鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

10

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 10  Trackback 0

脱臼。


この頃、実は参ってしまう出来事が続いてしまっております・・・。

ここには書けない/書かないことから始まり。

なんと昨日私は4年間ほぼ毎日運転して初めて、接触事故を起こしてしまいました。
しかも路線バスと・・・。
と言っても、不幸中の幸いなのか、どこを接触したの?!
と目を凝らしまくってやっと確認できるかどうかという程度ですので、
全く心配はないのですが、気を引き締めなさいよ、気をつけなさいよ、
と言うサインなのかも分かりません。

ただ、私の心にはかなりダメージがありました。。。



そしてもう一つ。
我が家で大変な事が起こってしまいました。

こんちゃん。

実は、脱臼してしまいました。

02101503.jpg

日曜日の午後早い時間に、突然左前足を上げ、動けない。
そのうちブルブル体を震わせて、目を大きく見開いて、
滅多に甘えることのない昆布が助けを求めている・・・。

くまなく色んな強度で足を触ったり引っ張ったり。
どうやら、痛みはなさそう・・・?!
でも、昆布は痛みを隠したがる子なので、要注意だと思いつつ・・・。

02101504.jpg

おやつを取りに来ることはしないが、目の前に差し出すと食べるので、
どうせ日曜日。何時に緊急で獣医に掛かっても同じこと。
痛みが差ほどないようなので、様子を見ようと・・・。

しかし、1時間経過後も様子は変わらず・・・。

02101505.jpg

症状としては、とにかく足を床(地面)につけない。
しかし触っても痛みは差ほどなさそうである。
震えている。(これは為す術がなく、困ってしまったからだと思う)
足自体には全く力が入っていない。
歯茎は血液が通っておりチアノーゼ等は心配無し。(よって毒物誤摂取ではない)

夕方になっても、やはり歩けない。歩きたがらない。

金だけ掛かるあまり信用できない(?)緊急獣医へ掛かるか・・・?!
それとも明日を待つか・・・。

とりあえず、信頼のおける、マッタン師匠と、私の職場のオーナーに意見を求める。

02101502.jpg

私はこの時点で、『ヘルニア』か、『脱臼』か・・・と思い始めました。

昆布はこの1年でちょっと太りました・・・。
そして、この足をおかしくする前に、寝室のベッドから飛び降りた後でした・・・。
ただ、ベッドやソファの乗り降りは、仔犬時代からずーっと毎日繰り返していることです。
更に、この頃クリッカーで教えていたトリックが、私の腕の中にジャンプすること。
じょじょに・・・ということで気をつけていたつもりですが・・・。

鍋ヲ君が、脱臼の検査方法を試したところ
検査中にボキッ!!と音がし、昆布が歩き出しました。
どうやら、検査中に関節が入ったようです。

02101501.jpg

その後、昆布は、水を得た魚のように、嬉しそうに走り出しました。

これはよろしくない・・・ということで、余計な動きをしないように、
させないように、現在絶対安静中です。

今までしていたベッドやソファの乗り降りも禁止・・・。
ジャンプのトリックなどはご法度です。

外は雪の下は氷で、足に負担がかかるので、
最低一週間は散歩も禁止です。

不用意にベッドやソファに上がってしまわないように、
日中は監視、もしくはケージで過ごしてもらわねばなりません。
ここで、ケージトレーニングをしていて本当に良かったと思いました。

現在はシーズン外ですが、今後アジリティを続けられるのか。
今、非常に悩んでいます。

師匠・マッタンも相談しているところです。
今現在は様子見。

昆布はデブでも肥満でもありません。
ぽっちゃり・・・にちょっと足を踏み込んだ??ん???
というグレーゾーンなのですが、それでも以前の昆布の体重とは変わります。
ダイエット必須です。

隣の優しいおばあちゃん。
毎日、超巨大なクッキーをくれていたおばあちゃん。
なかなかご好意に「NO」とは言えなかった私たち飼い主の不甲斐なさ・・・。
でも言わねばなりません。
言います。

一日、一秒でもこんちゃんには「楽しい」を続けて欲しいから・・・。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 
こんちゃん、大丈夫ですか?
癖にならないといいですね。
はずれやすい骨格でなければ、たまたまだと思いますよ。
アジリティとかは、カイロの先生か、獣医に相談したほうが良いのかなぁ。

私もダイエット始めました(といっても、日本食にしただけで、ガツガツ食べてますが)ので、こんちゃん、一緒にがんばろうね!
 
こんちゃん がまん強いのね・・・
そういう子のほうが見ているほうは辛くなりますね

無理せず ゆっくり治してね
辛いですね・・・ 
ワタクシも、まさに現在 ここでは書けないような問題を抱え、もがいています。なんとか、これを乗り越えたらカナダが待っていると信じて・・・
イヤな気持ちになるほど辛い出来事の先にはhappyなことが待っていると信じて頑張りましょう!
Re: タイトルなし 
> 鍵コメさま。(アメリカ在住のチャウラサ飼いの鍵コメさま)
コメントどうもありがとうございます。

鍵コメさんの、チャウチャウも大変な経験をしているのですね><
手術でしたか・・・。

犬は何が起こってるのか分からず、安静にしろ!と言ったところで、痛みがなくなってしまうとそんな言葉が通じるわけもなく・・・。
飼い主がきちんと管理してやらねばならないのだとつくづく痛感しております。

今のところ、日曜以来問題は起こっておらず、じょじょに散歩等解禁していこうと思っています。
犬の師匠によると、管理の元、無理させずになら夏にはアジリティも大丈夫じゃないか、と・・・。
昆布の健康が一番ですので、飼い主として責任持って観察していこうと思っております。
Re: タイトルなし 
>cocoさん。
コメントどうもありがとうございます。

脱臼は癖になりやすいようで・・・?><
親に確認したところなのですが、亡きチャップリン(シーズー犬)も割と頻繁に脱臼していました。
(そして自分でぽきっと治していた模様・・・)
6歳半で初めて・・・
たまたまだと信じつつ・・・

管理は人間がするしかないので無理させないようにと思っております。
とりあえず1週間は散歩も禁止。

犬の師匠が、今は絶対安静で様子を見つつ、でも夏にはアジリティは無理しない程度にきっとできる、大丈夫と言っているので前向きに考えております。

こんちゃん・・・2年くらい前までは痩せ型だったので、太らない体質と思っていたのに、隣のばぁさんのクッキーで見る見る太りましたヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙
気をつけますーーー。
Re: タイトルなし 
> にあぞうさん。
コメントどうもありがとうございます。

こんちゃん、何が起こったのか理解できておらずで、足を「けんけん」の状態で、ブルブル震えて、目ん玉見開いて何かを訴えてくるのですよ(´;ω;`)
普段甘えてくることなどほぼ皆無なので、飼い主もビックリでして。。。
そのうち、その「けんけん」の状態のまま、どたんっと横に倒れる(本犬は横になりたいだけ)とか、ビックリしてしまいました。。。

今のところ再発はなく、本犬すこぶる元気で、元気がありあまって散歩に出たい模様です。
グルコサミンも再発注したので、フードに混ぜつつ、健康管理気をつけますっ!!
Re: 辛いですね・・・ 
>いわたろーさん。
いわたろーさん、大丈夫ですかっっっ?!?!

カナダが待っておりますよ!!

色々嫌なことも起こるカナダですが、元々かなりペシミストだった私ですが、この地に住むようになってから&犬という動物を知るようになってからは
「ま、なんとかなるべハナクソピーン(。・ω・)σ *7」と構えられるようになりつつあります(!)
だから私は大丈夫です!!

いわたろーさんこそ、今はもがかねばならぬ時期かもしれませんが、その後にはHAPPINESSが( ・`ω・´)

POSITIVEで生きましょう!!
 
久々に覗きに来たんですが、、ありゃ、、昆ちゃん心配ですね。そう言えば、我が家も私が日本から帰宅した当日様子がおかしくて、足を触ったりしても特に痛がる様子も無く、、でも動きたがらない、立ち方がおかしい(曲がってる?)で心配しましたが、腰の辺りを良くマッサージしてたら2,3日で普通に戻ったので(今は飛び跳ねてますが 汗)、たぶん私が居ない間にどこかで腰を痛めたのか?と、、夫が全く思い当たる事が無いって言っていて、でも、今回は近所に住む方に日中の散歩をお願いしていたので、その時に何か起きたか、、と(でも人のせいと決め付けたくも無いですし)。家は来月で10歳だし、普段元気とは言え今回の事でもっと気をつけなくては、、と改めて感じた次第です。ちなみに、家の子は私が居ない間に痩せてまして、、、腰がおかしいのかと触っていたら、お尻の骨がすっごいゴツゴツしててビビりましたが、2ヶ月前くらいからシニア用の餌に変えたので脂肪分がすっごく少ないらしく、ちょっと痩せすぎたので最近やや多めに与えてます(大汗)
Re: タイトルなし 
>Aceさん。
コメントどうもありがとうございます。
お久しぶりです~!
成田の入管で日本人コーナー見逃した者同士、今年もちょくちょくよろしくお願いいたします( ̄▽ ̄)
(間違いますよねっ!⇒ってしつこいですね、私。)

おかげさまで、昆布は今のところ再発なく元気にやっております。
絶対安静なのに、隙さえあらばジャンプしまくってました´д` ;

わんこちゃん><
大変でしたね。
一体どうしちゃったのでしょう。
でも、案外特段何もなくて不調になったりもするので(人間もそうですが)喋ってくれ!って思ってしまいます。苦笑)

Aceさんのところのわんこちゃんは、特別何かフード以外にサプリ等与えていますか?
我が家は一応アジリティ犬でもあるので、関節ケアなどせねばということで、JOINT(コンドロイチンとかだと思うんですが)ケアのサプリ与えてました。⇒過去形。
サプリがなくなって買おう買おうと買っていなかったら、今回関節外れてしまって・・・。
またCOSTCOで注文したところです(COSTCOの犬用品のサプリ、良い商品で安いです!)

うちのカツも、私が日本に帰っている間に、劇痩せしてました(;゚;Д;゚;.:)
お尻の骨がごつごつ、まさにそれです><!
その後ご飯与えすぎて、ちょっとぽっちゃりさせすぎて夫婦喧嘩になりました(´д`、)
RAWを与えてた時が一番体重管理も健康状態も良かったかなーと思ってるおり、RAWに戻したいのですが、$$とかさばるんですーーー冷凍庫ーーー!!
冷凍庫買わねばと言い続けてます。。。

何より健康一番!ですよね。
わんこちゃんがいつまでもジャンプしまくれますようにっ!!
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS