鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

26

Category: ドッグラン。

Tags: ---

Community: テーマ-わんことの生活  ジャンル-ペット

Response: Comment 12  Trackback 0

ドッグランでの喧嘩。


今日はいいお天気でしたが、気温は低かったです

マイナス12度くらいだったお昼頃に、ドッグラン付き散歩をしてきました。

写真で、歩道上の小さな砂利達=融雪剤です。
塩と砂利が混ざってるのですが、普通の歩道にも物凄い量が巻かれてます。


02261101.jpg



ドッグランって限られたスペースの中で、いつも違う犬の組み合わせで、
その日いる犬によってまた犬たちの雰囲気が変わります。

なんだか全体が落ち着いていない時(喧嘩が起こりやすくなったり)

皆なかよくのほ~んとしている時(犬たちがリラックスしてるように思える)

今日は、ドッグランに入った時、割と皆のほ~んと仲良くしていて、
安心してドッグランに入る事ができたのですが、、、


02261102.jpg

このマスティフ系の大きい子ケーンコルソーのブーツが異常に大きくて。笑)
でもって、この子、人の股の間をくぐるのがブームなようで、
私も3回程くぐられました。笑)

02261103revised.jpg


02261104.jpg



暫くして、スノッビーな感じのプラチナブロンドの女性と紳士なカップルが
黒い犬を連れて参上、この子が来てから、なんだか犬たちの様子もおかしくなり。

元々上の写真にも登場してるセントバーナードじゃなくてバーニーズマウンテンドッグでした、多分まだ若い子で、
遊びたい盛りなんだけど、かなり荒くなったりして、それでも喧嘩には至らず
飼い主の言うことも聞いてたし、私はなんとも思わなかったのですが、
この黒い犬と物凄く荒いうなり合いがはじまり…。

がしかし、プラチナブロンドカップル止めないー!

更には、黒い犬は昆布をいじめにかかったのに、プラチナブロンドカップル
微笑んでるーーー

結局、対昆布に対するイジメは、鍋ヲが無理やり止めて。

でも、ここに写ってるドーベルマン、昆布がいじめられたら、
すぐ助けに来てくれたの
飼い主は若い男性だったのですが、温和な感じで、犬って飼い主を写すな~と
ちょっと思う今日この頃です。

02261105.jpg

02261106.jpg

氷の塊を食べているボストン。
彼の氷の塊を盗もうとして近づきすぎて叱られるポン酢。
やっぱ、あんたボストン入ってるけど、足はかなり短いね…。

02261107.jpg


で、上の写真のセントバーナード君バーニーズ君の事件なのですが…

この公園のドッグランは入り口が2か所あって、どちらも2メートル×4メートル位
なのですが、バーニーズがそこでリードを付けて、マズルを付けて、
帰る準備をしていたら、若い男性二人が大きな犬を連れてやって来て。
この犬、公園内を既にノーリード
(モントリオールの公園はノーリード禁止です)

かたや、バーニーズはリードを付けている状態。

で、大きな犬がノーリードで勢い良く入口に入った途端

喧嘩勃発

ありがちなんですけど、バーニーズのオーナーのおばさんパニックで

「アレテー!!(止めてーーー!!)」

と叫び、男性連れもパニックで、叫びながら手を入れて止めたので


ガブリ


で、その後噛まれた男性、バーニーズを思いっきり蹴っ飛ばしました。

喧嘩を止めるわけではなく、もう既に喧嘩は終わってるのに…。

その後、男性連れもオバサンも、悪態付きまくって(特に男性の方)
男性連れの方はめっちゃ怒りながら犬を連れてその場を去ったのですが、、、



どっちもどっち


男性が噛まれて出血していましたが、私はそれよりも蹴られたバーニーズが
かわいそうだと思った。

自分の犬が喧嘩をしてしまったらそれを止めるのが飼い主の責任であるし、
それによって怪我をしてしまうのはやむを得ないと思うんですよね~。
(相手は本能むき出しの獣…)
売られた喧嘩を買う方も、勿論喧嘩を売る方もどっちも悪いし。

それなのに自分の犬を棚に上げて、他人の犬を蹴りあげるなんて…。
(そりゃ、一方的にやられてるのなら話は別だけど…)

なんだかな~。

犬の世界もなかなか大変だろうな~なんて。

ほんのちょっとした気遣いで防げる事故が後を絶たないのが
残念でなりません。ハイ。




*:゚¨・*。..・゚*oO☆*:゚¨・*。..・゚*oO☆

今日は夜お客様が来るので、ポン酢がお客さんに飛びつかないように
これまた特訓です。

クリックして頂けると、とても嬉しいです☆
いつもクリックして下さっている方どうもありがとうございます"○┓ペコリ
今日もよろしければポチリ☆1クリックをお願いします。

☆犬 海外生活☆
にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村

もしくは、

☆カナダ情報☆
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

↓よろしければこちらも…。
☆人気ブログランキング☆
br_decobanner_20100210045455.gif 
スポンサーサイト
comments
No title 
はじめまして。私はトロント在住でウイトンテリアを飼ってます。何度かドッグランに連れて行ったことありますが、同じ場所で2回連続オーナー同士の喧嘩を目撃し、他のドッグランでもやはり飼い主同士の喧嘩を目撃しました。それ以来あまりドッグランには行く気がしません。犬の問題と言うより、飼い主である人間に問題があることが多い気がして・・・
No title 
うぉ~、まず一枚目の写真の鍋ヲさんの写真でビックリ、
まだまだ寒そうですね(><)
こちらは今日ビーチで水着のティーネイジャー&サーフィンの男性が
いました。←私からするとまだそこまであつかないだろうって感じですが(^^;)

確かに、若い大きい子に小型犬はおもちゃにされる感じはありますよね。
本人は遊びたがってるのか?もしれないけど、大きさが違うゆえ小型犬が
ボールになっちゃうというか。
ドーベルマンカッコいい!きっと昆布ちゃんがいじめられてたらジャクソンも
助けに行くと思います(^^)b
(でもビューっと飛んでってワンワン吠えるだけであまり役に立たないと思いますが・笑)

犬の本気の喧嘩、とめるのも怖いですね。。でもおばさんは飼い主なんだからやっぱり
人に頼らず自分でコントロールをトライしなきゃかなぁ。
男の人も人様の犬を蹴るなんて、そりゃあ噛まれて頭にきたかもしれないけど、
悪いのは自分の犬も同じなんだもんね。

本当、飼い主に似ますよね、犬たちって。人間の子供が親に似るように。。
それにしてもブロンドカップルも酷いですね(><)

ポンコンちゃん達に怪我がなかったのは良かったですね!
No title 
こちらも今日は朝から雪、今もまだ降っています。
もう直ぐ2月も終わりなのに、やっぱりカナダの春はまだ先ですね~。
ドッグラン、犬同士の喧嘩はさることながら、オーナー同士の喧嘩は醜いですね。
噛まれて腹立たしくなる気持ちは分かるけど、犬を蹴り飛ばすとは・・・
黒い犬の飼い主さんも、放任過ぎですよね。

幸い私の良く行くビーチのオフリーシュパークなどでは、まだ嫌な思いをしたことはないんですよねぇ~。
マウンティングのし合いもたまにあるけれど、乗ったほうも乗られたほうも、自分達で直ぐに解除出来て、遊び続けられる程度なので、ある程度は容認しています。
がっちり相手を押さえて激しくマウンティングしてる場合は、私を含め他の飼い主さん達も、しっかり自分の犬を引き剥がしてますしねぇ。
でも、その時々に一緒になる犬によって、場の雰囲気が異なるってのは分かる気が。
そしてやっぱり、飼い主の気質にわんこも似てきますよねぇ~。

そうそう、大きい子、バーニーズマウンテンドッグに見えたんですけれど、やっぱりセントバーナードくんなんですかね?
No title 
いつも楽しくブログ拝見しています。
セントバーナード君はその子のお名前ですか??
うちは同じ犬種を飼っていたんですが、このバーニーズマウンテンドッグは
元来温厚な性格で、余程の事がない限りけんかをするような性質ではない
ので、余程その大型犬が興奮してランにやって来て、遭遇してしまったんでしょうね。
犬同士のけんかの仲裁はほんと難しい。
下手に手を出すと、いくら温厚な子でもこのような事件は起こってしまうし。
でも蹴るなんて、ひどすぎる。ハプニングなのに、暴力をふるなんて。
許せないですね。


No title 
若いとエネルギーも余っているしドッグランに連れて行きたいのは
分かるけれど、しっかり他でお散歩させてある程度疲れた状態で連れて行った方がいいのでは?!って思いますよね。
黒い犬のオーナーさんタイプ居ますよ、公園にも!
全然犬の気持ちがわかっていないので、見ていてハラハラしてしまいます。

オンリード対オフリード、この状態は難しいです。
オンリードの子は逃げられない分、いきなり大型犬に来られてパニックになってしまったのかな。
オーナーさんがちゃんと管理していれば防げたのにね。



Re: No title 
> 昆ちゃん・ポンちゃんカワイイ様
はじめまして。

我が家の2匹をカワイイと言って下さり、どうもありがとうございます(・´з`・)

はじめましてのコメントもとっても嬉しかったです☆

トロントにお住まいなのですね!
そしてウィートンテリアですか!まだ会ったことがない(のか区別がついていないのか…汗)です!

ドッグラン、客層に左右される気がします。
犬同士はそれなりに折り合いをつけてくれるけれども、人間が…。
ドッグウォーカーが車で犬をいっぱい連れて来て、自分は他の飼い主と煙草吸いながら話に夢中になって犬を見てない…とか==;

犬同士の喧嘩も勿論起こるし(ポン酢が喧嘩したこともあります…汗)だけど、もっと醜いのは飼い主の喧嘩ですよね==;

全くおっしゃる通りです。

ドッグランによって嫌な経験を犬にさせてしまう可能性もありますし、ドッグランには行かせないという人も大勢いらっしゃいます。
我が家も色々考慮して…ポン酢昆布の場合ですが、彼らにはドッグランのマイナスな部分よりも、プラスな部分が多いということで、たま~にだけ利用しています^^

ドッグランでも、駄目な事は駄目、間違ってる事は間違ってる!と言える人間になりたいです。
Re: No title 
> アンディママさん。
まだまだ寒いですよ~。
昨日の夜もちょっと雪が降ったみたいです。

水着とかサーフィンとかありえませんから。笑)

> 確かに、若い大きい子に小型犬はおもちゃにされる感じはありますよね。
> 本人は遊びたがってるのか?もしれないけど、大きさが違うゆえ小型犬が
> ボールになっちゃうというか。

明らかに意地悪な子っていますよね。
まー、でもそれは小型犬を見たことのない犬だったりすると仕方ないのかもしれませんが、それでもオーナーが何も言わないというのは非常に腹が立ちます。

> ドーベルマンカッコいい!きっと昆布ちゃんがいじめられてたらジャクソンも
> 助けに行くと思います(^^)b

ドーベルマンめっちゃかっこよかったですよ!!!
昆布がバーニーズに荒く遊ばれ始めた時も、直ぐに昆布とバーニーズの間に入って、バーニーズの肩に前足をかけてました。もう感動しちゃいました!

> 犬の本気の喧嘩、とめるのも怖いですね。。でもおばさんは飼い主なんだからやっぱり

私も怖いです。
だからドッグランは鍋ヲと一緒に行くんです。笑)
この怖さを克服したいと思っているのですが、、、

でも、このケースはおばさんは自分の犬を制御(リードを持ってました)するので精いっぱいだったと思うんです。
おばさんの方はリードしてたし。
でも逆にリードがピンと張ってしまうのも危険だったので裏目に出てしまったとは思うのですが。

勢いよくハイテンションでノーリードでやってきた大型犬、、、喧嘩になりそう…と私でも思いましたもん。

全く犬に蹴りを入れるなんて…あり得ないです。(ため息)

最近、ポン酢もドッグランで他の犬と喧嘩にならないし、いい感じです^^
昆布も、危ない!と思うと私と鍋ヲの所に逃げて来てくれます。
Re: No title 
> Vitamin Yさん。
バンクーバーも雪ですかー!!
春はまだまだ…ですね。

> ドッグラン、犬同士の喧嘩はさることながら、オーナー同士の喧嘩は醜いですね。
> 噛まれて腹立たしくなる気持ちは分かるけど、犬を蹴り飛ばすとは・・・
> 黒い犬の飼い主さんも、放任過ぎですよね。

まったくおっしゃる通りです、、、

犬同士の喧嘩…させてはならないと思いますが、まぁ、場合によってはあり得るわけで…。
それより酷いのは本当にオーナー同士の喧嘩。。。

> 幸い私の良く行くビーチのオフリーシュパークなどでは、まだ嫌な思いをしたことはないんですよねぇ~。

オフリーシュパークはある程度の広さがあるけれども、ドッグランって狭い空間なので何かあった時に逃げ場がないという難点がある気がします。
ケベックにはオフリーシュパークはありません。
暗黙の了解でオフリーシュOKの場所もありますが。

> がっちり相手を押さえて激しくマウンティングしてる場合は、私を含め他の飼い主さん達も、しっかり自分の犬を引き剥がしてますしねぇ。

うちは昆布がチビでよくマウンティングされるのですが、がっちり押さえてマウンティングする時、どうしてもされる側の骨や腰に負担がかかるようなのです。
なので、最近はマウンティングしている犬を引きはがすようにしています。
(飼い主さんで容認してる人もいるので。)
昆布なんて恰好の餌食ですから。苦笑)

> でも、その時々に一緒になる犬によって、場の雰囲気が異なるってのは分かる気が。
> そしてやっぱり、飼い主の気質にわんこも似てきますよねぇ~。

本当にその通りですよねー!
たまーに、不動のリーダー格の犬がいる事がありますよね。

> そうそう、大きい子、バーニーズマウンテンドッグに見えたんですけれど、やっぱりセントバーナードくんなんですかね?

間違ってました。汗)
バーニーズとセントをよく混同してしまうんですー。汗汗)
鍋ヲにも「これバーニーズだよ」更には、マスティフ系の子を「これはケーンコルソだよ」と指摘されてしまいました。汗)

Re: No title 
> andy様

はじめましてこんにちは。
コメントを頂き非常に嬉しいです(・´з`・)

> セントバーナード君はその子のお名前ですか??

ごめんなさい、間違ってました。
私、この子すっかりセントだと信じてしまっていて…。
バーニーズですよね。

> うちは同じ犬種を飼っていたんですが、このバーニーズマウンテンドッグは
> 元来温厚な性格で、余程の事がない限りけんかをするような性質ではない
> ので、余程その大型犬が興奮してランにやって来て、遭遇してしまったんでしょうね。

まさにおっしゃる通りです。
多少は行動や遊び方が荒かったので、昆布もいじめられたりしたのですが決して攻撃的な子ではなかったと思います。
リードを付けて、マズルを装着している途中で、超がつく程ハイテンションでノーリードの犬が入ってきたのです。
そこで喧嘩勃発です==;
なので、どちらが悪いと言われれば、男性飼い主の方が注意不足だったんじゃないの?と思ってしまいます。

> 犬同士のけんかの仲裁はほんと難しい。

本気の喧嘩はひっぺ剥がしてあげないと行けませんが、下手に手を出すと噛まれますよね、、、
本当に難しいです。
プロでもやっぱり噛まれたりもするようですし。。。

> 下手に手を出すと、いくら温厚な子でもこのような事件は起こってしまうし。
> でも蹴るなんて、ひどすぎる。ハプニングなのに、暴力をふるなんて。
> 許せないですね。

止める為に、やむを得ず蹴る…これはあり得るかと思うのですが、喧嘩が終わって、引き離した後に蹴りを入れたのです…。
周りも唖然としていました…。
本当に酷いです。
Re: No title 
>うのままさん。

> 若いとエネルギーも余っているしドッグランに連れて行きたいのは
> 分かるけれど、しっかり他でお散歩させてある程度疲れた状態で連れて行った方がいいのでは?!って思いますよね。

この辺の見極めが難しいところですよね(→㉨←)
社会化…わかるんですけどね。
でも、この子(バーニーズ)多少荒いところはありましたが、許容範囲だったと思います。

> オンリード対オフリード、この状態は難しいです。

オフリードの犬は超ハイテンションでしたから、、、
物凄い勢いで入口に入ってきて…喧嘩勃発。
やっぱり…ってな感じでしたよ~、、、

> オーナーさんがちゃんと管理していれば防げたのにね。

全くその通りです!
入口だってすぐ近くにもう一つあるのに。

自分の犬は喧嘩しない、噛まない、大丈夫って、条件がそろってしまえば喧嘩したり噛んでしまったりすることもあるのに…と。
しかも自分の犬も攻撃しているのだから、相手の犬だけを責められない状態だったと思います。
あー、酷い!!
No title 
うーーん。うちもうみがケンカ売るからあまり言えないけど(汗)
オフリードでないところからオフリードできて、
で、リードをすでにつけている子って思うにつけていないときより
なぜか警戒しちゃうからその辺をちゃんとわきまえて
てか、そいつら(若い男2人)勉強たらんな、、、
しかも犬を蹴るなんて、自分の犬が同じ子とされたらどー思うのか
わかってないし、、、蹴られたオーナーはそら、怒るわ。
んで、ケンカが始まった責任はどっちにもあるからどっちも謝れ!!
蹴られたバーニーズがこれでトラウマにならなければいいけど。。。
ほんと、飼い主の行動(しつけも含め)次第で犬も変わるから
飼い主がしっかりしてないとケンカ絶えないよね。
そしてそんな場面に出くわすときまって
後味悪くてその後ドヨーンとなるんだな・・・はぁ~
Re: No title 
> woceanさん。

>うーーん。うちもうみがケンカ売るからあまり言えないけど(汗)

、、、、(汗)
うちもポン酢の事があるのですが。(滝汗)

でも、まさにwoceanさんのおっしゃる通りで、リードを外して興奮状態でゲートをくぐらせるんですもん、、、
バーニーズの様子もずっと見ていたので、他人の私も「やばいよ!」と思った次の瞬間の出来事でした==;

でもでも、喧嘩が起こってしまった場合、自分の犬も攻撃してるんだし喧嘩両成敗じゃないけど、どちらも悪いと思うんですよね、、、(程度の差はあるかもしれないけど)
もっと冷静になれないものか、、、と。
そりゃ痛かったと思いますよ~。

蹴られたバーニーズのオーナーは、怒鳴られて悪態つかれて、ちょっとだけ言い返してはいましたが、茫然という感じでした。彼らが去って、自分の犬を怒ってましたが、きっとランにいた人はバーニーズのオーナーの方をかわいそうと思ったのか、「大丈夫?」と声をかけてました。
バーニーズは怒られながら、きちんとお座りして、マズルを付けられていましたよ~、、、

かたや、別の日にはゴールデンとピットブルが喧嘩になってしまって、まぁ、大事には至らず、飼い主がひっぺはがすことができたのですが、この飼い主はどちらも「大丈夫?怪我はしていない?」って声をかけあっていて、そうあるべきだと思うんですけどね、、、

かくいうわが家も擦り傷ですが流血騒動2、3回経験しておりまして、気をつけています。。。
どれも皆飼い主さんが(1度だけ無視されたけど。でもその人、興奮した自分の犬に噛まれたんですよね…。)良い人で助かりました、、、

皆で利用する場所だからこそ、うちも気を付けないと、、、
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS