鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

05

Category: カツオ

Tags: ---

Response: Comment 7  Trackback 0

今更告白。


春と言えば…請求書…?!な鍋家。
請求書と仕事に追われ、ブログ更新がままならず
せっかく沢山の写真を撮ったものの、既に4月に入ってしまいました。

※写真は、http://ponzuetkonbu.blog53.fc2.com/blog-entry-1483.htmlの続きになります。

我が家のカツ。

04041601.jpg

「そういえばこんな夢を見たんだよね。」と鍋ヲ君に話しかける私。

鍋ヲ君とジョギングへ出かけたカツ。なぜかノーリードでジョギング。
「気をつけなよ!」
と注意をした次の瞬間、私の目の前でカツは車に轢かれて
姿形が確認できない有様になってしまった。
夜中に起きて、カツを抱きしめて寝たのでした。

04041607.jpg

すると鍋ヲ君、ちょっと考えた後に、

「言わないといけないことがある…」

と…。

実は去年の秋に鍋ヲ君とカツをいつもノーリードで散歩するトレイルに車で送って行って、
私だけ先に家に帰った事がありました。
トレイル内を10分程リードをつけてジョギングをした後に、
カツのリードを外したところ、あろうことかカツはトレイルからまっしぐらで猛ダッシュ。
最終的には交通量の多い道路を渡っていつも私が車を駐車する場所へ…。
明らかに私を追いかけようとしたとのことで。
最終的にはいつも駐車していた場所にちょこんと座っていたそうで…。

(余談ですが、犬は人間とは同じ時間概念を持ちません。
過去や未来を理解しない、現在のみを生きる動物…
…なんですが、この事象はどう説明できるだろう。)

04041608.jpg

先日、義兄夫婦宅での、4Wheelerでの出来事に関しても書きましたが
これは「かわいい」では済まされぬ話…。

つーか今頃告白してくるか??!(責任転嫁)

04041609.jpg

しかも偉そうに(?)「分離不安」を助長しないようにトレーニングしないと。
と、言ってきた。

私の忠犬カツ…。

「分離不安」と一言で言っても、カツは例えば一匹で留守番できますし、
夜一匹でケージで寝る事も問題ありません。
分離不安というよりも、私に対するオブセッションなのかなー?
でも2年前に日本に帰ったときは鍋ヲ君との留守番は問題無し。

鍋ヲ君…私じゃなくて、あなたがカツの「フォーカス」を維持できるようにトレーニングすべきなんじゃ…。
(完全に責任転嫁)

言ってる端から…

おやつやトリーツに囲まれたこの状況でも、カツは鍋ヲ君の指示に
問題なく従うことができるんですけどね~、、、

04051601.jpg

もうすぐ夫婦共々誕生日なんですが、トレーニングせぃ!ということで、
誕生日プレゼントが半ば無理やり犬のセミナーと相成りました

04041602.jpg

しかし本当に何もなくて良かった…。

そして責任転嫁をしている私ですが分かっています。
誰の指示でも「待て」「来い」を聞き入れるように犬のしつけをせねばならないことを…。
犬の安全のためですからね。

にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
アハハ・・・(^^) 
カツヲ君に直すことがあると思えば、これから直せば それでいいじゃないですか~♪
4Wheelerをchaseした一件だって、人によっては その光景を面白がってしまい、さらに逃げ続けてワンコを茶化してしまう輩だっているかも知れません。
でも、鍋コさん は即4wheelerから降りてカツヲ君の元へ行った!
私自身も不注意で脱走されたことや、失敗は数知れませんが、脱走されれば、雨でも夜でも見つかるまで探し続けるし、何にも優先して、1秒でも早く失敗を取り返そうとします。
そういうのって、目には見えないけど、重要なんだと信じてます。
小太朗&鈴のグルーミングなどをお願いできる方を探して“絶対 鍋コさん!”と考えたのは日本人というだけじゃなくて、そういう感性を感じたからなんです。
すいません。アツくなってしまいました・・・ 
こんなことを改めて思ったのも、一昨日 何頭もの犬を飼ってきて、アジリティ―の経験もあって、飼い主として相当自信を持っていたであろう方(←毎晩 犬を置いて飲み歩いてて、私は疑問視してた)が5歳になったばかりのオゥシーを失った事件を聞いたからなんです。
良い方でしたし、犬を可愛がっていたことは間違いないのですが、飲みに出かけるの大好き&車(含 カーレース)好きで出かけてばかり。
事件の時も、フードの袋を開けっぱなしで飲みに出かけ、帰宅したらフードの袋に頭を突っ込んだまま窒息か、パニック心不全かで亡くなってたそうです(涙)
私も失敗ばかりで偉そうなことを言えた義理ではないですが、完璧でないのは どの飼い主もお互い様。
でも、優先事項を見失った心の隙き間からは とてつもなく大事なモノがこぼれてしまうのだと痛感しました。
 
実は、私がよく散歩するオフリードの公園でも危機的な状況がありました。
スタンダードプードルが、小型犬を追いかけてしまい公園から出てしまい交通量の激しい道路を横断してしまったわけです。

小型犬はそのまま戻ってこなく飼い主は家の方角に横切ったのをみて自宅で犬を発見。
プードルは飼い主が追いかけて道路を横切った先で捕まえました。

問題は、追いかけたプードルの飼い主がこの事態を「最悪なことだ」と考えてなくて、初めて横断しちゃったなーてへへ。っぐらいなものなんです。

一番の問題はやはり飼い主だなーと思いますね。
 
怖がりな犬は、記憶力がよいと言われているので、今までにないパターンだとパニックになりやすいのかなぁと思います。

よく「貯金する」っていう表現が使われますが、鍋ヲさんだけで外で遊ぶ体験を沢山つんでないとやっぱり難しいかなぁと思います。鍋ヲさん、がんばれ!笑

うちも真剣に取り組まないといけない問題なんですが、難しいです。
Re: アハハ・・・(^^) 
>いわたろーさん。
どうもありがとうございます。

カツは思えば鍋ヲ君と一緒にアジリティの練習をしている時はものすごい上手にできるのに、私が見学に行くと、私のところに来ちゃう。
それをまたかわいいもんだ~とか鍋ヲ君に意地悪するために(!!)その行為を助長するようなことを沢山してきました。(反省)
更に隠れん坊をして遊んだり。
この隠れん坊も分離不安がある犬には良くないみたいですね。パニックになってしまうから。

4Wheelerの件は、カツ轢かれる勢いでした。汗)
雪の上だからスピード出ない分、カツが追いついちゃうー!大変!!とこちらもパニックです。

あああああ、その知人の方の話、悲しすぎます…。
とんでもないことになってしまったのですね…><
大型犬だと、フード全部食べちゃうと胃捻転起こしかねないし><

実は私もカバンを玄関に置いて出かけ、そのカバンには犬のおやつが入っていて、ポン酢がカバンを漁ることを覚えてしまいまして。
玄関、それも床に置くのが一番悪いのですが、分かっているのにまた同様の事を…。
しかしその時はカバンに、大量のドッグフードのドライフードのサンプルが入っていたのです…。
小型犬に恐らく1週間分くらいのご飯…。
興味深い事に、さすがにお腹いっぱいになったみたいで、全部は食べていなかったのですが、帰宅したら、ポン酢のお腹ぽんぽこりん、ものすごい膨れていて、しかも水を飲むとドライフードは膨れてしまいますから(安価なものは特に。グレインフリーでさほど水を吸収しないもので良かった…)大変な事をしてしまい、こっぴどく鍋ヲ氏に叱られましたーー;
以来カバンは気をつけています、、、

不注意で犬を失うのが一番恐ろしくて悲しいことだと思います、、、
そして案外その不注意って唐突にありうる事で、でも実は普段のトレーニングで防げる事だったりして、、、
(来い、ができれば…待て、ができれば…etc)
本当人間が気をつけてあげねばならないですT_T
Re: タイトルなし 
> Wombatさん。
ぎゃーーーーー。恐ろしい><

私、帰り道で、が、ゴールデンレトリバーが大きな道で轢かれているのを見てしまいました…。
もちろん轢いた車や後続の車が停まってましたが、これは車&ドライバーには一切の非はないと思います。
(ニュースになると、動物愛「誤」人間が、色々言いますが…)
なぜ道路にリードが外れた犬がいたのか。
この時点で飼い主の責任放棄。
時速60KMの道ですから、そのスピードでゴールデンを轢いてしまえば車にもかなりのダメージがあるはず。
ゴールデンはまだその時見た限り生きてました。泣)でも、助かったとは思えない状況で…。
(反対車線なので停まらなかった)
こうなってからでは遅いんですよね、、、

お客さんの犬、とっても良い子だったのですが、死んじゃいました。
自分の家の前庭で離してたらゲートが開いていて道路に出てしまって轢かれた…と。
自宅の敷地とはいえ、都市部で、大きな通りに面している状態で放すなんて…と私は驚いたのですが、「でも慣れてたから」と。。。
いやいやでもその結果死んじゃったんだよね??!

このプードル&小型犬の飼い主は本当にラッキーと思って、次は絶対ないようにお願いしたいものです。。。

Re: タイトルなし 
> cocoさん。

>怖がりな犬は、記憶力がよいと言われているので、今までにないパターンだとパニックになりやすいのかなぁと思います。

そうなのですか…!
ひぃぃぃぃ!!!

友人の犬もかなりの分離不安で(もう10才以上の猟犬)アジ等ではカナダチャンピオンにもなっているような優秀な犬ですが、飼い主の姿が見えなくなるとパニック。
セントトラッキングで、飼い主が隠れて匂いを追うトレーニングをした際には、飼い主が見えないのでパニックになり、セントトラッキングどころではなかったそうで、、、

> よく「貯金する」っていう表現が使われますが、鍋ヲさんだけで外で遊ぶ体験を沢山つんでないとやっぱり難しいかなぁと思います。鍋ヲさん、がんばれ!笑

これはまさしくそうなんですが、アジリティなど、鍋ヲ君がいっぱいカツに教えたのですよ。
私がいなければ大丈夫。
私の姿があると、探してしまうみたいで。
なので協力せねばなりませんね~~~。。。
鍋ヲ君だけ(コマンド出す人にだけ)集中せねばならないよ~ってことで。
おやつなんかは全然平気なのですけど(目もくれない)私が一番のディストラクションみたいです。。。

そして今も隣の部屋のソファから、こっそり私に視線を送っているカツです、、、
(振り向いたら目が合った)
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
07, 2017 < >
Archive   RSS