鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

23

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 7  Trackback 0

自由運動(ノーリード散歩)の大切さ。


犬は根っからの探検好き!自由運動の大切さ

という記事を読んで、我が家の犬たちの事を思い、
う~ん、と唸った。
本当にまさに、この実験をした飼い主さんは素晴らしい!
そして、このスプリンガースパニエルのチェスターは幸せ犬だ。

(英語版:Telegraphの元記事)

我が家も週に最低2回はノーリードでの散歩に連れていく。
時間と都合さえ合えば、週のうち毎日ということもある。

ただ、鍋家地方=カナダといえども、ある程度の都市部分に住んでいれば
条件が合う場所を探すのは大変だし、我が家も車で高速道路を使って
一番近いところで片道20分は掛かる。

それでも連れていきたいと思うわけだ。


この記事にあるチェスターのように、カツも行ったり来たり、
脇道に逸れてみたり、飼い主の倍は確実に走っている(歩いている)

01231601.jpg

が、元記事のTelegraphの記事にあるように、犬種によって行動が異なる、
例えばフレンチブルドッグやパグなどは飼い主にぴとっと沿って歩くので
移動距離は差ほど長くならない、とあるように、フレンチでもパグでもないけれど
ポン酢の場合無駄な行動はほとんど無い。苦笑)

どうして往路と復路を理解しているのかは謎なのだけれども、
往路はぴとっと飼い主の前後をついて歩いているのにも関わらず、
復路となると、早い早い!
もちろん飼い主の目視できる範囲にはいるが、前方を率先して早足で行く。

01231613.jpg

シーズーといえども、ワイルドな昆布は、カツ同様無駄に
横道に逸れてみたり、行ったり来たり、かなりの距離を歩く。

01231612.jpg

今日は天気も良くて、そして飼い主が多忙な2週間だったため
犬も元気がありあまっていたのか、ポン酢も元気だった。笑)

無駄に昆布に喧嘩を売って(?遊びに誘って)怒られるポン酢。

01231602.jpg

01231604.jpg

01231605.jpg

写真では分かりにくいけれども、勾配のキツい場所もこの通り、
我が家のワイルドシーズー。
(私なら間違いなく転ぶ。)

01231606.jpg

01231607.jpg

キツツキも陽気に木を突いてた図。

01231608.jpg

気づいたら…全然目指してないのに…角刈り…?!
大江くん…?!

01231609.jpg

ちなみに本日のトレイルでの散歩は人間は4KMほど。
(雪があるので人間は時間がかかる。)
おそらくカツと昆布は軽く8KMは歩いているかと思われる。

01231610.jpg

そして帰宅後には、生骨タイム。

生骨を恍惚とした顔でガジガジ楽しんだ3匹。

ちなみに『骨(など)を噛む』というのも犬にとっては大切な運動の時間になるとのこと。

残念ながら、人間が寝貯めできないのと一緒で、
犬も散歩貯めはできないけれども、良い一日を過ごせたかな。

01231611.jpg

ただ、自由運動=ノーリード散歩は、呼び戻しができることが前提と思います。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
だんだんオフリードに出来るところが減ってますよね。うちでは散歩の質を上げるために、ロングリードで散歩していますが、オフリードの散歩とは精神的にも違うんだろうなぁと思います。

鍋家のワンズはオフリードの散歩を楽しめる犬で素敵ですね。週2回も連れっていてもらえるのは幸せだね!
 
3頭とも元気いっぱい!いい顔してますねぇ~

環境によっていろいろと条約や条件があって、なかなか難しいところもありますが、やっぱりフリー散歩はお互いの信頼関係を高める一番の要素だと思います。うちはまだまだ特訓中ですが、リードを手に持たないことで、私自身の行動や感覚が随分変わりました。

あと、囲いのあるところでフリーにする(遊ばせる?)のと、フリーで散歩させる(パックで行動)のとは大きな違いがあることも痛感。

犬孝行、引き続き頑張ってください!
 
こんにちは。
質問の答えありがとうございます。うちの犬、なんと酢そのご飲んじゃってました。

犬の記事とっても興味深いですねー
Re: タイトルなし 
> Cocoさん。
ケベックはオフリードにできるところ減ってないのです。
なぜなら、元より無いに等しいから。泣)

と言っても、こっそりオフリードにできるところを犬友伝いに教えてもらって今に至ります。

このような自然の中を歩かせている時は、普段の散歩時と刺激が違うようです。
行ったり来たり、時々横道にそれて様々な匂いを嗅いでいるようです。
今回の記事の場所は、リードをつないでいる犬や、子供、ジョギング、スキーの人も多いので、その度に呼び戻さねばなりません。

例年この時期は近所の川が凍るので、その上を歩いていたのですが(広い…かなりの距離になる)今年は暖冬の為、恐ろしくて川の上など歩けません^^;
Re: タイトルなし 
> akaさん。
オフリードの時の散歩と普段の散歩、自由度が違うのか(大体3匹の散歩は歩幅が合わない:先を行きたいカツ、横を歩きたいポン酢、とにかく遅くて常に後ろの昆布^^;)あとは様々な刺激があるので、ますます活き活きします。
人間も楽ですし。

> あと、囲いのあるところでフリーにする(遊ばせる?)のと、フリーで散歩させる(パックで行動)のとは大きな違いがあることも痛感。

庭やドッグランで犬たちを離しても、匂いを嗅ぐだけでおしまい、、、
ドッグランで遊ぶということも到底しなくなりました。
結局匂い嗅ぎたいだけですし。

その点森は匂いと刺激の宝庫。笑)

あとは、たまたま会った顔なじみの犬連れの人とか、犬友達とグループで散歩をしますが(ノーリード)これも犬にとっては重要な有意義な時間になるのを痛感しました。
別に一緒に遊びはしないけれど、一緒に歩くということの犬にとっての意味は、人間が考えるよりも大きなもので、特にポン酢に関してはグループで歩く事を始めてから、対他の犬に関して大分落ち着きました^^



>
> 犬孝行、引き続き頑張ってください!
Re: タイトルなし 
> wombatさん。
あはは、ソフィーさん、どうもおいしいのか…犬によってはペロペロおやつ感覚で飲んじゃうとか。
我が家は大さじ1杯ずつくらいで作りますが、床に皿を置いていると、待機中の他の犬がペロペロしてました^^;
お酢の酸味、犬は苦手なはずだけど…?
ハチミツがおいしいのでしょうね。
ハチミツは犬の体にも大変良いみたいですし、精神安定剤にもなるそうです。
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
6
7
8
9
10
11
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
04, 2017 < >
Archive   RSS