鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

04

Category: チャップリン。(実家のシーズー)

Tags: ---

Response: Comment 14  Trackback 0

老犬、覚醒。それと膿皮症・・・。


夕方も大事なお仕事の為に覚醒するチャップリンです。

夕方になると、父が仕事から帰ってきます。

02291207.jpg


その時間が近づくと、居間のピアノの横、玄関先を見渡せる窓、
ブラインドを押し上げて鼻息荒く外を覗いて父の帰りを今か今かと待ち焦がれるのです。

02291208.jpg

出張などもあり、毎日帰ってくるとは限らないのですが、
それはそれは執拗に窓にへばりついています。

02291209.jpg

若い頃とは違い、歓迎の仕方も変わりましたが、父が帰ってくると、
取り敢えず父に抱っこしてもらいたいチャップリンは父のストーカーと化します。

父も気まぐれなので、そんなチャップリンを抱っこし忘れることもあるのですが、
チャップリンが切なそうに父を後追いする姿を見ているとこちらが泣けてきます

今はもう段差を上る事が出来ないので、自力でソファに上がることはしないし、
上がりたいそぶりも見せません。
が、父がソファに座ってテレビを見ている時などは、一生懸命父の膝に上ろうと
頑張ったり、せがんだりしています。
以前は、父の膝どころか、ソファの背もたれでくつろぐこともあったのですけど。




さて、チャップリンは耳は遠いけどまだ聞こえているし、白内障はあるけどまだ
辛うじて見えているし、関節炎で関節曲がってるけど歩いているし・・・なのですが、
この頃膿皮症の症状が表れ、酷くなっていました。
ほぼ全身です。
細菌に感染しているとのことでしたが、詳しい検査は老犬にはあまり意味の
なさないことでもあるし、うまく付き合っていくしかないような感じです。
免疫力が低下している老犬だから治り難いのかもしれません。

元々若い頃から、ニキビのような湿疹のような物が皮膚にボツボツできることが
あったのですが、最近では全身にニキビ状、もしくは下の写真のようなイボ状の
ボツボツができています。

hotspot1.jpg

全身、目の横も、顔も、背中も、触ると痛いのか気になるのか、
あまりからだを触られるのが好きではなくなってしまいました。

膿皮症は、私が帰省している間、前足が酷いことになってしまい、
肉球が通常の2倍にまで腫れ上がってしまいました。
獣医さんにステロイドと抗生物質を貰い、今度はあ!っという間に
腫れはひきました。恐るべしステロイド。

02291203.jpg

そんなわけで、顔も膿皮症で、イボもあり、目元の毛などを切りたいのですが、
痛いのか、大変暴れるので触れません
何が怖いかと言うと、心臓病も進行しているので、暴れる=心臓も暴れる、
その結果ポックリ・・・なんて事があるのが非常に怖く、トリマー失格ですが、
結局ほとんど触れず仕舞でした。
きれいじゃなくても、目が見えてればいっかー(∴゚:∀:゚`∴)))と。

また、獣医さんに、チャップリンの毛を切ったり触ったりしたハサミやブラシを
他の犬に使うのはお勧めしないと言われてしまったので、持って行ったハサミも
ほとんど出番無しでした

多少きっちゃないお顔でもやっぱりかわいい、チャップリンなのでした。



よろしければ1クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
ステロイドは効くけど獣医が迷ったあげく出してきたり
やっぱり様子見ましょとか・・・ 効く薬って有難いけど気色悪いわ
治りにくいのは進行も遅かったりするからだましだましやってくしか・・・ねー。

チャップさん、真珠みたいな毛色ですよ (高齢なので敬語?)
目見えてりゃ上等です。 悩殺モノですよ   (誰を?)
 
皮膚の状況は痛々しいですね( i _ i )
ステロイド、抗生物質・・・・
病気とうまく付き合うには必要な時もありますよね。

お顔きれいですよ。
彼女の事も気になるし
お父さんの事も気になるし
まだまだ心は元気 ^^*

 
チャップリン、かあいいv-238
お顔、とってもキレイじゃないですか。
年取ると、イボイボ出てきますよねぇ。
毛の中にイボが見えると、何だか「がんばってきた証拠よ~」って感じで愛しくないですか?(え?ナイ?)
でも、ウチのハゲ犬がイボイボになったら、超キモチ悪がられる(主に私に)だろうなぁ。
Re: タイトルなし 
> くろはちさん。
私は二十歳超えて医者も治らないと断言する結構酷いアトピーになって、だましだましステロイドで治った人間なので、決してアンチステロイドではないのですが、やっぱりこうして効果の速さを目の当たりにするとビックリしてしまいます。
犬は小さいし・・・。
だけど・・・寿命を考える、生活の質を考える、と、早い効果のあるステロイド、致し方ないんじゃないかな、と思います。
ゆっくり経過観察なんて言ってられないですもん。
痒いまま、痛いまま老後を送るなんてかわいそう。
若ければ、この皮膚病の原因を追究して・・・ってこともするかもしれませんが、両親も獣医さんも、それは望んでいない&勧めない、なんかそれも分かるなーなんて思いました。

真珠みたいだなんて本当にありがとうございます。
チャップの毛は本当に美しくて艶やかだったんです。
今はハゲハゲ。
肌はボツボツがいっぱい。
でも、こうしてよその人にもきれいって言ってもらえると嬉しいです。

目も白内障が出てきたのは10歳ころだったと思いますが、まだ見えてるんですもん、凄いでしょ!笑)
Re: タイトルなし 
> あんちゃんママさん。
これが若い犬だったら、皮膚病の原因を探って、根源から治療しましょう!時間をかけても根こそぎ退治しましょう!ってなるかもしれません。
でも、もう15歳・・・。
痒い・・・痛い・・・気持ち悪い・・・それよりも体に多少毒でも即効性のあるステロイドに頼るのも致し方ないですよね。
かかりつけの獣医さんが、動物よりの治療をして下さる獣医さんで、両親が信頼している、というのもあります。

> お顔きれいですよ。

ありがとうございます。
食べかす?と思って取ろうと思ったら、膿が乾いたもので取れず、ハサミで切ろうとしたら命がけで暴れるのでそのまま放置してあります^^;
その根っこからもまた新しいボツボツが出来ていて。
切りたいけど、ポックリ逝かれたら嫌だ~って切れなかったんです><(トリマー失格!)

父を追う姿は仔犬の頃となんら変わらず^^
そして、ハッピーちゃんに出会った直後のチャップリンは本当に若返ったみたいだったのです^^
Re: タイトルなし 
> えびしさん。
ありがとうございます♥

もう本当よぼよぼ~のじぃさんになってしまったのですよ。

イボイボは割と若い頃からだったのですが、年取って全身、しかもイボの種類も何種類かあって><
仕方ないですよね~、、、
皮膚の炎症は臭うし^^;
それでもかわいい!って一緒に寝てましたけど。笑)

> 毛の中にイボが見えると、何だか「がんばってきた証拠よ~」って感じで愛しくないですか?(え?ナイ?)

なんか、すっごく嬉しくなるお言葉、本当にありがとうございます!!!

> でも、ウチのハゲ犬がイボイボになったら、超キモチ悪がられる(主に私に)だろうなぁ。

あはははは。笑)
えびしさんの言葉の裏にはたくさんの愛や慈しみがあるんですよね~。
そこが好きです。笑)
 
膿皮症って言うんですね、あのイボイボ。

ご近所の犬でやっぱり同じようにイボがたくさん出来ているワンコが居て、やっぱりちょっと痛々しくてかわいそうですね。

私は昔から猫よりも断然犬派なんですが、やっぱりワン様の良い所は、ご主人が帰ってくると必死について周って喜んでくれる所ですね♪♪
 
そっかぁ。こればっかりは年もあるし仕方ないですよね。
でも私も別に目が見えてればそれでいいんじゃ?って思います。
あんまり無理して心臓に負担かけても・・・ねぇ。
しかも大好きなお姉ちゃんがいきなりトリマーに変身ってのもびっくりするだろうし。
振り返るチャップリン、かわいいですよ♡
 
でも、チャップリンの可愛さは健在ですね♡
胸がいっぱいに 
チャップリンちゃん、お父さんを待っている姿に
胸が詰まります。お父さんが大すきなんですね。
ワンコはひたすら飼い主を待っていてくれる(涙)

チャップリンちゃん、これからも元気で少しでも
お父さんお母さんと一緒の時間を過ごして欲しい
です。
Re: タイトルなし 
> Aceさん。
イボイボはこれまた色々名前があって、膿皮症は、最近によって引き起こされる皮膚の症状みたいです。
膿が出てきて、皮膚も乾燥してるのにベトベトしている感じです。

犬種にもよるみたいですが、年取ると、ボツボツ出てくる子結構いるみたいです。
チャップはその中でもかなり大量発生しています^^;

帰宅時に愛犬に歓迎されるって、本当に嬉しいですよね^^♪
こんなに今まで歓迎されたこと、人生でないよ!というくらい歓迎してくれますもん。
Re: タイトルなし 
> moiさん。
チャップリンって、若い頃トリミングサロンに行く度に豹変して帰ってきて、凶暴になっていたのです。
何度行っても駄目。飼い主が触れないほどだったし、シッポの毛を食いちぎるので、家トリミングになったのです。
飼い主ならOK(だった)という、我侭な子にしてしまったのかなー?!とも。

目が見えるとは言え良くは見えていないから、目の前をシャキーンシャキーン!となにやら光る長いハサミが動くのって、嫌なのかもしれないです。
あとは、顔全体も皮膚病が進行してるので、触られるのも嫌なんですよねー><
心臓病がなければ、挑戦したかもしれないけど、ポックリ逝かれても困りますもんねー。苦笑)

うちのお客さんたちは獣医費用をケチる人が多いので、自分の犬が心臓病とかちょっとの症状なら知らない人も多いんじゃないかと・・・。
そしてトリミング中に何かあったら怖いなーと、ますます注意しようと思った帰省でもありました。
Re: タイトルなし 
> 麦母さん。
かわいいと言って頂いてどうもありがとうございます♥
Re: 胸がいっぱいに 
> ちょがさん。
チャップリンはむかっしから父のことが大好きで大好きで^^
単身赴任中とかもあったのですけど、とっても忠誠心が厚い子ですよー!
見てるとこちらが切なくなってきます。笑)

本当に、ゆっくりゆっくり楽に年取ってもらいたいです。
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
23
24
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS