鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

19

Category: モントリオール情報。

Tags: ---

Community: テーマ-カナダ  ジャンル-海外情報

Response: Comment 6  Trackback 0

モントリオール新たな犬の法律…。


先日、ピットブルテリアによる、咬傷事故?え?本当に咬んだ?
咬んだかもしれない…よくわからないけど、ピットだしー、
危険だしー、見せしめのためにも安楽死にしてしまいましょう、
と言う事件がモントリオール市でありました。

その後、モントリオール市が、

どんな犬種であれ、犬が人間に噛む、引っ掻く等の危害を加えた場合、
安楽死にする

という法律を作るとか息巻いていました。
(その後結局どうなったんだろう…)


モントリオール市内、及び郊外の一部の都市で契約してるAnimal Control、
Berger Blancという会社の問題もメディアにより暴露され、
モントリオール市も叩かれたわけですが、モントリオール市は新たに、
2014年に独自のAnimal Control施設を開設したい、
としているらしい。

23ミリオンドル(2億円ほど?)を掛けての予定らしいですが…。


更に、モントリオール及び、郊外の都市では、各家庭が飼って良い
ペットの数が決まっていたりします。

それに関して、モントリオール市は、Bylaw=法律で厳しく取り締まろうと。
モントリオール市の場合、各家庭、ペットは最大4匹まで、内犬は2匹まで、
という『法律』を作る予定でいるそうです。

そのようなルールは知ってましたが、法律ではなかったと初めて知りました。

この飼育頭数制限の法律の目的は、捨て犬(猫)の数を減らすこと、
危険な動物から市民を守ること、動物の権利向上らしいですが、
あまり納得がいかない…。

唯一納得する点と言えば、飼育頭数を制限することによって、
悪徳ブリーダーや個人での繁殖を制限できることでしょうか・・・?????

分からん。。。
どうしても私には納得できない。

そして、この法律が通った場合、制限頭数以上の犬猫を飼ってる人、
結構私知ってるのですが、それらの犬猫はどうなるのでしょうか?
一時的であれど、不要な安楽死が増えることは間違いない。

もっと他の面での法律を整備するべきではないか?

…と思わずにはいられません。




City wants to impose two-dog maximum for pet owners





ところで、私事ですが、法律で取り締まって欲しいことが…。

車の話なのですが、なんかこの頃、ハイビーム並に明るい、いや、明るすぎる、
白っぽいライトを搭載した車が多いです。
(特にA○di!)
めっちゃ眩しい!
まじで眩しい!!
特にこちらは街灯も少ないし(今日は雨で真っ暗な中帰るの、本当に怖かったです…)
そんな中、あの白いハイビーム並のライトを搭載している車が真後ろにいたり、
すれ違ったりすると、本当にイラッとしますヽ(`Д´)ノ

どうしてあれが標準装備として許されるのか…。

法律で取り締まっていただきたい、と思ってしまいます。



よろしければ1クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
犬ばかり厳しいよね
確かに身近なペットは犬が多いけど。。。
猫に噛まれても破傷風の注射を打つて終りになるのに
猫は噛んでも引っ掻いてもいいけど、犬はダメで
馬に蹴られても人が後ろに行くから悪い!で、馬も御咎め無しだよね

なぜに?犬にだけ完璧を求めるんだろう
本来は犬は噛むことで防御してるのにね

最近家の近くでも土佐犬が安楽死させられました。
この事件は飼い主に問題があったのですが
飼い主の前にブリーダーとかペット販売店にも問題があると思う
土佐犬とは!と、きちんと説明し管理能力を判断して販売すべきだよ

家庭の犬の法律より、業者の指導を徹底すべき!と、大きな声で言いたいけど
その昔 ペット販売を生業にしていたので小さく発言になっちゃうけどね
 
コメントご無沙汰してしまっています!
人間が咬む犬にしてしまっていることが多いのに、、、ね。

何頭とでも上手に暮らせる人もいるし、だめな人もいる。
犬種も危険犬種と呼ばれているような犬でも上手に飼える人もいれば、そうでない人もいる。
結局人間次第。
色々制限してもあまり意味が無いようにも思えてしまいますね。

ペットも人間も幸せに生活するということ考えれば、ペットの数や犬種を特に制限しなくても
必然的に各家庭ごとに数や犬種は決まって来るだろうし、そうでなくてはいけないのだけれど。

頭数など制限することよりも人間の教育?!
人間が犬の行動を読めるように人間を訓練するとか、犬種とか動物物福祉の勉強とか、
動物と暮らし始める前に、始めた後でも知っておかなくてはいけないこと、学ぶこと沢山あります。
Re: タイトルなし 
> きなもっちさん。
猫はそうですよね><
あんなにちいちゃい猫なのに…咬まれたら犬に咬まれるよりも大変なことになっちゃうんですよねー、、、

犬が咬むことに理由があるのに、その咬む理由や状況を調査することもなく、一方的に絶対的に安楽死。
悲しすぎます…。
勿論飼い主が悪いのですが…。

泥棒が入って、犬が泥棒に噛み付いても駄目だとか(アメリカだったか…しかしモントリオールもそうなっちゃいます)

ペット販売も色々な形態がありますよね。
特に今はかなりのペットブームで、一昔前に比べて、かなり酷いものも出てきているのも確かで><
やはり軽い気持ちでは飼ってはならないし、売ってはならないし、飼ってる人間の責任は大きいと思います。
Re: タイトルなし 
> うのままさん。
こちらこそご無沙汰してしまっています。

でもでも、南イタリアバカンス日記(野良ちゃん日記も!)楽しませていただいております!!

本当に、ワンコが噛む場合、人間に理由あり。なんですよね><
だからこそ、いかなる場合であれど、噛まないように気をつけないといけないのですが><

> 何頭とでも上手に暮らせる人もいるし、だめな人もいる。
> 犬種も危険犬種と呼ばれているような犬でも上手に飼える人もいれば、そうでない人もいる。

まさに同感です。

中には…動物愛護?!え?!と、犬屋敷、猫屋敷になってしまっている例もありますが><
こういうのは行政としては普通の多頭飼いと線引きできないんでしょうねー。。。

しかし、モントリオール市のように、このようなルールが「法律」として決められる、ということはつまり、市民が求めていることでもあるのだと思います。
地区にもよると思いますが、モントリオール市は本当にDog Friendlyとは言いがたく感じており、住み難かったのです。
今郊外に移って、遥かに過ごしやすくなっております。

 
そのニュースうちも聞きました。
そしてきぃ~~~!!!と。
なんとも納得のいかない法律・・・・・・・
悪いのは犬ばかりじゃないってことはまったくもって考えていない法律だな。
おかしいよ、それは非常におかしい。
Re: タイトルなし 
> woceanさん。
犬業界にいる人でも…この法律(家庭においての飼育頭数制限)に賛成の人が結構いたりで。
しかしどうしても納得できない。

ベースメントブリーダーとか、パピーミルはどうしたってこんな法律は潜り抜けるだろうし…。
責任持てない人間は1匹でも2匹でも無理。
なんだかなーぁって感じです。。。

そして、、、モントリオール脱出してよかった…と思ってしまう我が家でもあります。

leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10, 2017 < >
Archive   RSS