鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

04

Category: アジリティ

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

アジリティ装備。


犬を飼うと、お金がかかります ((((;゚Д゚))))

大きな出費があったので、かなりセーブせねばいけないところなのですがこの出費。

芝生や土の上でも滑らない、スピードクロスという靴。
(私、靴だけ増えていく・・・)
スパイクが凄いのです。
(特段スポーツしません・・・)
でも、アスファルトで履いちゃダメ
(スパイクが直ぐダメになる)
「走れ!!」と何度もアドバイスされるが犬が遅いのでどう走ればいいのか分からない私。
これでしっかり走りこまねばなりません(∴゚:∀:゚`∴)))
(アジリティの話)

そして扇風機はバッテリー式で、アウトドア用。
勿論これもアジリティのため。

アウトドア用のパンツ。
勿論山歩き等、アウトドアで使うためなのですが、乾くのも早いし動きやすい。
丈が8分、そしてショートパンツと簡単に短くできるのも◎
・・・勿論アジリティのため。

道具ばかり揃って、全然大会に出れていないんですが(・∀・;)

08031401.jpg

ちなみにポン酢と写真を撮ろうと思ったら、こんちゃんが潜入してきた上の写真。
その直後にカッツもやってきて、こんちゃんの隣で「伏せ」してポーズ。
普段、特に写真撮影でおやつを使う事などないのですが、焼もち妬くのか、
フォトジェニックな3匹です。

08031402.jpg

道具を調達したから、というわけでは決してないのですが、
アジリティの自主練へ行って来ました。

こうやって写真や動画を撮ってもらうと凄く分かることが一つ。

こんちゃんの目線。いつも私。
別におやつを持っているわけではないのに、私を見つめるこんちゃんが愛おしい。

08031404.jpg

先週から練習しているのが「ターン」(フリップ?)

例えば、下の写真で、「橋」を下りてきた犬の視線にはトンネルの入り口は見えていないのですが、
橋を下りて、後ろにUターンさせてトンネルに入れる。

時間ロスさせずに有効的にトンネルに向かわせるために「ターン」をおしえねばならないのですが、
なぜかこんちゃん、この「ターン」が苦手なようで・・・。

「ターン」は、飼い主と犬、横並びでヒールをして歩き(上級者は走ってもOK)
飼い主と犬は同方向にUターンします。
犬は常に外側へターンせねばならないのですが、こんちゃん、
なぜか内側がお好き…(∴゚:∀:゚`∴)))

08031403.jpg

そしてカツともアジリティのコース内を走り回って(障害はせず)
呼び戻しの遊びをしたり。

ちなみに写真は、鍋ヲ君が呼んでいるのにカツは私の足元から動かない図。

08031405.jpg

課題にしている「シュート」(の布がかかっていないバージョン)

最初の頃は無理やりこれにリードをつけたままカツを突っ込んで
カツは大砲のようにものすごいスピードで飛び出してきていました。

それが先々週だったかに、ようやく落ち着いて中に入れるように。
(リード付きで)
それだけで私は天にも昇る嬉しさだったのですが、たまたま近くにいたマッタン師匠に

「じゃ、次はリード無しで自発的に行くようにトレーニングね(・∀・)」

と言われ、がんばっていたところ。

08031406.jpg

使用するものは、クリッカーとおやつ。

準備するものは「忍耐力」

08031407.jpg

で、できたのです!!
自分から入って自分から出てきた!!!

たったこれだけの事をするのに要した時間、何ヶ月??

問題がある子ほどトレーニングしがいがあるから楽しいってものです。
それだけ一緒に過ごす時間も増えるわけだし、絆も強くなります。


・・・とは強がりで何度も何度もくじけそうになって、
アジリティのコース受講という、スタート地点にすら未だ立てずにいるのですが、
やはり心の底から本当に嬉しいもの。

犬は人間が諦めた時点でダメになる。
人生諦めちゃダメ、日々犬たちから教えてもらっています。





いつも私の側にいるカツ。
愛おしいヤツ、カツ。

08031408.jpg

これからもゆっくりゆっくりお互いに成長していきます。

08031409.jpg



備忘録(体重)
ポン酢9.3KGS(パーフェクト)
昆布7.2KGS(ふとった??)
カツ9.3KGS(やせすぎ!!)



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
カツのシュート、私も感動です~
これからも頑張ってください!

私も、触らぬものにたたりなしで、家具などにも一切触らない犬とアジリティをはじめた。今は、アジリティをココと楽しんでいると感じるぐらいまで出来るようなりました。

一つ一つ出来ることを増やしていくことが楽しいですよね。
 
カツオ君の成長、嬉しいですね。
鍋コ。さん、カツオ君との2ショット、
とっても楽しそうで美しいです。(´∇`)
Re: タイトルなし 
> cocoさん。
cocoさん、こんな自己満足のブログに感動して下さって本当にどうもありがとうございます。
本当に本当に嬉しいです!!

普通の犬なら、割と簡単にできること・・・。
それなのにこんなにこんなに時間を要して・・・。
こんなちっちゃなことが本当に嬉しいものなのです。
でもこれって、アジリティを知っている人、そして問題あり犬を飼っている人ではないと分からないですよね。

> 私も、触らぬものにたたりなしで、家具などにも一切触らない犬とアジリティをはじめた。今は、アジリティをココと楽しんでいると感じるぐらいまで出来るようなりました。

カツってこうみえて(?)凄く運動能力のある(多分)犬なのです。
ジョギング大好き、跳べば結構の高さもジャンプ可能。
だからこそ、アジリティをして、「楽しいですのだ(・∀・)」と思ってくれれば良いのですが、、、

ココちゃんはそれらの不安や怖さをcocoさんと乗り越えて信頼関係、そして楽しみを実感しているのだと思います。

一つ一つできることが増える、これってすっごく嬉しいことですよね^^
Re: タイトルなし 
> らら子さん。
よくテレビなどで芸をする犬が特集されていたりしますが、
以前は「ふ~ん、頭いい犬ね~」と流していました。
しかしこの頃は、(勿論犬種や犬個体によって賢さに大きな違いはありますが)教えた飼い主と、またその飼い主と犬との絆に感動してしまいます(・∀・)
できなかったことができるって本当に嬉しいもの^^
この年になって「犬」に教えてもらっている次第なのです。
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11, 2017 < >
Archive   RSS