鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

10

Category: 犬の病気怪我。

Tags: ---

Community: テーマ-ワンコ日記  ジャンル-ペット

Response: Comment 5  Trackback 0

獣医救急外来。


実は、昨日(日曜日)の夕方に、ポン酢と昆布の本気喧嘩が
またしても勃発してしまいました。



この数日、私はとても精神的にダメージを追っており、
心ここにあらずな精神状態だったこともあり、そのエネルギーを
犬達も否応なしに感じていたのかもわかりません。



私はその場を見ていなかったのですが、恐らく原因は間接的には「おやつ」

おやつの「破片」を見つけた昆布、
間の悪いことに、ポン酢はシャンプー後でテンションUP中、
エキサイトして、ダッシュして、昆布の近くに行ったのでしょう。

一瞬のことでした(ま、いつものことです。)

ポン酢と昆布を引き離して…



ポン酢が歩けない・・・_l ̄l●lll



前足(以前喧嘩で指を骨折したのと同じ足)が床に付けない状態。
かなり出血もあり、傷が深い(骨が見える)

直ぐに水で流し(消毒)様子を見たところ、出血は大したことないのですが、
全く床に足を付けない状態。

それが日曜日の夕方17時半。

獣医やってないよー。。。
救急獣医しか・・・。


どうしようか。
翌日(月曜日)は私は仕事空けられないし、鍋ヲも会議があって休めない。
骨は折れてなさそうだけど・・・このまま床に足を付けないまま、
痛みを抱えるのはかわいそうだし、万が一何か問題があったらマズいよねー・・・。



多分・・・人間も犬に噛まれると、傷が痛いというより、その周りの筋肉が
打撲のような感じで痺れたり痛みを感じるので、ポン酢も同じ状態じゃないか?とは思いつつ
しかし痛みを抱えるのはかわいそう(´;ω;`)


・・・ということで、勇気を出して、獣医の救急外来へ行って来ました。




ポン酢はただいま4歳。
なんだかね、この子は毎年毎年数百ドル単位で、事故や怪我で獣医にかかるんですよ…。
去年も今頃、歯折の手術で、600ドルくらいかかったよねー(遠い目)

それが、今年は何事もなく年を越せそうだね(嬉〃∀〃)ゞ
・・・なんて話していた矢先の事でした・・・。


12101202.jpg


12101203.jpg


12101201.jpg



診断はやはり咬傷による筋肉の痛み。
消毒をしてもらって、薬を何種類か頂きました。

今日の夕方にはもう普通に4本足で歩いて、走っており元気です。
今週はアジリティはしないように、とのことでしたが・・・。

また、獣医さんも驚く程、ポン酢の3本足歩行が上手。苦笑)
以前に骨折した際、1ヶ月以上3本足での生活だったからね。

そして、何よりも人間が大好きなポン酢は、
今回初めてお世話になった獣医さんなのに、彼女に別室に連れて行かれる際、
一切飼い主の方は見ずに喜んで別室へ行きましたーー;




さて、今回私たちがお世話になった救急獣医はこちらです。

Centre Veterinaire Laval inc.
4530 Autoroute 440
Laval, QC H7T2P7
(450)781-1200

モントリオールからでも、Lachineの病院へ行くよりは、
近い(速い)場合もあるかと思います。

また、こちらの獣医は、平日は夜の22時まで、
週末は17時までは、通常の診察料(62ドル+消費税)で診てくれるそうです。

ちなみに今回の請求額。

診察料 $125.00
薬3種類 $89.09
消費税 $32.07
=================
$246.16


当初、縫う可能性を言われていて、その値段が450ドル+薬+消費税だったので、
思ったより安く済みました(棒読み。。。)


そして、今年の私たちのクリスマスプレゼントは、これで消えました(遠い目)


毎年のポン酢の予期せぬ獣医費用。
これはジンクスになりつつあります。。。
来年、もしもポン酢が獣医に予防接種以外でかかることがなく
一年を終えることができた暁には、犬達に250ドル相当の肉でも
プレゼントしたいと思います・・・・・・。






まじめにまとめ。

喧嘩。

本能の喧嘩。

人間は「これ以上やったらあかんな」とか、「寸止めにしとこ」とか考えることができるけど、
犬は「生きる」か「死ぬ」しか考えられない。

そもそも我が家の喧嘩の原因は、飼い主と昆布の関係(特に昆布が仔犬の時)に
起因するのだと思う。

勿論通常の時は昆布は私たちの言う事を聞くし、コマンドもある程度は入っている。
そして私たちに愛情を示してくれる、とてもかわいい犬である。

が、心の底からは信用していないのだと思う。
悲しいけれども。

この信用を回復するために、トレーニングをしていかないといけません。



また…獣医でも「喧嘩しちゃって怪我しました」「相手は何犬?」「シーズーです」
と言うと、「やっぱり」という雰囲気になる。。。
そして、グルーマーの集いでも「シーズーは気性が荒い子多いよね~」という雰囲気の会話も。
絶対数が多いから、意地悪な子に当たっちゃう可能性が高くなっちゃうだけだと思うんだけどねー。
そんな悲しいジャッジをされないようにも、我が家の普段は愛くるしい昆布との
信頼回復に取り組んでいきます。




よろしければ1クリックよろしくお願いします。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
comments
 
うわっちゃ~!ポン酢さん、痛々しい・・・。縫ったりしたんですか?
こちらの動物救急病院も高いですよぉぉぉぉ。
怪我や病気は週末を避けたいですよね~、人間も犬も!

シーズー、そんなに荒々しい面もあるんですね!
見た目から、おっとりした子が多いと思ってました。
こういう事件って起こるほどエスカレートしたり警戒心が強くなって余計に緊張感が出てしまう様ですから、数ヶ月は食べ物の周りで注意してあげた方が良さそうですね。
忙しい時期だし大変そうですが、鍋コさんと鍋ヲさんがストレスで一杯にならない様に、気長に、でも確実に・・・ね。
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
大丈夫ですよね! 
鍋ヲさんの心配そうな顔、ポン酢ちゃんの悲しそうな顔、でも大丈夫ですよね。
早く元気になる様祈ってます。

DEN
Re: タイトルなし 
>えびしさん。
痛々しかったのですが…
結局縫う必要もなく(出血も実は直ぐ止まった)薬だけの処置でした。
で、翌日には普通にジャンプして走ってました^^;
なので、救急で行く必要なかったんじゃ…?!との禁句が出る程でして。
でも薬のお陰で痛みがひいたと思うので、痛み抱えたまま24時間はかわいそうだし行ってよかったと思っています(そう思わないと悲しすぎる。笑)

シーズーどうでしょうね~。
飼い方もあるでしょうが(散歩しない、わがままさせ放題)確かに「頑固」な面はあると思います。
基本的にフレンドリーで愛嬌のある子が多いと思いますが、頑固な子が多いでしょうか。

えびしさんのおっしゃるとおり「おやつ」禁止月間になりました。。。
3ヶ月くらいおやつあげない!と言ってます・・・(別行動の時はOK)
まだちょっぴり緊張気味なので気をつけます。

年明けには・・・昆布とアジリティ教室に参加しようと思っています。
かなりのチャレンジになりますが、昆布との絆作りを目指して…。
ポン酢はアジリティのお陰でものすごい集中力がつきました。たった4時間で驚く程です。
またますます父ちゃんっこに・・・--;
昆布とも絆回復できればいいなーと思ってます。
Re: 大丈夫ですよね! 
> DENさん。
ポン酢は怪我の方は本当に大したことなく、翌日には走ったり飛び跳ねるほどに回復しました。
昨日もアジリティコースに参加することができました^^
ご心配どうもありがとうございます。
しかもwoceanさんからもメールを頂いたところでした。
いつもお二人ともどうもありがとうございます^^
leave a comment





プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08, 2017 < >
Archive   RSS