鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

17

Category: カナダ生活。

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

歯。


03151501.jpg

歯医者に行って来ました。

巷で、『おにぎりサンド』なるものが流行っていると耳にし、
鍋ヲ君に「食べたいな~」と話していたら作ってくれたのです。
そして、そのおにぎりサンドを食べたら、歯の詰め物が割れました(;゚;Д;゚;.:)
鍋ヲ君は気のせいではないかと言いました。
いいえ、気のせいではありません。
呪いではなかろうかと若干疑っております。

虫歯も歯周病も予防するのが最も重要。
こちらは特に、予防の為に歯科に通う人(クリーニング等)も多く、
本来は私も年に数回通うべきなのですが・・・。
前回歯医者に駆け込んだのは2年前。
「必ずきちんと通います!」
と宣言したにも関わらず、結局1度も行かぬまま、
再度同じ歯医者さんへ駆け込むことになりました・・・。

何が私を歯医者から遠ざけるかって、色々あるのですが、

高い。

州の健康保険が使えないのもあるのですが、
診療料金自体も、日本と比較するとかなり高額だと思います。

ちなみに今回、インレーの入れ替えでしたが、個人の保険で4割自己負担
128.8ドルでした。(1万3千円くらい)

つまり、保険が利かないと、300ドル超え。(3万円)

ちなみに歯のチェックアップはなし、レントゲンは問題の歯のみのレントゲンです。
詰め物もレジン。

以前、日本に一時帰国中にやはりインレーが取れ、
保険なし、全額自己負担で治療してもらったことがあるのですが、
1万円ちょっとでした。。。

たたたたたたたたたかい(;゚;Д;゚;.:)



そして今日も、なんだか爽やかで優しい歯医者さんに
「また必ずきちんとチェックアップとクリーニングに来ます!」
と声高々に宣言し、次の予約取らずに帰宅しました・・・。

今度こそ、きちんと通おうと思っています・・・。

どうして私は歯が悪いのか・・・。

でも実は歯よりも、腱鞘炎と骨盤の痛みの方が緊急なような気もする・・・。



カナダで暮らすには、健康じゃないとなかなか厳しいものがあります。。。
病院もなかなか、かかれないしね・・・。
カイロに通いたいと思っていますが、思っているだけで果たせておりません。
カイロも日本よりも格段に高い。





『歯』と言えば、この子も歯の手術を受けたそうです。

03151508.jpg

チビ。

勤務先のお客様による飼育放棄犬のチビ。

本当に幸運を掴んだ子なんだなーとつくづく思います。


チビの頼りにならない(?)兄貴分であるデンデンは、
もっと過酷な道を辿ってきたんだよね~。

田舎の高速道路沿いの何もないところ、悪天候の寒い日にぽつーんと一匹でいたらしい・・・。
迷子になったとは考えられにくいので、多分捨てられた・・・?

03151507.jpg

この子達を見ると、おばちゃん、犬生捨てたもんじゃないんだなーと思います。



そんなこの子達の家にお邪魔すると・・・

「おじゃましまーーー・・・」

と言い切らないうちに、ポン酢はチビの定位置で我が物顔。

03151504.jpg

あんた、くつろぎすぎヾ(´Д`;●)

03151502.jpg

こんちゃんはソファー独り占め(∴゚:∀:゚`∴)))

03151505.jpg

カツも犬のような佇まいをする=寛ぎ・・・。

03151506.jpg

飼い主は、交通渋滞が酷いから~と渋滞の時間が過ぎるまで居座り、

どーもいつもおじゃましておりますーーー。

飼い主も飼い犬も図々しいのでしたー( ̄▽ ̄)



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
アメリカって、芸能人かって思うほど歯命なんですが、そちらもそうですか?

私も定職についている証に、クリーニングは定期的にやってます。年二回まで大概保険が効きます。

歯より肥満の問題の方が深刻だと思うんですけどね、、。
 
ワタクシ、四十年ほど生きておりますが、今のところ虫歯がなく、歯医者に掛かったこともありません。
カナダの病院事情は よく耳にしますので、渡加前に日本で検査を受けて必要な治療があれば済ませておこうと思います。
カナダにも、ワンコを捨てる人っているんですね。2頭目として受け入れたウチのコも近所で車から棄てられ、さらに近所の人から殴られるなどの仕打ちを受けていたコで、フィラリア陽性です。
渡加前に陰性になると良いなぁ・・・
 
高い!!カナダの医療事情がどんどん気になる今日この頃です!
こっちは法律だらけで嫌になることも多いですが、健康保険システムは、低所得者にとっては素晴らしく整っております。(ほぼ自己負担ゼロ)

それよりも、腱鞘炎と骨盤の痛み!職業からくる慢性のものなのでしょうか?ぜ、絶対早く治療に取り掛かってくださいー。私も医者嫌いで、予約するのも億劫なんで、人には言えないんですけどね、、。鍋コさんの場合はお仕事柄、切実そう。

人様のお家で寛げるお三方の姿が微笑ましい(^^)
Re: タイトルなし 
>cocoさん。
日本と比較すると、定期的に予防の為に歯医者に通っている人が多い感じがします。
こちらは誰でも医療費は基本無料なのですが、歯医者は別。
ですので、個人の保険があるか否かで大きく変わってくるのですよ。
個人の保険も、歯科をカバーする為には、ランクがあるのですが、とにかく高額です。
福利厚生で会社が保険を賄ってくれている人は歯医者に通っているイメージが。
ただ、こうして個人の保険が存在しているので、処置費も高くなるのかな~・・・とも思います・・・。

確かに肥満や糖尿病の問題の方が深刻だと思われます!
Re: タイトルなし 
>いわたろーさん。
いわたろーさん、素晴らしいです!!
本当に素晴らしい!!

こちらは虫歯が無い人も、更に予防歯学ということで、歯周病等の予防も兼ねて歯医者に通っている人が多いです(でもやはり個人の保険がある人に限りますが)

是非、渡加前に、チェックできること、治せるものは済ませてこられることをお勧め致します。
まず、こちらは健康診断なるものがありません。
日本にいた頃は会社員でしたので、毎年否応にも健康診断をしてもらっていましたが、こちらではそのような機会がなくおります。

カナダ・・・ケベックは特に法律が整っていないので、まずパピーミルの温床となっております。
他州で禁止されているから、とわざわざケベックでパピーミルをする人間も多いのです。

簡単に犬猫を捨てるのは日本同様です・・・。
また、虐待と呼ばれるに近い状態の犬猫も多くいます。。。
そんな中で、友人夫婦に出会うことができたシーズー2匹は、本当に幸せな子達だと思うし、成犬、しかもアダプト時はきったない状態だったのにも関わらず迎える決断をした友人夫婦は尊敬に値します。

いわたろーさんのところのワンコも酷い目に遭わされていたのですね。。。
本当に時に人間が理解できません。
でも・・・子供の虐待のニュースなんかを目にすると・・・もっと弱い動物を虐待するのはやはりあり得るのだろうな・・・とも。
犬は過去にこだわらない。今しか見てない。
だから、そんな過去を持っていても、幸せな今を送ることができている犬達は本当に幸せなんだと思います。

Re: タイトルなし 
> akaさん。
カナダの医療事情は、日本・欧州のものに慣れてしまうと大変だと思います。
日本にいた頃は、割と病院に通う日々だったのですが、こちらに来て6年(確か・・・)全然通っておりません・・・。
常用していた薬も結局飲んでおらず(!)
どうしても・・・で救急に掛かったことが数回あるくらいです(待ち時間べらぼーに長いです・・・)

例えば大病をした時、日本では個人の保険に入っていないと大変なことになりますが、こちらでは基本無料・・・。
でも、必要最低限の入院しかさせてもらえないし、まず異常を感じたときに直ぐに医者に掛かれるのかは謎であります・・・。
夫の亡祖父が癌を患った際には、身内に医療関係者がいたので迅速な対応をしてもらえた、と言う程です・・・。

ただ、平均寿命は割と長いのですが。。。

お恥ずかしいことに、去年の夏にカツとジョギングを試みたのです。
1度きり・・・。
その時に膝と骨盤に来てしまい、それ以来の痛みです。号泣)
日本へ里帰りした際に、何度かカイロに通ったのですが、慢性的なものになってしまっています。
腱鞘炎も職業病で・・・。
体作りをせねばと痛感してます。

leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS