鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

04

Category: 動物愛護。

Tags: ---

Community: テーマ-ワンコ日記  ジャンル-ペット

Response: Comment 6  Trackback 0

迷子犬に出会ったら…


06021201.jpg


迷子犬や捨て犬を見つけたらどうしよう。
とは常々思い、時に後悔も経験しているのですが、
自分の置かれる状況を考えると、これ!という答えは出ません。


犬を見つけた場合、犬を見つけた場所(市や地区)によって、連絡先が異なります。
SPCAだったり、悪名高き動物虐待いい加減なBerger Blancだったり…。

私の現在の居住地区、またよく遊びに行くTerrebonne、そして勤務先の地域は
連絡先がBerger Blancです。
1度Berger Blancに迷子犬を引き取りに来てもらったことがありますが、
人道的という言葉が一切ない、とても事務的で、犬へ一切の慈悲がない、
最悪な経験でした。

最近友人がやはり迷い犬を見つけてしまい、Berger Blancに連絡せざるを得ない状況になり、
彼女は一部始終を見て、深く傷ついていました。

06021202.jpg


サロンの方針はどうか、ということを先日ジョジアン(オーナー)と話し合いました。
冷たいようだけど、動物愛護団体でもレスキュー団体でもないので、どうしようもない、
Berger Blancに連絡するしかない、との結論でした。

サロンは建物の1階にあり、上は普通のアパートです(それもモントリオールにありがちな
古い物件=音が響く)。
なので、夜に吠えると困る。
また一番はお客様のワンコであり、吠えたりしてお客様のワンコにストレスを与えるわけにも
いかない。

冷静に考えるとそうそう、そうだよなーと思うし、割り切らねばならないとも思うのですが、
実際物事が起こるとまた全然違う思いが芽生えます。


去年、お客様が迷子犬を見つけてサロンに連れて来られたのですが、
ジョジアン(オーナー)の決断により、Berger Blancへ連絡し、
大変後悔したのでした…。
結局この子は、飼い主さんがBerger Blancに行って事なきを得たのですが…。
(奇跡中の奇跡だそうです・・・)



06021203.jpg



そして、今日、一本の電話。

「ラサアプソっぽい犬を見つけて、トリミングもしてるみたいだし、
 捨て犬じゃないと思うんだけど、どうすればいいかなー?」
と。

「見つけたのが、この地域ならBerger Blancが管轄です」
と答えた私。

その5分後、激しい後悔に襲われ、やきもきして、もう一度電話を掛けてきた
男性に電話をしました。

「トリミングをしている犬なら、もしかするとうちの店でトリミングしていて、
 もしかすると覚えている可能性もないわけではないから、
 連れてくることは可能ですか?」

と。

外見とは違い、本当に良い人で(だから外見判断は駄目!)
直ぐに連れてきてくれました。

けど、私には覚えの無い子…。
トリミングから大分時間が経ってるみたいだし。。。

インターネット上に、迷子犬や猫の情報を載せシェアできるページがあるのです。
が、この男性は家にインターネットがないということ。

では、私が変わりに管理者に連絡を取ってみましょうか?

ということで、電話番号や名前等、個人情報を教えて下さいました。



私、この男性に電話を掛け直した時に、1週間くらいならうちに連れて帰る覚悟もしたのです。
だけど、吠える子だったらまずいなーとか、引越しがあるしなーとか、
モヤモヤしたのも確か。。。

彼にどのくらいの期間、この子を家に置いておけるのか聞いてみたら、
既に彼の家には2匹犬がいて、あと1ヶ月くらいなら何とかなるとのことでした。

凄い!!!!!
あなたは本当の犬好きだ!!!!!!!
だなんて、感激しました。


既にこの子は、この彼に懐いていて、言う事を聞くし、
全然吠えもしないのです。


早く飼い主が見つかりますように・・・・・・・・・。



そして、今日出会った迷子犬の情報です。

載せてもらった迷子犬の広告。


06021204.jpg

ケベック州内で迷子犬や猫を見つけた、
自分の犬や猫が迷子になってしまった、
http://petluck.ca/

というウェブサイトがあるのですが、このHP上とFacebook上で情報を
シェアすることによって、飼い主の元へ戻る例が結構あります。

また、このウェブサイトの管理人はボランティアでやっているようなのですが、
物凄く行動が早いです。
今日もメールを送って5分後には広告が掲載されていました。


ちなみに先述のBerger Blancに迷子犬や猫を引き渡してしまった後は、
飼い主以外は犬を引き出す事ができません(証明が必要)
また、たとえ見つけた人間だからと言え、その後家族が見つかったか等
一切の質問には答えることはしない、という方針だそうです。

今、ケベックは引越しのシーズンです。
同時に、捨て犬捨て猫でシェルターが大繁盛する時期でもあります。






よろしければ1クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
迷子ちゃん、可愛い子ですね。
拾われたのがいい人で本当に良かった。
早く飼い主が見つかるといいけど・・・。
Re: タイトルなし 
> woceanさん。
かわいい子でしたよー。
まだ数日しか経過していないのに、一緒に暮らしているおにいちゃんにベッタリなのも、いい人に拾われたね~と思いました^^
飼い主が探してくれていれば良いんですが、、、
 
これって難しいですよねぇ。
地元の保健所が良くないんじゃ困るわ。でも飼い主さんは最初にそこに問い合わせるだろうし。
ウチの地元のシェルターは殺処分がないものの、数ヵ月するとSPCAと犬の交換をする事もあるから(里親募集の露出を多くする、という言い訳!)絶対に命の保障があるわけではないです。
一度、個人的に知ってしまった犬は、そういう危険にさらすのイヤですもんね。
他の市には独自のノンキルシェルターもあり、そういう所なら命は安全だけど、飼い主とすれ違いになるかもしれないし・・・。

以前拾った犬は、とりあえず自分で預かって地元のシェルターに連絡だけ入れておいたら、幸い飼い主さんもシェルターに連絡をしてきたので無事に返せました。でも長期で預かっているわけにもいきませんもんね~。
迷子犬情報のウェブサイト、公的機関(保健所等)が関わってくれると安心なんですけどね。絶対拒否するだろうな、SPCAは。
Re: タイトルなし 
> えびしさん。
以前も、Berger Blancという施設に犬を引き取ってもらった後、鍋ヲと話し合って、今度の時は犬は我が家でちょっとの間預かろうって話したんです。
が、鍋ヲがTerrebonneの空き地を散歩中に大型犬を見つけて、ポン酢昆布どころか、カツオともあまり合わない元気みなぎりすぎる子で…。「連れてかえるのは無理、Berger Blancに最終的には連絡する」と…。
ホントウ難しいですヾ(´Д`;●)
大豪邸に住んでいるならまだしも、、、ちっちゃなアパートだし…。

Berger Blancという施設は、飼い主が問い合わせても、既に遅かったり、管理が杜撰すぎて本当はそこにいるのに「いない」と言われたり、勿論内部は見せてくれないとか、本当問題だらけのあり得ない団体です。
潰れてしまえ!という運動も盛んですが、潰れた場合、じゃー、捨て犬や捨て猫、迷い犬迷い猫はどこへ行くのか?!という大きな問題が…。

SPCAもNON KILLではないですしね、、、

そうなんですよ。勿論全ての犬猫を助けるのは無理!!!
だけど、出会ってしまった子はやはり助けたいと思ってしまいます。
今回、本当に良い人に拾われて、この子は幸せですし、私もラッキーでした。

> 迷子犬情報のウェブサイト、公的機関(保健所等)が関わってくれると安心なんですけどね。絶対拒否するだろうな、SPCAは。

そうなんですよねー。
しかも、ネットは、例えば私の勤務先のある地域=低所得者層が多い、ネット環境がない人が多いんですよねー。
あとは年配の方の犬猫…。
「あーいなくなっちゃったわー」くらいで探していなかったり・・・。

犬飼い猫飼いの間でも温度差が非常にありますよね。。。
 
はじめまして、時々お邪魔して読ませていただいています。
petluckのこと、初めて知りサイトをみましたがこんなに沢山の犬猫が蒸発?!しているんですか?驚きました。
私自身まだここで迷子犬に出会ったことがなかったので、実際どこに連絡したらいいのか考えたこともなかったのですが・・・考えさせられます。
公的機関の人たちは時間きっちりしか働く気ないですしね。
貴重な情報ありがとうございます!
ところで、私の幼馴染が日本でトリーマー(グルーマー)しているので彼女にも鍋コさんのブログを紹介してみます。
今後共よろしくお願いします。
Re: タイトルなし 
> naokozoさん。
はじめまして。

naokozoさん…あ!!!っと直ぐに思いつきました。
私もお邪魔しております。
naokozoさんの書かれるケベックに関するブログは、いつも洞察力が鋭い方だ、と感嘆してしまいます。

petluckに載る子達はほんの一部だと思います。
犬猫蒸発、及び泥棒ということもあるようです。。。
確かに、スーパーやレストランの前に、リードを木などに繋がれたまま放置されている子達も沢山いますからね…。

日本のグルーミングの事情とこちらのグルーミングの事情はかなり異なるので、きっと幼馴染さんもショックを受けられることもあると思いますが(私の技術面、また犬の状態)私も日本のグルーミングの事情も気になって、日本から雑誌を仕入れたりしています。
紹介して下さってどうもありがとうございます^^

こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします!
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS