鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

02

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Community: テーマ-わんことの生活  ジャンル-ペット

Response: Comment 6  Trackback 0

リードもカラーもないピットブル。


0701.jpg


今日は文字中心記事にて失礼します。


本当は昨日のうちにUPしたかったのですが、
昨日は7月1日⇒CANADA DAY(祝日)
しかし、鍋ヲは仕事。
鍋コはと言うと、朝起きるなり、偏頭痛…il||li _| ̄|○ il||li
鎮痛剤が効かず、仕方ないので偏頭痛の薬を飲んだら、
予想通り副作用オンパレード…。
で、ほぼ一日中寝ていました。

偏頭痛…。
痛くて眠れもしない…。
鎮痛剤も効かない。
なので偏頭痛の薬を飲む。
と、偏頭痛は無くなる。
が、副作用で吐き気+眩暈+変な感じ(鬱っぽくなる)。
こりゃ、痛みを耐えた方が良いのか、いや、でも偏頭痛の最中は痛みが辛い。

悩みどころです。

痛みに弱い子なので⊂(_ _⊂⌒



+ + + + +

本題です、本題。

どうも同じブロック超ご近所、隣の隣の隣のお宅で、
アメリカンピットブルテリア(通称:ピットブル)を飼っている方がいらっしゃるっぽいです。
ピットブル自体、ここケベック州では飼う事は違法ではありません
それに、ピットブル=危険!駄目駄目!というつもりは毛頭ございません。

何が問題かと言うと、そのピットブル、首輪もなし、勿論リーシュもなしで
一人(一頭)でぷ~らぷ~ら散歩していたのですよ(:.;゚;Д;゚;.:)ノシ



ポン酢と昆布を連れていたのですが、ピットブルはポン酢昆布を見るなり、
近づいてきて、プレイバウ!!

ポン酢も昆布も、全然怒っておらず、寧ろ友好的だったのですが、
このプレイバウ⇒遊ぶ⇒ハッスル⇒ポン酢切れる⇒ピットブルも切れる…。

これが怖いんですよ、これが!!

どんなに躾の行き届いた犬であっても、切れない、事故にならない、という
100%の自信はないじゃないですか…。

ドキドキしながら、散歩は切り上げ家に帰った私たちですが、
ピットブルも家の前までついてくるハ━━(#゚ロ゚#)━━ッ!!!!!!

取り敢えず犬達だけ家に入れて。
ピットブルは首輪もしていないし、もしかして

捨て犬?迷子犬?(゚Д゚Ξ゚Д゚)

と不安になる私たち。

この時期は引っ越しシーズン…。

あ・り・う・る…(→㉨←)

で、ピットブルに話しかけてたら(って犬に話しかけてもどうしようもないんですけど)
近所の人が

「それ、あなたのとこの犬なの?!どうにかしてちょうだい!」

と脅えている模様。

いや、うちのじゃないんです、と言いつつ、
どうしようか話してたら、ピットブルがおもむろにチャチャチャーっと歩きだし、
ご近所のお宅の開いてあるドアから家の中へ入って行った(゚Д゚Ξ゚Д゚)
ドアの陰に人影あり、誰かがドアを閉じていた。


ここの家の子だったのね!!


と安堵で胸を撫で下ろすも、


危ないやんけ!!!!!(☄ฺ◢д◣)☄ฺ



と怒りがこみ上げてきたのでした。



めっちゃいい子でしたよ、ピットブル君。
友好的で。


だけど、どこでどう事故につながるか分からないし、
ノーリーシュで、しかも飼い主近くにおらず、
やっぱりこういう飼い方はしてはならないと思うんですけどね。。。




+ + + + + + + + + + + + +

ピットブル君が、捨て犬や迷い犬じゃなくて良かった…。
一瞬SPCAへ電話しかないかなーと思っちゃいました。。。
うちでは大型犬、ましてやピットブルは保護できませんです…。

↓ よろしければクリックお願いします。

☆犬 海外生活☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

↓よろしければこちらも…。
☆人気ブログランキング☆
br_decobanner_20100210045455.gif

スポンサーサイト
comments
No title 
偏頭痛、辛いお気持ちよぉーく分かります。。。
私も33歳くらいから時々偏頭痛にヤラレていますので。

私は薬を飲まずに痛みに耐える派です。
何故なら、鍋コさんと同じく副作用に侵されたから。
「偏頭痛だと思って、薬を飲んで我慢していたら、
脳内出血で亡くなった若い人」が増えているっつー話しを
聞いて、慌てて病院に行きましたが、偏頭痛でした、ホッ。

それにしても、ピットブルの放し飼いはマズイですよね~。
ピットブルだけではなく、どのワンコもダメです。
今日、私よりも麦父の方が早く帰宅したんですが、
私が帰るなり「今、首輪をした柴犬がフラフラ歩いてた。」
と言っていました。車が通る度、冷や冷やして見ていたら、
案の定ひかれそうになったらしく、慌てて保護しようと思ったら
何処かに逃げてしまったそぉです。
もしかしたら逃げ出して来たのかも知れませんが、
この辺はド田舎のせいか、平気でノーリード散歩してる人多いです。
麦も何度か大したことなかったけど被害にあいましたv-359

いくら躾がきちんとされていても、
ワンコも野生の本能?って言うか、そぉいうの持ってますからね。
またまた長文になってしまいました(笑汗)
Re: No title 
> 麦母さん。
私は、中学生の頃からなんですよー、偏頭痛…il||li _| ̄|○ il||li
どんな中学生よ、って感じなのですが。
やー、困りますよね。(泣)
偏頭痛ごときに振り回されるのも嫌ですもんね。

偏頭痛かな?と思っている人は、検査した方が良いですよね。本当に。
いつ誰がどこで脳内出血などなるか分からないですもの。
私もカナダに来る前に検査しておきました。
(※カナダというかケベック州なのですが、税金が高いだけあり、病院はほぼ無料です。
 …が!!医者不足のため、医者にかかれません(:.;゚;Д;゚;.:))

ノーリーシュの件、色々あると思うんですよね。
勿論、やー!なんてお利口な子なんだろう!
って思うこともあるし。
だけど、基本的には私はノーリーシュ反対なんです。
この時期になると、アウトドアに犬を一緒に連れて行く人も増え、
「犬がいなくなりました」
的なアナウンスを良く見かけます。
よく読んでみると、普段は躾も完ぺきで絶対言う事を聞き、呼び戻しも完ぺきなのに、
野生の動物を見て追いかけて、そのまま森林に消えていった…。などなど。
そもそも、ノーリーシュにしていなければ防げた事故じゃないですかー、、、

ま、そりゃ我が家ではノーリーシュOKでも、ノーリーシュにする自信はないですよぉ…。
と開き直りつつ…。
でも、モントリオールはノーリーシュは『違法』
法律くらい守ってよね!と思っちゃいます。
こちらは一応都市ですが、ノーリーシュ多いです…。(ため息)

ノーリーシュはドッグラン(ドッグランにピットブルいると怖いんですけどね…。結構います。汗)
もしくは、大自然の私有地の中で、
あとはリーシュつけて、飼い主との絆の深まるお散歩をして頂きたいと思います。

No title 
こんばんわ~。
今日の写真、ポン酢ザウルス?可愛いです☆
サイズがピッタリですよね。
何見てるの?と言いたげな目線に笑っちゃいました。

ピットブルさんのノーリーシュ、怖いかも。
イギリスはピットブルさんは違法犬に指定されているので会う事は殆どないだろうと思うのですが、スタフィーなどのブルテリアは公園でよく出会います。
いい子が多いのだけれど、なるべく近づかないように歩くコースを選んでしまいますよ。
あと犬よりもオーナーさんを見て危ないか大丈夫か判断してしまったりもします。
ウノ君も苦手な相手だと吠えて威嚇する事があるので、もし相手が切れたら大変なことになり兼ねないので注意が必要なのです。

それにしてもご近所のピットブルさん、きちんと管理して欲しいですね。
spcaに報告してご注意または飼い方指導してもらうとか?!
ポン酢君も昆布君も気をつけてね!!





No title 
鍋コ。さん偏頭痛持ちなのですね。そんなに副作用があるんですね、
それは薬を使うのもためらいますよね。。
頭痛って腹痛よりも耐えられない痛さですよねi-182
どうぞお大事になさって下さい。

ピットブル放し飼いって怖いですねぇ。
そのコがいい子で良かったけど、もし凶暴なコだったら。。。
ピットブルに限らずですけどね。

もしかして、そのコは何かの拍子に飼い主さんのお家から逃げ出してきたって感じはなかったでしょうか?
私の周りでも、たまに(と言っても2年で5回以上)フラーっと住宅地内を歩いてるコを見た事が
あって、逃げ出してきたっぽいと言うか。。

裏庭に放しておいたら柵の下を掘って逃げたとかも聞きますし、なんとなく逃げる=逃げたい環境
なのかなぁなんて勘ぐっちゃいます。

ノーリーシュも引越しの際においていっちゃうのも、全部人間のせいなんですよね。
ワンコは悪くないのに悲しい目にあったりするのがワンコだけだなんて・・・。
Re: No title 
> うのままさん。
こんにちは☆
コメントどうもありがとうございます。
時差ぼけなどは大丈夫でしょうか?

ポン酢ザウルス!(笑)
これは昆布に買ってきたものなのですが、思いのほかポン酢でもサイズが大丈夫なようです。
寒くなったらこれを着せて散歩させようかなーなど思っています。

ですよね。。。
やっぱり怖いですよね。。。
ピットブルだから必ずしも危ないということはないかもしれませんが、
持って生まれた特徴というか、遺伝子に組み込まれているものなどを考えると、怖いです。
何かが起こったとき、小型犬なら体を張って止められますが、大型犬は…。
本当にやめていただきたい・・・。

確かに飼い主がどのような人か、これは大切ですよね。
ドッグランで遊ばせる時など、注意して見るようにしています。
ピットブルを連れている人って、やっぱりどうしても、外見だけでは判断できませんが、あまり関わりたくないような風だったりするんです…。
ファッションの一部として強い犬を連れているような…。

SPCAで何かしてくれる感じはしないのですが、またそんなことがあれば、考慮してみようと思います。
とっても良いピットブル君だったのですけどね。
やっぱり怖いですよね。
Re: No title 
> アンディママさん。
偏頭痛、予期せぬときに起こったりするので、困ったものです。
腹痛も嫌ですけど、頭痛も嫌です><!
痛いって嫌ですねー。。。
かゆいのも嫌ですが…。苦笑)

ピットブル君びっくりしましたよー!
近くに飼い主らしき人もいないし。。。
まさかこの時期にありがちな、引越しでおいていかれたパターン?!なんて最悪なことも考えたりしました。

逃げていった風ではなくて、ピットブルの飼い主と思われるお宅のドアが開いたままになっていたので、
本当におしっこか何かに出しただけなような気がします。
まったく探している風でもなかったし、勝手に入ってくるのを想定している感じでした。
そしてピットブル君がすーっと家に入ったら、ドアを誰かが中から閉めていました。
1年以上同じところに住んでいますが、初めてのことだったので、引っ越してきた人なのか、それとも最近飼い始めたのか、とにかく見たことのない犬でした。

本当にこれっきりにして頂きたいことです。。。
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS