鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

09

Category: モントリオール情報。

Tags: ---

Community: テーマ-ワンコ日記  ジャンル-ペット

Response: Comment 6  Trackback 0

モントリオールの残念な法律。


犬飼い、犬を愛する身にとっては、酷い法律がモントリオール市に制定されようとしています。


犬が、人間や、他の犬を、いかなる状況、いかなる理由があれど、
噛んでしまった場合、怪我の程度は問わず、犬は自動的に24時間以内に
安楽死されてしまう。



という法律です。



ビックリしちゃうヾ(´Д`;●)
短絡的すぎるわーぁ。


だけど、某大手新聞社のウェブサイトの世論調査では、7割近くの人間が
『賛成』と言っています。


先日、Wiccaというピットブルが安楽死させられました。
誰も訴えを起こしていないのに。
それも、証拠は写真一枚。
これは本当に噛んだ…のか?!というような写真一枚だったのですが、安楽死。


上記の法律ができると、噛む以外にも、害を与えた場合、つまりスクラッチ(引っかき傷)も
アウトになるとか何とか。



勿論、犬飼いとしては、いかなる場合であっても、自分の犬が他の犬や人間を噛んではなりません。

だけど、犬は犬。
所詮犬である、という事実もあるのです。




というか、私の腕は傷だらけですけど?????

この傷は、虫刺されもあるけどほとんどが犬によるものです。


引っかき傷、噛み傷。


また、噛まれないようにいつも細心の注意はしていますが、やはり噛み付こうとしてくる犬は
結構多いものです。きっと飼い主様も、まさか自分の犬が…と思われるかもしれません。


実際、いざ!という時に噛み付いてくる犬、お客ワンコの何割でしょう。
きっと驚かれる数だと思います。


どうしても納得のいかないこの法律…。

これで、犬人口を減らしてしまえ、とでも思っているのでしょうか…。



モントリオールに幻滅。
ケベックってやはり動物愛護後進国(州だけど)であります。






ピットブルは危険?

小さい犬はOK?

小さい犬は噛んでもOK、小さい犬はかわいそう、という考えも間違ってるし。

ちょっと私も気をつけねば…で反省しているのですが、足を触る作業は何でも、
パニックになって噛み付いてくるビションの子がいます。
マズルをつけて作業をします。(飼い主様了承しておられます)
ビションにマズル?!?!?!?!
…とショックを受ける人の多いこと。

マズルにも賛否両論がありますが、やはり見た目が…ということで、
ショックを受けられる方が多い。
この子は叫ぶ、吠える、とにかく暴れる+マズル、ということで、
「酷い!あり得ない」と通りすがりの人に言われてしまいました。
(サロン内丸見え)

しかし、では、これがピットブルとか、ロットワイラーとかだったら、どうなるのでしょうか?
マズルして作業してもOK?
寧ろ、私がかわいそう?気の毒?



ちなみに、爪切りを嫌がる犬はお客ワンコの8割以上に上ると思うのですが、
うちの店は大型犬も多いですが、大型犬で噛み付いてくるワンコは、
あまりいません。小型犬の方が噛み付いてくる可能性が断然高いです。



驚いてしまうのですが、ケベック州では、毎日450件程の犬の咬傷事故があるそうです。

ところで、1964年以来、カナダでは48人が、犬による咬傷事故で亡くなっています。
その内、いくつのケースがピットブルによるものだったか…?
48件のうち1匹が、ラブラドールとピットブルの雑種によるものでした。

ケベックでは4件犬の咬傷事故の死亡事故がありますが、3件がハスキーによるものです。

2003年、カルガリーで調査されたものによると、272件の犬の咬傷事故に関して、
17.3%がジャーマンシェパードによるもの、対してピットブルは5.1%だったとか。

同じく2003年、英国での調査によると、重大な咬傷事故のうち、24%がジャーマンシェパード、
危険ということで禁止されている犬種(ピット、ロットワイラー、ドーベルマン)によるものは9%。
また、コッカー、ジャックラッセル、ラブラドール、コリーが、最も咬傷事故を起こしている、
ということも結果として出ました。

詳しくはこちらのページより。


日々植えつけられるイメージって凄いし怖い。

まさかコッカーが噛む?!あんなにかわいいのに?!
ラブラドールなんて友好的な犬!!
ジャーマンシェパードは、警察犬としても使われる勇敢で賢い犬!!


ピットブルは獰猛で意地悪で怖い犬。


ビションはふわふわ白くて小さくてかわいい犬。




ある程度の性質は犬種の持っているDNAが関係してくるのだろうけど…
人間と同様、育った環境に大きく左右される犬の性格。
また、人間は、道を改めよう、と思えるけど、犬は思わない。
つまり人間によるところが多いんじゃないかと思うんですけどね。



何が言いたいのか分からなくなり、まとまりがなくなってしまいました。



売られた喧嘩は買っちゃうポン酢。

ごくたまにパニックになるとポン酢を殺す勢いで噛み付くかもしれない昆布。
(そして止める人間が咬まれるかも)

ミスターパニック、ことカツオ。

うちの3匹だけじゃなくて、本当に多くの犬が安楽死させられる可能性が出てしまう
モントリオールの新しい法律・・・。


モントリオールはうちの犬出入り禁止?


・・・なんて・・・


…今日も一緒に出勤しましたが…。


本当に残念な法律です。






よろしければ1クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
本当に残念な決まりです。
そして、決して小さい犬が悪いとか大きい犬が悪いとかではないのですが、大型犬の方が躾がきちんとしている事が多いのも事実の様な気がします。
というのもやはり小さいから甘やかされてしまう。噛みも大型犬に比べったら。と言うのと、言うことを聞かなければヒョイと、抱っこしてその場から離れさせる事が出来るからなのではないかとおもいます。
大型犬はヒョイと抱っこしてなんて無理ですからね。
それに、牙をむき出しても、小型犬と大型犬とではその迫力も違いますもんね。
いづれにしても、飼い主が大きさ関係なくしっかり躾してくれれば問題が起きるとはないのですよね。
そうすることによって、犬も幸せに暮らせると言うことなんですけど。そう上手くいかないの事が非常に残念で仕方ありません。

*決して、小型犬の飼い主の皆さんが悪いと言っているわけではなく、小型犬に目立つということと、もちろん大型犬にも躾をしっかりしていない飼い主も沢山います。しっかり人間が犬との暮らしをバランスよくするのが犬飼の責任だとおもいます。
 
なんと 合理主義の法律でしょうか・・・

大きい犬は絶滅してもいい?
そう聞こえます
非常に 不愉快な法律ですね

ビションは 見た目はおだやか ほわっほわですが 頭がよく しつけるというより 勝手に学習する犬種ですw
なので 無理にしつけると 非常にイライラ犬になるかもとw

小さい犬の方が 噛んだり トラブルが多いのにねぇ
法律作った人は 犬を知らないんでしょうねぇ
変な世の中です
Re: タイトルなし 
>woceanさん。
いつの間にブログお引越しされていたのですねっ!
リンクかえておきまーす!
お引越しお疲れ様でした☆

大型犬を飼う人と小型犬を飼う人、皆が皆ではありませんが、意識や犬に求めることが違っているのかな?とも思います。

我が家ももし、ポン酢1匹しか飼ってなかったら…ポン酢を犬として見る、扱う、犬として考えることしなかったんじゃないかなーなんて思います。甘やかして甘やかして、都合の良いときだけ子供扱いして^^;ってなってたかも。

また、人間もそうですが、犬自身も、体が小さければ小さいほど、恐怖心が大きくなる、キャパシティが違ってくるとも聞きました。なるほどーとも思います。

マズルもねー、小型犬に使うとなぜかわいそう、で大型犬なら致し方ない⇒この考えは間違っていると思うんですけどねーーー。。。
小型犬なら噛まれても大した怪我にならないという認識も違うし。
犬はチワワであっても牙を持つ動物なのですよね。

そして、政治家が何の知識もなく、危険な犬と市がみなしたら殺処分というのも何か間違っているし…。

Re: タイトルなし 
> にあぞうさん。
これで犬の人口(犬口?)を減らせるとでも思うのか?
専門家と吟味した結果…らしいですが、なーんか意味の分からない法律です。

今日もニュースで、モントリオールで「危険なピットブルが2匹飼い主宅から没収されました」って。
その「没収」に警察何人使うの?!という感じでまたその間誰も怪我しなかったらしいです。
何をもって危険なのか、誰が何のために通報したのか分かりませんが、この子達には未来はないでしょう。

> ビションは 見た目はおだやか ほわっほわですが 頭がよく しつけるというより 勝手に学習する犬種ですw
> なので 無理にしつけると 非常にイライラ犬になるかもとw

犬って賢いですよね。
だから、人間が都合よく扱うと学習しちゃう。
ワンコが嫌がる⇒飼い主「あらあら~○○ちゃん~」と抱き上げる、ほー、暴れればやめてくれるのかー。
とエスカレートしちゃうヾ(´Д`;●)

過保護になって社会化をさせないとまたまた問題行動に出ちゃうし。

暴れる、噛み付こうとする、犬にとってはストレスです。
そんなストレスいっぱいの犬ライフは逆にかわいそうだと思うのですけどねー。

法律作った人は、犬なんてどうでも良いのでしょうねー==;
無知な人間でもあると思います。。。そんな人が政治家さんだなんて・・・。
 
BC州で、知人の犬(大人しくて温和なセラピー犬)が、毎年恒例の犬登録に市役所に行ったら、知らないウチに「危険な犬」のレッテルが張られ、登録料金が上がってました。
調べた所、誰かが電話で「あの犬に噛まれた」と報告したのが原因でした。
「はぁ???」って感じですが、医者の診断書もなく何の捜査も行われず、ほんとにクレームの電話一本だけ。もちろん電話の主の情報はこちらにはもらえません。
飼い主さえ翌年まで知らなかったって。あり得ないでしょ???
アグレッシブ犬と認定された以上、セラピー犬としては働けません。
抗議したし、セラピーしてた施設も嘆願書を出してくれたけど、市は聞く耳もたず。犬はセラピーの仕事を引退させられました。
本当に悔しかったけど、老犬だったし、結局その後亡くなってしまったのだけど。

ケベックの「24時間法」じゃ、初めから事実を確認・捜査するつもりはナイ訳ですよね。
誰かが嫌がらせで、「あの犬に噛まれた」って言い張ったら、どうなるんだろう??
恐ろしいですね。
Re: タイトルなし 
> えびしさん。
えびしさんのお知り合いの方の件、許せません…!!

どなたかのコメントへの返信でも書かせて頂いているのですが(えびしさんにもどこかで言ったかも…)鍋ヲの友人が昔ドーベルマンを飼ってて、自分の家のフェンスのある庭に放していたのですが、隣人が子供がいて、犬が嫌いだったのでしょうねり下線の文~。
この子達が石投げたり、叫んだり、ドーベルマンを煽っているのにも関わらず、「隣人の犬が危険」とレポートし、警察が来たことがありました。
ただ、この警察官がとても真面目な人間だったのか(!)犬好きだったのか、警察は30分陰から見守っていたけど、犬は何も悪さはしていない、警察は何もできません。と隣人へ報告したとのことでした。

今日も、ニュースで、モントリオールで危険なピットブル2匹の報告があり、警察官が物凄い数でその家からピット2匹を捕獲しました!!って。。。
詳細はなかったのですが、最後に一行「30分間のこのオペレーション中に怪我した者はありませんでした」だそうです。
この子達はどうなるんですかねー。本当に危険なのか。。。
ピットという段階で、勝ち目はない、らしいですが・・・。

証拠も確認せず、はいはい殺処分、これで犬人口を減らそうという魂胆??…なのでしょうかねー。。。
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS