鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

18

Category: アジリティ

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

怖くないと言う事を教えるということ。


犬が怖がって嫌がる。

怖くないんだよ。
危険じゃないんだよ。

ということを教えてあげると、犬は当初の抵抗はなんのその、
乗り越えてくれる。

05121519.jpg

決して『罰する』こととは違う。

寧ろ、私は決して罰しない。

05121504.jpg

あれほど抵抗していたトンネルも、

05121507.jpg

「トンネルなんですのだ」

と、怖いとか考えずに入ってくれるようになった。

ここから更に「トンネルは楽しいんですのだ( ̄▽ ̄)」
と、思わせることができるようにするのが人間の業。

05121506.jpg

尻尾、上がってますよ。

05121508.jpg

スラロームは最初は間隔開けてね。

05121509.jpg

「なんだか怪しい板があるんですのだ・・・」

05121511.jpg

「ガタガタ揺れるんですのだ!嫌なんですのだ!」

と思いかけるカツに選択肢は無し。

怖くないよ。
痛いことは起こらないよ。
私が一緒にいるから大丈夫だよ。



「そんなに言うならやってみるんですのだ・・・」

05121513.jpg

「悪くないですのだ・・・
 一緒にいてくださいですのだ。」

05121514.jpg

「悪くないと思ったら、なんか良いことが起こっちゃったんですのだ」

05121515.jpg

「不思議なんですのだ。」

05121516.jpg

「ジャンプは任せるのですのだ」

05121517.jpg

犬が嫌がる。
嫌がるから止めるのではなくて、嫌がる理由を考えて知って、
「嫌がらなくても大丈夫なんだよ、怖くないんだよ、痛くないんだよ」
と、教えてあげる。

見る人によっては、一瞬私が酷いことをしているかのように見えるらしいけれど、
その先にある結果も見て欲しいと思うのです。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
アジリティをやっていれば、オドオド犬にこそアジリティがいいってわかると思います。オドオド犬は何でも自分で確認しなきゃいけないし、アジリティは怖くなくなったら楽しくなるので、飼い主が奨めることは楽しいと思ってくれるようになったと思います。そうなると、どんどん新しいものになれるのがはやくなったと思います。

ココも速くって、ハンドリングが大変です。汗
 
いい勉強になります。
Re: タイトルなし 
> cocoさん。
アジリティでも何でも、犬と何かをするということは、犬と飼い主の絆が必ず生まれますよね。

最近お客様でも「うちの犬は言う事きかない!」(そんなことはない・・・)「賢い犬種なのにうちの犬はまったく・・・」というようなことを言う方もいらっしゃって、それとなくエクササイズやトレーニングの必要性を話すのですが「そんな時間ないもの」と・・・。
シングルマザーで、フルタイムで働いていて、アジリティもしている人知ってますけどーー;
と言いかけましたが、そういう方には何を言っても無駄ですね。

あれほど嫌がっていたトンネル、しかもカーブしてるトンネルも、「はいですのだ~」とすり抜けるカツに感動感激です。
Re: タイトルなし 
> やすじろうさん。
ポジティブトレーニングという言葉ばかり先走りしていますが、これは決してコレクションをしないというわけではないのですよね。
コレクションはする。
でもパニッシュメントはしない。
これをさせると決めたら絶対させる。(途中で、犬が嫌がっているからと止めたりしない。)

カツはおやつで釣っても、恐怖心が勝ってしまってどうしようもなかったので、割と強引に進むことに決めたのですが、それが功を奏した?
恐怖心を感じて、どうしようか?!と考える間もなく行動させ、知らぬ間に褒められた・・・の繰り返し。
傍から見ると「かわいそう」と眉をひそめられることもなくにしもあらずでしたが、繰り返しで、「なんだか分からないけど楽しいですのだ。」と思うようになってくれました。

 
こんにちは!
ずっとコメントしたかったんですが、またサボリ癖が、、、スミマセン。。

怖がり犬は、新しいことを覚えるのが”実は”得意だと、本で読みました。今までの恐怖心から離れられて、ポジティブに向かう喜びが人一倍(犬一倍!?)大きいそうです。
でも、ブロックが固すぎて、こっちの心が折れそうにもなりますが、鍋コさんの書かれているとおり、その先にあるものが重要、目標なんですよね。

それと、、うちの野犬の場合、出来るようになる(克服する)と、自信満々を通り越して、調子に乗ってしまうという欠点があることも最近判明してきました(ー△ー;)

そろそろそちらも遅い春がやって来たご様子♪
シイタケも確保されたようで(笑)、楽しみですねー。
Re: タイトルなし 
>akaさん。
私もこのところバッタバタ&毎日バタンキューでサボりまくりでした><
しいたけも放置ヾ(´Д`;●)
48時間水につける云々かんぬん書いてたけど・・・外に放置してたら嵐になり、ずぶぬれになったから良いかな・・・と放置しております、、、
椎茸の生命力に期待です。笑)

> 怖がり犬は、新しいことを覚えるのが”実は”得意だと、本で読みました。今までの恐怖心から離れられて、ポジティブに向かう喜びが人一倍(犬一倍!?)大きいそうです。

なるほどーーーーーーーー!!!!!!!

これは、昆布に通用するかもしれません。

昆布は所謂、普通の怖がり犬です。肝っ玉がちっちゃい犬。笑)

褒めるように仕向けたら、物凄い才能を発揮してくれているのは、そこにあるのかも。
学ぶことの楽しさ(遊ぶことの楽しさ)を覚えたのかもしれません。
何をやらせても楽しそうなのですよ。

> でも、ブロックが固すぎて、こっちの心が折れそうにもなりますが、鍋コさんの書かれているとおり、その先にあるものが重要、目標なんですよね。

昆布が普通の怖がりなら、もーっと怖がりのカツは、カツの防御の壁を壊すのが難しい><

そんなに怖がらなくても良いんだよ、というところからはじめないといけなかったので、これが大変でした。

褒めると調子に乗る。笑)
分かる気がします。笑)

いやー、だから犬って面白いですよね!
同じ家で同じ飼い主で、たとえ同じ犬種だとしても個性がありますよね。

マイさんもカツも、こんなに飼い主に考えてもらえて幸せワンコですよね~。(自画自賛。笑)
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS