鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

06

Category: 昆布のこと。

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

こーしー。


昆布。
こんちゃん。
こーしー。

犬が混乱する程様々な呼び名がある我が家ですが(本当は良くない!)
この頃、こんちゃんは「こーしー」と私に呼ばれています。
散々夫・鍋ヲ君が止めるように私に言い続けていますが、
この頃は鍋ヲ君さえ「こーしー」と呼ぶほどです。

ちなみにこの頃はポン酢はポップスター、カツはカカウェット(※ピーナッツの意味)と呼んでます(・∀・)

そんなこーしー、今年こそは「ちょんまげ」スタイルに持っていこうと思っていましたが、
早くも断念・・・。

02051504.jpg

実は先日、こんちゃんは新たなリボンを一つ獲得したのでした。

02051501.jpg

BARN HUNTというネズミ狩猟の競技に関してブログに書いたのですが、
鍋ヲ君がちゃっかりFUN MATCHに参加していたのです。

そして、そのFUN MATCHでなぜだかどうしてだか、3位入賞してしまったのでした´д` ;

どういうものなのか、という興味でトライアルに参加した私たちでしたが、
ブログにも記録してある通り、こんちゃんはプラスティックの筒が怖く、
全く為す術なく終了したのですが、なぜだかどうして、FUN MATCHでは
物凄い能力を発揮していたのだとか。


02051502.jpg

こんちゃんの記念撮影をしているというのに、
「カッツも居るんですのだ・・・?」
と私の視界に是が非でも入りたいカツ・・・。

ちなみにカツは、ポン酢を撫でたりポン酢と遊んでいると、
無理やりにでも入ってきて、ポン酢の耳を噛みだします。
が、昆布にはそのような手荒な真似は致しません。

畏れられているこんちゃん。笑)

02051503.jpg

以前からブログでも書いているように、こんちゃんとの「楽しい」瞬間が増えれば
良いと思い始めたアジリティ。
一時休止していた時期もありましたが、『楽しい』探しを心がけてトレーニングをするうちに
私と昆布の絆がきっちりできてきた、そんな感じです。
それがまた『楽しい』に繋がり、こんちゃんは私たち夫婦を沢山驚かせてくれます。
こんなこともできる、あんなこともできる。
こんちゃんには無理だろう、と思っていた沢山の事が、
案外おちゃのこさいさいでこなすことができてしまったり。

こんちゃんの、「できるにゃんけど?」というドヤ顔を見るのも楽しみだったりします。

こんちゃんは、恐らくシーズーに他犬種が混ざった雑種ではあるのですが(ラサアプソ?)
アジリティ競技会では便宜上「シーズー」で登録してあります。
が、先日、SNACというイベントでアジリティ競技会に出場した際に、
ブリーダーとしてブースを構えていたシーズーのブリーダーに
「この犬はシーズーじゃない!!」
と、怒られて(?)しまいました。

しかも、その際に連れていたポン酢の犬種を聞かれたため、
ボストンテリアとシーズーの雑種と答えたところ、顔をしかめられてしまいました。
(そしてコメント無し)

私も犬業界の端くれにいる者、また犬種のスタンダードを知り
追求する職業に就いているので、ブリーダーが嫌がるのも納得できるのですが、
ポン酢も昆布も(カツも)犬達には非は無いので、胸がチクリと痛みました。
犬は人間のバーバルな言語・言葉を理解しなくて良かったとも思いました。

ただ、うちの犬達は『雑種』でありますが、
血統の良い純血種の家庭犬達には負けない程に
愛情と情熱を注いで、トレーニングや世話をしていると言い切れます。

次の犬はブリーダーから迎えたいと話し続けていますが(まだ先の話です)
案外また雑種で保護犬かも分かりません。
(でもフレンチスパニエルかミュンスターランダーが欲しいのっ!!)

02051505.jpg

そんなこんちゃんは、犬というより寧ろ猫っぽいので、
我が家で最もマイペースです。

写真はちょんまげを目指していた時代のモノです。

02051506.jpg

こーしーは、ふと気付くと朝青龍みたいな顔をして寝ている事があります(*´∀`*)

02051607.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
こんちゃん、すごいなぁ。
優等生なの表にだすのが恥ずかしいタイプなのかなぁ。
少女マンガで持てそうなキャラですね~

Barn Hunt、ちょっと遠いですがこのあたりでもやっているみたいなので、こんどチャレンジする予定です。
 
こんにちは。
こちらのブログ、うちの相方にも見せているのですが(日本語は読めない)、
ゲゲっ、何この犬たち!!ー雑種好きなので、この混ざり具合とか興味深々デス。
雑種は見かけも魅力的だけど、性質も、あれ?こんなところが、、と、いつになっても新発見があったりして、楽しいですよね。

アカは混ざり方からも、”いかにもドイツ産”に見えるので、年配の方から褒められることが多いです。(その横で、私はちょっと複雑な気持ちになるのは、言うまでもありません。。)
かと思えば、若い世代のベジ趣向な人からは、猟犬というだけで、汚らわしく思われたり、、、。本当にこういう言葉が犬に伝わらなくて良かったと思いますー。

こーしーボスのどすこいな寝顔、貫禄あります^^
ちなみに、私の母方の実家がシーズーファミリーでありました。
Re: タイトルなし 
>cocoさん。
少女マンガでモテそうなキャラ!!笑)
いやいや、cocoさん・・・こんちゃんは間違いなく少女マンガでは「オタク」のキャラだと思います・・・。苦笑)
もてるタイプはポン酢かな・・・?!

BARN HUNTありましたか!
アメリカではコンペティションも沢山あるようです。
BARN HUNT、アジリティとは違って、人間の努力というより犬の能力任せなところがあるので、それはそれで面白いかも分かりません。
Re: タイトルなし 
> akaさん。
なんと、相方さんも見てくださっているのですか!!
ダンケシェーン!とお伝えくださいませ!笑)

ちなみに、うちの夫もakaさんのブログ、見てます。
カントリーライフ、自然、釣り、猟犬、全て彼のツボにはまっております。

商業目的の雑種、この頃では日本も北米も増えてきていますが「デザイナーズドッグ?」など呼ばれているみたいですね。
色んな犬種が混ざってもはや何犬なのか?!あぁ、言われて見れば!的な犬達も面白いですよね。
そして雑種はその国で流行の犬を表したり。
そして、雑種って色んな性質が垣間見れて面白いのも事実ですよね。

確かに、アカさん、ドイツっぽいですね~!

動物愛護を謳っている人達、こちらも多いですが、狩猟と言うと嫌な顔されるのは致し方ないのでしょうか。
ただ、猟犬だからと、犬に嫌な顔をするなんて。
そういえば、ベーガンの犬の飼い主が、自分の犬をベーガン、せめてベジタリアンにしたい、と相談に来たことが・・・。

akaさんもシーズーに縁がある方でしたか!笑)
シーズーは、本当に面白いです。
恐らくこの先暫くは複数頭の犬と暮らし続けると思いますが、ずっとシーズーは我が家にいそうな気がしています。

leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
23
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS