鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

07

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 6  Trackback 0

雪対策にパジャマを着せてみる。


元旦の散歩の様子をブログに載せましたが、
どうにもこうにも昆布が雪だるまになって大変なので、
家にあった袖まである洋服を着せました。

…というか何年も前に買ったサンタクロースのパジャマです。

ちなみに本日のブログの写真は1月3日のものと4日のものが混在しています。
暗い写真が3日、雪の中での写真です。

01041605.jpg

日本には何やらいろいろ防寒や雪や汚れ対策の洋服があるようですが、
こちらは犬に洋服を着せた時点で白い目で見られる風潮も抜けないので、
なかなか機能的なものがありません。

個人的には犬には洋服を着せる必要はない、と思っていますが、
例えば雪や皮膚病の犬、老犬における機能性重視の商品が欲しいと思っています。

01031601.jpg

そうこう散歩しているうちに吹雪いてきてしまいました。

ちなみに吹雪いたのは3日だったのですが、この日の帰り道の高速道路はカオスでした。
吹雪初めて、気温がある程度あったので、高速道路がアイスバーンでツルッツルに…。
目前でスリップ衝突事故があり、更にちょっと行ったところでも、反対車線でもスリップ事故多発、
手に汗、背中に汗をかきながら帰宅しました。。。

01031603.jpg

当地はまず、雪が降った後は、気温が下がります。
雪が降るということは、ある程度気温が高いわけで…(0~マイナス5度程度)
その後に気温がマイナス20度まで下がると、積もった雪が凍ります…。
雪かきをきちんとしておかないと大変な事になります。

一番最悪なのは、雪が降って、なぜか雨が降って、気温がマイナス20度に下がる…。
道路なのにスケートリンク並につるっつるです。

01041601.jpg

というわけで、今シーズン一番の寒さだった4日。
それでも日中はマイナス10度程度まで上がり、太陽も出ていたので散歩へ。

「寒くないの?」時には「寒いのにかわいそう…」と言われる事もあるのですが、
我が家なりに、犬の様子を見て気をつけて散歩をするようにしています。

01041602.jpg

パジャマ姿のこんちゃんは、隙があらば、地面にすりすりしないと気が済まない。

01041603.jpg

陽が沈みかけ。

01041604.jpg

結局のところ、吹雪いた3日は、パジャマを着せたものの、
このようなことになってしまいました。

※襟部分は洋服の飾りではなく、こんちゃんの毛です。

01031602.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
日本で、ゴールデンとかかっちりしたスーツ着せて大げさに見えたけど、毛玉って、こんなになっちゃうですね。

コンちゃん、赤にあってますね。
サンタさんのバイトできそう。笑
 
こんちゃん!雪がついた体は、まるでミシュランのキャラクターみたいになって
かわいそうだけど、かわいいじゃないですか!
マイナス10度なんていうのをうちの犬に一度体験させたいですなー
プラス40度みたいなのはあるんだけど、一度雪を見せてどういう反応するのか見たいです。

足の雪はどうやったら取れるですか?
解けるのをまつの?
お湯につける??
 
こんにちは。
かなーり前、フランスからコメントした者です(今は日本にいます!)。アメリカンヘアレステリアという裸犬の飼い主です。
うちの犬は無毛なので防寒用の服は必須です。でも日本も犬向けのおしゃれ用の服はあっても全身を覆ってくれる防寒具はあまり売ってないのですよ。
それで、うちはフランス時代にアメリカから取り寄せていました。
http://www.barkandstuff.com/shop/ 
Bark and Stuff というお店で、品質も良く半オーダーメイドで作ってくれます(頼んだ当時の話ですが)。買ってからもう7〜8年経っていますがまだまだ使えます。お店の人もアメリカにはおしゃれ用の犬の服はあってもちゃんとした防寒具、それもお手ごろ価格のものがなくて自分でお店を作ったと言ってました。
ケベックは極寒の地ですから、犬でも暖かい服を着せたいですよね。
ではでは今年も鍋コ。さんのブログ楽しみにしています〜。
Re: タイトルなし 
> cocoさん。
数年前に、そのがっちりしたスーツ?を見て、結構高額だし、いやいや、要らない…と思ってましたが、欲しいです。笑)

この雪玉、本当ににくったらしいですよ~。
ひっぱったり手で払おうとしても、まったく取れないのです。泣)
犬もだんだん重たくなってくるみたいで、歩き方変になりますし^^;
Re: タイトルなし 
> wombatさん。
ミシュランもビックリ!ですよー。

やはり歩きにくいみたいで、歩き方がおかしくなったりします。

今回は大丈夫でしたが、顔からブルドーザーするので、顔も雪だるまになってしまい、両目が見えない…
そして一緒に散歩している他の犬の飼い主にぶつかる、ということもしばしばです^^;
多分昆布は将来目が不自由になっても平気で暮らせる気がします^^;
ぶつかってもめげません。

マイナス10度くらいは、wombatさんのワンコは喜ぶでしょうね~。
マイナス20度になると犬も厳しいみたいです。人間も厳しいし。
何より呼吸によって肺や気管にも負担が掛かるみたいで、危険とも言われます。
40度は…。うちの犬無理です^^;特に黒い犬!溶けちゃいます。

この雪は…溶けるのを待てばかなり時間がかかり、家の中なら水たまりになってしまうので、
帰宅次第お湯を掛けて取ります。
ブラッシングも、手で取ろうとしても、まったく太刀打ちできませんー。
よって、移動中の車のシートはカバーをしているものの自然解凍された雪でびちょびちょです。
そして、シートのカバーを乾かすのを忘れて車に放置しておくと翌朝にはかちっこちに凍っていますーー;
Re: タイトルなし 
> たゆさん。
コメントと素晴らしい情報どうもありがとうございます!

あ~、ヘアレステリアは、防寒着必須ですよね。
そして毛がないだけに、皮膚が傷つきやすかったりして、また日焼けもするし、洋服必須ですよね。

「機能」重視した商品になると、人間のアウトドアの洋服もそうですが、ファッション性が欠けるんですかね~。
確かに日本はたくさん洋服はあるけど、その割に機能性重視のものは思い浮かばない気がします。

器用なら、生地用意して、ガガガガガガっとミシン掛けれそうですが、不器用な己が悲しすぎます><

冬のコートも、馬用のコートのように、上から(背中部分から)掛ける形のもので、肝心要のお腹が全然隠れなかったり、基本的に我が家のトリオは裸族なので、コートを着せる事で暖を取れているのか…よく分かりません^^;

教えていただいたリンク先、本当に良さそう!
またチェックしてみます!!
ありがとうございます。
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04, 2017 < >
Archive   RSS