鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

09

Category: ドッグスポーツ。

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

DOG FITNESS。(備忘録)


備忘録として。

DOG FITNESSという犬のフィットネスのコースを受講しています。

日本でもあるのか?と、検索してみましたが、軽く検索した結果、
確かに同じような道具を使うセンターなどはあるみたいですが
トレーニングとしては内容が異なり、まだ日本では浸透していない感じに思いました。
ここ、ケベックでも新しいトレーニングです。

というのも、犬師匠のパートナーのMが、アメリカの大学で犬のフィットネスの勉強をし、
資格を得て今こうして先駆者として、ケベックに犬フィットネスを進めています。

(ちなみにMは、アジリティのカナダチャンピオンでもあり、アジリティのトレーナーでもある。)

犬のフィットネス、今のところ、3週間のコースを終えましたが、
犬の解剖学を元にトレーニングが組まれているので、かなり奥が深い。
平たく簡単に言うと、犬にトリック(芸)を教えなければいけないのですが、
このトリックによって、筋肉が鍛えられるということ。

子犬から、若い元気な犬、そして老犬まで、人間のフィットネス同様、全ての犬に向いています。

また、犬は、筋肉が鍛えられているとかいう意識はなく、人間と一緒に楽しいトレーニングの時間!

我が家のシーズー犬こんちゃん。
森に放てばどこまでも疲れを見せることなく走り回り、元気いっぱいこんちゃんなのですが
普段の生活では、運動能力の衰えが見えてきました。
時々前足が振るえていたり、SUVだと車にジャンプして乗るのを躊躇するようになったり、
ふと見ると片足に重心を置いていたり。

なので、これからも元気で暮らす事ができるように、怪我や痛い思いをしなくて済むように、
人間側がこんちゃんの筋力トレーニングを意識的にしてあげられるように。
そしてただ単に、トレーニングとなると俄然張り切りだすこんちゃんと
また新たに楽しい事をしようという思いで受講しています。

ちなみに鍋ヲ君も、ポン酢と一緒に受講。
この頃鍋ヲ君は、ジョギング及びカニクロスのパートナーは「もじょ」ですし、
アジリティは冬場は練習しないので、すっかりポン酢とのトレーニングの時間がなくなっており、
つまりはポン酢ときちんと向き合う時間がなかったことに罪悪感を抱いていたらしい。

そんなポン酢も、フィットネスの時間はテンション上がりすぎて大変です。

03091706.jpg

ウォーミングアップ、準備体操としてまずは、ストレッチ。

犬の爪(狼爪含む)を、くるくるっと回します。
左側・右側両側に。

ストレッチとしても重要なことなのですが、これは犬とのコミュニケーションでも
大分重要なことだと私は思いました。

というのも、嫌がる犬が結構いると思うのです。
足を触られるのが嫌、爪を触られるのが嫌。


03091701.jpg

足首をくるくるっと回す。Flexibility 柔軟性もチェック。

03091702.jpg

関節を折り曲げる。

03091703.jpg

後ろの足および爪も同様に。

03091704.jpg

ストレッチの後にいよいよ準備体操。

3週間で習った準備体操の内容

1)歩く(人間の左側・右側両サイド)
2)人間の足の間を8の字(人間は動かない) (5ー6回)
3)人間の足の間を歩く(人間も前進)

ドッグダンスやトリックの時とは違い、スピードは無用
スピードは無視して、確実に犬がこなすことを確認。
犬の腰がきちんとひねられることで運動になる

4)犬に首より上だけをひねらせるストレッチ
犬に前足もしくは後ろ足を物の上に置かせて、体は動かさせずに、人間が動く事によって
首より上だけを動かす。

5) 犬が前足を動かさずに「おすわり」と「立て」
普段、多くの犬はお座りなどするときに、前足を動かすが、敢えて後ろ足だけでさせる。
後ろ足を使ってのフィットネス時は、普段の時とコマンドを変えること。

6)死んだふり &逆方向にごろんっと転がる
死んだふり(片方に寝転がる)した後、逆方向に一回転させる。
お尻・後ろ足・腰の筋肉のストレッチ


03091709.jpg

7)カーディオ

A) カーペットとカーペットを往復。(犬はカーペットに一旦触ってからもう一方のカーペットへ)
10回1セット。
犬がカーペットを理解するようになったら、カーペット間の距離を徐々に離す。

B) A) と似ているのですが、犬の背丈よりも高い三角コーンを2つ用いて
コーンの間を回って8の字。(コマンド:AROUND)
徐々にコーンの距離を離していく。
10回1セット

コーンが無ければ他のもので代用可能。
ただし、犬の背丈よりも高い物。

03091708.jpg

8)PIVOT
上の写真にあるように、色んな障害物(これは空気が少しだけ入ったフィットネスのクッション)の
中心に前足を置いたままで、くるくると旋回する。

余談ですが、小型犬にこれを教える時は、犬が障害物から足を離さぬように、
また、旋回するように教えなければならないわけで、かなり中腰になってくるくる回るので
人間は腰と足が痛くなるし、目が回ります。

9)スクワット

犬の背よりも低いものの上に、犬が前足を乗せたままで
「おすわり」「ちんちん」を繰り返す。

03091705.jpg

10)「ふせ」「立て」「ふせ」
四肢をまったく動かさずに。
上下の写真のように不安定なものの上でできるように。


03091707.jpg

11)Ramper / crawl (匍匐前進?)

こんちゃんの場合、こんなテーブルを目にしたら「上」に乗ってしまうのは確実なので
下を這わせるために、人間も努力!

03091710.jpg

できましたー。

これは最終的に、前進だけではなく、後ろへも匍匐前進状態で下がらねばなりません。
匍匐前進&そのまま後退、を繰り替えすことでエクササイズ。

03091711.jpg

取りあえず3回のコースで習ったことの列記。

というか、忘れる…。

そして何より大事なのは、一週間に一度クラスでやるだけではなく、
家でも復習・練習兼ねて続けなければ、犬のフィットネスにはならないということ

このコースは6週間。
それも基礎中の基礎コース。

案外というか、かなり奥が深くて、また1回1時間のコース、人間も犬も40分くらい経過すると
疲れて、ぜーぜーはーはー。笑)

こんちゃんは、センターに到着するなり、普段見せない興奮度。
うれしくてうれしくて。
そしてあまり人間には興味を示さないこんちゃんですが、Mには別。
うれしくて楽しくて、Mにお尻アタックしてみたり。苦笑)

間違いなく、価値のあるコースです。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
爪まわすのは知りませんでした。やっぱり、ちゃんと習うと細かいところも知れていいですね。

フィットネスにもう少しアジリティを足したようなクラス一緒に取らないかと誘われたことあったんですが、スケジュールが合わなくっていけなかったんですが、楽しいクラスだったそうです。

ふとおもったんですが、フィットネスの器具も人間用と同じですよね?犬用だと値段が跳ね上がるんですが、どう見ても人間用と同じに見えるんですよね。強度がちがうとも思えないし・・・

勉強熱心なよい先生が側にいるのは心強いですね。羨ましい~。
Re: タイトルなし 
> cocoさん。
是非散歩の前、エクササイズの前、単にコミュニケーションの一貫としてでも、やってみてください。
足先嫌がる犬や爪切りを嫌がる犬は最初は嫌がるかもしれませんが、案外爪ってまじまじと触らないし、重要だなーと思いました。

私は実は運動苦手というか嫌い…めんどうくさくて…
そして肉体労働をしているものだから、あちこち年齢の割に体が大変なことになってしまっています。。。自業自得…。
なので、最初、フィットネスの話を聞いた時、イメージが先行して、まったく興味なかったのです。
でも、おもしろい!
犬の健康維持には絶対良いことですし、結局はトレーニングなので、犬にとっては楽しい時間。
奥が深い、これは本当広がっていくべきだなーと思います。

そうそう、フィットネスの器具、人間用と一緒ですよ~。
ものによるけど。
こんちゃんが伏せをしているテーブルはちなみに犬用で、250ドルだそうです…。
アメリカだともっと安いみたいですが、こんなので(失礼!)250ドルーーー?!?!とビックリ。

ただ、道具は結構家にあるものや、1ドルショップのもので代用できます。
それが犬フィットネスの良いところかも。
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS