鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

15

Category: 鍋コのこと。

Tags: ---

Response: Comment 5  Trackback 0

想い続けた結果。


キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

01151501.jpg

ううううううう美しいーーー

新年の誓い(?)で今年は車を買いたいと誓いましたが(?)
思い立ったが吉日・・・。

買っちゃった(´▽`)

欲しくて欲しくて。
想い続けながら仕事しました( ̄▽ ̄)
しかしこれをこれから維持していくのが大変・・・。
真剣に仕事がんばらないと・・・。

鍋ヲ君の車、我が家の初代スバル君・・・。
もう直ぐお別れが・・・。

初代スバル君は、私にとっても大変に愛着がある車です。
初めて運転した車であり、この車で免許を取得し、
私に運転する楽しさを教えてくれた車でした。
雪道に山道に、犬と共に、驚きの安定感で沢山走ってきました。
去年の夏には、Chaletで家族写真を撮った程(!)にも愛着があるこのコ。

・・・でもまだ彼の行く末決まっていません´д` ;
ディーラーでの価値がゴミ並だったので、別れ難く。
しかし夫婦2人で3台も車は要らない!!
鍋ヲよ・・・早く諦めたまえ・・・

01151502.jpg


先週末は、アジリティのコンペティションがありました。

冬季は屋内でしか競技ができず、屋内となると施設が限られる為、
競技会は珍しい当地です。

01161504.jpg

私はこんちゃんと2競技しか参戦しておらず、暇な時間は、
カツのトレーニングの時間となりました。

私がビデオを撮っている時、他の人の競技を観ている時は、
自然に隣で「伏せ」の状態になります。

繰り返しって凄い。

でも、これ、別に決して「(人間に従わせて)かわいそう」なんてことはないのです。
カツにとっては、この「伏せ」が落ち着く体勢。
そうなるようにトレーニングしたのです。

01161505.jpg

沢山直ぐ横に人がうじゃうじゃいて、犬もワンワンきゃんきゃん吠えまくっていて、
そんな状況でも、トレーニングとなると、俄然お仕事モードへ入るようになったカツ。

01161502.jpg

「足の上に乗って歩く」技・・・

なかなか良い感じで成長してきています。

01161501.jpg


アジリティ競技会、トリックに関して、続きます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
車かう初夢が叶うってすごい!!!

カツ、外でも伏せになるのはすごいなぁ。どんどん成長している証拠ですよね。
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: タイトルなし 
> cocoさん。
ずっと欲しかったのですよ。
鍋ヲ君の車がそろそろダメになりそうだったのですが、なかなか買い替えの目処が立たずにいたので、思いきりました。。。
一応鍋ヲ君の車の変わりに・・・ということですが、正真正銘私の車です。
鍋ヲ君には私のコンパクトカーをローン共々差し上げました。笑)
カツは車が苦手なので、少しずつ慣らしていかねばなりません。

去年の今頃、Rally-Oをしていたのですが、教室では皆の足を引っ張る全然できない子でした^^;
何せ殻に閉じこもってしまって_l ̄l●lll
考えてみるとその頃から、連れて行ける色んな場所につれて行って練習をして・・・を繰り返しまして、当時は成果は感じられず、ただただ面倒くさいな~と私もめげそうだったのですが、こうして見ると、努力の賜物だな~と思っています^^
犬は必ず応えてくれるから凄いですよね。
 
おおおーー早くも初夢実現!?幸先の良いスタートですね。

あの、、ここに書いて良いものか、迷いましたが、、
過去記事、喧嘩についてと、その対処法を拝読させていただきました。
こんさんが、正しくうちの小さい方と同じで、仕切りたがりのドンであります。
どんな犬にも注意勧告しまくる傾向が、、、まあ、これは、社会化していくしかないと思っていますが、家庭内では、早急な対処法が必要とあって、いろいろ参考になりました。ケージの掟も、実践しています。そうすると、小さいドンは、例えばアカの小部屋を通る度に寝床をチェックしていることが分かり、それも注意して、止めさせるようにしています。

こうやって、カツ君の成長を見るのも、とても勇気が出ますし、3頭の落ち着いた表情も頼もしい、、、並大抵の努力ではなかったとお察しします。でも、いつもポジティヴに対処されていて、失礼な言い方ですが、すごい!と感心しています。そう、飼い主が前向きでないと!と同時に鼓舞された気持ちです。
長々とすみませんーが、とても参考になって、一言お礼が言いたくて、こちらに書かせていただきました。
Re: タイトルなし 
> akaさん。
コメントどうもありがとうございます。

ややや、御礼だなんて・・・!!
私こそ、akaさんのブログから色んなことを学ばせていただいております。
何より、我が家も次こそ猟犬、(私はハンティングしない)猟犬のトレーニングをしたいと思っているのですよ。

うちの昆布は、本当は弱いくせに仕切りたがりのドン、まさにそれです。
友達ワンコが来れば「ポリス」と形容されます。苦笑)
注意勧告しまくって、殺られてしまうタイプですーー;

ポン酢がいると更に気が張っているというか、うーうー言っています。
これはやはり・・・いつの間にか私たち夫婦がそうさせるようにしてしまったのだと反省しております。

本気の喧嘩が起こった頃、どうしてそうなるのか全く分からず、ドッグトレーナーや獣医の元へアドバイスを貰いに駆け込んだのですが、全くもって良い意見を貰うことができず、それよりも「本気の喧嘩」が何か分かっていない自称:プロを語る人間が多いことにも気付かされたのでした。
この本気の喧嘩がなければ、私たち夫婦は犬の世界にどっぷりハマることもなかったと思っています。
(と尊敬する犬師匠に言ったら、どの道ハマってたよ、なんて言われましたが、どうかな~と個人的には思っています。仕事ももっと真っ当な道に進んでいたかもしれません。笑)

手探りでやってきて、そのうち良い出会いもあったりして、また同時に仕事や趣味の世界で何百匹もの犬とその飼い主に接するようになって、なんとなしに分かってきたこともあります。

やはり条件が揃えば喧嘩勃発!になってしまいます・・・。
でも、その条件を揃えぬように、一生かかっても治らないかもわかりませんが、平和を保てるように・・・。

そうこうしているうちにカツを迎えることになって、これは大変だ´д` ;
となり、当初は大変だったと思うのですが(!)実は一番楽だったかもしれません。笑)
反面教師の子達がいるので。

そもそもアジリティもクリッカーも、所謂ポジティブトレーニングがベースになっているものたちは、躾のためとは一切思わず、ただ単に人間側の興味から始めたものでした。
躾や問題解決と思うと、思ったような効果が得られないように感じるかも分かりません。
ただ、絆作り、犬へ仕事を与える(簡単に)という面では大変優れているようで、また、トレーニング中は人間1人対犬一匹ですので、多頭飼いの場合は容易に1匹との時間が作れるという利点がありました。

実はそんなにポジティブな人間じゃなかったりするので、犬と接するときくらいはポジティブに・・・と心がけています^^;
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS