕福ではない地域に限って、
大型犬、それもピットブルなど他の州では危険という理由で違法になっている犬が多かったり。
で、そういう犬って、残念ながら躾がきちんとされているとは言えなかったりするんですよ。

飼い主たちも、煙草吸ったり(時にはアルコール飲んでる人も)
飼い主同士で話をして、犬見てる???という人もいたりして。
今朝散歩した時も、勿論利用せず。

夕方に、今日も鍋ヲが早く帰宅したので公園まで散歩をして、ドッグランを覗くと、
ピットブルが3頭程、他大型犬がうじゃうじゃおりました。

途中ガウガウ激しく威嚇するシーンもありで、ワイルドなのは万歳!ですが、ちょっと危ないなーと。
ドッグランの外にたまたまフレンチブルドッグの仔犬を連れた男性がいたので、
我が家もおしゃべりしていました。

すると、喧嘩が起こりました。

ピットブル2頭がラブラドールレトリバーの首に噛みつきました。
ラブラドールも怒っています。(当たり前なんですけど。)
多分追いかけっこがエスカレートしただけだと思うんですけどね。

これに対して、双方の飼い主が必死に叫びます

外から傍観している鍋夫婦

「叫ぶのはいけないでしょ…」

叫ぶ=犬を煽ることになりますから。

犬達は喧嘩を続けるので、すばやくラブラドールの飼い主が間に入って、
ピットブルを蹴りました。
(大した蹴りではなかったと思います。)

それで犬同士の喧嘩は終了。

外から傍観していた犬飼いとしては、まー、ドッグランにいれば起こりうる出来事であり、
蹴り1つで犬達は正気に戻って喧嘩を止めるということは、ま、大した事なかったのかな。
とも思ったり。
(だって、相手はピットブルですよ!)

しかし、これで終わりませんでした。

蹴られたピットブルの飼い主が物凄い勢いでラブラドールとその飼い主を罵倒。
更には、取っ組み合いの喧嘩にまで発展…|||||(ーωー;)||||

めっちゃ犬を罵倒していたんですけどね…。
いや、犬が悪いんじゃなくて、全ては飼い主の責任でしょ…。
ラブラドールの飼い主のおじさんは、Tシャツが裂けてました。(喧嘩によって…)

結局外野が警察を呼んで、警察が来る前に、皆ドッグランを去ったのですが。

ピットブル。
闘犬として改良された犬なので、どうしても闘う犬としてのテンパーを持った犬だと思います。
が、非常に賢い犬なのですよね。
ちなみに、お隣オンタリオ州では違法になりましたので、見つかれば殺処分です。
なので、オンタリオで手離されたピットブルが他州で保護されるというニュースも耳にします。

ピットブルはむやみやたらに、誰でも育てられる犬種では決してないと思います。
だけど、ちょっと柄の悪い(今日もそうでした)人に飼われている事が多いような気がします…。
きっと、「かっこいいから」!?

友好的なピットブルもいると思うけど、やっぱりドッグランにピットブルや同系統の犬は
好ましくないなーと犬飼いとして思います。
どこでどうやって犬としての野生な部分が出るか分からないですしね。


いやー、しかし…傍から見ている限り、ラブじゃなくてあれはピットブルが悪かったんだけどな。
そしてラブの飼い主は、直ぐに反応して止めたし、
ピットブルの飼い主は、飼い犬が蹴られて激怒しているくらいだし。

ピットブル及び、同系統の犬は、飼育免許を要すべし!

…皆さんどう思われますか…?

ちなみにモントリオールのSPCAには沢山のピットブルやピットブルミックスが保護されているようです。


オマケ。
この間見かけたボクサーの女の子。
いい子に育つんだよー!
04211.jpg


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ ------------

誕生日ケーキ食べるかー!

↓よろしければクリックお願いします。
☆犬 海外生活☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

↓よろしければこちらも…。
☆人気ブログランキング☆
br_decobanner_20100210045455.gif
スポンサーサイト
comments
No title 
いいなぁ~お散歩しながらスケートできるなんて!
因みに、麦おとぉさん、大工であり、スケートパークビルダーです。
コンクリートパークではなく、大工なので木で作ります。
麦の朝のお散歩もスケボーでしているんですが、お散歩コースに、この様なパークがあったら、お散歩から帰って来ないでしょう(笑)。

ピットブル、主人の友達も飼っていますが、とても良い子です。
やっぱ躾なんでしょうね~。でも、やはり凶暴な質の犬種ですので、それなりのルールは必要だと思います。

ポン酢さんの体温を下げるお姿は麦に似ています^0^
我が家ではこの行為を「ベタ~ッ」と名付けています。
No title 
こんばんわ。
イギリスも同じ問題を抱えています。
ピット ブルテリア タイプは違法犬種のひとつに入っているのですが、それでも問題が絶えないのです。。。
犬同士の喧嘩ならまだしも、乳幼児を噛み殺してしまったという事件も絶えません。。。。

ブルテリア タイプに限らず、ライセンスが必要な犬種があってもいいと思っています!
おめでとう 
鍋ヲさん、お誕生日おめでとうございますe-349
ケーキは食べましたか???
しかし、ドックランでの乱闘話にはビックリですe-350
そんなことに遭遇したら、心臓バクバクですよ・・・
私は先日、犬に蹴りを入れる女性(40代くらいかな・・)を近所で目撃してしまいましたe-451
リンギオを見つけ、こっちに遊びに来たい~って感じで犬がはしゃぎ始めたら、何度かリードを強く引っ張り上げ、その後お尻に蹴りをe-452
なんで、そんなことしちゃうのかと残念というか、犬が可哀想というか、複雑な気持ちですよe-455
躾は大事だけど、度を超すとって思っちゃいましたe-348
また、遊びに来ますe-463
No title 
ピットはそうやって改良されていった犬種だもんねぇ。
そして、ゴールデンとかラブって、遊ぶの好きではやし立てるのが好きというか、なんていうか、タナン、な性格だもんね。
うちらが見たのもまさにピットとラブの喧嘩でした。
でもピットが一方的に悪いんじゃないんだよね。
そうそう、カッコいいからって去勢せずに、あおって見かけ格好良いピットに仕上げてって全て飼い主の責任。
鍋コちゃんのおっしゃる通り!でドッグランで飼い主が自分の犬をちゃんと見てないでおしゃべりばっかりしてる人が多すぎ!
ある程度の決まりがあってほしいよね••。
Re: No title 
> 麦さん。

ちなみに鍋夫婦はスケボーできません。(笑)

ここの公園は、野球場やサッカー場や、色々スポーツできるところがあって、それ+スケートができるということで、夕方~夜にかけて、沢山若者(10代の子たち)が集まってきます。

しかし麦父さんは、木でスケートパーク作ってしまうんですね!
木製、見たことないです。
凄い!

そうなんですよ。
ピットブル、いい子もいるんですよね。
闘犬なんて絶対できないような子。
以前に友人が保護していたピットブルは、元々『闘犬』(※違法ですが、闇でされているようです)にしようと買ったけれども、性格が弱くて闘犬にはなれず、手離されたのだとか。
なんて、勝手な言い分なんだろう、と思います。

「べた~」昨日も朝に1時間半ほど散歩をして、暑くなかったのですが、黒くて剛毛なポン酢は非常に暑いようで、はぁはぁ言いながら、何度も「べた~」っとしていました。
麦ちゃんも、黒いから暑がりですか?
Re: No title 
> うのままさん。
犬大国、イギリスでさえ問題を抱えているということは、カナダはまだまだですね。
州によって動物愛護の法律なども違いますが、カナダ、特にケベック州は途上国もいいところです。

問題なのは、この種の犬を飼っている『人』な気がします。
残念ながら、この種の犬を好んで飼っている人って、説明しがたいのですが、躾もきちんとできておらず、かっこいいからという理由で飼っていたり。。。
イギリスでは、闇でギャングの子などが、ナイフ変わりにピットブル等を飼っているというニュースも見ました。
悲しい限りです。

本当に、ライセンスと税金などで、政府が管理してくれれば良いのに、と思います。
Re: おめでとう 
> ユミックさん。
鍋ヲより、ありがとうございます。
ケーキ、食べましたよ☆

ドッグランでの乱闘、犬同士は大した事無いと言えば大した事なかったのですが。
(我が家の2頭の殺し合い喧嘩の方が凄いですよー!苦笑)
人間がこれじゃー…。犬もね…。という感じで。
客層が前々からよろしくないとは思っていたので、「やっぱりな」という感じもしたのですが、本当に呆れてしまいます。

犬に蹴り!?!?!?
酷い!酷い!酷すぎる!!
犬に躾と称して、暴力を加えるのは、全く効果がないのに。
どうして分からないんだろう…。
そりゃ、ついつい悪い事をしていると「こら!」とパチン!と叩きたくなることもありますけど(汗)絶対にしてはならないことだと思っています。

犬はただ遊びたかっただけなのに…。
そういう時は、コマンドをかけて、犬を冷静にさせるのが躾だと思うんですけどね…。
はーぁ…(ため息)

Re: No title 
> 彩ちゃん。
そうだったんだー!
ピットとラブ、一緒だね。

しかもさ、ピットの方はピット1頭じゃなくて、2か3頭いて、プラスブルテリアがいたんだよ。
最初から、「ヤバい」感じと思ってたんだよね。
わうわう吠えながら追いかけっこしてて、結構興奮してるのが外からでも分かったから。
でも、飼い主全然見てないし、気にしてないし、あれ、危険じゃないのかなー?なんて、外から見てて話してたらビンゴ。
そりゃ喧嘩にもなるわ、本当に。

どんなに躾の入った犬でも、完ぺき、絶対間違いはありません!って保証はないんじゃないかなーと思って。
犬は動物だしね。
「いつもはいい子なの。こんなこと絶対しないの。」
って、事故が起こってから、どんなに言い訳しても、通用しないもの。
偏見と言われるかもしれないけど、やっぱりピットとかブルテリアとか「うちのは大丈夫」とか言われても、ドッグランで一緒に遊ばせるのは怖い…。(遊ばせた事あるけど…。)
 
こんにちは。2年も前の日記にコメントすみません。
ピットブルの問題について調べてて、ここに辿り着きました。
私はNYに住んでいるのですが、最近つとにピットブルと他の犬の喧嘩を
ドックランで見かけるようになって、もしうちの犬が襲われたらと思うと、すごく怖いです。
鍋コさんのおっしゃる通り、問題を起こした犬の飼い主はきまって「普段はフレンドリーなんだ」と言い。決まって相手が悪いの一点張りです。

私も飼い主にライセンスなどの規制をして欲しいと思っています。


Re: タイトルなし 
>sugiさん。
いえいえ、過去ログだろうが、コメントをいただけるのはとっても嬉しいです^^
コメントどうもありがとうございます。

ピットブルの問題…犬種の歴史や特徴もさながら、飼育している人のジャンルが一番の問題なのではないかと思います。
モントリオールもピットブル、及びその血が入っている犬が非常に多いです。
そして、飼ってる人間の中には、若者で、ギャングではないですが、マッチョ系、強さをアピールしたいという人が沢山います。

私はグルーマーの仕事をしているのですが、ピットブルの爪きりやシャンプーもよくします。
大体は問題なく、家庭犬として大事に扱われている子が多く、マズル等の出番もなくこなせますが、中にはとんでもない子も…。
でも、大体その飼い主がとんでもないですーー;
「オレのピットブルはアメリカンピットブルの中でもキングなんだぜ、だから名前もキングってんだー!」と自慢から入るのは結構なのですが、非常にアグレッシブ。でも、このアグレッシブさを(散歩中もマズルが必要)自慢されるのです。犬がかわいそうです。

私もピットブルの絡む喧嘩を、ドッグランで何度か目にしています。
が、ピットブル以外の犬の喧嘩もそれ以上に目にしています。
そして、ピットブルもそうですが…他の犬でも大型犬になって、本気の喧嘩になって人間が手を出すと、大怪我は間逃れないでしょうね><
自分のワンコが襲われたら…、襲われないように、喧嘩を未然に防ごうと思っています(うちの黒い犬=ポン酢は喧嘩っぱやいので要注意なのです^^;)
ドッグランに入る前に犬をチェックして、ピットブルをやはりチェックします。
ピットブルに来て欲しくないのではなく、どんな飼い主が飼っている犬なのかという点です。
勿論その犬の様子と、、、他の犬のバランスと、、、
自分に少しでも自信がない時は利用しないようにしています^^;

> 鍋コさんのおっしゃる通り、問題を起こした犬の飼い主はきまって「普段はフレンドリーなんだ」と言い。決まって相手が悪いの一点張りです

分かります!!!!!
「普段はフレンドリーなんだけど」
って、言われたことありますーー;
だけど、次に同じ犬を見かけたとき、また喧嘩してましたーー;

未然に防ぐしかないですよねヾ(´Д`;●)
あとは、飼い主をチェックします。差別…かもしれませんが、外見しかチェックしようがないので、外見頼りのチェックです^^;


>
> 私も飼い主にライセンスなどの規制をして欲しいと思っています。
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS