鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

12

Category: もじょ。

Tags: ---

Response: Comment 8  Trackback 0

もじょとトレーニングベスト。


mojo06.jpg

もじょ。

またの名を京本もじょ。

そして私には「ももんが」と呼ばれるこのへんちくりんな犬は、
去年の10月末に正式に我が家の犬となったのでした。
と言いつつも、ドタバタと日本に里帰りの予定があり、改めて一緒に暮らし始めたのは
11月に入ってから。

結構予定外の事があったなー。。。

もじょは元々私の大好きなお客わんこで、付き合いも長かった。
今のサロン勤め6年目ですので、5年前には出会っていたと思う。
頻度としては高くはなかったけれど、なんていうか落ち着いた、悟った感じの犬で(笑)
何をしても何をされても文句の一つも言わない。
ケージに入れれば、横になってぐーすか寝る、肝の座った奴。

…と私は思っていた。

が、、、案外…かなり落ち着きの無い犬だった。苦笑)

ポン酢・昆布・カツとドッグスポーツや、トレーニングをやってきたけれども、
他のアスリート犬と比較すると、うちの犬達は大人しい。大人しすぎる。
落ち着いた犬、良い犬とも言えるのだけれども、スポーツをする上では物足りない。
プレイドライブが無いし、(良い意味で)興奮もない。。。

我が家は、猟犬のトレーニングをしてみたかったのと、単に見かけに美を感じるというので、
次は絶対に猟犬(ジャーマンワイヤードヘアードポインターが欲しいけど、運動量に
責任を持てそうにないので、フレンチスパニエル希望)を強く希望していて、
ドッグスポーツも楽しむんだ!などと言っていたのに、もじょを迎える事となった。

もじょは、最低限の躾と、散歩はしていたけれども、こういうトレーニングは未経験。
そしてもう8才。シニア。
だけど、賢い犬&この落ち着きの無さはトレーニングに活かせるかも…と。。。

やたらとソファの背もたれが好きなもじょ。
日本に里帰り中預かってもらった犬友の家でも同様だったらしい。

mojo01.jpg

もじょを迎えて、もじょが私を怒らせた事の一つは、もじょのカツに対する嫌がらせ:マウンティング。
暇さえあれば私のかわいいカツを苛めるもじょ。
カツもこわ~いこわ~いバリトンな声で「うがぅっ!!」っと何度も喝を入れてるのに、
ぜーんぜん懲りないこの犬。。。

だけど、今はだいぶ落ち着いて、カツに対する嫌がらせもかなり少なくなりました。

が、例えば散歩中や、慣れない場所など、落ち着かなくなると、カツにマウンティングするもじょ。
カーミングシグナルとして、自分を落ち着ける為の行為なんだろうな。
…と思いつつ、とばっちりを喰らうカツは大迷惑。

mojo05.jpg

カツも負けてはいない…?

カツはなぜかもじょのケージが気に入ってしまい、しょっちゅう占拠している。

もじょは、意外にも空気の読める犬で、絶対にカツがケージに入っている時は
ケージに入らないし、もじょとカツのケージは隣あっているものの、
絶対にカツのケージには入らない。

そして、自分のケージの前で「きゅんきゅん」鳴く。

よってカツは「出なさい」と咎められ、ようやくもじょは自分のケー
ジに入るのだけれども
自分のケージに戻ったと思われたカツが、もじょがいるもじょのケージに舞い戻ることも。
そしてもじょ緊張。苦笑)

ベッドが良いのか?など色々交換したりしてみたけど、
カツにとっては、もじょのケージのサイズが良いみたい(カツのケージよりも小さい)

この頃はもう人間&もじょともども諦めて、もじょとカツはケージを交換という形で
折り合いをつけている模様。

mojo02.jpg

密着度も上がっている。

そして、もじょ、吠える。鳴く。
人間だったらよーく喋る男で間違いない…。

集合住宅だったら間違いなく苦情が来るレベルで…。
四六時中吠えているわけではなく、誰か来たり、私たちが帰宅した時の事ですが
すごーーーーーーい鳴く。。。痛めつけられてるんじゃないかというつんざくような鳴き声。

ただ、吠えるのは犬の仕事で、実際、防犯に役立つ事もあると私は思っているので、
四六時中吠えず、飼い主が止めさせる事ができるなら寧ろ便利だと思っている。
…んですが、カツもバリトンな怖~い声で吠えるので、窓を開ける事が多い夏場は
本当に要注意だなー…。

mojo03.jpg

もう一つは、もじょはとーってもリアクティブ。
よその犬に「ぉらぉら~~~っ」と喧嘩を売り、最近は人にも。
様子を見ていると、口先だけの人間と同様、声だけでガウガウギャギャー、
実際のところ攻撃性は無いようではあるけれども、要トレーニング。。。

カラー&リード「NEED SPACE」
(他の犬や人間が苦手なので)あまり近づかないでくださいという意味のあるものを用いるも
ポン酢にも使っていたんだけど、英語だからなのか??ケベックという土地柄なのか??
全然尊重してもらえず、こんなベストも購入しました。

「トレーニング中です。近づかないでくださいね」

と書いてあります。

mojo04.jpg

ここまでしなくても良いとは思うんですが、実はそれ以外にももう一つ理由が…。
先日仕事中に泥棒に入られたのもあって、視覚効果で、見た人間が少し怯むかな…
という人間側の都合的、邪道な理由です。。。

先日、鍋ヲ君が、アジリティ競技会の会場に、このベストを着せてもじょと出かけたらしいです。
トレーニングのために。
もじょは、初めての経験(まわりに沢山知らない犬&人。犬達は大興奮している。)に
落ち着かず、ガウガウ喧嘩を売ろうとしたりしていたようなのですが、
興奮状態になったもじょ、このベストを装着しているのにも関わらず、
見知らぬばばぁご婦人がご自分の犬をトレーニングしているのか、
ガウガウしているもじょとそれを落ち着けるトレーニングをしている鍋ヲ君のすぐ横へ。
そして、ご自分の犬に「おすわり!」「まぁ、なんていい子なの!!」とやってきたらしいです。
鍋ヲ君には、一切の挨拶も言葉掛けもなく。

分かる。
このトレーニング分かります。

でもね、これは大きなルール違反。

自分の犬を立派にトレーニングしているのに他人の犬&他人のことを考えられないなんて
最低です。

他人の犬をトレーニングに使うなら最低限の人間同士のコミュニケーション、及び挨拶が
絶対に必要です。

ちなみに私は近所を散歩中に、大型犬のトレーニングをしながら散歩している女性に
「今トレーニングの最中なのだけど、あなたの犬とすれ違うトレーニングしても良い?」
と聞かれました。(その段階でポン酢大興奮。)
そして、断りました。
なぜなら、既にポン酢が大興奮して今にも飛びかかろうとしていたからです。
ポン酢が飛びかかる時は、もじょとは違って、噛みつきますので…。
丁重にお断り致しました…。

アジリティの競技会にも出てるような人、トレーニングそのものはとても良い事だし
意識が高いはずの人間が、このマナー違反、本当に残念としか思えないのでした。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
おーもじょ。かわいいですね。なんていうかスターウォーズにでてくるキャラにいますねこういうの。

そっとしておく、みているだけにする。っていうのをなんでできないのかな?って思うことがあります。

わたしの犬の訓練でも、たとえばそれは傍目からみたら楽しそうにしてるから遊びに見えるかもしれないけど、こっちとしては訓練なんです。

で、自分のかっている犬をつれて、わざわざわたしが訓練をしているすごく近くに来てみている。

いや近すぎておたくの犬がわたしたちの範囲の中にきてるから。
そういうことをなんでわかってくれないのだろうか?

聞くだけありがたい。そう思うようにしてます。
ちょっと話したいんだけど、いいかな?そういって近づいてくる人なんて
おーありがたい。とおもっています。
 
もじょ、目つきがイケメン俳優みたい!
お笑い前の京本もじょ?

落ち着け自分のマウンティングも、可愛いけど、カツは迷惑ですよね。

ご婦人、すごく好意的な解釈だと、吠えられても動じない犬をもじょに見せて、手伝おうとしたか、近すぎ過ぎて、その犬にとっても一種の回避の方法だったとか。でも、自己中なのは嫌ですよね・・・

飛びつきますよって言ってもジェイクを撫でたいという人、頭突きくらってビビってます。撫でたいってそんな軽い気持ちで言わないで!って思います。笑
Re: タイトルなし 
> Wombatさん。
スターウォーズにおりますね。
こんちゃん、Ewokだし。
…と知ったかぶり発言(キャラだけは知っている!)をすると、鍋ヲ君に怒られるんですよね。
実は暴露すると、スターウォーズ2作くらい見たことあるけど、全然ダメです、、、わたし、、、興味でない、、、

> わたしの犬の訓練でも、たとえばそれは傍目からみたら楽しそうにしてるから遊びに見えるかもしれないけど、こっちとしては訓練なんです。
>
> で、自分のかっている犬をつれて、わざわざわたしが訓練をしているすごく近くに来てみている。
>
> いや近すぎておたくの犬がわたしたちの範囲の中にきてるから。
> そういうことをなんでわかってくれないのだろうか?

まさにその通りで…程度と場合にもよりますけど、明らかにぉばばは、自分の犬と優越感に浸りたかったムードで、、、

> 聞くだけありがたい。そう思うようにしてます。
> ちょっと話したいんだけど、いいかな?そういって近づいてくる人なんて
> おーありがたい。とおもっています。

オーストラリアもそうなんですか??

ケベックはすごいですよーーー。
もう、子供も大人も全然聞かないですから。

散歩してるじゃないですか。しかもこっちは4匹犬連れてる。
子連れの親、子供がわ~~~~って近づいて、勢いよく尻尾触ってきたり。
親はその子供を微笑ましく見て、私には何も言わないですから。

小型犬だからそういう風にしてくるのだとも思いますが、お隣オンタリオに行くと、多くの人がまず飼い主に話しかけてくる(挨拶してくる)のに感激します。
Re: タイトルなし 
>Cocoさん。
時々、「人面犬???」って思っちゃいます。苦笑)
眼力半端無いし、表情が人間っぽくて。

でも、もじょはイケメンじゃないですよっっっ!!
明らかにお笑い系!!!!
カッツがイケメンですかね~~~~うふふ。笑)

ちょっと興奮すればすぐにカツにマウンティング><

ご婦人…1度だけじゃなく、2度も来たらしくーー;
練習するのは良いけれど…
あとは挨拶がマナーですよね。。。

「犬大好きですから大丈夫です」と突撃してくる人いますよね~。。。
大型犬なら、力も強いですよね~
ジェイク氏の頭突き想像つきます。笑)
私も仕事でしょっちゅうラブ系の頭突きくらってます。苦笑)
一度足踏まれて、もの凄い青タンになりましたから~~~
犬に悪気ないけど、大騒ぎする人は騒ぐでしょうね。
 
犬に対する人の価値観というか教育のレベルは日本より上だと思います。多くの人は触る前に聞いたりしますからね。ただ、逆に犬を飼っている人の飼い主としての教育やレベルがない人もいるのは事実です。

鴨を追いかけている犬を叱ってもうリード外せない。といったりするけどいやいや、川に連れてきて目の前にいる鴨を無視してリードを外しちゃう飼い主に問題があるんじゃないの?と思うんです。

そりゃゴールデンであれば鴨追うのは普通でしょ。
訓練してる人でも、あーあそこは訓練してるからね。っていうのを飼い主が犬に伝えて近寄らないようにするとか、そういうことを飼い主はすべきで知るべきだと思うのです。勉強不足の飼い主実に多いんです。
 
白銀の世界の 京本もじょさま すてきv-352
耳がピンで、ちょと斜に構えた御姿 まさに 「ザ・京本」
仕事人の曲が聞こえてくるよ 「ちゃら~ ちゃらららちゃらら♪」がね
カッコイイーーーーv-10

ベストを着ているコはだれ?
京本もじょではないみたいね(笑)

そのうち野生児こんちゃんの真似をして寡黙な男に、もじょ変身するかもよ

愛犬家もご自分の犬以外の犬の表情や態度を全く気にしない人が多多
犬を愛してるではなく、ご自分の犬だけを愛してるんだよね
「自愛犬家」だね
Re: タイトルなし 
>Wombatさん。
カナダは、州によって犬に関しても色々異なると思います。
動物愛護の程度も変わってきます。
ケベックはまだまだ。
日本と比較すると、どうかなー。。。
話を聞いていると若干上かな、というところです。

昨日、リアクティブ犬のセミナーに行きましたが、そこに集まった人は犬飼いとして決して初心者ではなく、自分の犬の問題を認める事で集まってくるんだろうなーと。
以前、Wombatさんが記事にドッグスクールに関して記事にされていて、トレーニングに行く事で「一人じゃないよ」という意識が生まれるかも、とかかれてたと思うんですが、トレーナーはそれを何度も繰り替えしていました。
で、もう場合によっては自分の犬が一番大切なのだから、いざというときは自分の犬を助ける。
たとえ、自分の犬が悪者になっても‥ということで、私はもうずっとそうしてきたので(うちの犬は噛みますから。と…)
分かってはいたけど、すーっと心の荷が下りたのも事実です。
Re: タイトルなし 
> きなもっちさん。
京本もじょは、耳で物を言います。
でも、口うるさくもあります。
意思表示がハッキリしているというのか、、、
洋犬の性格でもあるのでしょうかね。意思表示のわかりやすさ。苦笑)

犬が好き、自分の犬のトレーニングに取り組んでおられるのであれば…ぜひとも他の犬飼い、特にトレーニング中は、それを尊重していただきたいものです。
鍋ヲ君、場所を変えたのに、気づいたらまた同じ女性が近づいてきたとか、、、
恰好の練習相手と思われたんでしょうね~。
おもしろいように、もじょがリアクション取ってくるからーー;

leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
16
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09, 2017 < >
Archive   RSS