鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

12

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

レッカーされた先。


ようやく春めいてきた鍋家地方。

4月に入って、大雨のある日の事、鍋ヲ君がやらかした(´・_・`)

鍋ヲ君は、電車通勤をしているのですが、基本的に朝は駅まで15分強の道のりを
歩いていきます。
が、その日は大雨だったので、久しぶりに駅まで車で向かった鍋ヲ君。
しかし、朝7時に駅に着いたのに、既に駐車場がいっぱいで停める場所が無い。
駅の駐車場の敷地内には教会があって、一部は教会専用の駐車場となっている。
鍋ヲ君は、教会と駅の駐車スペースの丁度間、それも、雪山の上に停めたらしいのだが、
夕方戻ってくると、車が無くなっていた。

そう、レッカー
遠くへはレッカーされていないはず(半径5KM以内と言われた)
血眼になって大雨の中駅周辺を私の車で探し回るも、2時間探しても見つからず。
外も暗くなってきたので、タイムアウト。
腹を括ってレッカー会社に電話したところ
「あなたの車は半径5KM以内にあります。
   場所を知りたければ、クレジットカード番号を教えよ!」

はいはいどうぞー。もう腹は括った…。

「150ドル一括払いになります~」

えええええええええ!!!75ドル+消費税って書いてなかった??!
なんで倍額??!

為す術無しなので、お金を払って教えてもらった車の在り処。

なんと…近所、犬の散歩コースだった○| ̄|_
灯台下暗し…。

そして私は思った。
職場の駐車場、勝手に私の駐車場に車を停める嫌なヤツがいて、
メモを貼ったりするも完全無視、為す術無し。(それも複数)
更にはガッツリこすって来たヤツもいるし…。
(モントリオールでの駐車、残念ながらスクラッチは日常茶飯事…)
奴らの車もレッカーしてしまいたい、ほんとー…。

+ + + + + + + + + + 

週末の散歩、雪こそあるものの、春を感じる散歩でした。

04111708.jpg


野山にカツを離すと、止まらない止まらない。
猟犬の血を感じる瞬間。

基本的にチキンで怖がりなカツも、自然の中では怖いもの無しなのか、
どうにも止まらず自信たっぷりな姿を見せてくれます。

04111702.jpg

知人に会ったりして、その場に止まってしまうと「早く行こう!」と言わんばかりに
鼻鳴きをするカツ。更に、びよーんびよーんとその場で跳ね出す。

04111703.jpg

特に雪解けの今は、雪の下からいろんな匂いが出てくるので
チェックに余念がないカツ。
(頼むから動物の死骸もしくはう●こを探してすりすりするのは止めてくれ…。
と思うのは傲慢な人間の欲求にしか過ぎないのか)

04111704.jpg

でも、鍋ヲ君と、森の中をトレイルランニングする時は、寄り道することなく
他の散歩中の犬に気を留める事もなく、鍋ヲ君の後ろ3メートル以内を
きっちり走って着いてくるんだとか。

201704120631112b9.jpg

もじょもじょは、他の犬や人に吠えて向かっていくので要注意。
現在トレーニング中であります。
このフリスビーをかなり気に入っているので、使えるか?と思ったのですが、
もじょの場合、おやつの方が魅力的なようです。

かなり攻撃的に見えるのですが、ポン酢とは異なり、多分…相手を傷つける事はしない…。
ドラマクイーンというか(オスだけど)不良ぶっているというか、
大げさに騒ぐもじょ。

04111706.jpg

「ぼくちゃん、草にからまっちゃった。。。」

04111709.jpg

相変わらず省エネモードのポン酢。
全然楽しそうな顔していませんが、楽しんではいると思います。

04111701.jpg

まだまだ10度にも満たない気温だというのに、ポン酢にとっては暑かったようで、
水の中へじゃばじゃば。
これからどんどん気温が上がるのに、大丈夫かー?

04111707.jpg

こんちゃんも居たのにこんちゃんの写真が無かった…。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
05

Category: 未分類

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

迷子犬を保護した人を尊敬する話とトリミング。


chien trouveblog 

日曜日の夕方に、勤務先サロン近くで犬を保護したと、サロンのFacebookページに
連絡がありました。
保護されたのはシーズーミックスっぽい小型犬。
その翌日に、保護主から連絡があり「今日明日で、トリミングをしてもらえないか?」と。
たまたま丁度キャンセルがあったので、予約を入れたのですが、その反面、
トリミングしてしまったら外見の雰囲気が変わってしまって、飼い主探せないんじゃないか…?と。

が、実際連れてこられた犬を見て・触って納得。
全身毛玉だらけ。
顔は、元飼い主がチョップチョップ切っていたのか、毛玉はなかったけど。
未去勢で、すぐオスだと分かったのに、肝心のおちんちんが毛玉とおしっこまみれで
一体どこにあるのーーーー???!

行動・体つき・歯の様子からしても若い。1ー2才。
そして、トリミングはおそらく始めて。
甘え方を知らない。
最初は怖くて怖くて噛みついてきたこの子。
なだめてなでて、抱っこして、一人だったので下手な歌を歌ってたら
落ち着いたみたいで甘えてくる。笑)
かわいいんだ。
様子を見ていると、首輪やリーシュをつけられた経験がない感じ。
爪は今まで一度も切られた事がないんじゃないかと思うほど長い…。
保護主さん曰く、保護時に車に乗せたが、車に慣れていない。

この保護主さんカップルが本当に本当に良い人たちで…。
保護して、家に既に猫がいるのにも関わらず家に連れ帰って、
更に自腹で獣医とトリミング。

自腹…。

なんて凄い人たちなんだ…。

この区を管轄するのは、Berger Blancという悪名高いAnimal Control。
今はさすがに変わったんじゃないかとは思うけど、数年前にメディアでも杜撰さ、
動物愛護に反した行いを大々的に取り上げられていた団体。
本来はそこへ連絡&連れていかねばならないが、この犬のことを思って、
保護主さんたちはしなかった。
(その代わりに地区の動物関係のお店や獣医、地区のインターネット掲示板にもれなく連絡掲載)
そしてレスキュー団体の助けを受けて、飼い主を探している。

個人的には、連れてこられた犬の状況を見てしまったので、
不謹慎かも分からないけれども、飼い主が見つからずに新しい家族のところへ行けば良いのに…
と願ってしまう。

レスキューのページでは、『この毛玉の様子から、暫く迷子なのではないかと思う』
とのことでしたが、私はそうは思わない。
毛玉は毛玉で、中はキレイで例えば葉っぱなどの異物はそんなに無かった。
そして、爪が長くて、折れたりしておらず、もし近所を徘徊して長ければあんなに爪は長くない
それか爪が折れていてもおかしくない。

ペットとして生きる犬たちは、人間との出会いで、一生を左右されてしまうのをつくづく痛感…。
この犬は、保護主さんとの出会いによって、本当の幸せを掴めればいいのにな…。



そしてトリミングの話。
ちょっと前の話になるのですが、我が家のワイルドボーイ、こなんしー
(最近のこんちゃんのあだ名。もしくは「こなん」ちゃん「こな」ちゃんと呼んでいる。)
冬の間伸ばした毛と、雪解けの鍋家地方の汚れのせいで、ボロ雑巾みたいになっていたので
今回はちょっと短くトリミングしました。

ボロ雑巾こなんしー。

03231710.jpg

最近のこなんちゃんに関しての危惧事項として、足、特に後ろ足が弱っている事。
年齢故致し方ないのですが、トリミングも嫌なのかな?
という素振りを見せるようになりました。
足の筋肉の感じ、また脱臼経験もあるので、嫌がるのも分かります。
なのでとにかくスピード勝負。
私は、自分の犬のトリミングに関しては、45分と時間を決めています。
これは、シャンプー・ドライ・ブラッシング・ヘアカットまで45分です。
自分の犬ですから、多少仕上がりに難があってもスピードの方が大事。
犬が退屈しないように、苦痛を与えないように。
基本的にもつれができないような長さ&ブラッシングをしていますが、
それでも雪で遊んだ後などもつれが多めの時は、トリミング結構前実までに
ブラッシングでもつれを解いてしまうようにしています。

シャンプー&ドライ&ブラッシング終了(ここまでで25分弱)

03271701.jpg 

短くして、ちょっと若返ったこんちゃん。

03271703.jpg

眼力も抜群。

もっさもさのこんちゃんもかわいいのですが、短い毛も
若返る感じがして好きです。
本犬も動きやすさを感じているのか、いつもヘアカット後は
動きが機敏になります.゚+.(・∀・)゚+.

03271702.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
27

Category: 鍋家の日常の記録。

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

大雪の後。



03241701.jpg

今更ですが…先日の大雪の後の写真です。

大雪が降った後の週末は、過ごしやすい陽気でした。
(と言っても氷点下ですけどね)

このパウダースノー、スキーやスノーボーダーにとっては最高だったのではないかと思われます。
(だって高速道路すごい渋滞だったもの。)

我が家も勿論堪能です。

犬の散歩で。笑)

03241702.jpg 

土曜日は通常私は仕事なので散歩には出ないのですが、
トレイルランニングをする鍋ヲ君が、カツと共に森に行ったところ
いーーーーーっぱい犬も人もいたらしいです。

それこそ、普段は両手で数えられる程の犬&人にしか出会いませんが
5、60匹に出会ったと。

03241703.jpg

03231701.jpg

03231702.jpg

03231703.jpg

03231704.jpg

雪があると、こんちゃんは、とにもかくにもずぼっずぼっと顔を雪の中に突っ込んで、
体をすりすり~~~しないと気が済まない。
リードしての散歩も同様で、こんちゃんと雪の日に散歩すると、
全然前に進まないものだからかなりじれったい散歩になる。

03231705.jpg

普段はこんな感じで割とポーカーフェイスなポン酢。

03231709.jpg

怠惰なポン酢は、森の中を散歩していても常に一番後ろをまるでトボトボと(?)
無駄なエネルギーを消費せぬように歩くのですが、雪があると別…。
雪玉を見ると、目の色が変わります。

03231706.jpg

雪玉大好き!!

03231707.jpg

鍋ヲ君が撮るポン酢は…かわいい。笑)

03231708.jpg


03231711.jpg

もっと雪玉投げてや~

03231713.jpg

クールダウンは雪の上で。
喉が乾けば雪を舐めれば良いし、雪上散歩が大好きな我が家の4匹でした。

03231714.jpg

飼い主的には、いい加減、緑と花溢れる青空の春~初夏が待ち遠しい。



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
24

Category: もじょ。

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

ひげコンビの下位争い。


もじょは、我が家に来る前までは、猫と小さな子供2人と暮らしていました。
なので、猫と子供には慣れています。

では、犬は?

元飼い主曰く、
パッシブな犬と追いかけっこして遊ぶのは大好きだけど、
ドミナントな犬は嫌いで、ドッグランに行くのを止めました。
また、散歩中に犬とすれ違うのは結構大変なので、なるべく避けてました。
(元飼い主の言葉そのまま和訳)

だって、もじょ、かなり喧嘩売る系&無礼だもの。

遊びたいからと、顔面突進していくし、前足や顔を他の犬の上に乗せて挑発する。
マウンティングする。

我が家に来て直ぐに、向かって行ったのはポン酢。
ポン酢はもじょの無礼さに、最初は軽めに注意していたものの、
あまりに度を過ぎて、がぶりっ!!!!!
と言っても怪我がない程度ですが、もじょの毛が舞い散りました。苦笑)
もじょはその場でお腹を見せて降参。
それからは、ポン酢を『兄貴』として慕いまくり。

こんちゃんにも、ちょっかいを出してみたものの、
「あ・・・これはヤバい奴…」
と直ぐに危険を察知してこんちゃんにはちょっかい出しません。苦笑)
(こんちゃんは、いわゆる「切れやすい子供」と同様だと思う。)

そしてカツ。
カツが、がうがう怒っても、もじょはヘコたれない。
そして私に怒られてしょぼんとする。

カツともじょの下位争いなのではないかと。

03131702.jpg

以前は、カツにちょっかいを出す回数が半端なかったのですが、
最近はだいぶ減りました。

もじょに何らかのストレスがある時、カーミングシグナルとして
カツが近くにいれば、カツに「八つ当たり」行為をする。。。
(自らを落ち着かせる行為)
そして私に怒られるもじょ。

03221701.jpg 

もじょはケージには慣れているはずです。

我が家はトレーニング時に必ずケージを使用します。
トレーニングしている犬以外はケージで待機。
が、もじょは静かに待機できません。
鳴く…吠えるんじゃなくて鳴くんだよ…シュナウザー特有の叫びに似た鳴き声。苦笑)
だいぶうるさい…。

どうしたものか…
ということで、KONGや生骨を与える事に。
するとそちらに集中して、静かに待機できるようになった

…かのように思えたのですが…

なぜか、カツがトレーニング中には、KONGや骨も効果なし!!

やっぱりもじょにとっては、カツがライバルなのだろう。

カツは優しい犬であると共に、自信に欠ける弱い犬。
どんなに怖い声を出しても(カツの声は低音で結構怖い)効果がないのかもね。

03221702.jpg 

遊んでいる風ではあるが、この数秒後にカツに叱られる。
純粋な、犬の遊びは、どちらが強いと力比べになることはなく、
お互いに役割を上手に変えたりします。
上になったり下になったり。

でも、もじょはカツに対しては常に上に乗ろうとする、挑発する。

03221704.jpg 

そうやって、カツの上になろうと無駄な努力をしてしまっているもじょだけど、
もじょのケージにカツが居座っている事が時々あって、
そんな時、もじょはカツを恐れて自分のケージに入れずにケージ前で立ち往生。
ケージ周囲を行ったり来たりうろちょろうろちょろ、くんくんくんくん鳴いて
飼い主に訴えに来る。苦笑)

また、もじょが入っているケージに、ずかずかと無遠慮で入っていくことがあるカツ。
その場合も、もじょはとても肩身の狭い思いをしているようで、
なるべく動かないように邪魔しないようにおとなしくしている。

うまくやっているのだ。
(我が家の犬たちは選択肢がないので、うまくやらないといけないのだけど。)

03221705.jpg 

そんな永遠のライバル、ヒゲコンビの悲劇。

03141703_2017032201242612d.jpg 

もっさりどっさりとくっつき虫がヒゲに…。
もじょは、ひんひん鳴いてました。苦笑)

03141702_20170322012424575.jpg

とりあえず取れる分を取って捨てたら…

03141704_2017032201242754c.jpg

捨てたひっつき虫を食べ物と勘違いしたもう一匹のヒゲ犬もこんなことに…

(森では走り回りたいのに抱っこで自由を奪われ、不貞腐れているカツ)

03141705_20170322012429ee7.jpg

色々トレーニングせねばならない問題もいっぱいあるけど、
仲良く元気にやってます。


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
17

Category: ケベック州のこと。

Tags: ---

Response: Comment 0  Trackback 0

大雪。


季節外れの?…大雪となりました。
今季一番の積雪となった3月14ー15日。

大雪で車が身動きできなくなってしまい、更に体調不良で救急車を呼んだものの、
雪に車が埋もれてしまって、救急隊も車両では入れなくなってしまい足で向かったものの
探し出す事ができず、残念ながらようやく見つかった時には亡くなってしまっていたという
悲しい事故もあったそうです。


そして、モントリオールでは、私もよく使う高速道路なのですが、
なんと12時間以上救助が出動せずに沢山のドライバーが高速道路上に
身動きできず立ち往生したというケースも…。
実に300台以上の車が立ち往生。
助けを求めるも、モントリオール市が動き出したのは何と12時間以上経過してからのこと…。
食料も水もなく、ガソリンも途中で切れてしまった人も多数いた中、
12時間も車に閉じ込められて助けてもらえないとかあり得ない…。



他にもモントリオール市内で、吹雪の中運転できず、
恐らく一酸化炭素中毒で亡くなってしまった方も何人かあったそうです。



さすがのこんちゃんも困ってるよ。

03161701.jpg 

走らないと(跳ばない)と進めない雪の中。

03161702.jpg


03161704.jpg

朝は一夜で変わった裏庭の光景に慄いて、トイレを拒否したポン酢ですが、
雪玉を見せると目の色が変わります。

03161703.jpg

こんな風に!笑)

03171605.jpg

埋もれてるとか気づいておらず

03171706.jpg

もっと投げてくれーーー!!

03171707.jpg

尻尾もぶるんぶるん。

03171708.jpg

こんちゃんとカツは、雪掘りに勤しみ。

03171710.jpg

掘って掘って…家庭菜園で育ててたケールの根っこを食べる。笑)

03171712.jpg

春はまだかな?

03171713.jpg




にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
16
17
18
19
20
23
25
26
27
28
29
30
06, 2017 < >
Archive   RSS