鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

06

Category: ドッグスポーツ。

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

シーズー犬と嗅覚トレーニング。


昨日は犬師匠、マッタンとの最後のセッションでした。

師匠、突然の引退という衝撃の告白からあっという間・・・。

最後のセッションはDetection d'odeur/Scent trakingと言われるもの。
即ち、匂いを探すという、警察犬や麻薬探知犬等のトレーニングの初歩のようなものです。

04281501.jpg

当初はこのセッションを、既に屋外・フィールドでの嗅覚トレーニングの経験がある
カツと受講する予定でしたが、屋内となると音が響く・・・。
この音に慄いてしまい、またしてもカツここにおらず・・・おやつすら受け付けない程
カツの殻に閉じこもってしまい、どうにもこうにもならなくなってしまいました。

Fantaisieのクラスはまだどうにかなったのですが´д` ;
繊細すぎるカツ・・・。

04281502.jpg

現実逃避中のカツ。

04281503.jpg

諦めることはしたくなかったのですが、何せ最後のセッションで
お金と時間の都合もあります。
なので、今回は急遽ピンチヒッターで、シーズー犬昆布とセッションを受ける事に。


が、シーズー犬・・・。
鼻が短い・・・。
匂いを嗅ぐことから教えねばならずヾ(;゚;Д;゚;)ノ゙
猟犬たちに囲まれ、予定外のピンチヒッターだったのもあり最初はかなり大変でした。



このトレーニングでは、THE DES BOIS / WINTER GREEN、
日本語ではシラタマノキと呼ばれる植物のエッセンシャルオイルの匂いを探します。

このように、コットンにオイルを含ませたものを用います。

do3.jpg

匂いをつけたコットンを、プラスティックの容器に入れ、
あらゆる場所に隠し、それを探させるわけです。

do2.jpg

罠として、おやつも一緒に隠します。

do1.jpg

ハンドラーも犬も、隠した場所を知らない状態で始めるのが良いです。
どうしてもハンドラーの意思が入ってしまうので。

do4.jpg

範囲を決め、その場所内をくまなく探させます。

難しいところは、犬のサインをハンドラーが読めるか否か。

犬は「ここだ!」という意思表示を必ずしてくれます。
ですが、犬によっては、我が家の昆布のように、とてもそのサインが微妙だったりします。
このセッション中に、何度「Subtil (Subtle)」という言葉を使ったことか。

この微妙なサインを読み、ジャッジに「ここです!」と伝えるのはあくまでもハンドラー。
競技中、例え犬がこっそりサインを送り、ハンドラーが見逃し、ジャッジは理解しても、
ハンドラーが意思表示しない限り、それは点数にはなりません。

do5.jpg

昆布は小型犬で人間の私と比べると目線もかなり低く、
どうしても最初はその僅かなサインを読み取れずかなり苦戦しました。

do7.jpg

また、その僅かなサインが、これか・・・?これなのか・・・?
とハンドラーである私が昆布を信じきれないという問題も。

練習となると俄然張り切りだす昆布。
昆布にとっては立派な遊びですので、一緒に遊びながら(練習)
ようやく昆布の出す僅かなサインを見逃さないようになりました。

do8.jpg

そして昨日の最後のセッションは、試験でした。

結果的に、なんと・・・昆布は総合2位

凄い・・・凄すぎる・・・!

それも、トレーナーの飼うコッカーを差し置いて、他はジャイアントプードル、
ラブラドールをも差し置いて、なんと2番
しかも1番は師匠の奥さんの犬。笑)



「馬鹿な犬」とか「不幸せな顔をしている」とか言われる事もあったのですが・・・
アジリティで賞を頂いてしまったり、Burn Hunt(ネズミハンティング)でも入賞してしまったり、
このマイペースで頑固者なシーズー・昆布は驚きの宝庫です。

do6.jpg

それもこれも、マッタンという素晴らしい犬師匠に出会えたからこそ
昆布の才能を引き出せたのだと思います。
師匠は引退してしまったけれど、彼から学んだ犬との付き合い方をベースに、
今後もポン酢・昆布・カツオとの『楽しい』を探していきます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
やっぱり、コンちゃんすごい!!
お行儀よく逃避しているカツもかわいいけど、本犬は必死なのかなぁ。

師匠、ロマンスの破局かなぁとか、勝手に想像していましたが、引退だったんですね。いろんなこと教えて貰える先生でよかったですね。羨ましい~。
Re: タイトルなし 
>cocoさん。
我犬ながら、こんちゃん、凄すぎるのです。
何をしても・・・あれ・・・?こんちゃんこれもできちゃうの・・・?
元々期待値が低いからそう思うのか・・・?!
いづれにせよ、何をさせても3匹の中で一番がんばっちゃう子です。

カツは今回、室内だと音が響くのですが、エネルギー溢れる猟犬達の足音に慄いていましたーー;
情けない・・・。
大分良くなったと思っていたところで、また何歩も下がってしまいました(´;ω;`)
結果的にこんちゃんの才能をまた一つ見つけてあげることができたので良かったとしていますが、カツの成長を師匠に見せたかったです。

師匠・・・犬は大好きだけど、もう人間が嫌だそうで・・・。
話聞かない、せっかく頑張って説明して助けようとしても、結局のところ人間(飼い主)が頑張らねばどうしようもないわけで。
その頑張らない生徒に責められる。
疲れる、疲れた・・・と。
分かるような・・・。

時々厳しい人でしたが、本当に出会えてよかったです(*´∀`*)

leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04, 2017 < >
Archive   RSS