鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

10

Category: カナダ生活。

Tags: ---

Community: テーマ-ワンコ日記  ジャンル-ペット

Response: Comment 8  Trackback 0

家を買う-その1-


この夏に引っ越す予定の家。

02211102.jpg


。。。。。。。。。。。。。


















大嘘。


エイプリルフールでもないのに、しょうもない嘘をついてごめんなさい。
写真は義兄夫婦の豪邸です(∴゚:∀:゚`∴)))
我が家には一生かかっても無理です。





さて、今年家を購入し、夏頃に引っ越す予定なのですが、
家探しについてと言う、たまには犬ネタを離れたカナダ(ケベック)情報らしきものを
独断と偏見だらけで提供してみたいと思いますヾ(´∀`○)ノ




カナダと言えば、ちょっと前にオリンピックが開催されたバンクーバーや、
一番の大都市トロントなんかも家や土地の値段があり得ない程高騰しておりますが、
モントリオールもそこまではいきませんが、同様のことが言えます。つまりバブル。

日本と違う点は、古い家にも関わらず、かなりの価値が付けられている事ヾ(´Д`;●)
家やコンドミニアムを売る事により、利益を出し、更に良い場所へ…と
確かに不動産という財産ではあるのですが、かなり皆さんポジティブに考えているのに
非常に驚きました。

最初はそのポジティブさに違和感を抱き、家を購入することに対して家庭内で
温度差があったのですが、不動産という財産よりも、自分達がどのような生活を
今後送っていきたいのかということを考えての家購入に至りました。


仕事の都合から、モントリオールに毎日通える場所でなければいけません。

そうすると、モントリオール『郊外』
モントリオールの家の値段も高いですが、郊外もなかなか高く、
私たちの希望金額内では、なかなか家探しも大変だったのは事実です(´;ω;`)

我が家は、不動産のホームページから家を探し、不動産屋とコンタクトを取り、
家訪問ということを繰り返していました。

あり得ない!!と思う家にも多々出会いました(∴゚:∀:゚`∴)))
どうして、こんな今にも朽ち落ちてしまいそうな家に2千万近くの価値が付くのか…
どうしても腑に落ちない家にも出会いました。それはそれでおもしろかった。



実は今年の2月に内覧した家がありまして、そこはモントリオール北東郊外、
車で30分ほどの街の、静かなエリアにある古いこじんまりしたログハウス風の家でした。
土地がまた広く、なんと25000PC(平方フィート)=2323平方メートル。
土地(庭)が川に面しており、典型的な郊外の家がひしめく様子もなく、気に入り、
オファーを出し、色々あったのですが、オファーが受理されすっかりうきうき気分の私たちに
保険会社より「待った!」がかかりました。

これは、今にして思うと、保険会社には大感謝です、、、

なぜ待った!がかかったかと言うと、この家は、ちょっとした斜面に面していまして、
川にも近く、去年も、ケベック州では某モントリオールの郊外の街で雪解けと共に
川が氾濫し、家々が床下&床上浸水の被害に遭っています。
ちなみに、このように浸水の被害に遭ってしまうと、その後家を売る事はできなくなります。
恐ろしい話です…。
この浸水を懸念…ではなく、土地が地すべりをしないかという証明を出すように言われ、
売主と話をし、専門家に土地の検査をしてもらったところ、近年審査基準が厳しくなった
事もあり、なんと、この家の土地は『危険』という正式の書類が発行されてしまいました。
それでも、この調査をした専門家は「だからと言ってリスクがあるわけじゃないし、ボクなら
この家を買う」なんておっしゃっておりましたが、ボンビーな鍋家は、そのようなリスクは
負えません(ι´Д`)ノ



そして、今住んでいるアパートの更新の時期とそれが重なり…。
アパートの大家に、うっかり鍋ヲが「家を探している」と口を滑らせてしまい、
大家からは「更新して突然テナントが出て行くのが一番困るし面倒くさい」と言われ、
一方的に「更新しません」と書かれた書類が送られてきました、
更に一日に何度も「書類はまだか」と督促されるもので、
鍋ヲが立腹し、アパートは更新しないことに。。。

つまり、この段階で、私たちは犬連れで7月からホームレス。。。
他の都市はどうかわかりませんが、モントリオールで犬連れ賃貸、法律的には合法だけど
かなり物件を探すのは難しいのです。
2年前にここに引っ越す際、その当時はポン酢と昆布=小型犬2匹でしたが、
アパート100件以上電話をかけました。大体90件が犬は駄目、もしくは1匹小型犬のみ、
OKをくれた家はとてもじゃないけど住めないような物件でした。
結局親戚のツテで現在の大家さんを紹介して貰い、本来犬は絶対不可の物件に
特別入れてもらったという経緯があります。
それも3匹…((´д`●))
丁度、日本から戻ってきた直後で、私のホームシックに拍車をかけた出来事でもありました。


そんなわけで、かなり精力的に家探しを再開し、非常にストレスフルな2週間ちょっとを
送ったのでした。

ストレスフルとか言っておきながら、2週間で家が見つかりました。

しかも、それまで全く目を付けていなかった地域にて。

その辺の事情を含めて、次回へ続く。

0407101201.jpg




よろしければ1クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
我が家も今の家を売って、ステップアップなんて考えちゃいません(笑)
が、しかし、確かに今の家を買ったときよりかなり家の値段上がっているようで、嬉しくはありますが、それでも売る気全くなしデス。
はじめまして☆ 
こんばんは
1カ月くらい前にブログを読みだしてから、今着々と全読に向けて過去記事から読み進めて行ってます。ドッグランや犬カフェの情報もかなり
嬉しいです!我が家でもこんちゃんの写真でいつも和ませてもらってます☆

うちもシーズーがいて今回アパートへの引っ越先を見つけるのが大変でした、、、家に関しても、(周りのカップルがどんどん家を買っていくので)かなり興味があるのでこれからの更新も楽しみにしてまーす!!!
 
義兄夫婦の豪邸、以前にもブログで見た事がありますが、ほんとすげー豪邸~! トロントなんて今、家の値段がすごい事になっちゃってますよ。近所の古ーーーーーーい家が1億近いです。。。Ace家が一軒屋を買う日は遠ざかるばかり、、アハハハ、、、

蝶ネクタイ、可愛い~~~♪
Re: タイトルなし 
>woceanさん。
我が家は必然的に家族が増えることがあれば、やどかりのように次の家を探す必要がありますですーヾ(´Д`;●)
それか増築か…。
ま、その時に考えます。w

自分の家の価値が上がるということは、他の家の価値も上がってるというわけで、、、
自分の家を売る=他に家が必要、つまりもろ手を挙げて大喜びはできないんじゃないかなーと思うんですけどーー;
しかし、義姉カップルは、5、6年前に買ったモントリオールのコンドが物凄い価値になっていて、今家を新築中ですが、なるほど、これが「成功例」か、と思う次第です。
しかしこのバブルも異常ですよねー((´д`●))
Re: はじめまして☆ 
> akariさん。
おはようございます。
ブログを見つけて下さり、またコメント頂きどうもありがとうございます!
とても嬉しいです^^*

アパートは大変ですよねー。
我が家も本当に2年前大変でしたΣ(ノ´*ω*`)ノ
アパートが無事に見つかったということで、良かったです!

そうそう、早速ブログへお邪魔致しました!
でんでんちゃん♥
ちょっと寂しそうな顔をしてる、と思ったらそのような経緯が…!
またブログちょくちょくお邪魔させていただきます^^
Re: タイトルなし 
> Aceさん。
すっごい豪邸ですよーΣ(ノ´*ω*`)ノ
家計を覗いてみたいと思わずにはいられません。。。

モントリオールも一軒家…だけではなく、Plateauという元々歴史的には労働者階級(低所得者)が住んでいた地域があります。所狭しとDuplexが立ち並ぶ地域で、独特の地域なのですが、近年アーティスト等が住むようになり、ぐんぐん地価が上がり、ものすごいことになっています((´д`●))
一軒家でもなく、古いDuplexがーーーーー?!?!?!と。
だけど、そういう場所にお金を出しても住みたいという人が沢山いるわけで、これはもう個人で求めることが違うんですよね。(我が家は求めたとしてもお金が出せないので無理^^;)
まんまと・・・・(笑) 
もぅ!! 大豪邸をみて、まんまと騙された~!!
ぎょぇーーーーっとなりました!!
それにしても・・・お義兄様宅の凄い事。
トイレが・・・・・日本の一部屋ありますもんね~~~(笑)

お家が見つかって良かったですね。
ワン達と暮らすことになるお城。 
どんなふうに手入れをして、楽しく穏やかに暮らしていくか?
考えるだけでワクワクですね♪
でも一番大切なのは、どんな素晴らしい建物で暮らすかではなく、
その家の中で 家族がどのような心持で暮らすかだと思います。
家族元気で仲良く楽しく暮らせる事。それが一番[腟究��絖�:v-22]
Re: まんまと・・・・(笑) 
> kuri隊長。
うしししし。騙されていただけましたか?!笑)
ぎょえーーーですよ。本当、ラーフラもびっくり~!笑)

家見つかって本当に良かったですヾ(´Д`;●)
が、初めての郊外ライフ…どうなることやら…不安もいっぱいですが、ワンコ達との生活を考えると、絶対良いはずだと信じて、、、

> でも一番大切なのは、どんな素晴らしい建物で暮らすかではなく、
> その家の中で 家族がどのような心持で暮らすかだと思います。

隊長のお言葉、胸に染みます。
その内ブログにも書くかもしれませんが、郊外ライフ、結構反対意見が多いんですよ。笑)
それから、郊外で住むことが「モード=流行」だと考える人もいて。
お洒落とか、見た目とかステイタスじゃなくて…どう生きるか、どう生きたいかが大切だと思うんですけどねー。
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS