鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

05

Category: 未分類

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

迷子犬を保護した人を尊敬する話とトリミング。


chien trouveblog 

日曜日の夕方に、勤務先サロン近くで犬を保護したと、サロンのFacebookページに
連絡がありました。
保護されたのはシーズーミックスっぽい小型犬。
その翌日に、保護主から連絡があり「今日明日で、トリミングをしてもらえないか?」と。
たまたま丁度キャンセルがあったので、予約を入れたのですが、その反面、
トリミングしてしまったら外見の雰囲気が変わってしまって、飼い主探せないんじゃないか…?と。

が、実際連れてこられた犬を見て・触って納得。
全身毛玉だらけ。
顔は、元飼い主がチョップチョップ切っていたのか、毛玉はなかったけど。
未去勢で、すぐオスだと分かったのに、肝心のおちんちんが毛玉とおしっこまみれで
一体どこにあるのーーーー???!

行動・体つき・歯の様子からしても若い。1ー2才。
そして、トリミングはおそらく始めて。
甘え方を知らない。
最初は怖くて怖くて噛みついてきたこの子。
なだめてなでて、抱っこして、一人だったので下手な歌を歌ってたら
落ち着いたみたいで甘えてくる。笑)
かわいいんだ。
様子を見ていると、首輪やリーシュをつけられた経験がない感じ。
爪は今まで一度も切られた事がないんじゃないかと思うほど長い…。
保護主さん曰く、保護時に車に乗せたが、車に慣れていない。

この保護主さんカップルが本当に本当に良い人たちで…。
保護して、家に既に猫がいるのにも関わらず家に連れ帰って、
更に自腹で獣医とトリミング。

自腹…。

なんて凄い人たちなんだ…。

この区を管轄するのは、Berger Blancという悪名高いAnimal Control。
今はさすがに変わったんじゃないかとは思うけど、数年前にメディアでも杜撰さ、
動物愛護に反した行いを大々的に取り上げられていた団体。
本来はそこへ連絡&連れていかねばならないが、この犬のことを思って、
保護主さんたちはしなかった。
(その代わりに地区の動物関係のお店や獣医、地区のインターネット掲示板にもれなく連絡掲載)
そしてレスキュー団体の助けを受けて、飼い主を探している。

個人的には、連れてこられた犬の状況を見てしまったので、
不謹慎かも分からないけれども、飼い主が見つからずに新しい家族のところへ行けば良いのに…
と願ってしまう。

レスキューのページでは、『この毛玉の様子から、暫く迷子なのではないかと思う』
とのことでしたが、私はそうは思わない。
毛玉は毛玉で、中はキレイで例えば葉っぱなどの異物はそんなに無かった。
そして、爪が長くて、折れたりしておらず、もし近所を徘徊して長ければあんなに爪は長くない
それか爪が折れていてもおかしくない。

ペットとして生きる犬たちは、人間との出会いで、一生を左右されてしまうのをつくづく痛感…。
この犬は、保護主さんとの出会いによって、本当の幸せを掴めればいいのにな…。



そしてトリミングの話。
ちょっと前の話になるのですが、我が家のワイルドボーイ、こなんしー
(最近のこんちゃんのあだ名。もしくは「こなん」ちゃん「こな」ちゃんと呼んでいる。)
冬の間伸ばした毛と、雪解けの鍋家地方の汚れのせいで、ボロ雑巾みたいになっていたので
今回はちょっと短くトリミングしました。

ボロ雑巾こなんしー。

03231710.jpg

最近のこなんちゃんに関しての危惧事項として、足、特に後ろ足が弱っている事。
年齢故致し方ないのですが、トリミングも嫌なのかな?
という素振りを見せるようになりました。
足の筋肉の感じ、また脱臼経験もあるので、嫌がるのも分かります。
なのでとにかくスピード勝負。
私は、自分の犬のトリミングに関しては、45分と時間を決めています。
これは、シャンプー・ドライ・ブラッシング・ヘアカットまで45分です。
自分の犬ですから、多少仕上がりに難があってもスピードの方が大事。
犬が退屈しないように、苦痛を与えないように。
基本的にもつれができないような長さ&ブラッシングをしていますが、
それでも雪で遊んだ後などもつれが多めの時は、トリミング結構前実までに
ブラッシングでもつれを解いてしまうようにしています。

シャンプー&ドライ&ブラッシング終了(ここまでで25分弱)

03271701.jpg 

短くして、ちょっと若返ったこんちゃん。

03271703.jpg

眼力も抜群。

もっさもさのこんちゃんもかわいいのですが、短い毛も
若返る感じがして好きです。
本犬も動きやすさを感じているのか、いつもヘアカット後は
動きが機敏になります.゚+.(・∀・)゚+.

03271702.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
こんにちは鍋子さん。
>人間との出会いで、一生を左右されてしまうのをつくづく痛感…。
わかりますよ、とっても。私はそんな人間を減らしたく子供の教育に関わる道に進もうと決めたので。。。
この前も子供が、犬が噛んだ話をしてきてbad dog呼ばわりしたので、犬が噛むのは良くないけれど、オーナーがきちんと躾けないのが一番悪いって教えました。

こんちゃんフワフワ若返りましたね♪
そろそろポンコン・アンジャクも変化が出てくる歳ですよね。アンジャクは白内障になってきています。手術をするべきか、、考え中です。

4匹生活はどうですか?
カッちゃんともじょの話、楽しみにしています!
Re: タイトルなし 
>アンディママさん。
アンディママさん、コメントどうもありがとうございます。
返信が遅くなってしまってごめんなさい。

アンディママさんの、相変わらずの美しい写真、そして更なる冒険、感動しながら拝見してます。


> わかりますよ、とっても。私はそんな人間を減らしたく子供の教育に関わる道に進もうと決めたので。。。
> この前も子供が、犬が噛んだ話をしてきてbad dog呼ばわりしたので、犬が噛むのは良くないけれど、オーナーがきちんと躾けないのが一番悪いって教えました。

難しいですよね。
子供にとっては、親がやはり一番。
親の発言、親の教育で、左右されてしまいますから。

犬による咬傷事故が絶えないので、ある犬のセンターが、主に子供向けの「犬に咬まれないように」というパンフレットを作成していました。
なかなかシンプルで、絵やデザインも良くて、しかも無料配布していて、良いと思いました。
こうやってドッグトレーナーが学校の先生と協力して、課外授業の一貫として、「犬に咬まれないようにするには」的講義ができればいいのになーなんて思います。

カツの年齢は分からないのですが、ぽん・こん・もじょは8才半。
昆布の年齢を感じます。。。
それでも自然の中では、元気いっぱい走り回っているのですが、走り回った翌朝は起きてこないとか、
あとは足、特に後ろ足の筋肉の衰えを感じます。
脱臼もしたし…T_T

トレーニングの一貫で、「Dog Fitness」というのがあって、その名のとおり、犬の筋力トレーニングなのです。
犬にとっては筋力トレーニングというより、新しいトリックを覚えるという感じなのですが、これがなかなか犬の筋力維持に良さそうなので頑張って続けてあげようと思います。
(とにかく練習しないと意味がないけど、練習するの、実は人間の方がめんどうくさい^^;)


アンジャク、白内障になってしまいましたかー。。。
シーズーは多いですもんねー><
我が家も決して人事ではありません。若干皆、目が濁ってきているし…。

うちも目が見えなくなる日が来る可能性を考えて、嗅覚トレーニングをしました。
いつか聴力も衰える日が来るだろうし、嗅覚の使い方を知った方が良いと思って。
そしたらば、あの鼻ぺちゃこんちゃんが一番上手でした。笑)
コースを受けていた時、テストで、猟犬差し置いて一番だったんですよ~。笑)
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS