鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

27

Category: 動物愛護。

Tags: ---

Community: テーマ-☆動物愛護☆  ジャンル-ペット

Response: Comment 6  Trackback 0

保健所にて研修をされた方の体験談。


今日もまずはワタクシゴト日記…。

昨日の鍋ヲの帰りは午前2時過ぎ…。

そして、連日20時間近く働いている鍋ヲ、
今朝は確信犯的に寝坊をする。(そりゃそうだ…)
そして、この地域では、毎週2日程、道路の清掃のトラックが入るため、
路上駐車をしている車はその日・その時間帯は、駐車場所を変えなければならない。

そして忘れる
罰金は52ドル…。

それから私はヘアカットに。
ショートとボブの間を行き来していた私は、ほぼ1.5~2カ月に1度はカットしていたものの、
今回は金欠+今までお願いしていた方が欧州へ引っ越してしまわれた為、4カ月も放置。
これはいかん…ということで、ついでに、3年ぶりに前髪を眉毛上3CMくらいで作ってもらい。

いざ、帰宅…。

昆布ギャン吠え。爆)

犬って視力が悪いらしいですが、少なくとも、前髪は見えてるみたい。
どう見えているんだろう。
とにかく私の顔を見つめながら、耳を後ろに倒し、脅えていました。
時間が経った今でも、私の顔を見ると、「おかしいな?」という顔をして、
恐る恐る近づき、私であることを確認しているのが、とってもおもしろいです。



+ + +

本日の犬記事です。

動物愛護センター、動物管理センター、保健所…
様々なよばれ方をしている施設ですが、その保健所(私はこの言葉が一番すっきりします)で
5日間研修をされた、トリマー志望の男性の体験談です。

映像も写真も何もございませんが、実際目にされた事、経験された事を文章で読むと
ぐっと胸に迫るものがあります。

ノルウェーのjijiさんのブログより転載致しました。

+ + + + + + + + + + + + + + + + + + + +


※転載

初めまして、トリマーの専門学校に通っているぺいじと申します。


今回、どうしても皆さんに読んで頂きたいものがあり書かせて頂きます。


これから続く文章は僕が動物管理センター(保健所)5日間研修をし、感じた事をまとめたものです。
実際に存在を知っていても現実を見た事が無い人が多い中、1人1人思う事は違うかとは思いますが色々な意見が聞けたらなと思います。

今回、研修させて頂いた管理センターは場所が珍しく
駅やショッピングモールが密集している中にポツンとありました。
殆どの管理センターが郊外にある事が多いのである意味特殊なセンターです。

1日~2日目
朝、職員の皆さんに挨拶に回り朝礼が始まる。
それが終わるとすぐに犬舎の掃除。

犬舎の中は広くとても綺麗でまずそれに驚いた。
犬を収容する場所は大きい所が4か所、小さい所が4か所、後ほかに中位のスペースのものが1か所あった。
それぞれ用途があって、基本的には大きい所。
人に噛みついたり気性が荒い犬は小さい所(隔離するときに使われる)
中位のスペースのものは小型犬を入れる所らしい。

その犬舎には雑種が6頭収容されていてその内の2頭は気性が荒く噛みつくので隔離されていて2頭の内1頭は衰弱していて今にも倒れそうな犬だった。

職員さんに掃除のやり方を習いながら洗っていく。
掃除が終わるとエサやりの時間

ここでもまた驚かされた。
職員さんが楽しそうに手で一つ一つ犬に餌をあげていた。

もちろん全部の犬ではなくてセンターのモデル犬(ふれあい広場などに出る犬で子供達に犬の飼い方などを教えていく)の2頭だけなんだけど、
元々その2頭も野良犬を捕獲して連れてきたのほしつけてモデル犬となっているみたいで、
話を聞くと「最初の頃はもちろん近寄っては来てくれないし吠えられたりもした」と

でも、お座り、伏せ、アイコンタクトをこなせていて初見の自分でも言う事を聞いてくれるぐらい人に懐いていた。
しつけも全て職員さんがしていて
「人間の手は楽しいものと思わせるんだ、けしてたたいたりしてはだめ。
折角エサと言う良い物があるんだからそれをうまく使っていけば時間は掛かるかも知れないけど犬は言う事を聞いてくれるよ

ただ、今の飼い主はそれをしなさすぎる。
時間が無いから、忙しいからを理由に皿に餌を入れてただあげるだけ。

もちろんしつけをしたり犬と触れ合う時間を他に取ってあるなら別だけど
それもしないで、『しつけを覚えないから飼えません』って持ってくる人がいるんだよ」

30分ぐらいだったと思う、
凄く楽しそうに職員さんの言う事を聞きながらエサを食べてる2頭の犬と、それ以上に楽しそうに犬と接している職員さんの姿がそこにはあった。

正直、管理センターの人=犬猫を処分する人と言うイメージがあってかなり抵抗があった。

もちろん、それもするけれどそれだけじゃない。
犬たちの為に1頭でも処分をする犬を減らせるようにそう言う熱い気持ちを持った人達だった。

もちろん全てのセンターがそう言う気持ちを持っている訳でもないしこのセンターでもやる気のない人間はいる、
けど、そのエサや犬舎の掃除を担当している人たちはそこら辺の飼い主や犬の専門学校に通ってる僕以上に犬に対しての気持ちが高かった。

エサやりが終わり事務所に戻り仕事をしていると1人のおばさんがやってきて
入ってくるや今にも泣きそうな声で「すいません、すいません」と段ボールを出してきた。

中を覗いてみるとたぶん生後1週間ぐらいの子猫が5匹仲良く寝ていた。
純粋にめちゃめちゃ可愛くて手に取りたかった。

しかし、おばさんが言うには近所に居る野良猫に餌をあげていたら知らないうちに子供を産んでいた。
うちも猫を飼って居てもうこれ以上猫を飼う事は出来ない、なので処分してくれと

その表情は泣きそうな表情にはなっていたけど涙は無く、時折苦笑いと出す時もあった。
係長が強く怒ってもう二度としないと約束していたがその人は今回が2回目。
その人が猫に向かって「可哀そう」と言う度に本気で殴りたかった

一時の「可愛い」と言う感情で餌を与えて、それが日課になり生まれた結果がこれだ。
餌をあげた事で「お腹の減った猫を助けた」って言う自己満足。
たぶん、野良猫にエサを挙げる人はそこまでしか知らない。

そのあとに生まれた子猫が処分されたり交通事故で死んだり、
倍以上の悲しみを産む事に気づいてない。


その5匹を処分室までおばさんに連れて行ってもらい引き取り料2000円を払ってすぐに帰って行った。
そして、その子猫はその日の夕方処分された。

昼過ぎから大型犬を飼っている家の訪問にまわった。
最近、大型犬が事件を起こして居るため飼育状況の確認と注意をする為らしい。
1日目は何事もなく終わったが2日目に山の中にあるボロボロの犬舎で土佐犬を12頭飼ってる人がいた。


しかも、犬の登録をしてないプラス狂犬病予防の注射もうっていない最悪の状態。
飼い主は分かっているけど金が掛かるからと意味のわからない理由。
法律で定まっている事を説明しすると無視をするし最後には逆ギレ。
大型犬の事件の話をしても「うちの犬は大丈夫、大人しい、噛まないから」と帰ってくるだけ。

注射を打っていない犬の飼い主は100%と言って良いぐらいこの理由で帰ってくる。

ただ、実際に起きた事件の犬もそう言う犬が引き起こしている。
犬も動物、いつでも100%飼い主の言う事聞くわけではない、しっかり家の中で飼っているならまだしも
人のいないボロボロの犬舎で今にも壊れそうな檻に12頭もいればそんな話ではなくなってくる。

最後は登録、注射するとは約束はしてはいたが態度は投げやりで信用できるか分からない。

3日目
朝の犬舎掃除を始めようと犬舎に入ると2頭の犬が倒れこんでいた
どちらも昨日までは吠えたり、普通に動き回っていたりしていた犬で、1頭はもうすでに死んでいてもう1頭は生きてはいるが痙攣を起していて倒れこんだままの状態。

職員さんに聞くと、餌に薬を混ぜたそうだ。
この2頭は噛みついて隔離されていた犬。

その後まもなくもう1頭も息を引き取った。

夕方、1組の親子がやってきた
飼っていた犬が迷子で居なくなったので探していたらセンターに収容されて居るという事を聞いてやってきたらしい。

犬を見てもらい確認が取れたので引き渡した。
大型の雑種で老犬だったのでヨボヨボと歩き元気もなくこのままだと間違いなく処分の対象だったに違いない。

子供はこれ以上ない笑顔をしていたけどそれ以上に犬の喜びようが凄かった。
とび跳ねるわ、顔をなめまわすわでその変わりように本当に驚いた

2度と迷子にならないよう注意しその姿を見送った後
ここに来て初めて心の底からほっとできた。

最終日

朝、いつも通りに犬舎掃除を行う。
ただ今日は僕にとってはいつもとは違う1日。収容期間を過ぎた犬を処分する日。

対象の犬は1匹。
この犬はずっと尻尾をふって凄い勢いでご飯を食べたり中々人懐っこかった。

いつも通りご飯をあげて少し職員さんが遊んであげる。
その間に他の職員さんがリードを持ってきていた。
そのリードは処分室へ連れていくためのリード、そのリードを見た犬は更にテンションが上がり今までにないぐらい尻尾を振っていた(散歩に行けると思ってだと)
リードをつけてあげると「早く早く」と言わんばかりにぐいぐい引っ張り処分室へ向かう。

そして、処分機の前に到着。
ステンレス状の少し深い浴槽を想像してください。
そこへリードを外して犬を抱っこし、入れる。

そこでもなおこっちを見て尻尾を振っている。無邪気に遊んでもらえる事を期待しているように・・・。

職員さんが合図をしボタンを押すと処分機の蓋が閉まり、静かに処分が行われた。

20分後、亡骸を処理すると言われた。

処分機は2階にあり、そこが抜ける物になっている。
その底を開けると1階に犬が落ちてくるという形になっていた。

ゆっくりと底が開いていく。
そして、凄い音をたてて犬が地面に叩きつけられるように落ちてきた。

さっきまで嬉しそうな目でこっちを見ながら尻尾を振っていたのに・・・。
最後まで僕らを信じて尻尾を振っていたのに。
死んだその犬の目はシッカリと開いていて、その目を見ると裏切った気持ちと人への怒りしか出てこなかった。

その後、犬を袋に詰めて一旦、冷蔵庫へ。たぶんその後は焼却される。

その30分か1時間後ぐらいだろうか。
引き取りをしてくれと子猫を6匹、おじさんが持ってきた。
理由を聞くと「家の倉庫を掃除していたら猫が居て、親猫は逃げたが子猫たちが残されていた」

直接的にはおじさんには関係かもしれないけれど、多分周りに餌付けをしてる人が居るんであろう。
前と同じ「一時の可哀そう」だけで6匹の命が絶たれた。

おじさんは当たり前のように引き取りを済ませ帰ってしまった。(何かをしろってわけじゃないけど・・・。)

何だろう、この研修を通して考えてみると人間の責任の無さにイライラしてしょうがなかった。
本当に自分の事しか考えてなくて、もちろん自分も含めてなんだけど・・・。

最後、殺処分を防ぐことには直接関係ないかもしれないけれど、モデル犬2頭をベイシングさせてもらった(シャンプーとか爪切りとか)
職員の人凄く喜んでくれて、初めて管理センターでの自分の存在見たいな物が感じられた気がしました。

それを終えると終礼があり。5日間の研修がおわりました。

凄く無理やりな終わり方になるんですが、正直これ以上文章で表現するのが難しいです。
実際にはまだ色々な事があったんですが自分の文章力じゃ表現できません・・・。

でもなるべく5日間やってきた事を書いてきました。
これを読んでもらって感じる事考える事をしてもらって1頭でも多くの犬や猫、動物が救われる事があれば凄く嬉しいです。

実際に自分に会える人であればガチで話したいです。
もちろん聞きたくない人に無理にとは言いませんが・・・。
犬を飼ってる人犬関係に進む人とは特に話したい。

めちゃくちゃな終わり方ですが最後に僕の地元での処分される数と、犬の十戒、センターの職員さんが書いたメッセージを書いて終わりにしたいと思います。

犬の十戒  作者不詳

My life is likely to last ten to fifteen years.
私の一生は10~15年くらいしかありません。

Any separation from you will painful for me.
ほんのわずかな時間でもあなたと離れていることは辛いのです。

Remember that before you buy me.
私のことを飼う前にどうかそのことを考えてください。

Give me time to understand what you want of me.
私が「あなたが私に望んでいること」を理解できるようになるまで時間が必要です。

Place your trust in me- it's crucial to my Well-being.
私を信頼して下さい・・・・・・それだけで私は幸せです。

Don't be angry at me for long and don't lock me up as punishment.
私を長時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。

You have your work,your entertainment and your friends.
あなたには仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう。

I have only you.
でも・・・・・・私にはあなただけしかいないのです。

Talk to me sometimes.
時には私に話しかけて下さい。

Even if I don't understand your words, I understand your voice
when it's speaking to me.
たとえあなたの言葉そのものはわからなくても、私に話しかけているあなたの声で
理解しています。

Remember before you hit me that l have teeth that could easily
crush the bones of your hand but that I choose not to bite you.
私を叩く前に思い出して下さい。私にはあなたの手の骨を簡単に噛み砕くことが
できる歯があるけれど、私はあなたを噛まないようにしているということを。

Before you scold me for being uncooperative,obstinate or lazy,
ask yourself if something might be bothering me.
私のことを言うことをきかない、頑固だ、怠け者だとしかる前に、私がそうなる
原因が何かないかとあなた自身考えてみて下さい。

Perhaps I'm not getting the right food,or I've been out in the sun
too long or my heart is getting old and weak.
適切な食餌をあげなかったのでは?日中太陽が照りつけている外に長時間放置
していたのかも? 心臓が年をとるにつれて弱ってはいないだろうか?などと。

Take care of me when I get old ; you, too, will grow old.
私が年をとってもどうか世話をして下さい。あなたも同じように年をとるのです。

Go with me on difficult journeys.
最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送ってください。

Never say, "I can't bear to watch it ." or " Let it happen in my absence."
「見ているのがつらいから」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて
言わないでほしいのです。

Everything is easier for me if you are there.
あなたがそばにいてくれるだけで、私にはどんなことでも安らかに受け入れられます。

Remember, I love you.
そして・・・・・・どうか忘れないで下さい。私があなたを愛していることを。

キイテモライタイヒトリゴト 管理センターIさん

使い捨ての時代はピークを過ぎ、物を大切にする事が美徳とされる風潮
にもなってきた昨今、

それでもなお伴侶動物(あえてペットと表現しない)に対する命の軽視は依然として続いている。
かわいいから、さびしいから・・・と安易に飼い始めた結果であろう。

“動物を飼う”という行為は“命を預かる”という事に他ならない。

--癒されたい-- この願望にどれほどの対価を払う覚悟があるのだろうか---
そのことを真剣に考えた時に初めて、“動物を飼う資格”が与えられるのではないだろうか。
 

 そもそも、感情ある動物自体に癒しを与えずして“癒される”事はないのである。
時には辛く、時には腹も立ち、まず経済的に大きな負担を強いられる。
しかし、そのひとつひとつに向き合い、動物たちの安寧なる姿を見て初めて、“癒される”ことが出来るのではなかろうか。

--安楽死-- この事については様々な考えがある。
医学的・心理学的・倫理・宗教観…いったい何が安楽なのか、
それはむしろ動物たちにしか答えられないかもしれない。

 だが一つ言えるのは、我々人間に頼ってしか生きられない動物たちが、
その《最後の時》に愛する飼い主がそばに寄り添っていなければ、
どんな手法を用いようとも決して安楽とは言えないのではないだろうか。
 
 私たちもいずれ死を迎える。せめてその時は愛する家族に見守られて逝きたいと思うのが通常ではなかろうか。ならば同じ家族という存在の中、それは動物とて同じことではないだろうか。

絶え間なく、ちぎれんばかりにふり続けたシッポが動きをなくし・・・
ただ一途にあなたを見つめていた瞳はゆっくりとまぶたを閉じる・・・
やがて、フワフワした温かいその体からぬくもりが消えていく・・・・・・・・


そっと抱いて 「ありがとう」


その最後の言葉で“命を預かった”飼い主の責任は終わるのです。
そして、その重い責任を全うした、ただ一つのお返しとして動物たちは、
《かけがえのない素敵な思い出》を飼い主の心に残していくものだと信じています。

平成20年度
犬 264匹
猫 2,650匹

回収された負傷猫と死体 7,444匹(処分された猫とは別)

研修中に処分された犬と猫
犬 3匹
猫 11匹

飼い主が見つかった
犬 1匹
猫 0匹


追加文 (別のコミュにて頂いたコメントに対しての自分なりの返信です)

僕は現在学校に通って居ますが、今回の研修は自分の意思で行きました。
と言うか僕の学校にはセンター見学すらありません。
僕の知る限りは殆どの学校がそう言う状態です。

そして、その現実を知らない学生がペット業界に入って行く現状があります。
良いペットショップに巡り合えれば幸いですが
殆どのペットショップがまだ”利益”優先の生体販売をしてる所です。

もちろん自分達が食べていかないと行けない事は分かっています。
ただそれの犠牲に無知の飼い主に犬を買わせるのはおかしい。

シッカリとした知識で、飼う事の喜び、安らぎ、大変さ、悲しさを飼い主さんに伝えて行かないと行けないと思います。
そして、買って貰うのではなく家族の一員として送りあげてもらいたい…。
その気持ちをベテランとなってる方から若い世代へ伝えていかないと殆どの学生が今の現状を”当たり前”として取るはずです。

コメントに多かった「今の自分が何を出来るか分からない」「考えていこうと思います」
凄く嬉しかった。

そう言った方に是非して頂きたい事があります。

兎に角、周りの人に伝えてください。

犬を飼おうとしている人、動物に興味が無い人、家族、彼氏、彼女、先生、先輩、後輩…。
本当に誰でも良いです。
そして、伝えた人に「誰でも良いから1人この話を伝えてください」と言って貰えれば嬉しいです。

たった少しの話ですが、微力ですが決して「無力」じゃない。
考えなくても今出来る事はあると思います。

くそったれな人間、ありえない人間
本当にいっぱいいます。
でも、それと同じぐらいかそれ以上良い人だっています。

そして、本気で伝えれば必ず届くはずです。

こんな事言ってると
若いね~とか偉いね~とかよく言われます。
少し半笑いで「もうすぐで現実を知るよ」と言わんばかりに

上等です。俺は本気で向かっていくし、この業界を絶対変えます。

だからお願いします。
1人で良いので、この話を伝えていってください。


僕だけでなくみんなで変えていきたい。
誰でも出来る簡単な事。

どうかお願いいたします。

レポートはどんどん転載して頂いて構いません。
ただ、どのように使うか一言メッセージなどを頂けると嬉しいです。

※転載終了



+ + + + + + + + + + + + + + + + + + +

ケベック州も、日本も、せめてガス処分を違法とする法律を
作ってほしいと切に願います。
(勿論殺処分0が理想ですが、ケベックも日本もそれには程遠い現状があると思っているので…)



↓最後にポチっと1クリックして頂けますと嬉しいです。

☆犬 海外生活☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

☆カナダ情報☆
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

↓よろしければこちらも…。
☆人気ブログランキング☆
br_decobanner_20100210045455.gif

スポンサーサイト
comments
No title 
これが日本のペットに実際起きている現実なんですよね。
命あるものが物以下の扱いを受けている現状。
心が痛みます。。。。

ペットブームといわれている日本、保健所で行われていることを
国民すべてが知る必要があると思いますね。
知らされなければ考えることもないですもんね。
No title 
読んでて涙が止まりませんでした。
この方がおっしゃっているように、
一人でも多くの人達に
伝えていかなければいけない事実だね。。

そういえばこの前会ったおばさんも、
自宅で飼っている犬3匹
(確かゴールデンとシーズー等々)
には狂犬病の注射をしていなかった。
「狂犬病の注射とは、
犬の為ではなくて人間の為のもの。
なので自分の倫理に反するから打たない。」
ということでした。。。
犬たちが自宅から出ることはないらしいのですが。。。

うーん。無知な私は、
ゴールデンちゃん、散歩しなくてかわいそうでは??
もちろん小型犬達もだけど。
誰かが訪ねてきたときはどうするんだろう。。
っと私は思ってしまいましたが。。
どうなんだろうか。。。。

赤ちゃんに対する虐待。
ペットの不法投棄。
こういう保健所での殺処分。

こんなニュースが多い最近の世の中。

命の大切さ、
なんでみんなわからないんだろう。。。
Re: No title 
> うのままさん。
動物愛護センターと言う呼称には抵抗があります。
愛護センターなんて言ってしまうと、誤解する人が多くいると思うんです。
日本もケベックも殺処分ゼロは不可能だと思うんです(歴史や社会が違いすぎます)
だけど、センターの方もシェルターの方も頑張っていらっしゃる…。
悪いのは捨てる人…。

捨てられた後の犬猫の現実をもっと皆が知るべきで、
そこからまた去勢や避妊(特に猫)の重要性を知ってほしいと思ってしまいます。
(※ケベックは去勢と避妊は日本と比較すると徹底しています)

本当に無情です…。
Re: No title 
> アイコンロボットちゃん。
本当に映像や画像よりも、淡々としたこの経験談から色んな事を思うよね。
私も勿論ポン酢昆布を飼う前は考えもしなかった話だし、
今じゃ日本では「動物愛護センター」なる呼ばれ方もしている保健所、
ゴミ収集車のように、犬猫を回収する日まで定められている自治体があったり、
私たちは知る義務があると思う…。

うちは子供がいないけど、将来子供ができたら、こういう事もきちんと伝えてあげたいなーぁ。と思ったりしてます。
犬猫はカワイイだけじゃないんだよーって。

> 「狂犬病の注射とは、
> 犬の為ではなくて人間の為のもの。
> なので自分の倫理に反するから打たない。」

は?って感じだね。。。
確かに、狂犬病は今の日本では存在しないと言われてるから、さほど心配はしなくては良いと思うけど(特に野生動物との接触がなければ)
それに老犬や病気の子は、負担がかかるのは事実なので、是非が問われても然りだけどね。
でも、犬を飼う者の義務なのにね。
他の人にかかるかもしれない迷惑を考えろって話。

> 犬たちが自宅から出ることはないらしいのですが。。。

あー、最悪…。

散歩は躾でもあり、気分転換やエクササイズでもあり、飼い主との絆を作る事、大好きな飼い主(リーダー)と共に、パトロールをするという、素敵な行動なのに。。。

私は、犬を飼うようになって(特に多頭飼いになって)犬の本当の幸せを追求するようになったの。
飼い主=人間として、犬を擬人化してこれは幸せ、これはかわいそうっていくらでも言えるけど、それらは果たして正当なのか…と。
だけど、散歩させないのはやっぱりかわいそうって思うよ。
散歩嫌いな子もいるけど、どうして散歩嫌いなんだろう?
それは飼い主に責任があるのでは?とも。
楽しみを奪われると私は気が狂うと思うんだけどなーぁ。。。

赤ちゃんに対する虐待もあるくらいだから、犬猫なんてもっと立場の低い生き物だからね。
しかし日本の子供の虐待はどんどん明るみに出て、大変な事になってるね。。。

> 命の大切さ、
> なんでみんなわからないんだろう。。。

本当にそう。
勿論私は子供がいないので、子供についてなんて語る事はできないけれど、、、
犬を飼ってるだけで、どれだけ尊い命と暮らしているのか、毎日ひしひし感じるんだけどな。
どうしてそれが分からない人がいすぎるのか…。
本当に狂った世の中だと思ってしまいます。

そういう人は子供を産まないで欲しいし(極論すぎる?)
犬猫を飼わないで欲しい。
いいじゃない、自己愛だけで、自分だけ愛して生きれば?(これも極論?苦笑)
No title 
麦が冨山家に来てくれる前に一匹、
麦が冨山家に来てくれてから一匹、

私は二匹の犬を市役所の生活環境課の職員に渡しました。

前者は私の家の前に1台の車が止まり、
「誰?」と外を見ると、おもむろに助手席のドアが開き、
白くて小さな犬がコロコロ~っと転がされる様に道に転がり出て来て
次の瞬間、車はスゴイスピードで走り去りました。
慌てて外に出てみると、犬種は判りませんが、子犬が
一匹佇んでいました。
私を見るなり、う゛う゛ぅ゛~っと唸り声をあげ、後ずさりをしながら
側溝の中へ入ってしまいました。

1時間くらいかけて側溝から外へ誘導し、道路に出て来て
くれたんですが、そのコをよく見ると、片方の目が潰れていて、
もう片方の目が真っ赤に腫れあがっていました。
生まれつきなのか、虐待されたのかは判別できませんでしたが、
「だから捨てたんだ・・・・」と思いました。
私はどぉにかしなくてはと思い、とにかく家に連れて行こうと
試みましたが、何度も噛み付かれそうになって、それ以上
どうする事も出来ず、その内近所の人が集まって来て、
話し合った結果、市役所に相談することになり、
最終的に「目の様子を見て、良くなれば、里親を探します。
目がこのままだったらその時は分かりません・・・」といって
市の職員が連れて帰りました。

後者は、ラブラドールの雑種の様な子犬が
小さな箱に入れられ、我が家の裏にある公園に捨てられていた
らしいのですが、よちよち歩きで箱から出て来て、
車に轢かれそうになっていたので、近所の人が自分の畑の敷地に
子犬を誘導して様子を見ていたそうです。
近所の人はそのまま畑を立ち去り、近くにあった我が家の庭に
迷いこんで来たと思われますが、私が気が付いた時には既に
瀕死の状態になっていました。
口から泡の様な物を出して「ウエッウェッ」と苦しそうに嗚咽して、
コロンと倒れては起き上がり、またコロンと倒れてしまいます。
とにかく水を飲ませようとしましたが、飲む気力も無い様子でした。
畑の主人が戻って来て、「市役所に電話して引き取ってもらうしか
ないでしょう」と言って、また帰ってしまったので、私は右往左往
したあげく、市役所に電話をかけました。
「この状態では、時間の問題だから保健所に預けるしかない」
と言って、職員が連れて帰りました。
麦が我が家に来て1週間目くらいの事でした。

どちらの場合も、その時の私にはどうする事も出来なかったんです。
正当化するつもりは無いけど、未だにそれしか答えがでません。
全くどうして良いかわからなかった。

ただ、捨てた飼い主の事は絶対に許せません。
あの子達の事を今でも鮮明に思い出しますが、
どちらも苦しそうで、悲しそうで、見ていられなかった。

私が住んでいる所は、近くに幼稚園と小学校があって、
たくさんの子供たちが遊ぶ公園もあるので、
昔から捨て犬や捨て猫が絶えなかったそうです。
「ここに捨てれば、きっと子供達が家に連れて帰り、
飼ってもらえるかもしれないから」と思って捨てるのでしょうか?

時々、麦とあの子達を重ねて考えてしまいます。
あの時、私がすべき事は何だったのだろう?
どうしたらあの子達の為になったのだろう?
私が家に連れて来て、病院に連れて行き、保護すべきだったのか?
そんな私は偽善者だろうか?

市役所ではなくて、他にもっと適切な相談場所があったのではないか?自分が無知なだけで、適切な場所を探せば良かったとか。
あの時の事を、今でも主人と話し合ったりします。
主人は「あの時の怒りや悲しみを忘れてはいけない」と言います。
そして、後悔するより、この先同じ様な出来事に遭遇したら・・・
その時自分達に何が出来るかって事を考えるべきなんじゃないかって。

麦が我が家に来るまで分からなかった事、麦が教えてくれた事、
ブログを始めて、鍋コさんや、他の犬(動物)のブロガーさん達に
出会ってから分かった事、ホント感謝してます。

(いつも長くてごめんなさい!!)
Re: No title 
> 麦母さん。
麦母さんは、全然悪くないのに…
とっても気の毒な役回りをされる羽目になってしまって…
お話を伺うだけで、本当に悲しい気持ちになります。

私もきっと同じ事をしていたかと思います。。。
だけど、保健所に渡そうが(殺処分の可能性あり)その他シェルターに引き渡そうが(つまり丸投げ、責任転嫁)様々な理由をつけては、苦い思いをすると思います。
だけど、麦母さんは本当に悪くないです。
寧ろ被害者ですよ…。

処分されていく命、処分する保健所が悪い、行政が悪い、色々言われてもいますが、一番悪いのは飼い主です。
世話できないのに安易に飼い犬飼い猫に子供を産ませる人間、
途中で放棄しちゃう人間、
寧ろ、処分せねばならない役回りの方々も気の毒だと思ってしまいます。

犬猫を捨てる人って、本当に責任転嫁が上手というか、様々な理由はあるのでしょうけど、保健所で次の飼い主を探してくれる、SPCA(愛護団体)で次の飼い主を探してくれる、シェルターなら殺される事はない、だから、私は命は守っているのよ!という態度なのが許せません。
極論になってしまいますが、知人で2人程、自分の犬が暴れ犬だと…。
(そうでもなかったですけど…)
孫と子供を襲ってからでは遅いということで、他人様の手を煩わすのは嫌だと言うので、自分で獣医に連れて言って安楽死させた人を知ってます。
勿論許せません。
だけど、前者(他人に望みをかけて責任を押し付ける)と後者なら、私は前者が断然許せないんです。
それこそ、本当に『偽善者』ですよ。怒)

私は、まだ麦母さんのようなシチュエーションに遭遇していないのですが、
本当にこれは幸運というしか他は無いです。。。

私も、犬を飼うまで知らなかった事がいっぱいで、
シェルターのボランティアをしている友人に出会って、
また犬関係の仕事をしている友人に出会って、
あとは他のブロガーさんより、
様々な事を知りました。
だから、私も麦母さんに感謝&同じ思いです。

長文コメントいつも嬉しいですー☆
ありがとうございます!

leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS