鍋日記。モントリオール編。

お断り:お料理ブログではありません。犬ブログです。

11

Category: 昆布のこと。

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

野生児シーズー犬。


ぶふ。
ぼく、こんちゃん。
よくえらそうなかおしてるねっていわれるけど、えらそうなんかじゃないよ、ぼく。
ぼく、えらいんだよ。

01091711.jpg

たくましい我が家のこ~んちゃん(巻き舌で発音)。

※余談ですが、「こんちゃん」最近私に「こーん(CORN)ちゃん」と呼ばれている。
   それは去年の夏に、こんちゃんが上手にトウモロコシを食べる事を知ったから…。

先日は、散歩仲間と森へ散歩。
猟犬達が雪の森の中で、何やら発見。
雪の道には、血の痕が。
猟犬達が、必死に獲物を探している中に、しっかりこんちゃんも混ざっており、
気がついたらこんちゃん、雪の中から獲物をひきづりだして口の中へ(。Д゚; 三 ;゚Д゚)
キツネか何かに食べられた後のうさぎさんだったのですが、
まさか猟犬差し置いて真っ先に雪の中から獲物を見つけたのがシーズー犬だとは…。

01091717.jpg

わいるどーーー。

01091718.jpg

凍った川の上、川ですので、広いです。
スノーモービルで遊んでいる人も、度々遠くに見えるのですが、結構なスピード。
遮るものがないからね。

でも、危険なこのお方。

どうも遥か向こうを行くスノーモービルを、うさぎか何かの獲物と勘違いしている?
基本的にこんちゃんはそんなに走って遊ぶ犬ではないのですが、ルアーチェイシングという
競技で驚く才能を開花してしまい、目覚めてしまったのかスノーモービルを追いかける様に。
追いかける時は、こちらの呼ぶ声も聞かずに、猛スピードで遠くまで走り去ってしまう。
スノーモービルは対岸にいるので、まさか追いつくことはないかと思われるのですが、
川の真ん中で氷が割れたら大変です…。
スイッチ入る前に呼び戻す&必要あらばリードつけるのを徹底せねば。。。

01091719.jpg

森の中。
広い場所。
楽しくて楽しくて、もうどうにも止まらないこんちゃん。
雪なんか大好きで、深く雪が積もるものなら、頭ごとずっぽり雪にはまって
感触を楽しまねば気が済まないこんちゃん。

01091720.jpg

本気で走れば勿論カツの方が足が断然速いのですが、遊びの時はこうやって
加減して上手においかけっこをする我犬たち。

01091721.jpg

ワイルドなシーズーランキングがあれば、こんちゃん結構いい線行くんじゃないかと
思ってしまう、バカ飼い主でした。

01091722.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
10

Category: カナダ生活。

Tags: ---

Response: Comment 2  Trackback 0

真冬限定のとっておきの場所。


ここはどこでしょう???

01091701.jpg

川の上でーす!

対岸の建物が見えています。

今年は、例年通りの厳しい冬ですので、川も凍ってくれました。
普段散歩は車で30分くらいの森や野原へ連れていきますが、
冬場こうして川が凍結してくれると、車で2分程の場所なので楽しみが増えます。

カツの陰となるもじょ。

01091703.jpg

また雪が降って、気温が上がってアイスレイン(氷雨)が降ったと思ったら、
ガッツリ気温がマイナス20度まで低下…。
すると、否応にも道路がつるっつるに凍ってしまうのです。

道幅は除雪のため狭くなっているところ、車も滑るし、人も滑る!

なので、この川の上は貴重なありがたい散歩場所です。



01091702.jpg

凍った川には、市がスケートリンクを作って管理したり、
近所の人がアイスホッケーの練習に使ったり、
またアイスフィッシングや、スノーモービル等のアクティビティをする人が沢山います。
寒い寒いと文句ばかり言わず、自然を満喫するこの地域の人間のたくましさを
毎年痛感し、見習いたいと思うのです。

でも川の上は更に寒いよ。足がかじかむ。
遮るものがないのと、風が強いのと、湿度があるのと…寒さひとしお。

私は冬場は主にSORELのブーツを愛用しているのですが、
川の上だとさすがに足先が冷たくなります…。(ー32度まで対応と謳っているもの)
カリブーシリーズが、マイナス40度までOKらしいので、セールで買おうと思っていたら
盗難に遭い、クレジットカードも銀行のカードもブロック…。
いざ!新しいクレジットカードが届いて自分へのご褒美にカリブー!
と思ったら、セール終わってた(;д;)

でもこのSORELブーツ、日本でも流行してるとの話なのですが、
カリブーなんか日本で履いて、重くない??暑くないの…???

アウトドアできて&暖かくて&軽くて&車の運転しやすい冬ブーツ、
未だお目にかかれておりません…。

01091705.jpg

飼い主がブーツ欲しいと騒いでいるところ、飼い犬達は素足。
融雪剤がない場所で、雪のコンディションがさらさらしていて毛につかないような状態であれば
マイナス12度くらいまでは我が家の犬達はもじょを除いてブーツなくても平気です。

01091706.jpg

もじょは、雨も苦手、寒いの大の苦手。
じょじょに慣れてきています。

01091708.jpg

こんちゃんとカツは本当にいつも元気で、とても逞しい。
足の裏に雪玉がついてしまって、取ってあげようとしても、自分で口を使って
雪玉をひっぺはがそうとし、人間の力は借りようとしない…(貸しますが…)
半面、もじょとポン酢は「あぁぁぁぁ歩けないなりぃぃぃ(がくがくぶるぶる)」
と人間が助けてくれるのを待っている。

01091709.jpg


01091710.jpg

寒くなると、そして疲れると、帰り道を急ぐポン酢。
行きはトボトボ…帰り道だけは足が早いと、散歩仲間の中でも有名になってしまいました。
これも、帰り道を一人急ぎ、呼び止められている図です。
呼び止めないと、車までもの凄い速足でまっしぐら。
でも、車通りの多いところへ車を止めているので呼び止めねばならないのです。

01091716.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
07

Category: カナダ生活。

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

年の瀬に…窃盗に遭う。


気づいたら年が明けてしまっていました。
クリスマスは諸事情により、マクドナルド…
そして年末には、仕事場で泥棒に入られ、財布を盗まれてしまい大変でした。

12241601.jpg

本当に、大変でした…。

翌日は、代理で働ける人がいなかったのにも関わらず、店を閉めて休みました。

ショックなのと悲しいのと恐怖心と、とにかくいや~な気持ちを整理するのは大変でしたが、
煩雑な諸手続きをせねばならず、それらの手続きの中で何とか平常心を取り戻し…。


12241602.jpg

一人で働いてはいたけど、超常連のお客様が店内におり、
ちょうど私は彼女の犬をトリミングしていたところ、
気づいたら、本当に気づいたら、客を装った男性が私の背後に…。

思い出したくない…。
クリスマス後で財布はパンパン。。。お店のお釣りもあったしね。。。

すぐに911に電話を掛けるも、
「それではカード類止めて、警察にレポートだしてくださいね~」でおしまい。
よくある話で、警察は何もしてくれません。

後から再度911に電話を掛けた時に知ったのですが、
パトロールを要請したい場合は、911だけではなく、最寄りの警察署に
直接電話を掛けるように、と最寄りの警察署の番号を教えてもらいました。
で、最寄りの警察にも電話はしましたが、その時点で時間が大分経過しているので、
話は聞いてくれたけど、特に何かはしてくれません、、、

諸手続きでIDを求められるのだけれども、財布の中に全部入ってたから、IDが無い。
大体どこでも2種類のIDを求められる事が多いんですが、パスポートがあるものの、
銀行では「カナダ政府が発行しているID」ではないので…とかなり大変でした。
(※永住権を持っている人であれば、Landing時のCRPもIDとして使えた。
  すっかり失念していました。)

正直なところ、去年本当に色々思うところがあって、
もう仕事を辞めようかと思っていたところでこの出来事。
これはもう次に向けて動くべきなんじゃないかと…今年は変化の年になるかな?

しかし猫トリミングが半分を占める当地で、猫トリミングができなくて(アレルギー)
仏語も完璧ではない外人とくると、本当に難しいのである。

この不運な出来事の中でも親身になってくれた人たちはたくさんいる。
居合わせたお客様。
隣の店のオーナー。
支払う事ができなかった研ぎ屋さん…。
などなど…。
感謝の気持ちは忘れずに、前進あるのみ。

まぁでも大分吹っ切れましたT_T


にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
16

Category: カツオ

Tags: ---

Response: Comment 3  Trackback 0

FREEDOM DOG 5年目のフリーダム記念日。


私の携帯電話は、下の写真のようになぜか渋滞情報が届くのですが
(便利だけど、突然届くようになった。どこをいじったのかは未だに分からない。苦笑)
大体ラッシュアワーは、「Heavy Traffic=酷い渋滞」で、+20~40分ってところ。

12131605.jpg

ところが、月曜日は雪が降っていた。
朝起きたらこの渋滞情報「1時間50分」ってなってるのですよ。
いつもの渋滞+1時間50分??

それでも、雪のことは見越して、お客様&オーナーの理解もあり、
開店時間を遅くしてもらっていたため、まぁ、そんな時間掛からないだろう…。

甘かった…。

普段の渋滞で1時間強~かかっても1時間半の道のり、3時間掛かった…。
雪道運転&大渋滞でへとへと…。
時間もガソリンも勿体ない…。
開店時間をフレキシブルにさせてくれるオーナー、理解をしてくださるお客様には
ありがたいけど、今後の行く末について考える。


通勤は大変だったけど、今回の雪はパウダースノーで、良い感じ。
雪の翌日、12月13日は、カツの記念日、所謂うちの子記念日でした。
休みだったので、森へ連れていきました。

12131602.jpg

カツが来て、早5年。

5年目で、また新たな試練:もじょ現る。笑)

12131603.jpg

最初は、ケージから自発的に出てもらうのに苦労して、とにかく壁やドアが怖くて
狭いアパートの中から、外に出るのにものすごい時間を要したのね。
ソーセージとか、チーズとか、お肉で釣れば良いかもと楽観的だった私を裏切ったカツ。笑)
自転車に驚き首輪抜けし、それならばハーネス…とハーネスを買ったのに、
今度は自動車に慄いてハーネス抜けをし…でも私のところに戻ってきてくれたカツ。
(※首輪抜け&ハーネス抜けはいづれも鍋ヲ君)

今では食べる事が大好き。
散歩が大好き。そして上手に散歩してくれる。

シェルターでカツを見た時、私は「うわぁ…無理…」と思ったのね…。
いづれにせよ、大々的にテレビにも出ていたし、里親希望者は実際犬の数よりも遥に多かった。
だから私たちが敢えてしゃしゃり出て里親になる必要はないとも思っていた。
緊急シェルターから直接里親に出す事は基本的にはしなくて、
緊急シェルターから、ケベック州内外の各レスキューに犬たちは送られていき、
そこでリハビリ&里親探しというシステムになっていた。

純血種は、そのブリードを得意とするレスキュー団体が引き取っていき、
主に雑種はケベック州内のSPCAが引き取るパターンが多かった。
各レスキュー団体、保護団体の係の人が実際に緊急シェルターへ来て、犬を見て、犬を選んでいく。

その中でカツは雑種だし、殻に閉じこもりすぎて行き先が決まらない犬でした。

鍋ヲ君は、既にカツを引き取りたい!と強く希望していて、
ボランティア専用の、里親希望書類を提出するも、
緊急シェルターが閉鎖される1週間前の段階で、音沙汰なく、カツも行き場が決まっていない。
カツがどのシェルターに送られるのかを見届けて、そちらのシェルターに今度は里親希望を
出すつもりでもいました。でも、その肝心の行き場が決まらないカツ…。

カツのケージの前で「がんばって生きるんだよ」
と話しかけていたところ、緊急シェルターのトップ、アメリカのヒューマンソサエティの方に
「あら、あなたこの犬引き取るの?」
と話しかけられた。
なので、「いえいえ、そうじゃないんです。もし可能ならこの犬を引き取りたくて、
書類も提出しているのですが、全然音沙汰なくて、この犬がどこに行くのか心配で」
と言ったところ
「え?じゃー、あなたが連れて帰りなさい。ボランティアに引き取られるならこの犬も幸せだわ。」

と、あれよあれよと里親決定したのでした。

あの晩、彼女と会わなければ、
また、このボランティアのきっかけを作ってくれた友人Mさんがいなければ、
カツとの出会いはありませんでした。
5年経った今でも、強く感謝している女性たちです。

12131604.jpg

鍋ヲ君が、犬たちのご飯を作ってくれました。
なんとこの日は、前菜付き。笑)
メインディッシュはカナダAAAビーフのステーキ、焼き加減はレアにて。
しかもヨーグルトかけというサービスぶり!

これからも太く長く、多少へたれでもいいから、甘えっ子な私のパートナーでいて欲しいカツ…。

HAPPY FREEDOM DAY。

12131601.jpg

最後に、Chaletに行く山道で必ず聞く歌。
NOBODY'S CHILD。
音楽ののんびりした感じ、カントリー、切ない歌詞。
カツの歌だね、って山道を歌いながら行くのです。






にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
10

Category: もじょ。

Tags: ---

Response: Comment 4  Trackback 0

元飼い主と犬が再会してしまうということ。


久々にダメージ喰らう散々な仕事日でございました。

まず、店に着いたら停電…。
この地ではよくあること…しかし店の中真っ暗、暖房は電気なので電気が無いと寒い…。
しかも…携帯電話充電切れ…。はぁ、どうしましょう。
電気は戻ったのですが、初来店で来たのは人間で換算すると90才近い毛玉犬。
エスキモー犬。毛玉をといて欲しいと…。
更に噛み犬さまでございました…。
この年になってしまうと、非常に難しいのです。
優しく優しく…などは、そういう問題じゃないのね。もう通用しないのね。
だって、仕方ない。老いてるんだもん。痛いんだよ。体中が。そりゃ噛むよ。
日本だと10才越えて初来店だと断るトリミング店が多いとか。
分かる…。凄い分かる…。
断りたかったけど、この地では老犬だからとお断りすることはほとんどないし、
何よりこのフェルト状の毛玉で過ごさせるのは、動物虐待である。
よって、乗り気では無かったが、飼い主にその場に残るようにお願いしてトリミング中に、
なんかもう、もの凄いクレームのお客さんが…。
「チップを含めて請求してチップをふんだくっている」という言い分なんだけど、
全然的を得てないし、過去のデータ&料金システムを説明しようが埒開かず、
(心の中で、もうじゃーたかだか5ドルだろ?チップ返すし、店来なくていいし!と思いつつ)
「私にはどうしようもできないので、オーナーに連絡するように言いますね」
と言うも、私を「Crosseur」扱いですよ…。(軽く言うと泥棒)
全然帰ってくれない…

ここで、ケベックのフランス語に興味がある方は、ぜひGoogleで検索してみてくださいね。
侮辱的言葉でございます。

更に、爪切りのお客さんまで、2年前に、小型犬は5ドル→7ドルへ値上げしたのですが、
「いつもは5ドルだ!」と言い張る。

女は強い。というかクレーマーは強い。ぴーちくぱーちく、個人攻撃。苛めですね。

更に、なんでどうしてこうなるの?毛玉だらけのチャウチャウ来店、挙句帰りは吹雪。
しかも前の車が、明らかにサマータイヤで滑ってる…。
あのさ…ケベックは確かに12月15日から冬タイヤという法律があるけど、ここは北国ケベック…
いつ初雪あるか分からないし、更に今シーズン3度目の雪だよね…?
なんで、未だにサマータイヤなわけ??????その理由は何?
あんたみたいな人間のせいで渋滞起こるし、もらい事故して、災難被るんだけど?
と思わず見知らぬドライバーに悪態をつくよね。

前置きが非常に長くなってしまいましたが(本題に入る前に前置きが長い人間です)
この日もう一つのサプライズが実はあったのでした。

(※尊敬するグルーマーさまから届いた荷物の緩衝材がトイレシートで感激して撮った写真)
12091601.jpg

もじょの元飼い主の、大親友の来店……。

もじょの元飼い主は、今でもサロンから徒歩5分のところに住んでいます。
サロンは商店街の中にあるので、十二分に生活圏内です。

私は、モントリオールとは結構離れた市に住んでいるし、
犬を連れてモントリオール市内歩きたくないので、普段犬を連れていても
駐車場からサロンまで、徒歩1分あるか無いか…
普段鉢合わせる機会はあまり無いと思っていたんだけど、、、

我が家で預かりを始めた当時は、サロンに連れていく度に、そわそわして、
サロンとは全然違う方=明らかに元飼い主の家の方に引っ張っていこうとして、
車の中では鳴いて…

しかし、それも長くは続かず、特に私たちが日本に帰る前に我が家の犬にすると決めてからは
まるで昔から我が家にいたかの如く振る舞っているし、サロンに連れてきても
当初のようにそわそわする事も無くなっていたので、油断していた…。

12091602.jpg

もじょの元飼い主の親友も、スパニエルを飼っていて、うちのお客様だったのでした。
いつもは電話で予約取ってくるんだけど、たまたま来店で予約取りに来て
「え…、まさか…もじょ??!」
って。

もじょは、このお客様が来店された時点で、そわそわそわそわ。
その後鳴いて鳴いて鳴いて、鳴くこと3時間。苦笑)
(たまたま予約の空きがあったので、1時間後に予約に来ていただいた。)

12091603.jpg

普段、他のお客さまに反応することは無しのもじょ。

仕方ないよねー。
思い出すよね。覚えてるよね。

これがもし、親友じゃなくて、元・飼い主だったら・・・・・・・・・・・。
かなり大変かも、、、、、、。

12091604.jpg

もじょは、私よりも鍋ヲ君に懐いている。
というか、もじょは鍋ヲ君の犬だからね。

鍋ヲ君を見た時のもじょと言えば、大興奮、うれしくてうれしくて。
ちょっと安心しました。

犬は「今この時」を生きてるから、勿論こうやって会ってしまえば思い出すんだけど、
それを引きずるってことはしない。人間みたいに。
でも、だからこそ、過去よりも良い時間・経験を与えないと、過ごさせないと、
とつくづく思う。

もじょも、車に乗って、鍋ヲ君に会ったら、元飼い主との再会をころっと忘れていた。
現金なもんだ。
でも、それが犬だし、そうであるべき。

12091605.jpg

うちのもう一匹のレスキュー、カツは、また話が違うんだよね。
元飼い主いないから。
所有者ならいるけど…。
だから、もじょのような心配はない。

でも成犬になって初めて得る事ができた家族・愛。
カツはちょっとだけ分離不安になってしまった。
でもマッタン(犬師匠)の家で、きちんと過ごせたもんね。

12091606.jpg

「もしも」とか「万が一」とか考えるのはすごい嫌なんだけど、でも、「もしも」「万が一」があって、
犬達と暮らす事ができない、会う事ができなくなってしまったら…

私は、犬たちに、私のことをきれいさっぱり何もかもを忘れて貰いたい…。

そう思う…。

私のことを思い出すような日々は絶対に送ってもらいたくない…。

『ハチ公』の映画、特にハリウッド版=現代版は、全然美談じゃない。
私の大嫌いな話だ。

12091607.jpg

もじょの元飼い主は、仕切りに「もじょと、偶然に街中で出くわしたくない」と言っていた。
それは自分達の悲しみにもなるけど、それ以上にもじょに悲しい思いをして欲しくないから。

その気持ち、人間のエゴとかそういうんじゃなくて、凄く分かるな…って思う。。。

もじょが悲しい思いをせぬように。
ポン酢・昆布・カツが悲しい思いをせぬように…。
いっぱい楽しい充実した「今」を犬も人間も一緒に過ごせるように。

12091608.jpg



にほんブログ村 犬ブログ 犬 海外生活へ
にほんブログ村
プロフィール

鍋コ。

Author:鍋コ。
★ポン酢★
2008年9月9日モントリオール生。
ボストンテリアXシーズーの雑種♂
皆に慕われる(?)『親分』
4歳で遅咲きアジリティデビュー。

★昆布★
2008年9月10日モントリオール生。
シーズーの♂。
シーズーらしく超頑固。
愛玩犬なのにアウトドア大好き!
無類の肉好き。
トレーニングとなると俄然張り切りだす働き者。

★鰹節(通称:カツオ)★
パピーミルレスキューから譲渡してもらったDNAテストによるとシュナウザーXキャバリアXイングリッシュコッカーXその他雑種♂猿に劇似。
年齢不明。
超怖がり、しかし超優しいヤツ。
クリッカーに始まりオベディエンス、そして現在アジリティデビュー目指し中。

☆鍋コ☆
ポン酢昆布カツオの飼い主。
犬IS MY LIFE。
脱会社員後モントリオールでグルーマーしてます。

☆鍋ヲ☆
鍋コの夫。
カナダ、ケベック人。
アジリティ・犬への情熱半端無し。

コメントやメール大歓迎デス☆

最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

全ての記事のタイトル。
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
02, 2017 < >
Archive   RSS