鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

09

Category: チャップリン。(実家のシーズー)

Tags: ---

Community: テーマ-ペットの健康・病気・怪我  ジャンル-ペット

Response: Comment 2  Trackback 0

脾臓腫瘍摘出したチャップリン。


ささやかな月間目標は、毎日ブログを書く事。
いい年して学生の鍋コ、常に集中緊張しているので毎日脳みそクタクタで…。
でもガンバリマス。

今日は忘れてはなりません、実家のチャップリンの事を書きたいと思います。

020903.jpg

chap 「なに?」
鍋コ 「うん、今日は君の事を書こうと思うよ。」



1997年2月23日生まれシーズー♂。
来月で13歳。
まだまだ頑張って生きています。

鍋コにとって初めての犬でした。
私は数年で実家を出て遠くへ引っ越してしまったので、
毎日一緒にいれたわけではないのですが、それでもやはり特別な犬です。
昆布には申し訳ないけれど、チャップリンはシーズーの中でも特別な存在です。

犬がこんなに愛すべき動物であることも、
犬によって家族の絆がグっと深まることも、
犬によって家族の会話がいっぱい増える事も、
というか、『犬』は『家族』であるということを
身を持って教えてくれた、小さいけどスゴイ奴です。

そんなチャップリンなのですが、去年の秋に大病をしました。

持病の心臓病があると言っても(シーズーには多いようです)服薬も不要だったし。
獣医さんにお世話になるとすれば予防接種くらいのものでしたので、
鍋家本家を震撼させる出来事でした。

地元の獣医、そこから紹介され大学病院へ。

腫瘍である。『良性』である可能性は『奇跡』に近い。手術が早急に必要。」

しかし、この大学病院はチャップリンの住む場所から車で2時間。
共働きの両親には見舞いも厳しいし…ということで地元で手術が出来るところを紹介してもらったそうです。

この辺の連携プレーに、鍋コは感心&感謝したのですが、
大学病院に行った次の日には地元の病院にて検査と手術の予定を話し合い、
本来とても多忙な獣医さんなのですが、迅速に事を運んで下さり手術もその週に行われました。



脾臓の腫瘍…。

インターネットで検索すると、ネガティブな事ばかりです。

更には高齢。
両親はあれよあれよと手術を決めましたが、私だったら同じ決断できてたかな~なんて思ったり。


そして奇跡が起こりました。

ソフトボールよりも大きな脾臓の腫瘍が摘出され、
それが全くもって破裂も出血もしていなかったようなのです。
(破裂して失血死したり、出血によって癌だと転移したりするようです。)


しかも!!
奇跡でない限り良性ではないと言われていた腫瘍ですが、
病理検査の結果、悪性ではなかったのです。


大手術をした後なのに、3日後には痛々しい姿ながら退院。


持病の心臓病ゆえの発作は時々あるようなのですが(痙攣&失禁)
散歩もするし、食は細くなったけどご飯も食べるし、
元気にやっています。

退院直後。
痛々しいけど、元気でした。

020901.jpg

020902.jpg


今だから…のネタですが、共働きの両親、
チャップリンの看病の為に仕事を辞めようかと真剣に話していたそうです。

実は同じころ、私も同様に悩んでいて、私も学校辞めて日本に帰ろうか、
でもポン酢昆布はどうするか、なんて話していました。

「犬の看護の為に辞職したい」

なんて、理解してもらえないだろうね~、犬バカすぎかな~、
なんて鍋コ母と話していましたが、犬も立派な立派な家族なんですよね。

020904.jpg

鍋コ 5月には帰るから元気で待ってろー☆

chap 僕はまだまだ食べたいものがありますから、生きますよ。


な~んて言ってくれていれば良いんですけどね。


✄ฺ--------- キ ---- リ ---- ト ---- リ ------------


ブログランキングにちゃっかり参加しております。
参加ランキングはこちら。
☆犬 海外生活☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

☆人気ブログランキング☆
br_decobanner_20100210045455.gif
スポンサーサイト
comments
No title 
チャップリンちゃん、無事手術成功して本当によかったね。
 「奇跡」と言われてたことも現実になり
読みながら泣けたよ(;___;)

 そう!
ワンちゃんも立派な家族です。
 大事な大事なかけがえのない存在だよね。

 日本のご両親もチャップリンちゃんのために仕事を辞めようと・・・
辛い日々だったでしょうね。。。

 チャップリンちゃん、これからも家族の中で愛情たっぷり掛けてもらっていつまでもいつまでも元気でねv-22

鍋コちゃんも離れて暮らしてて辛かったでしょうに・・・
 5月に一時帰国されるのね
チャップリンちゃんとの再会楽しみだね♪

Re: No title 
>レオ様。

あれよあれよと、私は何もできない間に手術の段取りも決まって、両親も気が気でなかったようではあるのですが、間髪入れず、はい病院!はい違う病院!はい手術!となっていました。
今にして思えば、本当に素晴らしい奇跡です。

あんなに小さな体からソフトボールよりも大きな腫瘍が摘出されたなんて、目の当たりにしていないのですけど、写真を見せて貰った母は大変な衝撃を受けたようです。

本当に知らない間に腫瘍なり病気なり進行してしまうのだと再認識させられました。
両親はチャップにべったりなので体調変化なども直ぐに察していたのに、、、

レオさんが週末にハーレイ君に会えなくて禁断症状が出たのと一緒で、
私もポン酢昆布に1~2カ月会えないとなると禁断症状必至なので怖いです、、、

昆布おばかさんだから、忘れられちゃったりぐれられちゃったらどうしよう…。
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS