鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

07

Category: ドッグスポーツ。

Tags: ---

Response: Comment 7  Trackback 0

シーズー犬、まさかのLURE COURSINGで。。。


ルアーコーシング(チェーシング)というスポーツがあります。

獲物に見立てたぬいぐるみ(ルアー)を追いかける競技です。
獲物はモーター&リモコンでスピードや方向を変え、
会場に張り巡らされたストリング(コース)内を動かすことができます。

以前、BRUSH HUNTのイベントに行った際に、ポン酢がトライしたのでした。

Lure coursing (course au leurre)

先日のPLCでのアジリティコンペティション、昆布とのトライアルは散々な結果で
反省ばかりだったのですが、ポン酢はもっと酷く。。。
やる気が無い・・・。
もしかして体調が悪いのか?!と思う程。

先日ルアーコーシングに挑戦した際、ポン酢はかなり楽しんでいるようだったので、
再びトライすることにしたのですが・・・

およよ、やる気ゼロ・・・ヾ(´Д`;●)

10071501.jpg

体調悪いのか・・・?(※元気は元気です。)

このコース、1トライが結構ぉ高いのです・・・。
やる気ゼロで、走るどころか、コース内でおしっこ垂れて ((((;゚Д゚))))
これはいかん・・・。
カツもその場にいたので、カツにバトンタッチしても良いよ、と主催者の方が仰って下さったので
我が家で一番『猟犬』の血が混ざっているカツ、、、
頼むよ・・・。

脱走。

モーターの音が怖かったようで、コースから大脱走してしまいました

(ちなみにカツの捕獲は私がいれば簡単です。)

なんだかすっきりしない・・・。
そうだ、我が家にはもう1匹犬がいるんだった!!
でも、アジリティ、4ランして、かなりお疲れモードだからな~
と思ったのですが、

・・・まさかの・・・

10071511.jpg

飼い主、

10071502.jpg

呆然、

10071503.jpg

唖然、

10071504.jpg

驚愕!!

10071505.jpg

この子は、本当に何をやらせても才能を開花させるというか・・・
純粋に、仕事(トレーニング)が楽しい(遊びだと思っている。)のだと思う。

以前ルアーコーシングの機会があった際に、昆布にはトライさせなかったのです。
どうせシーズーだしルアーコーシングするシーズーなんて聞いたことないし、
あまりぬいぐるみ追いかけることしないし・・・と思って。

大きな間違いでした( ̄▽ ̄;)

10071507.jpg

挙句の果てに、獲物を獲得してしまい、まさかのまさかコースを壊す(;゚;Д;゚;.:)

10071508.jpg

のしっ、のしっ、と誇らしげに獲物を口から離さず、
ますますコース(ストリング)が破壊される。

10071509.jpg

よって、捕獲される昆布。

コースを修復中、抑えられながら、くんくん鳴く昆布でした。

10071510.jpg

そんな我が家のこんちゃん・・・
確かに外見、ちょっとシーズー・・・?!だけど、
DNA検査の結果、ほぼ間違いなくシーズーなんですよ・・・。
(ちょっぴりだけラサアプソが入っているとか)

何をやらせても、喜んで、楽しんでくれるこんちゃん。
うちの3匹の中で、実は一番才能が。

こんなちっちゃい犬にかわいそう・・・
と言われる事もあるんですがーーー、
何を隠そう一番楽しんでいるのは昆布です。





にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
こんちゃん、走る姿も勇ましくってかっこいいシーズー!
ネズミ捕りのバイトもできそうですね。笑

ルアーコーシング、トライしたいとおもっていまだに試してないものの一つです。そうそう、それに高いですよね。トライアルの時にやっているfunランとか。機械買って公園でビジネスはじめたいとおもいましたよ。
Re: タイトルなし 
>cocoさん。
ネズミ捕りバイト。笑)
猫です。笑)

ルアーコーシング、楽しむことができる犬にとっては飼い主にも犬にとっても良い投資になるのではないかと今回思いました。
今回は10ドルだったのですが、数分で10ドルか~と思いきや、昆布の楽しみようを見る限り、そうそう犬が目を輝かせることもないし、良い投資だったと思います。笑)

公園でビジネス!分かります!!
cocoちゃん連れてしちゃいましょう!
 
それにしても、こんぶちゃんは本気になったらなんでもできちゃうシーズーですね。驚きです。うちのは今日ビーチにいってきて濡れ鼠みたいになってきました。

 
すいませんー再びコメント欄を使っての質問させてください。


ボーダーコリーの夏のカットについて調べたところ
賛否結構あるんですね。
短く切りすぎると、元のような艶のある毛が生えてこないとか、
ダブルコートは短く切りすぎると毛を反射熱から守っているからそれが損なわれるとか。
獣医の方でも短く切っている人もいるし、トリマーの人が反対している場合もあったりしてどうしようか迷っています。

2箇所回って検討をつけてきたところ、
1箇所は通常ボーダーは毛を揃える程度で短くきらないわよ。というグルーミングの方と、もう一箇所は、短く切りたいなら短く切ってもいいと思うわ。という人がいました。

あまり短くて山本譲二みたいにはしないつもりですが、犬の美容をされてる鍋こさんの意見をお聞かせください。

うちのはご存知かと思いますが、毎日朝晩と泳いでいるので乾かすのが大変だったりすること、常に濡れているっていうのも皮膚に良くないだろう。と考えたり、
あとはやはり夏が始まるということもあり、少し長い毛を半分ぐらい短くしたら少しは涼しいんだろうか?と考えてグルーミングに預けてみようと思ったわけです。
(前回鍋こさんからやはりプロは違うというアドバイスをいただいたのもあります)

一人一人考えが違うかもしれませんが鍋こさんの見解を教えてください。
Re: タイトルなし 
> 安二郎さん。
コメントどうもありがとうございます。
質問も大歓迎です。
私に分かる範囲でしたら、喜んでお答えさせていただきます。

もし私がボーダーコリー及びミックスを飼っていたら・・・
ヘアカットは絶対致しません。

皮膚病(アレルギー等)等あり、獣医師の勧めが出てから考えるかと思います。

> 短く切りすぎると、元のような艶のある毛が生えてこないとか、

この可能性は大いにあります。
年に1-2度なら大丈夫という人も沢山いますが、毛質が変わる事があります。
また毛が生え揃うまでに、1年程掛かる場合も。(Shave downの場合)
生え揃う過程で、どうしてもオーバーコートよりも、アンダーコートの方が多く長く生えてきてしまい、見栄えがよくないとか。

> ダブルコートは短く切りすぎると毛を反射熱から守っているからそれが損なわれるとか。
> 獣医の方でも短く切っている人もいるし、トリマーの人が反対している場合もあったりしてどうしようか迷っています。

オーバーコートは、反射熱、紫外線を弾く働きがあると私は思っています。
また、オーバーコートがあることで、ある程度の防水もかねてると思います。
水を弾くのです。
オーバーコートが短くなってしまうと、水が浸透してしまう。
これはトリミングのお客ワンコで感じたことです。

> 2箇所回って検討をつけてきたところ、
> 1箇所は通常ボーダーは毛を揃える程度で短くきらないわよ。というグルーミングの方と、もう一箇所は、短く切りたいなら短く切ってもいいと思うわ。という人がいました。

まさしく、私が前者で、うちのオーナーが後者です。

最終的には、飼い主様の判断になりますので(飼い主がアレルギーだったり、きちんと世話できないとか、暑さの為には絶対SHAVE DOWNするべきだ!と信じている場合)飼い主様がどうしても、というのであれば、飼い主様のご要望道理にさせて頂きます。

犬種は変わりますが、例えば、ポメラニアンも、近年BOO(ってご存知ですか?)カットとかじわじわ流行しており、Shave downではなく、ちょっと長めにそろえても、やはり毛質が変わる事が多いように思えます。
また、お尻だけ汚くなるから短めに切って欲しいというお客様も多く、勿論これは家庭犬として大賛成でそうさせていただくことが多いですが、ハサミで揃えていても、毛質が変わるように感じます。

> うちのはご存知かと思いますが、毎日朝晩と泳いでいるので乾かすのが大変だったりすること、常に濡れているっていうのも皮膚に良くないだろう。と考えたり、

そうなんですよね。
近年モントリオールも温暖化の影響で、蒸し暑くなり、またスコールのようなにわか雨が多くて、ダブルコートの犬で、ホットスポットを発症する犬が増えています・・・。

ホットスポットはやはりきちんと乾かさずに、雑菌が発症することが原因の場合が多いです。
今年の夏は、オーナーのゴールデンレトリバーも発症してしまい獣医送りになりました。
恐らく水浴びが原因。
がしかし、忙しくて、夏場オーナー(も私も)自分の犬のトリミングを怠っていたというのもあるかもしれない、ということで、治療の為に部分的にShaveされましたが、全体はShaveしていません。
死毛をきちんと取り除かないと、その部分が蒸れやすいのです。
勿論、飼い主様が定期的にブラッシングしてあげていれば良いですが、トリミングサロンの方が効率的かと思います。
シャンプーのテクニック&Blowerと呼ばれる風量の多いドライヤー&ブラッシングテクニックがあります。

暑さに関しては、毛の長さを変えるよりも、アンダーコートを取り除けるだけ取り除く方が良いのではないかと思います。
でもこれは本当犬に聞いてみたい。
「実際のところ、毛短いほうが涼しいの?」と・・・。

そういえば、濡らすと涼しくなるという「Cool Coat」なるものが最近出てるのですが、我が家は結構重宝しました。
アジリティの夏場の大会など丸一日炎天下で過ごすことも多かったので購入したのですが、本当に涼しいみたいで。
うっかり日陰で昆布がブルブル震えるまで涼しくなっていたことも。
もう既にご存知かもしれないのですが、もしそうでなければ、Cool Coatあたりで検索してみてください。
 
なべちゃんさん。

どうもありがとうございます。参考になります!
Re: タイトルなし 
>やすじろうさん。
いえいえ、どういたしまして!
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
05, 2017 < >
Archive   RSS